--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

16

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 21:14

福山芳樹 2014アコギ旅#2 大阪

福山さん関連

予定が色々詰まっててなかなか書く時間がとれない毎日だー。
せめて平日夜に時間が取れればいいんだが、往復4時間の通勤時間はプライベート時間の犠牲の上に成り立っている。
通勤時間にブログを書くほどの元気がもうない。
再来週からはもう少し時間がとれるようになるかな?
まあ少しずつでも書いていかねば忘れるのみなので書くべし。

福山さんの大阪アコギ旅から。
福山さんがブログでリクエストをまた募集していたので、セットリストまるごと送りつけてしまいました。
そしたらそんな人がいっぱいいたらしく「容赦ない」と福山さんから言われました(笑)
人によってはMCの位置まで指定し、告知などの話す内容まで指定し、曲の分数まで書いてきたらしいです。


■福山芳樹 2014アコギ旅#2
 2014/11/06
 THE LIVE HOUSE soma
 開場:18:00
 開演:19:00

【セットリスト】
1.GOOD MORNING
2.雨に会えた日
3.雪解け
4.季節の跡
5.青い薔薇
6.星空のレクイエム
7.あの空の向こう側へ
8.星の手紙
9.Love of My Life(Queen)
10.ひこうき雲(荒井由実)
11.ヒコーキ雲とひとり
12.MIRACLE SKY

<<PONちゃん無理やりゲスト>>
13.Nowhere Man(Beatles)
14.Eight Days A Week(Beatles)

15.誰かが君を待っている
16.I LOVE YOU
17.夢をごらん
18.ジャングルジム
19.逃避行
20.HAPPY BIRTHDAY
21.夜が来て 明日が始まる
22.LOOKIN' FOR THE RAINBOW
23.しあわせの涙
24.突撃ラブハート(Acoustic ver)


※新しい公式サイトはライブ情報のアーカイブにセトリが載ってるんだけど、まあ自分でここにコピペしながら書いた方が早いのでそうしていく。



東京でもあったけど、MOJOST代表として寒河江さんの挨拶あり。
東京ほどのガッチガチ状態ではありませんでしたが、緊張はしていました。
福山さんがTwitter始めた日、福山家でMOJOST会議を行っていて、その場で福山垢を作ったそうですが、案内した瞬間からフォローの通知が止まらなくなり、誰も止め方が分からなくてしばらくピコンピコン鳴り続けてたそうです(笑)
反応が早すぎてびっくりしたそうで「常時見てるんですか?」とか言われました。
ほぼ見てますし特定の人が呟いたら通知が来るように設定できますしね。
あ、寒河江さん曰く「新曲聴きたいですよね。期待して待っていてください」とのことでした。
アルバム発売が遠くない未来であると信じてまってます!!!!

「GOOD MORNING」
東京で私がリクエストしたうちの1曲でした。
リクエストの理由にイントロが好きって書いたんですが、確か東京ではイントロなしで即歌だったように思うのです。
しかし大阪ではあのイントロ込みでの開始!嬉しかったです!
綺麗な音だ~~!♪

「雨に会えた日」
リクエスト多数だったとのこと。東京公演に行けなかった人からのリクエストかなと思った。

「雪解け」また福神でも歌いたいというようなことを福山さん。
(でも福神は、昔もタイミングも悪かったけど今やってもあまり歓迎されない気はする。私だけじゃないと思うけど2008年年末のライブはとてもいい思い出とは言い難い。神奈さんが悪いわけではなく。それならトルバやってほしい…とか私は思っちゃうし)

「季節の跡」リクエスト多数曲。
この曲は特にレアってわけでもないけど、何度ライブで聴いても「名曲…」と唸る曲のうちの一つだなぁ。アコギライブにぴったりの1曲なんですよね。
口笛でラストを〆たのがまた堪らなかった。
あと、このあたりは美声だった!

「青い薔薇」東京では少し曖昧だった曲のMCが、大阪ではもうちょっとはっきりした輪郭だった。前にも福山さん話てたけど一度CDにしてしまったら自分の曲を聞き返さない派のミュージシャンであると。デモの段階ではもっとよりよく出来るだろうと色々考えるために何度も聴き直すけど、マスタリングとかミキシングとかやったら忘れてしまう、でもこの曲の制作中のことは覚えている、と。
アニメのキャラソンのために作った曲で、それをセルフカバーするにあたって歌詞を書いた、恭子さんにその作った当時どういう曲なんだい?と聞いたら「不可能の代名詞である青い薔薇を作ろうとする科学者、、科学者とか未知のものを探している人たちの歌」と言われたらしいのですが、今回アコギ旅で歌うにあたって改めて恭子さんに聞いたら何も覚えてなかったそうです(笑)
「青い薔薇」…いい…。(しみじみ)
この曲も第一声から超美声でほれぼれです。

「星空のレクイエム」リクエストがないとやってもらえない感じの曲で、やっぱりリクエストが多くてやってくれたんですが、この日の調子をまずこの曲で落としてしまった感じがしました。高音がきつそうで聴いててちょっと辛かった。
この曲と次の2曲は同じように鎮魂歌だと福山さん。

「あの空の向こう側へ」東京では「あの空~」からの「野性~」という曲順でやって欲しいとリクエストした1曲。
私は本当にハミングのベストのあの曲順が好きで…。
でも東京ではやってもらえなかったので、やはりあの曲はソロではやりたくないのかもしれないな、と思って大阪へのリクエストでは自粛したんですよね。
ハーモニーが大事な曲なのは間違いないし。でも私は単純にこの曲がすきだったんですよ。
だけどその1曲がきたのでびっくりしたし、嬉しかったです。
福山さんありがとう~~!
星空~のあとで掠れてたけど、その掠れすら素敵でただただ茫然と聞き入ってしまいました。

「星の手紙」「あの空~」からそのまま続けて演奏。
やはり「星の手紙」もアコギライブで光る曲だ!

「Love of My Life」(QUEENカバー)洋楽コーナー。
初めてみたライブというのは特別なものだという話で、初めてみたQUEENの曲。

「ひこうき雲」(荒井由実カバー)
リクエストにより邦楽も。この前FCイベントでも歌いましたねそういえば。
HUMMING BIRD時代、マクロス前はどんな仕事でも受けていて、その中の一つにミュージカルのバック演奏もあって、3回ほどやったそう。
そのうちの一つの舞台が、この曲がテーマソングの舞台だったので思い出深いそう。
不治の病で死んでしまう女の子の物語、その女の子がとても好きでベッドのなかでか細い声で歌っていた曲が「ひこうき雲」だったのだそう。
あのときはステージの裏のスペースで演奏しながら泣いていた、今でもコード弾いているだけで泣ける、と。

「ヒコーキ雲とひとり」何故カタカナなのかはこんど聞いてみるそうです(笑)

「MIRACLE SKY」カポをはめながら…fは難しい、全押さえ、それを簡単にしてくれる…とか。
TシャツはMOJOST最初ということでどうしようか考えた結果、自分なら動物だろうということで、へたくそな絵で図案を書いてデザイナーさんにデザインしてもらったというお話。
人間の手で絶滅させられた動物たちの歌ということで。

次の曲もリクエストが多かった…と話しているときに楽屋でガタガタ音がしたらしく後ろを振り向く福山さん。(今思えばこのとき何の曲をやるつもりだったんだろう)そうしたら寒河江さんが神妙な顔で紙を福山さんに手渡す。何かと思ったら「ぽんちゃんがきました」(福山さんが私たちにその手紙を見せた)なんだよ!このしんみょーな空気かえせよおおお(笑)

PONちゃんはただ見にきただけなのに呼ばれて、え?え?見たいな感じで戸惑ってたけど福山さんがステージに呼び。なにかやろう!と。PONちゃんは混乱状態で聞いてないって感じだけど福山さんは最初からサプライズでステージにあげちゃう予定だったみたい。
何の曲やろうかっていう話になって、PONちゃんは全然そんな気なかったから…でもまずはビートルズでしょ、みたいなことを言ったんです。
そしたら福山さんたらめっちゃ嬉しそうに「そうだ!来てました!!」って。
リクエストで曲演奏してることを知らないPONちゃんは???って感じで「何が"来てました"???説明してください~~!」って(笑)ですよね~~(笑)
そこでようやくリクエストライブやってると説明して、二人分のリクエスト来てた「nowhereman」をやることに。PONちゃんは手ぶらだからエアベースとコーラス。
「すごい恥ずかしい」といやがるが、曲中にエアベースソロを要求する福山さん。鬼!
そのあともう1曲やりたいとなり、何かギターを弾く福山さん>曲がわかり「いいと思います」とPONちゃん>また別のギターを弾く>「それもいいと思います」とPONちゃん>さらに3曲目提案しだす福山さん・・・つー流れが、福山さんどんだけ嬉しいんだよって感じで和みました。
正直に正直にいうと、福PONはまだ6公演もあるので、この日は福山さんソロの曲を聞きたかったんだけど、あんまり福山さんが嬉しそうだからなんでも許したるわって気持ちになりました。

「誰かが君を待っている」リクエストした曲!でも短いからやってもらえないかなぁって期待半分くらいの感じだったんですが、「短い曲だからアレンジしながらやります」って言って演奏しはじめて。そのアレンジがとてもとてもひっそりしていてギターの音色は綺麗で口笛が入ってきて、あああああまりに素敵で泣きました。

「I LOVE YOU」は意外とアコースティックで聞いてる気がするな~。でも「誰かが君をまっている」からMCはさまずに行ったので雰囲気はさいこーでした。

「夢をごらん」これもMCなしで行ったかな。福山さんが一人一人の顔をみるように慈愛に満ちた表情で客席を見回していて、とにかくそっと囁くように歌ってくれたのがとても印象的で深い愛をもらった気がしたそんな曲でした。

「ジャングルジム」イントロなしで即突入。札幌?旭川?どっちかで言われてから、確かに毎回アレンジ違うんだなってことはなんとなくわかったような。(曖昧)

「逃避行」は「これは…これは……声でるかなぁ」と心配しながらのスタート。心配した通り途中からすごい声が枯れてしまって、明らかにやばそうだった。歌い終わったあと「声限界がきてしまいました。さあどうする!俺!」って福山さん。

次からの3曲は咽喉がやばいのでファンに手伝いを要求。

「HAPPY BIRTHDAY」リクエスト募集すると必ず入ってる曲らしくて、毎回誕生日が近い人が絶対いるんだなと思ってるらしい。客席に聞いたら2人誕生日が近い人がいて、その二人が近い位置に固まってたので「その二人のためにうたいます!皆さんも一緒に二人のために歌ってください」って感じで。視線は二人のほうだけ向いて歌ってました。

「夜が来て 明日が始まる」ラーラ ララーララ♪をファンにいっぱい要求しつつ。すごく楽しかった!!

「LOOKIN' FOR THE RAINBOW」

「しあわせの涙」100万チバソングくらい出すよう要求される。

「突撃ラブハート(Acoustic ver)」1曲目にやろうと思ったけど、(平日だったし)遅れてきてこの曲がきけなかったでは可哀想なので最後にしたと。

最後の曲の前に、「僕のファンは誇りなんです。」と突然言い出した福山さん。「いつもイベントとかで礼儀正しくしてくれてありがとう。誇りです」ってそんなことを言われてね、それで突撃ラブハートは号泣しながら聴きました。

福山さんの咽喉は心配になるほどだったけど、すごくリクエストがいっぱい叶って幸せな夜でした。
咽喉も、二日後の下関では超美声だったということだったので一安心♪
最近忙しそうだから休息十分にとってほしいです。
いつまでも元気にライブしてください。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20141116 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
06 | 2017/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。