--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

16

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 22:09

BL 月とハニーベア

BL小説

月とハニーベア
松前侑里/イラスト 二宮悦巳(ディアプラス文庫)

「空にはちみつムーン」の続編です。主役カップルを変えてのお話。

毎度の如く、あらすじを読んでも前巻の話がまったく思いだせず、前巻ひっぱりだして来ちゃいました。最初のほうを読んだ時点でさすがに思い出しましたが、面白かったので最後まで。そういえば前に読んだ時も結構楽しめたんでした。

届いた表紙をみて、なぜホモ本に女…?と思ってしまいました。読んだあとに見ればちゃんと和月に見えるんですがー。
(あらすじ)
些細なことで別れて以来、満月の夜にだけ身体を重ねる関係の和月と沖人。お互い今でも相手に惹かれているが、和月にはどうしても沖人を許せない理由があった。頭では許した方が楽だと分かっているのに――。そんなある日、和月は仕事で沖人扮する男性に恋する女性の役を演じることになり……?人間関係の悩み解決専門劇団『TDC』の面々が活躍するムーンライトシアター。

もう二宮さんの絵がむちゃくちゃ可愛いし、綺麗!私の一番好きなレーターさんです。絵の優しさとか色味のやわらかさがたまらなく好きです。

言ってみれば「P.A.(プライベートアクトレス)」みたいな、仕事を請け負う会社が(劇団)『TDC』であります。舞台上ではなく、リアルな日常の中で芝居をして人の人生に関わっていく…という感じです。個人的にはすんなり受け入れられる設定でして、結構深みにはまって読めるので楽しいです。

沖人のことが好きなのに好きといえない、可愛くない言葉しか口に出せない、愛情表現が未熟な和月。それでも沖人には伝わっていて、呆れたりせずに辛抱強く付き合ってくれている。そんな些細な事が許せないままでいた和月に用意されたのは、自分と見つめあわなければいけない役…。心とは裏腹な態度をとってしまうことをやめたいのにやめられない…そんな和月の戸惑いが伝わってきます。もどかしいといえば、物凄くもどかしいのだけど、最後にきっちりしめてくれるのですっきり読めてしまいました。沖人の包容力も結構なものです。こういう攻は好き。

他の劇団員とわいわいがやがや、言いあったり、一緒に料理を食べたりとそんな日常感も二宮さんの絵でより明確な風景として想像できました。
前巻のキーワードはペンギン、今回はベアです。私的に和月がベアにくっついてるシーンはどれもキュンとなるお気に入りです。エンディングは砂吐きそうな甘アマですのでご注意を。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20061116 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。