--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

19

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 23:54

D-LIVE!! 15巻

少年漫画

D-LIVE!! 15巻
皆川亮二(サンデーコミックス)

15巻で完結です。
なんとなく話が急激に進んでるとは思ってましたけど、終わりだったのですね。
表紙も最終巻らしい雰囲気。裏は今まで悟が命を吹き込んだマシンたち…かな?で、最終巻でようやく私は気付きました。「D-LIVE!!」のカバーは全巻「表紙の絵を背中から見たのが裏表紙」というように描かれていたのですね!私にとってこの人の作品は絵じゃない…ので3年間思いきり素通りしてきてしまいました。そうやって見返すと意味深な絵だったのだなぁ…。

(あらすじ)
テロリスト・キマイラとの最終決戦を迎えたASEエージェント達!次々と仲間が倒れてゆく中、遂に百舌鳥との対決を迎えた斑鳩!!敗北が世界の破滅を意味する状況で、斑鳩は覚醒する…!!
さらに主要登場人物達の過去に迫るスペシャルエピソード「A-LIVE!!(アライブ)」3編130ページを収録。


爆弾の装置を解除する波戸、カザロフ隊との闘いの中で倒れるオウル。そんな中、百舌鳥と悟が対峙する。百舌鳥は次第に見えなくなる視界の中で、自分にたてた二つの誓いを守るために悟と戦う。悟は指摘されていた弱点「マシンを大事にしすぎる」というスタンスの中から新しい道を切り開く。そして親友でもあったキマイラとの最後の戦い…。

緊迫したクライマックスです。
途中から百舌鳥さんがASEから去ってどうなることやら…と思っていたのですが、やっぱり最後に終わってみるといい男…。キマイラがまさかあんな展開で…というのは意外でした。
全編通して、私は、悟の高校に行っているシーンが結構好きでした。優秀なASEドライバーである悟と、ちょっと抜けた高校生・悟のギャップが楽しかったのです。同級生の視線なんかもおもしろかったです。ということで本編のラストエピソードは良かったなーと満足してます。

・スペシャルエピソード
「A-LIVE!! 1」 百舌鳥と悟の父・真の若かりし頃のエピソード
「A-LIVE!! 2」 幼少のオウルが、師匠と真に出会った頃のエピソード
「A-LIVE!! 3」 まだ真が生きていた頃の、幼い悟や母を交えたエピソード

今まで全面には出てこなかった(死んでるから当然だけど)真のエピソードが大放出です。またこれが…いい男なんです。こりゃ惚れちゃうわー。子供の頃の悟の純粋な気持ちも可愛いし、オウルがどうしてああいう男に育ったのかもわかります。格好いいのに情けない男に…。

これで終わりで次は何をやるんでしょうか。
いつも言ってますが雑誌は読んでいないのでボーッと次を待ちます。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少年漫画 | 20060819 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。