--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

02

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 04:21

JAM Project沖縄Motto!Motto!!ツアー 2/22編(ライブ抜き)

JAM Project関連

JAM Project初のツアー「沖縄Motto!Motto!!ツアー」について、書こうと思います。
色々あったツアーで…んーまだうまくまとめて書けるかどうか自信がないですが、でもいい思い出も辛かったことも、経験には変わりないので、、、書いておこうと思います。



沖縄Motto!Motto!!ツアー
 2014/02/22(土)~2014/02/24(月)

FC宛ての募集要項は以下の通り
※募集はFCからのメールマガジンで、2013/10/04に届きました。
http://www.kk-kanko.com/JAMproject2014/index.html

※以下魚拓です。
http://megalodon.jp/2014-0226-2317-35/www.kk-kanko.com/JAMproject2014/index.html
http://megalodon.jp/2014-0226-2318-01/www.kk-kanko.com/JAMproject2014/jouken.html
http://megalodon.jp/2014-0226-2318-22/www.kk-kanko.com/JAMproject2014/entry.html
http://megalodon.jp/2014-0226-2318-39/ws.formzu.net/fgen/S3899556/


○2/22(土)
この日は8:00に羽田空港集合、受付でした。
私は4:30に起きて5:30ごろには家を出て、7:30ごろに羽田到着。
お友達と合流しつつ、受付をすませました。
この時点で「ツアー参加者限定ツアーパス」と行きの航空券を配布されました。
このツアーパスの裏面には以下の記載がありました。
 ・Room No.
 ・ライブ送迎バス号車
 ・ライブ入場順
 ・アフターパーティー入場順
 ・ディナーパーティー座席
 ・オプショナルツアー美ら海水族館参加有無

今回のツアーは申込の段階で、同室希望者と同グループ希望者を記載していたので受け取った段階でお友達と確認し合い。
私は3人グループで申し込みましたが、何故かライブ送迎バスだけ1人別のバスにさせられていました…。
まずこのパスをもらうまで、私たちは自分たちのライブチケットの整理番号を知りませんでした。
これを貰った時点から騒動は始まります。

とはいえ私はそこまで番号が悪くなかったので最初は問題があるとは知りませんでした。
羽田空港でも、受付を結構はやめに済ませたのでツアーデスクからはすぐに離れて朝ごはん&昼ごはんを買いに回ってましたし、早いうちに保安検査場を通り、搭乗口は63番でしたが62番側で待っていたのでそこまでは騒動とは無縁でした。
なんとなく、何か問題があるらしいということに気がついたのは飛行機に乗るための列に並んだ時です。
後ろに並んだ同じツアー参加者がすごく不満を口にしていて、色んなところに何かクレームを言ったような話をしていて…でもこの時点でも聴き耳を立てていたわけではないので詳細は分かりませんでした。
飛行機の中では、私は飛行機に乗った途端に気持ち悪くなって頭がくらくらするし、異常な乾燥に見舞われて咽喉が痛くなってしまい、もっと友達とキャピキャピする予定だったのですが完全に沈没してしまっていました。
お友達にも心配かけてしまい申し訳なかったなぁ…。3人だったので真ん中座ってなくて良かったとは思いました。
(酔い止め飲んだのに酔ったのかなぁとか…思いました。でも飛行機で酔ったことないので単純に調子が悪かっただけだったのかもしれません。)
那覇までの2時間半…長かった…。咽喉乾いて死にそうでした。
水飲んでも飲んでも乾くんだもん…私飛行機ではトイレ使わないように今までしてましたけど、初めて利用する羽目に。。。

それはさておき那覇空港到着。

預けた荷物を受け取ってツアー参加者が集合している場所に行ったところ、同じグループではないものの仲良くさせてもらっている福山友達の方から情報が。
そこで初めて、ライブの入場順がおかしいということを聞かされました。
ツアー参加者が優先のはずなのに、「ライブ入場順」に記載された番号が200番台後半まで存在するらしいと。
正確なツアー参加者の合計人数は知りませんが、募集要項に
「羽田発着80名、大阪発着20名、福岡発着10名」
とありましたから、110人以上はいるはずありません。
とはいえ私のグループは60番までにおさまっていたし、何かの手違いかもしれないし、既にクレームは他の参加者から上がっているようだったので何もいいませんでした。

那覇空港からバスにのってホテルへ。30~40分でしょうか。
バスがすごい暑かった(笑)

 ※バスの窓ガラスがUVカットなのでちょっと色が違います。

今回の宿泊先都ホテルが、栄えてるところから少し離れていて、コンビニも歩いて15分くらいかかると説明されながらホテルに着きました。
(しかもホテルは坂の上だった)
先に着いていた1台目のバスに乗車していた人たちへの説明中だからと、しばらくホテルの入り口で待たされる。
ようやく話が終わったということでバスを降りてホテルのロビーへ。
那覇はとても天気よかったです。
バスから外に出ても、半袖だとちょっと寒いかなー程度。
(人によっては半袖で丁度いいようでした)

ロビーにはツアーデスクが用意されており、この前で説明をききました。
集合時間とかいろいろ。
そして部屋のキーとライブのチケットを配布されました。

(この写真はこの日に撮ったものではないですがこういう場所が設置されていました。
 明らかに重大な間違いがありますが!
 私たちは「JAM Project御一行様」ではありません(笑)ただのファンです!)


で、部屋へ。普段であれば別料金払ってでも一人部屋を取るのですが、今回はベース金額が9万円のツアー。これに一人部屋を追加すると14000円余計にかかるので諦めました。
でもお友達が一緒の部屋にしないかと誘ってくれたので見知らぬ人と一緒にならずにすみました。
よかった…自分からは誘う勇気が出なかったので、お友達に感謝です(> <)
(私は友達であっても自分からはなかなか遊びにすら誘えない人間なのです)
取りあえずまずは荷ほどき。パーティー用の服もあるし、皺にならないようにしないとね!
で、この日の夜にライブがあるのですが、ライブ終わったあとにアフターパーティーがあって、そのあとにバスでまた30分くらいかけてホテルに戻ってくると聞かされていたので、夜食の準備としてコンビニに行きました。
往復で30分もかかるので出来るだけ次の日の分もまとめて買おうと思ったら、お菓子買いすぎました(笑)
結局最終日までに食べる時間が全然なくてお菓子二つくらい開封せずに捨てて帰ることに…。

ホテルとコンビニの間に、沖縄そばのお店が。
せっかくだしと入る。
初めての沖縄そば。でも肉の塊は食べられないので下のそばだけ食べました。
そもそも沖縄そばってソーキそば?そのソーキがお肉らしい?のだけども!
注文したのも、これでもなんか比較的塊じゃない肉が乗ってるやつです。
味はさっぱりです!麺がとても絡まっていて食べにくかったのはあります(笑)


部屋に戻ると疲れが出てライブにいくまでの集合時間までの間少し寝てしまいました。



15:45前。
ライブ会場に向かうバスの集合時間になったので下へ降りていきました。
この時だったかな…違うか…コンビニから戻ってきた時点で、ツアーデスクにいる人に、整理番号について軽くどうなってるのか友達が聞いてきたら、「今確認中」だか、「調整中」だかそんなこと言われて、そうなんだ~と思ってました。
45分集合だったけど、なんやかや遅れてくる人がいたので16:00頃バスは出発しました。

ライブに行くバスの中では後ろの子たちがずっと整理番号について文句を言っていて、ずっと聞かされるのは辛いなぁって、この時は思ってましたね。
でも疲れてたのもあって、ライブ会場までの間に少し寝てたような気がします。
到着するころに、バスの中で整理番号について問うた子がいて、それに対してツアー会社は
「現地で説明します」
と答えました。
それから「始まるまで時間があるので少し周辺を回っていてもいいです」というようなことも言われたような気がします。
でもバスから降りたらすぐに別のスタッフが会場まで案内しました。
今回沖縄のライブ会場になったのは「ミュージックタウン音市場」というところで2階だか3階だかまで階段で上り。
到着してすぐに、会場のスタッフさんかな?列形成を始めました。
あまり時間を覚えてないけど、バスが30分くらいかかったと思うので16:30くらいですかね。
ツアー参加者が到着したから一気に人が増えただけで、一般の人は30分前だし必ずしもまだ会場前にはいなかったのですが…なのでいくらスタッフが列形成しても番号抜けがいっぱい。。。
でも次第に人が集まってきて、そうするとやっぱり私たちの前とかにぴあ以外で発券されたチケットを持った人たちが並び始めました。
ツアー参加者は全員ホテルでチケットを配布されているため、チケットぴあのチケットに統一されていましたから、違いは明らか。
でもバスで「現地で説明する」って言われてましたから、私たちは待ってました。
でも全然説明が無くて…、17:00ごろになっても入場は始まらず。
それから、また全然まともな説明はないまま、ツアー参加者だけの別列を形成するように言われました。
私の場所からは聞こえなかったけど、この時点で多分ずっと納得いかないツアー参加者が抗議していたんだと思います。
この状況で、ツアー参加者だけ別の列に、しかも入り口近くのほうに並べられたら、そうされたツアー参加者はとうとう「ツアー参加者だけ先に入れる」と期待すると思いませんか?
少なくとも私は思いました。
悪すぎる番号でもなかったけど、私の前にもツアー参加者以外(つまりFC先行組)がいたので、30番台くらいにはなったかなって思いました。

繰り返しますけど、公式には説明はこの時点でまだ1度も何もありませんでしたよ。
人づてに、(番号がありえないほど遅くなってるのは)ツアー参加者とFC先行組が入り混じってるかららしいって聞きましたけど、公式では一切説明がありませんでした。
ようやく入場が始まったなーと思ったころ、ツアー参加者の後ろのほうの人たちから悲鳴のような声が聞こえてきました。
「どうして!?」「なんで!?」「ちょっとまって!!!」そんな叫び声。

うまく説明しきれないのでちょっと図解。
(とはいえ図も下手で悲しいが)
こんなかんじで、”何の説明もなく”、ツアー参加者とFC先行組が同時入場を初めてたんです。
悲鳴を上げた子たちは多分、FC先行組の列が隣に来て進み始めたので「え!?」ってなったのと、またどうやらFC先行組の列に居た人もこの状況に不安を感じて「入っちゃっていいの!?」ってツアー参加者側に番号見せながら言ったような感じだったのじゃないかなと思います。
(少しそんな声も聞こえたので)
私は60番前の番号でまだ入場出来てない。
この状況でその叫び声のなかには「なんで130番の人が入ってるの!!」って声があって、もうFC先行組の列では130番台の人が入ってたのです。
納得いくわけないですよ。
何一つ説明ないままこの状態になった私は当然納得いきませんでした。
その上、私より後ろのほうに居た子たちは、さらにどんどんFC先行組に入られていく状況を見て、納得いかずに”もう順番を守る意味もない”となり、FC先行組の列に突入していったんです。
これで入場は完全にSTOP。
会場入り口でFC先行のほうに突入していったツアー参加者を止めたスタッフは、見下した顔で「ちょっと待って。入らないで」と。
大混乱の中、ようやく説明しはじめた内容は「ツアー参加者とFC先行&一般客を分けて同時に入場しているから番号は意味がなくなった。」「今は数字の話をしてない」です。
私が宇宙人になったのかと思いました。意味がわからなすぎて。

このとき説明というか、対応したスタッフは2人。
一人は女性。誰なのか分からなかったけど、後でこのツアーを仕切った国際急行観光フォーサイトの、少なくともこのツアーのTOPのようでした。
もう一人は男性。話をしていた時点ではやはり誰だか分らなかったけど、女性がツアー会社の人間だったので、この人もツアー会社の人かと思ってました。
だけど影山さんのブログの2/26の写真(http://airblanca.com/wp/wp-content/uploads/2014/02/dsc_0385.thumbnail.JPG)の一番左下に写っていたのを見て、ランティスかソリボのスタッフだったのだろうなと思いました。

とにかくこの二人の態度。
何故こんな対応をしたかなんて説明はないまま、とにかく持っている番号は無効になったの1点張り。
その上、怒っているツアー参加者に向かって見下した言動の連続。
男性スタッフのほうの言葉遣いなんて、「だ~~か~~~ら~~~↓」こうですよ。
その言葉遣いに「馬鹿にしてるんですか!?」って言われた子が余計怒るのは当たり前ですよ。
後ろのほうから突入してきた子たちはもう余りにも怒りすぎてて自分たちの気持ちもうまく説明出来なくなってて、それはもう当然の結果だったけど、それに対して馬鹿にした態度を取り続けるスタッフを見て私ももう腹が立つは悲しいわで…。

私は「そもそも優先的に入れるんじゃなかったんですか?」って聞きました。
私自身がスタッフに直接これを聞いたのはこのときが初めてです。
そうしたら女性スタッフが「そんなことは書いてません。当ツアー参加者⇒一般の方の順って書いただけです。FC先行と同時でした」と。
私は「でもツアーに申し込んだ私たちは優先的に入れるという意味だと思ってました。FC先行のことなんて書いてないから、それは一般に含まれるのだと思ってました。誤解を招くような表記をしたのは貴方たちですよね?」とこんな感じのことを言いました。
女性スタッフは「そうです」と、このとき自分たちのミスを認めました。
だから私は「そうであれば、ツアー参加者にちゃんと説明して、最後まで整理番号順に入れるべきだったんじゃないですか?何故列を分けて同時入場ということになったのかわかりません」といいました。
で、さらに他の人(この人がツアー参加者かFC先行かはわかりません)が「もう、一度入った人を全員戻して、今度こそ整理番号順に入れたらいいじゃないですか」とそういう話も出ました。
だけどそれはしないと。
話は平行線のままで、「番号があるから遅くなったように感じるけど」とかわけのわからない説明をされて、納得いかないツアー参加者との間での応酬が続いて…。
二人のスタッフの態度はひどいまま。
ツアー参加者は見下されたまま。
スタッフが非を認めましたが一度も謝りませんでした。
私はもう自分が思ってることは言ってしまったからこれ以上言うべきこともないし、途中からなんでこんなことになっちゃったんだろうって…立ちすくんでました。
もう17:45とかそんな時間になって、開演は18:00だし…。
これ以上はってなって、とにかくツアー参加者側の入場が再開になりました。
このとき多分FC先行列は130~150番くらいまでは入ってたのじゃないかな?
入場してみるともう3列目くらいまで埋まってて、60番以前だったら2列目までにはいけると思ってたので悔しくて…。
(あとで他の人のレポートとかを読んだら、途中まではFC先行組の進行を止めさせてツアー参加者を優先させていたようだけど、激烈に怒ってたツアー参加者を通したあとにまたFC先行組と同時入場になったらしいです。
200番台だった人は、400番以降の入場になって見る羽目になったそう)

ライブが何分押しで始まったのかはよくわかりません。
定刻に始まるのは無理だったと思いますし。
終了は21:00ごろ。
ライブはすごく楽しかったし、メンバーのハチャメチャ度も凄かったけど、バラードみたいな静かな曲になるたびに、こんな思いするために9万払って沖縄に来たわけじゃないのにって…そう思ってしまって何度も泣きそうになりました。
本当に悔しかったです。


ライブ終了後一度外に出てアフターパーティー列に並ぶ。
(何分待ったか忘れたけど、待ってる間に撤収していったアニメイトの出張の人が、搬出の間にノートPCをがっつり角から落としてパリーン!なんて言わせてました。あれは死んだな)
準備が出来たからともう一度ライブハウスに入ると、ドリンクを取るように言われつつロビーみたいなところに通されました。
ライブハウス内だけど実際にライブするところではなくドリンク交換とかするロビーです。
「好きなように待って」とか言われて、どこにどうやってメンバーがくるのかさっぱり。
だけど長椅子が二つおいてあって、そこに土足用のマットがおかれており、「もしかしてここにメンバーが立つんじゃない?」とファン同士での推察。
ファンとその長椅子の間には、紐があり隔離されてました。

ツアー参加者が一通り入場しおわったころに、国際急行観光の先ほどの女性が前に出て来て、"初めて"謝罪をしました。
(他の人は知りませんが、私にとっては初めての謝罪でした)
「誤解を招く表記をしてしまって申し訳なかった。お詫びにサプライズを考えている。」とのこと。
私の中では謝ったから終わりにしようってここでは思いました。だけど…。まあそれはあとで。

私はアフパはめっちゃいい番号だったので、前のほうでした。
メンバーが入場してきて、予想に反して福山さんが中央だったのでぐぬぬ(笑)と思いつつ。
まずは乾杯からだったかな。
このときに福山さんが福山ファンの私たちにコップ出してきてくれて、コップ合わせができました。
あぁ~~~~(泣)ほんと優しい!!!
後ろの子も出来るように即屈みました。
奥井さんはそれで後ろの子のジュースが私たちにかかるんじゃないかって、心配して止めてくれてました。優しいですね。。。
でもね、後ろの子が福山さんとコップ合わせ出来るなら私は別にジュース浴びたっていいです(笑)
そんなのたいしたことないもん!!一人でも多く喜んだほうがいいよね!!

福山さんは、もらったジュースを速効で飲み干して、後の時間はずっと氷をボリボリ食べてました(笑)
他のメンバーはちょっとずつ飲んでたけど、福山さんはほんとにあっという間だったから氷も全然溶けてないの!
ボリボリボリボリ、ずっと食べててめっちゃ可愛かった~~~~。

一人ずつ、「明日以降の沖縄での抱負」とかそんなのを言ってくださいとスタッフ。
抱負って(笑)
遠ちゃんは、「思ったより寒いので長袖が欲しい」
奥井さんは、明日のディナーパーティーに皆がおめかししてくるだろうから楽しみとか、そんなことだった気がする。
(福山さんはその発言に驚いて、「おめかし!?俺そんな服ねぇ!」とか言っててかわいかった)
福山さんは、「以前自分のファンクラブでも沖縄ツアーをしたことがあって懐かしい。こうやって何度も来てくれるファンが居てくれてありがたい」とかそんなこと言ってくれたような気が。
影山さんは過去に沖縄ツアーしてたのを知って「そうなの!?リッチ!!」みたいなこと言ってました。
ダニーは…何言ってたかな…。
影山さんも…何言ってたかな…。ああ、影山さんは、おススメのお店の名前を挙げたんだ…「明日是非いってみて!(ドヤ!)」って言ったら、現地スタッフに「そのお店日曜日は休みです」って言われてました(笑)
お店の名前は忘れました。結構ゲテモノ系だったと思う。
(ゲテモノっていうと失礼かしら…まあでも沖縄でしか食べなそうなものの名前でした)

ここで影山さんに国際急行観光の先ほどの女性スタッフが耳打ち。
影山さんの口から「不手際があって申し訳なかったということで、明日集合写真の予定だったけど6ショットにします」と言われました。
場内から悲鳴が。嬉しい悲鳴が殆どだけど、私の悲鳴は「ひえーどうしよう」という意味でした。
「こんなによろこんでくれるの!?ならもっとはやくやっておけばよかったなぁ」って福山さんが呟いていて、本当にファンが喜ぶことはなんでもしてくれようとする人だなってしみじみ思いましたね。

それから、「今遠藤さんがしてくれてますが、コレを配布しますので帰りに受け取ってください」と。
募集要項の特典に書いてあった、参加者限定グッズです。
何故か、お詫びの一環みたいな口ぶりで言われましたが…。
最初から決まってた特典です。
ダニーが「メンバーみんなつけてます!」って言ってたけど、福山さんは付けてないと思うな~~(笑)

それが終わったら、メンバーとハイタッチして退場してくださいとのこと。
握手くらいは出来ると思っていたが…。
ハイタッチも本当に一瞬。1秒。「ありがとうございました」以外のことを言う暇なし。

ハイタッチ終了後に、ツアー特典のグッズを貰いました。


そのあとはバスに乗り込みホテルへ。
23時前にはホテルに戻ってきたと思います。
同じ部屋の友達はもしかしたら沖縄の夜、飲みに出かけたかったかもしれなかったんですが、私はもう疲れきってしまってて無理で、風呂入って爆睡しました。
次の日も早かったしね。


この日の一連の流れでした。
ライブについては別途記事書きたいな。この話と一緒には書きたくないので。
あと、私がこの騒動で思ったことについても、あとでもうちょっと整理して書きたいと思います。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140302 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
06 | 2017/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。