--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

01

January February March April May June July August September October November December
2005(Tue) 22:59

BL 脱がない男

BL小説

脱がない男(下)
木原音瀬/イラスト 志水ゆき(B-BOYノベルズ)

JAMのライブ待ってる間に読んでしまった。
上下あるので下だけ買わないように。
(買わないか)

リーマンモノという事と、題名に惹かれて買った私。
脱がない男。興味がわくってもんです。 (あらすじ)
コネで入社した大手化粧品会社でやっと思い入れたっぷりに取り組める仕事に出会えた甲斐谷。だが、その新製品への意気込みは、男前だけどとことん気障でイヤミな上司・藤原に挫かれまくる。藤原の弱みを握ろうと企んでみたものの、同僚からの勘違いも手伝って自体は思わぬ方向に!藤原の秘密とそして壮絶な色香を知ってしまった甲斐谷の運命は…!?

藤原の弱みっていうのが「片タマ」って事なんですが…。
上下通して「片タマ」連呼。
上巻でははっきりいってレイプみたいなもんだったし、甲斐谷のやることがあまりにお馬鹿さんで(´Д`)ってなった。
片タマ写真を撮って藤原を脅し、企画を通そうという…。
下巻では少し成長したものの、やっぱりお馬鹿。
そこが憎めない…か?あんなやつリアルにいたらイラリとすること間違いなし。
でも藤原への愛はあるのよね。(途中からだけど…)
んなのでまあ許そう!

もうこの話は藤原課長がかわいいのにつきる。
会社では気障で女もとっかえひっかえな藤原だけど
コンプレックスの塊みたいなもので。
子供っぽいけど純粋な甲斐谷に惹かれていく。

この人の本はこれ(上巻ですが)が始めてのような気がします。
文章が読みにくいという事もありませんでした。
でもここで力説して面白い!というほどでもないのです。
でもでも、まあいつか読み返す事はあるかもしれないです。
普通なんですね。そんな感じです。

絵は志水ゆきなので説明する必要とかないんですけど。
(有名だからねー)
個人的には好きな絵じゃないです。
ファンの方は上の文章は見なかったことに。
口絵をみても、色気がない。
線が貧相。って失礼か。反転しとこ…。
ハマると魅力を感じるのかもしれないですが、
ハマるほど読んでないからなぁ。

そんな感じでございます。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20051101 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。