--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

31

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 05:12

BL 我が儘な食卓

BL小説

我が儘な食卓
秀 香穂里/イラスト 緒田涼歌(プラチナ文庫)

私としても何故買ってしまったのか良くわからない。一応秀さんだから買ってみようと思ったのだったか。

それにしてもこの絵はない。
500歩譲って1メートル遠くから見てもやっぱりない。
ネットで買ったのでなかったら、本屋で手にとったとしたら、絶対に買わない絵である。 (あらすじ)
編集者の槇は、昔の恋人芳沢に12年ぶりに再会する。彼は立派なシェフになっていたが、振られた恨みか言葉に棘がある。つい口論になり、押し倒され一方的にイかされてしまう。「相変わらず淫乱。滲み出してんじゃねえか」昔と違う抱き慣れた手つき。確実に性感を擽る舌先。別れた後、誰が彼の下で啼いたのだろう? 喘ぎながら彼の相手に嫉妬する自分に気付く。だが別れた相手に今更縋れない。諦めようとするが、彼のパトロンが現れて…!? 食通好みのまったりコクある復活愛。

絵が好きな絵師さんだったら、もっとのめり込んで読めたんだろうか。そんな風に思いたい。そんな気分。

キャラクターにまったく愛着がわかない。
エロシーンも魅力がない。
ここになんと書けばいいんだろう。

私としては秀さんってまあまあ好きな作家さんだったんだけど…。もうこれはプラチナ文庫の所為だ。そう思うことにする。そう思わせてくれ。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060331 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。