--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

19

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 20:50

BL 秘めた恋情を貴方に

BL小説

秘めた恋情を貴方に
遠野春日/イラスト 陸裕千景子(ルビー文庫)

絵買いです。相変わらず色っぽい絵ー。

遠野さんの本はたまーに買うくらいでしょうか。
絵が好きだったら買ってもいいかなーと思う人。
(あらすじ)
外務省に勤める柚木崎恒には、次期家元候補の能楽師・櫻庭矩篤という幼馴染みがる。滅多に感情を表さない男だが、凛とした姿の内に熱を秘めた男であることを恒だけが知っていた。 しかし永遠に続くと思っていた穏やかな友人関係は、恒がエルシア公国皇太子であるラウル殿下の来日中にお世話役に抜擢されたことで、一変してしまい…!?
「どうしよう。おれはきっと矩篤が知っているより淫らで欲深かもしれない」
焦がれるほどに貴方を求める心と体―遠野春日が贈るアダルト・ラブ・ロマンス登場!!

あらすじの最後がいつもこっぱずかしい。とまあそれはいいとして。

絵で補完出来る部分が大きいのもありますが、お話としても全体的に無難で面白かったです。登場人物に色気というか艶があって、でもストイックな雰囲気という感じ。

矩篤は恋心を隠し続け、恒は自分の気持ちに気付いていないという微妙なバランスが保たれていた所に、ラウルという男が現れ恒にちょっかいを出したことで急速に関係が変わっていく。恒視点で、矩篤への気持ちに自分でも説明が付けられず戸惑っている感じがかわいい。でもなよなよしているわけじゃない所が大事。そして矩篤の和服姿が素敵でやられます。

ラウルも面白いキャラクターで良かったです。通訳の秋保とラウルの関係も発展して欲しい所。何もないけど何かありそうな雰囲気…気になります。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060919 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。