--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

01

January February March April May June July August September October November December
2005(Thu) 00:21

夢を売る少年たち

少女漫画

夢を売る少年たち
松山花子(ピチコミックス)

ついつい慣れでこれもBLのカテゴリに入れそうになってしまった…。
松山花子名義でしたわ。
BLでもないのに表紙を隠したくなったりして。
(いろいろな意味で疚しさが…)
だって背中に「We are お小姓BROS.」。
帯は「HEY!終わらない夢(ドリーム)見ようZE!」
内容全然知らずに買いましたけど、とても恥ずかしい気持ちになるわ。

前の「迷彩ハーレム」の時にこの人の本を読むときは周囲に気をつけなければと言ったにもかかわらず、家まで待てずまたバスの中で読んでしまい(にやけて)苦しんだ学習能力のない私。
先にも書きましたが内容を知らずに読み始めた私は、始めのページからハテナと思うことに。
私の中では、お小姓の少年達がおじさんたちに夢を売るような話だという勘違いがあったので「女?何故…そうか、こいつら全員女装して高校生活過ごすのか!」と5Pくらいまでは本気で思ってました。(…)

実際のあらすじ
全寮制の女学院で暮らす のら(♀)とマリア(♀)は恋人同士。だけど最近マリアがおかしい。学院内ではやっているアイドルグループ「お小姓BROS.(ブラザーズ)」の高松に夢中っぽい。
マリアを追いかけていった先のイベントが「お小姓組公開オーディション」でひょんなことからオーディションの舞台に立ってしまい、社長から声がかかる。マリアは自分が幸せにしたい!だから…自分がマリアのアイドルになってやる!

あとがきを読むとこれがはじめての連載作品だったようで。
確かに絵の荒さは今以上でさすがにちょっと読みにくかったです。
目とか全然書き方が違います。
今現在の松山花子は相当綺麗になった結果だったのだと分かった次第です。

にしても「お小姓兄弟」って!なんじゃそら。
まさかこの名前がアイドルグループの名前だなんて…。
そのセンス恐るべし。
たしかにお小姓には惹かれるけれども。
彼らが歌う曲の歌詞もすごい。歌詞が…。
わざわざ作った挙句、片すみにBASLAK(出)許諾第505050-50号とか書いてあってくだらない所に労力をそそぐなあと感心。
お小姓たちにも色々いて、それぞれのキャラも楽しめる。

あとがきを読むと、打ち切りだったようで無理やり終わらせたらしいのですが、本当に話の方向性にあった終わりかたでした。
きっとまた読み返してアホさに笑う、そんな一冊になりました。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20051201 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。