--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

21

January February March April May June July August September October November December
2014(Mon) 00:54

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 東京

梶浦由記さん関連

YKライブ Vol.11の千秋楽終わりました。
私にとっては8回目のツアー参加、今回のライブは考えることが今までになく多かったです。
映像化も決定だそうです。

Vol.12の発表がありました。
2015/06/10~14 東京・東京国際フォーラムホールC
 10日、11日、12日の三日で一区切りの3days
 13日、14日は、13日が一回で終了、14日はマチネとソワレにわけてやるとのこと
2015/06/20~21 大阪・NHKホール
 大阪も21日がマチネとソワレになるとのこと





Yuki Kajiura LIVE vol.#11
2014/04/20
NHKホール



【セットリスト】
01.elemental
02.storytelling
03.forest
04.Liminality
05.in the land of twilight,under the moon
06.Lumirous Sword
07.花守の丘
08.Credens justitiam
09.Historia:opening theme
10.空の境界 未来福音 M23
11.ひとりごと
12.storm
13.eternal blue
14.時の向こう 幻の空
15.野原
16.rising up
17.凱歌
18.Absolute configuration
19.君がいた物語
20.stone cold
21.Distance
アンコール
22.zodiacal sign
23.Parallel Hearts
24.sweet song




待ちに待った2F席。2F席バンザイ!!!

01.elemental
今野さん、是永さんがまったく見えない席…でした。
でも下手さえ見えていれば私としては許容範囲です。
KAORIのマイクに最初は違和感がありました。
エコー感が気になったのかなぁ…ちょっと曲とのタイミングが合わずに聞こえるというか…イマイチ理由がわかりませんでした。
照明…今までもこんなに激しかったんでしょうか…。
ちょっとびっくりした…。

02.storytelling

<MC>

03.forest
紫の照明の中にオレンジの光線で、とてもとても照明が綺麗だった…!
そして圧巻のフルートでした。


04.Liminality
2F席のいいところは、ステージの床に描く照明もよく見えるところだと思う。


05.in the land of twilight,under the moon
06.Lumirous Sword

<MC>

今日はメンバーの名前を一通り紹介してから、お題の回答を言ってもらうスタイル。
これは映像化したときにMC切りやすくるための措置だろう…嫌な予感がする。
そして貝田さんの声がガラガラでびっくり。今までの曲でそう感じさせなかったから驚いた…。

ボーカルメンバーに対するお題は「私にとってのYKライブとは」
梶浦さんがこのお題にした意図(1)「YKライブはバンドのようでいてバンドではない。それぞれの活動があって、YKライブのときだけ集まる。このときにはバンドになるけど、だけど違う。だからどんな気持ちで歌っているか聞いてみたい」
(2)ここにきてくださってる人は色んな思いを持ってきてくれていると思う。ステージに居る人がどんな気持ちで歌っているのか歌い手の気持ちを知ってもらえたら」
…とそんな感じの意図を言ってました。

●WAKANA
●貝田さん
●KEIKO
●KAORI




07.花守の丘

08.Credens justitiam
上の照明つるしてるバーが揺れてるせいで照明のラインが揺れ続けていて気になった。
フルートいいなぁ…。


09.Historia:opening theme


<MC>
「花守の丘」をトキ伝の曲と紹介したとき「トキってカッコイイお兄さんが…私すごい好きなんですが」みたいなことを梶浦さんが言いだして可愛かった。

ヒストリア繋がりで「花子とアン」の話も
「BGMかかせて頂いているので脚本を早く頂いているんですが、『次!!早く次!!』と少女漫画の連載を読むような気持ちで楽しみにしている」
そうです。

●Jr.さん
●佐藤強一さん
●今野さん&大平さん
●赤木さん
●是永さん


10.空の境界 未来福音 M23

11.ひとりごと

12.storm
13.eternal blue

14.時の向こう 幻の空
その前の曲では、そう思ってきくと貝田さん調子悪いんだなって曲が確かにあったんだけど、この曲では相当がんばって声だしてた。

<MC>
次に歌う「野原」について、大宮で話してたことをちょっとコンパクトにして話していました。


15.野原
野原はその前のMCの内容を大宮で聞いたときのインパクトとどうしても比べちゃう。
だから今日あのMCを初めて聞いた人は今日のはすごく感動したんじゃないかと。
ただKEIKOが何回か歌詞間違えたのが残念だった。
2番は酷かった。聴いたことないような歌詞で歌い出したのでびっくりした…。
日本語歌詞は歌詞間違いが良く分かってしまうのが…他では間違えても気にならないだけに間違えたなって分かると目立ちますね。
貝田さんも声微妙でしたし。
クオリティは大宮のほうが良かったです。


16.rising up

17.凱歌
この歌で貝田さんの声の圧足りないのは残念!!!
喋ったときにガラガラ声で、なのに歌ってるときにあの透明感を出してるだけでもう凄いけど…、でもこの歌は貝田さん一人で歌うメロに主張がないと成り立たないよー。


18.Absolute configuration
ヴァイオリン⇒ギター のソロコーナーがカッコイイ(が一度も見えてない)


19.君がいた物語
ヴァイオリンアレンジがすごいカッコイイよなぁ。
KAORIが2番で語尾切りながら歌うのはちょっと好きじゃないなと思った。
今までそう歌ってたかは…ちょっと覚えてないなぁ。


20.stone cold
ここのソロで是永さんが前に出て来て今日初めて御姿拝見するなど。
貝田さん声出てて良かった。


<MC>
ここで今回のライブ映像化する旨発表あり。
その映像作品にはツアー回ってる間のメイキングも収録されるとのこと。
発売日は未定。
梶浦さんと貝田さんのアレな姿が映らないように映像チェックは厳しくすると梶浦さん(笑)


21.Distance
1番のKAORIの良さに惚れ惚れしちゃう。
すんごい良かったなぁ…。


アンコール

22.zodiacal sign
最初のovertureやっぱりカッコイイ。

23.Parallel Hearts

<MC>
「私のお題の答えは「あなたと会うため」です」と梶浦さん。
仕事して週末ライブを2カ月やってきて、これで無くなると思うと淋しいのでまたやります、と次回のライブ発表。
上に書いたとおりです。
Vol.9の3days Specialをまたやるそう。
このライブは梶浦さんの意向で大きい会場ではやりたくないそうで、なのでその分東京を3days2回まわし、大阪でも3daysやるそうです。
マチネにびっくりだ…。
梶浦さんは当初マチネの話をライブの日程決める人(ってことはプロモーターの人なのかな?)に提案されたときに、『さすがにFBMに相談せずには決められない』と思ったそうですが、その人からもう了解をもらったと聞いて決めたそうです。
なのにFBMメンバーにあとで聞いたら引き受けたときにマチネがあるとは知らなかったらしい!なんと。
マチネとソワレがある日は、5時間越え確実だそうなので参加者も大変だと言ってました。
そういえば3daysのときはちょっと曲数少なめだから、普通のライブ2回だと6時間行くなと思ってたけど5時間ちょっとってことなんですね。



24.sweet song






────────────────────────────────

ここから先は今日のライブや、今回のツアーがすごく楽しかったという人には向かないことが書いてあるので読まないほうがいいです。読まないでください。
でも私の正直な気持ちを書きました。
この気持ちなしで拍手ボタン押してもらうのも悪いし、コメント貰うのも悪いので、今日はセトリだけであげるのをやめました。


















【総感】
今回のツアー、私正直に書くと、今までで一番楽しくありませんでした。
小さな喜びはもちろんいくつもあったんですが、大きくみて楽しくなかった…というか、YKライブに行った喜びがありませんでした。
何が理由かは…ずっと考えていたけど…分かったような…分からなかったような…。

まず一つとしては、やっぱりセットリストに対して。
FJのアルバム発売後だからその曲が多めなのは分かっていてのツアー参加だったわけですが、それが分かっていての参加にも関わらずあまりにも心が踊らなくて愕然としてしまいました。
それは私が、FJの曲そこまで好みではないということに尽きるんだと思う。
昔の後ろに○○○と付くようなFJの曲はとても好きだったけど、今のライブで歌えるようにと作ったFJの曲は、すごく飽きが早くて何度聞いても楽しいって曲じゃないんです。
(より正確にいうとライブのために作った曲なのに、結果的に私にとってはライブで聞いて楽しくない曲扱いになってしまっているんです)
「Parallel Hearts」とか嫌いじゃないけど、ライブで聞くと「もうまたか…」って気持ちでいっぱいになってしまう。
Vol.4のころから殆どセトリから外れてないから本当に聞き飽きた。新鮮味がない。
何かすごく楽しめる部分がある曲でもないし、また映像に入るのかと思うと…。
FJだからといって4人で代わる代わる歌わなくてもいいと思うし、もっとシンプルなほうが好きだなぁとずっと思っていて。
元々梶浦さんのこと好きになったのはOST、挿入歌まわりがきっかけだったからっていう私の事情が大きく関わってくるわけですが。
梶浦さんの曲は、歌詞がないと音楽聴けなかった私でもインスト曲聴けるくらい、楽器だけでも主張が強いので、ボーカル一人+コーラスでもちょっと多いくらいで、FJ曲のボーカル4人はくどすぎるというのは以前から思ってたんです。
YKライブが始まったときにその違和感を抱かなかったのは、それが既存の曲(ライブのために作った曲ではない)曲だから、というのが一つあるかなと思うんです。
ライブのために作ったわけではない曲を、ライブで再現しようと思うとこうなるんだなぁ…みたいなそんな自然な納得。
いや、ライブはずっと楽しかった。ライブとして4人で歌ってることに違和感はなかったし、今もないです。
FJ曲に対する違和感をどう表現したらいいんだろう…難しいなぁ…だからずっとかけずに来たわけだけど…。
YKライブがどんどん進んで、FJとして曲を出すようになって、最初はとても嬉しかったけど、FJのメンバーが実質固定になってしまったことは残念だったし、もっとシンプルなバラードとかそういう部分の欲求が満たされなくなったなぁっていうことなのかなぁ。
「花守の丘」とか「風の街へ」とか「みちゆき」とか…日本語でいうとそういう曲が私のストライクだったので…淋しいんですよね…正直。
ワイワイやる曲は梶浦さんに求めてなかったから。
それはもう梶浦さんがやりたい音楽と私が梶浦さんに求めてる音楽との乖離なのかなぁ…と思ったりするけどそれはあまりにも悲しくて私が認めたくないんです。
でも認めないといけないのかなぁ…。認めたくないな…。ずっとそういう葛藤を感じていたツアーでした。

ツアーとしてのセトリの組み方も…もうちょっと工夫があっても良かったと思う。
Vol.4は初めてのツアーだったからおいておくとしても、Vol.6であれだけ各公演で違うセットリストでやることが出来たのに、退化するっていうのはどうなんでしょう。
仙台は別事情で楽しめなかった気持ちが強かったけど、仙台だってVol.6で行ってるのに、北海道と同じセットリストって仙台ナメすぎじゃないの…信じられなかった。
今まで殆ど東京公演ばかりで、その間地方ファンはわざわざ足を運んでくれてたわけで、その土地で初めてといっても…、この性質のライブなんだから殆ど既存客でしょう…。
ツアー殆ど追っかけてる組はYKライブでは結構多いはず。
(福岡行きの飛行機でも帰りの飛行機でも複数見かけたし)
それに初心者向けにライブやって入門に…って思ってるのかもしれないけど、普段こんなに日本語曲のライブやってないんだから嘘ついてるような感じだし…普段のYKライブだって十分魅力あるのに…と思うととても悲しい…。

セトリがセトリというのもあって、かなりスタンディング率が高かったのも、私の気持ちを凹ませる大きな要素でした。
私は立って「Sweet Song」は聞きたくない。でもステージはやっぱり見たいよ。
「花守の丘」のイントロが始まっても立ってるとか正気じゃないと思ってしまうし…その上周り見て結局座るとかいう行動みてるとゲンナリする。
だったら最初から座っとけと思うし。
今日このツアーで初めて2F席だったんだけど、2F1列目だったから一度もそういう意味でストレスを感じませんでした。
これだ…私が求めていたものはこれだ…と思いました。
国際フォーラムのCホールでは難しそうだけど、また2F席指定の販売復活してほしい。
私を2Fに隔離してほしい。
隔離される側でいいから隔離してほしい。
でも、これまでの7公演でそれをとてもストレスとして感じていたので、楽しめない原因はそれなんじゃないかって思っていたんですけど、今日視界がストレスフリーになっても楽しみ切れなかったのでそうじゃないんだなと分かりました。
セトリが好みだったらそれでも楽しめたんじゃないかな、と今では思っています。

映像化する…ということで、映像化してないのは
01.elemental
02.storytelling
06.Lumirous Sword
09.Historia:opening theme
10.空の境界 未来福音 M23
11.ひとりごと
12.storm
16.rising up
17.凱歌
18.Absolute configuration
19.君がいた物語
ざっと見てこのあたりかな…あってるかな。
10曲…は多いと思う…べきなのか?
ライブとして初披露だったのはルミナスとヒストリア抜いて8曲ですね。
個人的には、映像化してない曲が山のようにあるのに、逆に映像化決定してたのに10曲しか新しく収録される曲がないという事実に愕然としてます。
それでもされないよりはいい…?
でもこれで次の3days映像化されないと確定したような気がするのでショック…。
「M23」とかは嬉しいけど…。複雑な心境です。
上から撮影カメラのディスプレイが見えてたんだけど、スイッチの切り替えがすごいことになってたので、Vol.9の悪夢再びにならないことを祈るばかりです。
MCも切らないでくれ。

そうだ2F席から実質1列目の前のカメラマンが嫌という程よく見えたんですが、レーンカメラが邪魔だろうなと思ったのはもちろんなんですが、あの2人の静止画のほうのカメラマンの質の低さはどうにかならなかったんでしょうか。
酷い…あれは。
あんなウロチョロして、1列目の前に陣取って、途中からしゃがみもしないで撮影してて…2Fから見ててもウンザリしたから、1Fの前の方の人はさぞかし邪魔だったろうと思いました。
心が広ければ許せるんだろうけど…私だったら絶対ムカついてたと思う。
前にも書いたことあるけど撮影するために行われてるライブじゃないから、客への配慮がない撮影態度は許せない。
本末転倒とはこのこと。

過去最大のツアーでしたが、客は殆どの地方で全然入って無くて、現実はこうなんだなと思いましたね。

こんな風に色んな不満が交差して、曲の間に考え込むことが多くて、本当いうと途中で行くのやめようかと思うくらい打ちのめされました。
北海道とか福岡とか、事前にツアーを申し込んで旅行代金前払いしてたから行ったけど、そうでなかったら行って無かった可能性もあるくらいでした。
行って良かったと思えた公演もあったけど、行くたびに『好き』をすり減らすようでは行く意味なんてないような気がして…私に必要なのは行くのをやめる勇気だったのかもしれないとも思いました。
本当に好きな分諦めもつかなくて…ずるずるきてしまった自分も情けなかった。
20万費やして『好き』をすり減らしただなんて考えただけで悲しすぎる…。
今年の後半とかにまたライブがあるようなら行くのやめようかな…ってちょっと思ったりもしました。
でも3daysって聞いちゃうとやっぱり行きたいと思ってしまう…。
いや、3daysの前回でいう2日目と3日目はセトリ的にも楽しめるだろうから絶対行きたいです。
1日目だってこれで「幻想楽園」とかやられちゃったらと思うと行かない勇気が湧いてこない…。
どこまでも諦めが悪い自分でした…。
年末あたりにFCとして何かやると思いますけれども、それもどうするか…内容次第というのもありますが…。
でも行きすぎてて楽しめないなら行くのやめないと解消できないので。
まだ先は長いのでちゃんと考えていきます。
次は勢いではなく考えて決断したいと思います。


#まとめたかったけどまとまらなかった…。

Edit Comments(10) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20140421 |

Post a Comment

comments

2014/04/21 16:08 [ 編集]
なき MAILURL

千秋楽UPお疲れ様でした^^

ラストで貝田姉さんどうしたんでしょうね?(風邪かな?)
出来ればもう一度行きたかったですが、流石に東京はきついです(‥;)
灯さんのレポを見ながら勝手にライブ会場を頭の中で再現しています(苦笑)
でも、DVDが発売されると言うことなので楽しみです。
(ホントMCのカットはしないで欲しいというのは、大多数の意見ですね。)

もうVol.12の発表もあったんですね。
大阪ぐらいやったらいけるかなぁ・・・とカレンダーにチェック入れてます。
(できればまた福岡とか広島とかでしてほしかったのですが・・・・)
とにかく大阪除いての完走お疲れ様でした^^

総感は人それぞれだし、灯さんの意見だからそれで良いと思います。
FJが好きになったタイミングやきっかけも歌詞や曲で違いますからねー
ついでにその時の時流もあるでしょうし。
ライブも「行きたい」が「行かなきゃ」になると感覚が変わってくるかもなぁ・・・
でもライブに殆ど行けた灯さんは私からすると羨ましい~!です(笑)
少し時間を置いたら違う面が見えてくると思いますよ?
近づけば近づくほど周りが見えなくなる事もあるんで。

灯さんのお陰で行けない他の開場の雰囲気を味わえたので感謝につきます。
有難うございました(o_ _)o)

2014/04/22 23:25 [ 編集]
名無しさん MAILURL

ライブレポお疲れ様です!

私も千秋楽参加しましたが、今までに比べるとあまり楽しめませんでした。
YKライブは2回置き位で参加してるんですが(しかも初日か千秋楽のみ)、それでも今回のセトリはなんかマンネリというか、面白みがないなーと。

もちろん興奮したり感動した曲もあったんですけど、もっと映像化すべき公演が過去あっただろうと。行けなかった人には申し訳ないですが。
私ですら上記のように感じたのですから、灯さんは尚更だと思います。本当にお疲れ様でした。

それから、これは座席位置の関係もあると思うんですけど、ドラムとギターの音が強すぎてボーカルやコーラスがかき消されているように感じた箇所がありました。あとボーカルにエフェクトかけすぎだろって箇所もいくつか。

あとは2F席だったにも関わらず、周囲のお客さんのスタンディング率が高かったのがキツかったです…。
これに関しては私の一人よがりになっちゃうんですけどね。梶浦さんも以前、お互いを許しあって楽しみましょうって言ってましたし。
でも激しく上下左右に揺れたり騒ぐものだから見えないわ聴こえないわで……最終的には諦めて目瞑ってました。

こんな文句たらたらじゃファン失格かもしれないですね・・・・・・。
次回のライブはもっと心から楽しみたいです。
長文失礼いたしました。

2014/04/23 20:47 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

なきさんへ>

こんばんは~。
コメントありがとうございます。

> ラストで貝田姉さんどうしたんでしょうね?(風邪かな?)
どうしたんでしょうねぇ…全然弁明もなさらなかったので分からないんですが、最近寒暖の差が激しいですし風邪なのかもしれないですね。
東京以外ではすこぶる調子が良かっただけに勿体ない…!と思いました。
もし風邪だったら早く治りますようにと思うことしかできないのでした…。

MCはカットしないでほしいですね~。
YKライブの大事な要素の一つですもの!


> 総感は人それぞれだし、灯さんの意見だからそれで良いと思います。
> ライブも「行きたい」が「行かなきゃ」になると感覚が変わってくるかもなぁ・・・
ありがとうございます。
優しい(T T
そうなんですよね。
「行かなきゃ」っていつのまにかそう思ってたような気がします。
楽しみだけどそれが負担になっていたのかも。
YKライブはいつも期待に応えてくれるからハードルがあがってしまって、いつかこうなる日が来るんじゃないかって怖かったのもありました。
1年の猶予があって良かったです。
その間にいい距離感を学び直して楽しめるようになりたいです。

こちらこそ本当にありがとうございます。

2014/04/26 02:29 [ 編集]
し→じ MAILURL

ご無沙汰してます。

一応、YKライブは行っているのでw
灯ブログは読ませていただいてます。
Kalafinaは行ってないのでよく分からないのですがww

YKライブ、灯さんはどう思ってるんだろうな、
って思ってました。
乖離が寂しいしそう思いたくないっていうのはよく分かります。
でも、それは乖離してない部分もあるからですよね。

そもそも、梶浦さんも灯さんも元々、
歌物でなければ、って人だったのに(と言っているのに)、
今ではお二人とも歌ナシの魅力に憑りつかれているのは
面白いですよね。
だから、乖離ではなくて、
もしかすると、もう少し経つと
灯さんも歌物がまた好きになるかもしれない。
今の梶浦さんみたいに。
この辺は、あくまでもやんとした根拠なき予想なので、
また、考えがまとまったら書かせてください。
なんとなく、私も思うことはあるのに言葉にまとまってないので。

あ、カメラマンは私も気になりました。
頑張ってるな、とは思ってましたw
ちょっと気が急いてた感じでしたね。

2014/04/30 21:02 [ 編集]
ふみふみ MAILURL

ライブお疲れ様でした!

自分は三階の席だったので梶浦さんや歌姫ズ、FBMもガッツリ見ることができました!
この時ほど自分のの視力の良さに感謝したことはありませんね(笑)
初参戦でしたがしっっっかり楽しむことができました。自分はforestと野原が特に心に残りました。
野原の前のトークがあまりに良すぎてちょっとウルッと来ちゃいました。というか間奏に鼻すする音とか結構聞こえてましたよね。

一番盛り上がったのがstone coldとzodiacal sign!
stone coldはライブ映像を何回も見てたんですがあそこまで盛り上がるとは思ってませんでした!
zodiacal signのとき自分だけ梶浦さん振り付けやってたらこっち見て自分のこと指で差してきたんですよ!(*´∀`*)絶対目あってました!さすが梶浦教入信ソングと言われるだけあって宗教じみてましたね笑 もうあの盛り上がりを経験したら抜け出せなくなっちゃいますね!
是非是非是非vol.12も行きたい…ですが来年の6月…待ちきれないです…

灯さんにとってはvol.1からずっとの参加していてどうしても粗が目についてしまうかも知れませんが、やはり自分にとってはとても楽しくて一生の思い出になるようなライブでした
失礼ですが灯さんは好きで行っていたものがいつの間にか義務になってしまっているのではないでしょうか? もしそうだったらこの先どんなクォリティの高い梶浦さんのライブがあったとしても心の底から楽しむことは今後一切出来ないと思います
次のライブまで1年以上あることですし、ここで一度yuki kajiura liveへの思いをリセットしてはいかがでしょうか?そうすればまた心からyuki kajiura liveを楽しむことができると思います

長文&説教臭くなってしまってすいませんm(_ _)m 今後も梶浦さん関連の愛のこもったレポを心待ちにしています!

2014/05/01 23:29 [ 編集]
コア MAILURL

灯さん、こんばんは。
ご自分のブログなのに心使い素晴らしいですね、でも読んじゃいますよ(笑)
2F1列目なんて羨ましい理想のお席ですね。上から見て今回の1Fのノリはバラバラすぎじゃ無かったですか?、
梶浦さんのノリが難しい曲によく立ってノレルな~っていつも感心します、この曲で立つの?って(^^ゞ
大阪では「sweet song」は座ってたんですけど、千秋楽は立ったままで座って聞きたかったです。
全体のデキも含め、今回が映像化になるのはちょっと複雑です。

セトリにたいしては激しく同意します。終わってみれば大阪に参加できてればセトリ的には充分でした。
営業の力も働いてるんですかね?梶浦さんももっとバラードとか演奏したいんだと思いたいですが、
ファンが求めてるから無理してノリのいい曲を多めにセトリを組んでるような気もします、前はもっとバランス良かったような・・

灯さんの仰りたいことよく分かるような気がしますが、また難しい事にぶち当たっちゃいましたね。
ドヤ曲ばかりでは飽きちゃうかもしれないですね、そういうのを求めてる層も多そうですし・・
マニアックなFC限定イベントなんかもあったらいいんですけどね。
私は、FJY2日目、大阪2DAYS、千秋楽で結果的に丁度楽しめた回数かもしれません。
行く行かないは、行かなかって後悔するも良かったと思うも、
それはもう結果であって自分で受け入れて次のステップの糧にするしか無いんじゃないかなっと思ってしまいます。
どうなるにせよ、灯さんのライブライフが幸せな方に向かうことを願っています。
いつもながらレポートありがとうございます。
逆に灯さんのストレスになるといけませんので、どうか返事など無理なされませんように。。。

2014/05/03 10:15 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

2014/04/22 23:25 にコメント頂いた方へ>

コメントありがとうございます。
返信遅くなってごめんなさい。

最初は参加しすぎて楽しめなくなったのかな…と思っていたのですが、回数の問題ではなく、やはり公演内容がパッケージとして好感を持てなかったのだろうなと思いました。

> もちろん興奮したり感動した曲もあったんですけど、もっと映像化すべき公演が過去あっただろうと。行けなかった人には申し訳ないですが。
頷きすぎて鞭打ちになりそうです。まったく同感です。

> あとボーカルにエフェクトかけすぎだろって箇所もいくつか。
それはちょっと感じました。
ギターとドラムはいつも大きめにセッティングしてあるみたいなので気にならなかったのですが…。
エフェクト強めでしたよね。

> あとは2F席だったにも関わらず、周囲のお客さんのスタンディング率が高かったのがキツかったです…。
お互いを許し合って…そうなんですよね。わかってるけど、つらいですよね…。
私も良く目を瞑って聴いていますが、照明演出も好きだから本当はゆったりと演出も含めて楽しみたいなぁと思います。
今までここまでひどくなかったと思うので余計なんだこれは…と思ってしまいました。

> こんな文句たらたらじゃファン失格かもしれないですね・・・・・・。
> 次回のライブはもっと心から楽しみたいです。
私も何度も自分でファン失格かも…こんなに楽しめないのでは…と思ってしまいました。
でも私たちも楽しみたくてライブに行きましたよね!!
それだけは間違いなく。
コメント頂けて有り難かったです。ありがとうございました。
次回はお互いに楽しめますようにと心から思います。

2014/05/03 10:52 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

し→じさん>

お久しぶりです~。
お返事遅くなってごめんなさい!

> YKライブ、灯さんはどう思ってるんだろうな、
ツアー中は自分でも考えがまとまらず、総感もかけず、レポートへの熱意も少しいつもより少なかったなぁと思います。
千秋楽ではもしかしたらサプライズがあるかもしれないし、千秋楽は楽しいかも!なんて期待も僅かながら持っていましたし。
最後の最後まであまり考えはまとまらなかったけど、千秋楽が終わったらちゃんと今の自分の気持ちを書こうと思っていました。

> でも、それは乖離してない部分もあるからですよね。
そう言ってもらえると、まだしがみ付いていけるような気がします。。。

> もしかすると、もう少し経つと
> 灯さんも歌物がまた好きになるかもしれない。
私歌モノも好きなんですよ…ホントに…。
でも単純に歌モノというだけなら、FJに提供した曲よりもKalafinaに提供している曲のほうが好みですね。
Kalafinaのほうが弾が多いから確率が上がってるだけかもしれないですけど。
んーでもやっぱりそれだけじゃないかな…。

世間的に見て、やはり歌モノを求められる比重が高いのも分かります。
昔の私みたいに、歌がないと聞けないって思ってる人は多いですよね。
梶浦さんはそういう中で、日本語封印ライブから始めてBGMの曲だけで集客できるということを証明しているわけですから、それこそが梶浦さんの強みだろうなって思ってるんです。
(そういう人が他にいないと思ってるわけではないけど、日本では多くはないですよね)
そのYKライブに、歌モノを聞きに来たお客さんがいるとしたら、そこでガツンとGBM曲の魅力沼に落としてくれるようなそんなライブを私は求めてるのかな~、、、なんて返信をかきながらちょっと思いました(笑)

> また、考えがまとまったら書かせてください。
> なんとなく、私も思うことはあるのに言葉にまとまってないので。
お待ちしてますね。いつでも。

> あ、カメラマンは私も気になりました。
ですよね~。

2014/05/03 10:59 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

ふみふみさん>

こんにちは。コメントありがとうございます。
始めてのYKライブ、本当に楽しめた様子が伝わってきました。
比較的始めての人向けのセットリストだったと思うので、そういう意味では大成功だったということですね。
良かったです!

私としては少し時間が経って、FJ曲多いと分かってたのにツアー回ったことが失敗だったかなぁと思っています。
FJ曲多めなライブは参加しても1回程度にとどめておく…くらいの見極めをしていく必要があるかもしれません。
でもこういう失敗も必要だったと少しずつ思えるようになってきました。

色々と考えてくださってありがとうございます。
気持ちを失わないように応援していきたいと思います。

2014/05/03 13:17 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

コアさん>

こんにちは~!
コメントありがとうございます。

> 2F1列目なんて羨ましい理想のお席ですね。上から見て今回の1Fのノリはバラバラすぎじゃ無かったですか?
はい、理想でした~。
1Fのバラバラはもう言うまでもなく…(^^;
梶浦さんの曲ノリ難しいですよね。
立つことに違和感を感じ無い曲もありますけど、本気…?って曲もありますよね。
立つことが何かしらのアピールになると思って立ってる人も見受けられるのがなんだか複雑感を増す理由でしょうか。
客側から壇上の人にアピールする行為って大抵見苦しいなぁと思うので。
聞くときは聞く、盛り上がるときは盛り上がる、のメリハリくらいは気にしてほしいです。
今まではそれが出来ていたと思うんですけれど。

> ドヤ曲ばかりでは飽きちゃうかもしれないですね、そういうのを求めてる層も多そうですし・
そうなんですよね…それなりに需要があるようなのでなんとも…。
今回のライブも、楽しめる人には楽しめる内容だったようですし。

> 私は、FJY2日目、大阪2DAYS、千秋楽で結果的に丁度楽しめた回数かもしれません。
コアさんのこのチョイスはかなり適切だったと思います。
今回はそのくらいで良かったなぁ…。
そうですね。自分で選んだ事だから、後悔があっても納得はしています。
色々とお気遣いありがとうございます。
少し休んで楽しいライブライフを送ろうと思います!
本当にありがとうございました。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。