30

January February March April May June July August September October November December
2015(Mon) 00:24

JAM THE STRONGER'S PARTY 横浜

JAM Project関連

横浜アリーナ終わりました。

次のツアーは夏から大規模ツアー。
オリジナルアルバムも作るとのこと。
地方公演が楽しみです。



■JAM Project 15th Anniversary Premium LIVE
 THE STRONGER'S PARTY
 2015/11/29(日)
 横浜アリーナ



神戸での経験を胸に抱き、期待は全然しないように気をつけて、お姉ちゃんに全然見えないからね、期待をしないで、今してる気持ちを極限まで縮小してからいくようにって注意してたのに、いざ始まってみたら神戸なんて比じゃないほど見えなくて、注意してた側の私がすごい気持ちが冷えていって。
それで逆に、自分がそれでもまだ期待して来てしまったんだと知ってすごく悲しくなった。
ここまで期待を萎ませないと楽しむことが出来ないライブって何なんだろう。
そう思ったらもう全然楽しくなくなっちゃって。

無理して手とか振ってたけど、リベリオン大好きなのに、もうリベリオンあたりでは楽しく無さ過ぎて腕もあげられなくなってたし、リズムを身体でとることも出来なくなってた。
見るものもないから上の方の照明みながらさ、綺麗だなって…でもこの演出するためにこうやって見えない私とか犠牲になってんだなって思ったら悲しくてさ。
前に全員が並んでるいつものステージだったらここまで誰も見えないなんてことないのに、なんでこんなに見えないんだろ…もちろん見えてる人は楽しいんだろうけど、見えて無さすぎて考えることしか無くなってきて。
前の人が背高くて見えないとかはどのライブに行ってもあることだから仕方ないって割り切れるけど、クソ演出のために見られないっていうこの状況があまりにも納得する場所がなさすぎて。
ほとんどディスプレイ見てたけど、ディスプレイ見てるだけなら家でDVD見てたっていいわけよ。
2005年からJAMのライブ行くようになって、随分JAMのライブ行ってきたけどこの横浜アリーナのライブ最悪最低だな、ワースト1だなって。
ワースト1のライブだなってのを6曲目くらいまでに100回じゃ足りないくらい頭の中でリフレインしてたし、もう今日は捨ててアニソンAAAに気持ち切り替えようと…そこまでいってた。


だけどGeneration!で福山さんの笑顔が見えてすごく楽しくなって、そこでようやく気持ちが浮上してきて、泣きそうになってしまった。Generation!これから聞く度に泣きそう。今思い出しても、救われた気持ちが大きくて泣いちゃうわ。。。それくらいつらかったし、そこから最後まで楽しめたのこの曲のおかげだった。


No Border、歌詞見ながら、テロあったばっかりだったから凄く迫った歌詞だと改めて。
「戦争の代償は いつでもそう 一番弱い者が Payしてる」って本当によくこの事実を書いたよ影山さん。
ほんとうにそう…。


メンバーが360度のステージっていうたびに、こっちはそのせいで見えないですけどね、って内心イラってするのもそのしてしまう自分自身が辛かったけど、最後笑顔の真ん中に居られて幸せだって福山さんが言ったからなんとか救われた。


ヒカルドが入って歌ったSempre Sonhando、すごく良かった。
影山さんが言ってたけど、この曲をヒカルドなしで歌ったこともあるけどヒカルドなしだとさまにならない、『パパとママの前で』ここはヒカルドでないとっていうその言葉、自分も人の親で、子供が親の心配を押しても自分のやりたいことを頑張ってやってる姿を見てきてすごく共感するって。
あのMCは泣いた。
ブラジルで育ったヒカルドが書いた詩だから胸にくる。
前にヒカルドがパンフレットに書いていたことを思い出した。
ヒカルドのようにブラジルで、今までに無かったことをやることは、日本にいる私たち以上に途方もなく困難で、それはご両親は心配しただろうなと。それでもご両親はヒカルドを信じたのだろうし、ヒカルドもいっぱい頑張ってここまでやってきたんだろう、そう思ったらほんとにいいなぁって。


部長の最後の世界中の『ありがとう』を言っていくのすごく良かった…。
ダニー凄く良かったよ…素敵だった。ありがとう。


悲しい思いもいっぱいしたから今日のライブいくら映像が綺麗でもDVD買いたくないと今は思ってる。イベントとかないなら買わないかも。なんか本当に虚しくて一人で泣きそう。。あとで盛り返したけど、だけどこの10年間でワースト1だった事実は変わらない。
ディスプレイに映る全景がホントに綺麗だったんだよ。ステージから見たらこりゃ綺麗だろうなぁって思った。でも綺麗であればあるほど悲しかった。それを思い出すのは苦行だわ。

トークは楽しかった。救いのうちの一つ。
皆かわいくてカッコ良くて魅力的だなぁ。何年たっても魅力的だ。
Generation!以降は曲も楽しめた。
自転車、影山さんそんなに好きなんだね…でも強要はよくないよ(笑)
福山さんは横浜でラーメンを食べるようにとうるさかった(笑)いい仕事した!横浜のガチめんの商店会の人たち招待してたんじゃないかなって思った。

メンバーがすごく頑張って歌詞覚えて体力つけて挑んだんだから、その分だけ私も全力で楽しみたかった。
一秒も無駄にせず、楽しいと感じたかった。
それが本当に悔しいし心残り。
やっぱりJAMのライブは、ステージの演出じゃなくて、JAMのメンバーの歌とかで十分魅せられるんだからそこで踏ん張って欲しい。
いい音楽と、いい歌、そしていい音響。それが大事だしそれだけで十分だ。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20151130 |