13

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 22:49

JAM Project TRAツアー 福島

JAM Project関連

昨日はJAMの福島公演でした。
沖縄公演のこと書かずにこんなに日が…いや途中まで書いたんですよ…ブレーカー落ちて全部おじゃんになっただけで…それで心が折れました。


さて、私にとっては初めての福島、いわきです。
まず行き方が分からなくて悩みました。
「スーパーひたち」に乗ればいけるってことは分かったけど、普段新幹線は良く使ってるけど新幹線でもないし、どうすればいいんだ??みたいな…。
ようやく常磐線上を通る特急列車なんだって理解出来たけど、で、チケットどうやって買えば??みたいな…。
えきねっとでなんとか購入しました。
しかし当日も上野駅とか殆ど10数年ぶりに利用したのでまったくわかりませんでした。
なんとか乗車。
スーパーひたちは椅子はすごく座りやすかったですが、何故か全然暖かくなくてかなり寒かったです。
冷え症にはツライ。。。
指定席取ってたけど全然混んでなくてあんまりメリット無かった気がします。
上野からいわき駅までは2時間30分くらいかかりました。
仙台より時間かかってる気がする。
新幹線は専用線路走れるし形も高速用だから早いけど、スーパーひたちは速度あまり出てないんだろうな…と思いました。

そんな感じで決して行きやすいとは言えないいわきでの公演でしたが、昨日の公演ではかなり人が入ってました。
本来であれば昨日が千秋楽だったので集まった人多かったです。
きっとそのために敢えていわきを最終公演にしたんだろうし、土曜日にして、さらに時間も早くして関東圏なら日帰り出来るようにして…そういう計画が功を奏したと思います。
4階席まである綺麗なホールで、でも2階席まで埋まっただけでも十分すごいと思います。
やっぱりJAMは地方公演でも人が入るなぁと感心しました。

この公演はラジオ福島の招聘によるものだったそうで、呼んでくれた人がいる公演で成功できるのはファンとしても嬉しいです。
すごくすごくいいライブだったし、本当に幸せな気持ちをもらって帰ってくることができました。


JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN
 2014/04/12(土)
 いわき芸術文化交流館アリオス・大ホール



01.Groundbreakers
02.THUMB RISE AGAIN
03.Fight on!
04.鋼のレジスタンス
05.一触即発 ~Trigger of Crisis~
06.Rage against the intrigue
07.風 ~旅立ちの詩~
08.Live True
09.Wings of the legend
10.Rebellion~反逆の戦士達~
11.Breakthrough
12.Maverick~覚醒されし獣~
13.Amor ~とある男の物語~
14.R.I.P ~友よ静かに眠れ~
15.守護神 -The guardian
16.侍パーリー
17.Rocks
18.GONG
19.VICTORY
20.レスキューファイアー
 ─アンコール─
21.Viva My Life
 ─アンコール─
22.SKILL
23.Long way to go



やはり目玉は新曲のお披露目。
「Rebellion~反逆の戦士達~」が本当に本当にめっちゃくちゃライブ映えする曲で惚れました。
PV見てるときは「Breakthrough」のほうが好きだったんですよ!
でもあまりの格好よさにリベリオン押しに変わりました。
まず最初の「ラララッ~」っていうところが福山さんで、格好いい!!!!
なんだ!格好よすぎだろ~~~~!!
そのあとの福山さんと遠ちゃんと影山さん…かな?で「ラララ」を重ねるところの迫力もすごいし、Aメロの福山さんは「多次元の隙間から 襲い来る司会者」(本当は"支配者")って歌うし、1番と2番の間奏でもコーラスが効いてたし、2番終わりの「リベリオーン!」って言うところも格好よかったし、とにかくライブで聞いたら格好いいんだよおおおお!
「Breakthrough」は聴くほうももうちょっと慣れが必要だし、歌うほうはもっと慣れが必要な感じした。もちろん格好良かったけど。
でも横関さんのギターがめっちゃ格好いいから間奏では拳上げてもいいけど横関さん必見。
「Maverick~覚醒されし獣~」はドメタル。


「Rebellion~反逆の戦士達~」はスパロボの新曲ということで。
スパロボの曲を最初からやらせてもらっていて、チャレンジもしたし、王道に戻ったりもしたと影山さん。
「鋼のレジスタンス」は王道に戻ったときの曲と聴いて、やはり王道は素晴らしいと思いました。
王道大好き。王道には王道たる所以があるのですわ。
王道やる勇気!大事!

「Breakthrough」は福山さんと縁のある監督さんで…と影山さん。
河森監督ですが、JAMのなかでは未来への咆哮がお好きなのだとか。
いっぱいノブナガの資料もらって作ったけど、歌詞すごい詰め込んじゃって、レコーディングは大変だったそう。
あと、取材でみーんな「ノブナガ・ザ・フール」が言えなくて噛んじゃうらしい(笑)
昨日も「ノブザカ…」とか言ってた。
そしたら福山さんが「ノブサカナ」とかわけのわからないことを言って喜んでた。

ストリングスコーナーがなくなって、着替えをどうするんだろうって思ってましたが、マーべリックの後にそのままAmorの前のSEが流れて、マジでこのまま突入ですかとびっくり。
メンバーは今着ている服の上着だけ脱いでそのままジャケットを着て、襟ありシャツの人もそうでない人もそのまま蝶ネクタイして、ハットをかぶってました。
終わったあとに、福山さんは自分は襟ありのシャツだから遠ちゃんとかを「裸ネクタイ」とからかってました(笑)

Amor、あとは安中を残すのみとは…劇団JAM楽しかったなぁ…みんな可愛かったし格好良かったよ~~。




アンコールのときのMCが今日はMVP…かな。
まず遠ちゃんのMCのとき、今日はファンの姿勢が素晴らしいなと思いました。
いつもだったらいつまでもメンバーを呼ぶ声とかすることが多いけど、今日は黙るときには黙る、盛り上げるときには盛り上げる、が出来るファンが集まってた印象。
遠ちゃんって決して言葉数多くないじゃないですか。
言葉を選んでいて、震災に直接触れることはなかったけど、ほんの少し間を開けながら喋ってて、その間の沈黙をファンが大事にじっと待ってそうやってしっかり遠ちゃんの言葉を聞けたんです。
言葉にしてなくても、福島を思う遠ちゃんの気持ちがちゃんと伝わってきて泣けました。


福山さんのMCでは、先日の「はらからの歌声vol.3~福島の子ども達を救え!~」に触れて、福島の現状を知っているようで知らなかったと言っていました。
昔は良く来た福島も、最近はあまり来れてなかったのでまた毎年来れるようにがんばりたい、そう言ってました。

影山さんは、昔レイジー後のソロで福島に良くきたと。そのとき毎回必ず来てくれるファンが、二人だけいたって言ってました。
ヤマトの学校図書元気プロジェクトによる寄付のために福島に来た話もここでしたんだったかな?

私はもう遠ちゃんのMC~Viva My Lifeまで泣き通しで今までで一番泣いたと思います…。
なんだろう、具体的に何っていうわけじゃないけどいいライブだなぁ、参加できて良かったなぁって思ったのかな。
メンバーの気持ちが伝わってきたのが良かったのかな。


楽しそうに歌ってるメンバー見るのも本当に楽しかった。
MCも本当に楽しかった。
福山さんは笑いすぎて頬挟んであげてたし(笑)
やっぱりJAMのライブはいいなー15回行ってもこれだけ楽しいって思えるんだからスゴイ。

あと1回なんて淋しいな…でも安中でいいラストが迎えられますように。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140413 |