--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

27

January February March April May June July August September October November December
2009(Sun) 23:37

【BL】小説まとめて感想

BL小説

BL警報。





最近の本の感想なんぞ。
まだ読んでない本も山のようにあるけれど。

お兄さんはカテキョ
僕の好きな漫画家
恋愛私小説
君がいないと眠れない
初恋スキャンダル
彼を乱す誘惑
アナウンサーは愛を告げる
その男、侵入禁止!
夜が明ける前に
ポチとタマ
恋と愛の境界線
初心者マークの恋だから
花咲く家路
桜雨は仇花の如く
不条理で甘い囁き

----------------------------
お兄さんはカテキョ
 池戸裕子 イラスト:汞りょう
 キャラ文庫

(あらすじ)
母子家庭で五人兄弟の長男・内海元(うつみはじめ)は、多忙な勤労高校生。成績が底辺で卒業が危うい元の家庭教師になったのは、後輩の兄・香山匠(かやまたくみ)。クールな上に完璧主義、授業は容赦なく厳しくて相性も最悪。そんな匠に反発心を煽られ、不満は募るばかり。ある日、「おまえのためだろう!」と本気で叱り飛ばされた! 一家の大黒柱のつもりが子供扱いされ、腹は立つのにその一言がなぜか嬉しくて!? 

<感想>
元が可愛かった。
なかなか楽しく読みました。
でも押入れでやるのは大変だと思います。
----------------------------
僕の好きな漫画家
 佐々木禎子 イラスト:香坂あきほ
 キャラ文庫

(あらすじ)
月刊誌で少年漫画を連載中の瞬(しゅん)は、売れ行き微妙な漫画家。瞬が家庭教師をした元教え子の澄夫(すみお)が愛読者第一号だ。澄夫の凛としたクールな美貌は、同性から見ても男前。年下なのに料理も洗濯もしてくれて、有能なマネジャーのよう。原稿を手伝ってくれる澄夫に、軽口で「愛してる」と告げる瞬。そのたび、「軽々しく口にしないで」といつもは穏やかな澄夫がなぜか苛立ちを露にして!? 

<感想>
かなり好きな展開の話でした。
瞬の年上の割に少年っぽさとか、瞬を甲斐甲斐しく世話するしっかり者だけどやっぱり年相応なところもある澄夫とか、二人ともキャラとしてイキイキしてて。
今回感想書く本にやたら小説家/漫画家ホモが多い。Part1

----------------------------
恋愛私小説
 榊花月 イラスト:小椋ムク
 キャラ文庫

(あらすじ)
ただいま住所不定・職業「ヒモ」──。かつてベストセラーを生み出した若き天才作家・森宮栄(もりみやさかえ)は、零細出版社社長・川島成志(かわしませいじ)のマンションに押しかけ居候中。態度は不遜で自由奔放。放蕩な俺様主義かと思えば反面、意外に器用で料理上手。豪華な夕食を用意して、いつも帰りを待っている。「あなたのためなら死ねるよ」と時折真摯な眼差しを向けてきて…。森宮の心が?めず、川島は戸惑うけれど!?

<感想>
"社長くん"という森宮の川島を呼ぶ愛称に最後まで慣れなかった。
森宮の感覚が独特すぎてついていけない。
川島が受なのも…意味わからず。
上に続いて小説家/漫画家ホモPart2.

----------------------------
君がいないと眠れない
 渡辺ゆい イラスト:カワイチハル
 ルビー文庫

(あらすじ)
人気官能小説家の椎名京は、実は生活能力皆無の駄目人間。そんな彼を親友の笹井は母親のように世話を焼いていたが、その椎名の作品が映画化されることになる。にわかに騒がしくなる椎名の周囲に笹井は苛立って…?

<感想>
上、上々に続いて小説家/漫画家ホモPart3
段々何の話だったか分からなくなります。
ああ、なんか小説家とか漫画家は余程生活力ない、という描写が多いですが、これもそういう感じ。
椎名が可愛いからいいか。
絵の雰囲気もあってるー。

----------------------------
初恋スキャンダル
 天野かづき イラスト:海老原由里
 ルビー文庫

(あらすじ)
両親の転勤の都合で、色男3兄弟が住む幼なじみの家に居候することになった大学生の楓太。ところが同じ年の朗は、楓太が合コンに行ったと知った途端きわどい方法で押し倒してきて…!?家庭内ラブ・バトル勃発!

<感想>
恋愛スキャンダルとスキャンダル繋がりですが、内容的にはほとんど繋がりありません。
「恋愛~」で出てきた花屋でバイトしていた子が今回の受というだけ。
誰もあのバイト覚えてないんじゃ…というレベル。
何故3兄弟が楓太のこと好きなのかもよく分からず、さらに朗の嫉妬深さは異常。
幼馴染が黙って合コン行っただけで素股強要とは恐ろしい子…!!
まあハッピーエンドなんで許す。

----------------------------
彼を乱す誘惑
 御堂なな子 イラスト:あさとえいり
 ルビー文庫

(あらすじ)
ホテルで働く広海は、高校の後輩で当時片想いしていた響谷と偶然再会する。益々格好良くなっていた響谷に、未だにトキめいた広海は酔った勢いで「今フリーなら俺と付き合って」と誘ってしまうが、何故かOKされ…?

<感想>
響谷良い男すぎ。
かなりキュンな話でした。

----------------------------
アナウンサーは愛を告げる
 緋夏れんか イラスト:緒田涼歌
 ルビー文庫

(あらすじ)
友人の結婚式で同級生の超人気アナウンサー・有賀と再会した池上。なつかしい思いで飲みに行った池上は、有賀と一晩を共に過ごしてしまう。記憶がなく忘れようとする池上だったが、有賀から逆に告白されてしまい…。

<感想>
絵が嫌い。我慢できん。
挿絵ないほうがマシ。
話はまあまあ。攻が強引なのはBLではよくあること…。

----------------------------
その男、侵入禁止!
 成宮ゆり イラスト:桜城やや
 ルビー文庫

(あらすじ)
工事現場で働く佐伯の恋人・緒方は暴力団相手のやり手刑事。優しい緒方と甘い生活を送っていたはずが、すれ違いから浮気を疑われてしまう。嫉妬と怒りで豹変した緒方に捉えられた哀れな子羊を待っていたのは――

<感想>
「その男、取扱注意!」の続巻。
佐伯Sすぎ。緒方受は前の巻で判っていたことなので受け入れられたというか、なんか急に受け受けしい。
こっちのほうが前の話より好き…かも?

----------------------------
夜が明ける前に
 高塔望生 イラスト:祭河ななを
 ルビー文庫

(あらすじ)
新社長として就任した新堂と再会した秘書の仁科。彼は、仁科が過去に傷つけた高校の先輩だった。その恨みを晴らすかのように、仁科のある秘密をネタに「愛人になれ」と強引に押し倒されて――。

<感想>
なんで買ったのか…余程ホモ本に餓えてたのかなぁ。

----------------------------
ポチとタマ
 玉木ゆら イラスト:舟斎文子
 B‐PRINCE文庫

(あらすじ)
しっかり者で過保護なポチと、のんびりやでマイペースなタマは、付き合い始めて6年目の恋人同士。嬉しくなったり凹んだり、キスしたり「愛してる」って囁いたり、そして時々エッチ。二人にとって、一緒にいられる毎日が幸せなんだって思えることが幸せで―待望の人気携帯小説が文庫化。癒し系ショートノベル集・書き下ろし付き。

<感想>
ん…?事前情報なしで本をパラパラして、え…?と。
とりあえずそっと閉じました。

----------------------------
恋と愛の境界線
 遠野春日 イラスト:高久尚子
 ダリア文庫

(あらすじ)
警視庁捜査一課の刑事として優秀で、繊細な美貌の持ち主の藤堂隆伸。だが、藤堂は過去のトラウマから他人と打ち解けることができず、周囲からも敬遠されがちだった。刑事はふたり一組で捜査にあたるが、そんな藤堂の相棒となったのは明朗快活な好青年、新米刑事の須田輝明だった。殺人事件の犯人を懸命に追ううちに、優しく頼りがいのある須田に藤堂は次第に惹かれていくが……。

<感想>
「ロマンスの予感」と若干繋がりのある話。
知らなくてもまったく問題なしです。
卑屈なまでに自分に自信を持っていない藤堂が、須田のまっすぐな愛に溶かされていくのが良かった。
高久さんの絵は未だかなり重症也。

----------------------------
初心者マークの恋だから
 いつき朔夜 イラスト:夏目イサク
 ディアプラス文庫

(あらすじ)
年上のいい男に口説かれて、ホテルに入った新米教師の謙吉。なのに土壇場で怖じ気づき、彼がバスルームにいる間に逃げてしまった。後で悔やんでも、後悔先に立たず。ところが数ヵ月後、他校の会議室でその男・達川と再会した。そして、高文連弁論部門の専門委員として、共に活動することになったのだ。男としても教師としても憧れと尊敬の念を抱かせる達川に、謙吉は惹かれていき……。教師達のラブ・ディベート

<感想>
かなり好きな話でした。
ホテルまでホイホイついていく謙吉、その上怖くなって黙って逃げて酷いのですが、そこからの達川の追い上げ方がいいです。
変なところで気が強かったり、弱気になったりする謙吉がかわいい。

----------------------------
花咲く家路
 一穂ミチ イラスト:松本ミーコハウス
 ディアプラス文庫

(あらすじ)
高校生のかずさは、生まれた時からずっと母・弓子と二人で生きてきた。ある日、弓子から「結婚したい人がいる」と告げられ、木工作家の慎一と自分と同い年だという息子・葵と顔合わせをすることに。初めて会う葵は、真面目で臆病なかずさと違い、まっすぐで自由で??夜空を取り込んだような黒い目で、健やかに笑った。そして、弓子と慎一は結婚し、二人は兄弟になるが……。心を溶かす、初雪色の恋物語。

<感想>
センシティブな話。
なんとなく面白かった…のかなぁ?微妙な感じ。
最も微妙なのは絵だけども。
松本ミーコハウスって目力ありすぎて…。

----------------------------
桜雨は仇花の如く
 神奈木智 イラスト:穂波ゆきね
 ルチル文庫

(あらすじ)
恋人久弥との逢瀬を支えに、男花魁として生きる佳雨。ある日、佳雨に身請け話が持ち上がり…。久弥と佳雨の恋の行方は…!?

<感想>
やっとでたーーー。
花魁ーーーー!!
穂波さーーーん!!!
佳雨も久弥も梓も銀花も好き。
にしても鍋島氏いいとこ持っていきすぎです。

----------------------------
不条理で甘い囁き
 崎谷はるひ イラスト:小椋ムク
 ルチル文庫

(あらすじ)
ひとつ年下の羽室謙也と付き合い、幸せな毎日を送っているデザイナーの三橋颯生。ささいな喧嘩がこじれてしまい落ち込む颯生は!?

<感想>
「不機嫌で甘い爪痕」の続編。不機嫌~のほうはノベルズのみ持っています。
絵に違和感があるかなーと思ったけど結構平気ですね。
合ってる。
表題作のほうはかなり良かったです。
元々好きなカップルだったし。
後の方の話はちょっとダレました。


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20090927 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
08 | 2017/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。