--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

19

January February March April May June July August September October November December
2012(Wed) 22:19

Kalafina X'mas Premium LIVE 2012 "Kalafina with Strings" 追加公演

梶浦由記さん関連

本公演落選したので追加公演のみの参加です。



Kalafina X'mas Premium LIVE 2012 "Kalafina with Strings"
 2012/12/19(水) 東京 葛飾シンフォニーヒルズ モーツァルトホール
  開場18:15 開演19:00

 <出演者>
 Kalafina
 今野ストリングス、櫻田泰啓





セットリストは畳みます。
→追記2013/01/07
こちらも開くのが鬱陶しいので戻します。


【セットリスト】
01.荒野の果てに
02.storia
03.seventh heaven
04.neverending
05.intermezzo
06.Lacrimosa
07.Eden
08.うつくしさ
09.red moon
10.もろびとこぞりて
11.fairytale
12.君が光に変えて行く
13.満天
14.Gloria
15.輝く空の静寂には
16.屋根の向こうに
17.snow falling
18.symphonia
19.ひかりふる
―アンコール―
20.sprinter
21.未来


天井高いホールで、シャンデリアがついてたりしました。
シャンデリア真下にいたので地震でもし落ちたら…とか考えました。
ステージ上にはグランドピアノとカルテットの4人が座るための椅子があり、カルテットの皆さんの領域だけ少し高く段差がついておりました。

カルテットの構成は以下の皆さまです。

 ヴァイオリン:今野均
 ヴァイオリン:藤堂昌彦
 ヴィオラ:生野正樹
 チェロ:結城貴弘


★01.荒野の果てに
クリスマスということで賛美歌から開始。
Wakanaが歌い始めて一気に空気が決まった感じだった。
ピアノなしだったかな?あっても多くはなかったと思う。
Hikaruの声に違和感を覚えるが勘違いかなと言い聞かせる。

★02.storia
Hikaruの声が明らかにガサガサ。
もうこれで何回目だろう…。
言い飽きたし失望を隠せない。
Wakanaも声が出てない。

★03.seventh heaven
入りのKeikoが凄まじいクオリティ。
Wakanaは、特に声量が必要なところに物足りなさを感じるのと、高音を出すときに出しきれずに絞り出すような歌い方をするのでとても気になる。
Hikaruは本当に酷かった。
ピアノは素敵だった。
チェロの低音支えも素晴らしくてうっとり。
最後のところのWakanaはとても良かった。

★04.neverending
辛うじてこの曲だとHikaruのガラガラ声にイライラせずにすんだ。
ピアノと今野さんのヴァイオリンだけだったかな?
今日は「ひかりふる」のジャケットで着ている真っ白の衣装だったのだけど、あの清楚感あふれる衣装で、いつも通りのリズムの取り方するKeikoにちょっと驚いた…。
(膝開いてリズム取るので…だいぶ衣装とは…)

★05.intermezzo
ピアノからの始まりで。
全体的にとっても良かった。

★06.Lacrimosa
ピアノもStringsも激しくて激しくて!
とにかく歌聴いてる場合じゃないっていうくらい(おいおい)、演奏に心奪われた。
Aメロから激しいよ~。

★07.Eden
Hikaruのガサガサガラガラ声が目立つ曲だからかクオリティ低かった。
Wakanaも途中で詰まったような感じになってるのがわざとなのか失敗しているのか不明で…なんか1度目の詰まりでビクッ!ってなったわ…。

★08.うつくしさ
照明の演出があまりにもダサいので失笑。
それまで結構照明はいい感じだったので、私は「え?え???」ってなりましたよ。
Wakanaのウィスパーな歌い方がすごくハマって良かったなぁ。
そう、照明はさておき、良かったんですよこの曲は。
狂気のようなアレンジといいますか、元々暗い曲ですが、今野さんが狂ったようにヴァイオリン弾いてました。
最後がまたお見事。

★09.red moon
Stringsが光る1曲。
間奏のコーラスで、最初の1音であり得ない声が聞こえてきてびっくりしたらKeikoがちょっと変なところから声出したみたいだった…多分。

<MC>
クリスマスの思い出で、結果ネスレのミロを宣伝されたという。。。
ていうかWakanaの話はオチが相変わらずヒドイ。
今日までミロだと気がつかなかったというのはマジ話なのだろうか。
ミロって相当にメジャーな飲み物だと思うのだけど…。


★10.もろびとこぞりて
クリスマスなので賛美歌Part2。
めちゃくちゃ良かった~~~~。
Stringsの壮大さ!
そしてこういう曲を歌わせたら…というWakana様!!

★11.fairytale
ヴァイオリンテクが凄い。

★12.君が光に変えて行く
Keikoの表現力がすごい…。しみじみ。
そしてWakanaが本当に高音出せなくなってて泣ける。

★13.満天
格好良かった。

<MC>
Wakanaが「梶浦さんの曲では弦の存在感が強い。弦が歌声のような存在感を持っている。今日、自分も客席に座って聴いてみたいと思った」というようなことを言っていました。

★14.Gloria
ピアノのみで。
WakanaとKeikoのハーモニーは良かった。

★15.輝く空の静寂には
チェロの重みがなかなかに新鮮で、原曲よりも好きかも…とか思ったり思ったり。

★16.屋根の向こうに
イントロからして感動的!!
Stringsいいなぁ・・・。
チェロー!というくらいに活躍してます。
ヴァイオリン指弾きシーンも。
Keikoの2番のところがとってもよかったです。
全体的にもハナマル大絶賛!という感じです。

★17.snow falling
素晴らしい。

★18.symphonia
アレンジが良いです。
Hikaruも良かった。

★19.ひかりふる
Wakanaさん鳥肌モノです。。。
もうWakanaとピアノだけのところなんて息をつめて聴きいって。。。
・・・そんな状況の中、真後ろで響き渡るデジイチのシャッター音・・・
怒り沸点のギリギリラインまで行きました。


 ―アンコール―
★20.sprinter
ピアノなしのStringsだけ。

★21.未来
本日の、その照明何?Part2。
さておきKeikoのコーラスが支える支える。
これも聴きごたえありました。
この曲はピアノとStringsで演奏しました。



【総感】
一体いつになったらHikaruは万全の態勢でライブに臨めるのか。
私も決してそんなことが書きたいわけではない。
でも同時にガラガラ声聴きにいっているわけでもない。
3分の1の重要な要素なのでなんとかしてもらいたい。

そしてこれだけ楽器と声だけのシビアな状況で、デジイチのシャッター音が響きわたるような状況はどうなのか。
音楽を聴きにいっているのにそんなものに邪魔されるなんて我慢ならぬ。
せめて「sprinter」とか激しい音楽で撮ってるならまだしも、もう最大限に張りつめた空気で聴いてるところにバシャバシャ…。
そんなにバラードの写真が欲しけりゃゲネプロのときにでも撮れば?
一概にカメラマンが悪いとは言えないし、やはり最たる責任はスペクラにあるとは思うが、カメラマンも腕がないからあんなに大量に撮るんだろうな。
でもそのとばっちりが観客にくるのはナシでしょう。
言ってみれば、観客としての私は写真なんてどうでもいいわけですよ。
音楽を聴きに来たわけだから。
そこのところ、他のアーティストにも言えることだが、ファンに甘えすぎだと思う。


セットリスト的には不満なしです。
自分でも驚いたけど。
もちろん他にもやって欲しいという曲はありますが、「何故この曲やるの?」みたいな不満は全然なくて、いいチョイスだったと思います。
賛美歌歌うのもとても能力を生かせていて良いとおもったし。
「もろびとこぞりて」は特に良かったと思います。

「屋根の向こうに」は永遠に聴いていたい感じでした。

Keikoの支えかたが本当に上手くて、聴き手としても助けられた気がします。

Stringsだということを忘れるくらい自然な感じの曲もあれば、「これが!おお!こうなるか!」みたいなものもありました。
前回のアコースティックライブよりもコンセプト的には違いが明確で良かったです。



Edit Comments(16) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20121219 |

Post a Comment

comments

2012/12/20 15:27 [ 編集]
コア MAILURL

灯さん、こんにちは。

Live参戦、お疲れ様でした!

いつもながらウィットにとんだレポありがとうございます、読んでるだけでとりはだ立ちそうです。

100%満足とはいかなかったみたいですね、Wakanaの調子が全体のイメージに与える影響大でしょうから高音が苦しそうだとハラハラですね、でも後半にかけて良くなっていった印象でしょうか(^^?

セトリは大阪では変わるかな?私はKeikoのソロが間に入ってくる曲が特にとりはだでred moonやI have a dreamが聞けたら嬉しいです。

でもこのLive最大の期待は生でのひかりふるです!劇場で聞いた感動が消えません。それなのにWakanaとピアノだけのところってラストですよね?そこでシャッター音?ありえない・・そんなこと絶対あってはいけない・・本当に残念でしたね、どうかKalafinaへのテンションが下がらないでくださいね!!

もうあと1日が待ちきれない・・でも始まれば終わってしまう・・複雑なまま明日を待ちます(^^♪

2012/12/20 22:53 [ 編集]
へこ MAILURL

こんばんは。そしてお初にお目にかかります。
いつもたのしく拝読しております。

さて、わたしも昨日のライブに参加しました。本当に素晴らしい内容でした!アレンジの素敵さに本当にうっとりです。いつもとは違う張りつめた緊張感みたいなものがありましたね。個人的にはRedMoonが一番感動しました。
でも、灯さんのご指摘のとおり、私もwakanaさんの声が出ていない印象を受けました。自分は2階にいたので、そのせいかもと思ったのですが、1階でも同様でしたか…。
とは言え調子悪そうな感じはしなかったので、どちらかというとマイクバランスの問題なのかな、とも感じています。
全体的にVoのボリュームが低めで、曲によっては弦の迫力に隠れてしまうように聴こえました。そういう意味でHikaruさんの高音部だけがやけに通ってしまったり…なんだかその辺は残念でした。
残念といえば、Hikaruさんのfairytaleの「さよなら」は、なんでああなっちゃうんですかね!?一番好きな部分だったのに…。GloriaとかではHikaruさんもクサいながらもすごい気持ちを込めていたと感じます。
Keikoさんは相変わらずの安定感でしたよね。すごい人です。
あと、カメラマンについては私も同意見。アンコールの最後の最後まで最前列でウロチョロすんなよ!と、とても気に障りました。場の雰囲気がああなのでその辺は自重してほしかったです。

何にしても、是非来年以降もこういうライブを続けてくれるといいですね!長文で失礼しました!

2012/12/20 23:17 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

コアさん>

こんばんは~!いつも過分なお言葉ありがとうございます!

Wakanaの調子も気になりましたが、一番気になったのはHikaruですかね。
私としては、声質が好きか嫌いかっていうのは、歌が上手下手ということ以上に音楽を聴く上でものすごく上位にくるプライオリティなので、本当に苦痛です。
昔はあんなに綺麗だったのにと思うと余計にやりきれない思いがします…。
Wakanaはミロの話したあとの「もろびとこぞりて」から調子がよくなってました(笑)

「I have a dream」いいですね~聴きたいですね~!
私は「sapphire」が聴けたらもっと嬉しかったかなと思いました。
Stringsでのアレンジの妙はないかもしれませんが、ささやいてもそれがそのまま伝わるようなホールで聴けたらなぁと。

「ひかりふる」は圧巻ですのでご期待ください♪

>それなのにWakanaとピアノだけのところってラストですよね?
その通りです。
最後の最後、渾身のラストです。私は本当にワナワナしてしまいました…。

>どうかKalafinaへのテンションが下がらないでくださいね!!
ギクッっとしてしまいました。鋭いですね…。
Kalafinaの曲は楽しめるんですが、ライブがそのテンションを下げているような気がしています。
行かない方がいいのかもしれません。昨日は本当にそれを考えました。
でも行かないと出会えない感動もあって、優柔不断なままずるずるときています。
最近の私は良いファンではないと思いますし…。
弱音ですみません…m(_ _)m


コアさんはとうとう明日ですね~。
存分に楽しんでください(^^*
素晴らしい一夜になりますよう、心から願っております。

2012/12/21 00:16 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

へこさん>

はじめまして。コメントありがとうございます!
いつもご覧頂いているとのこと、重ねてありがとうございます。

空気張りつめてましたね~。ああいった環境できく音楽もまた一興で好きです♪
redmoonは演出も良かったですし、あの音の少なさの中でも迫力ありましたね!

Wakanaの声量は最近はもうずっと…CDで聞いていても勢いがなくなったなと思うくらいなので、もしかしたらポリープか何かで喉をやってしまっているのかもと思いました。
歌い方を変えたといってもあそこまで高音出なくなったり声量が無くなる歌い方をするのには原因があるような気が…。
多分昨日は調子は悪くなかったと思います。自分の音もよくとれていたように感じましたし。

全体のVo.は確かに少し小さめでしたね。多分あのホールではマイクを通すと響きすぎてえしまうのかもしれないなと思いました。とても残響が良い印象を受けましたので。
Hikaruの声は元々良くも悪くも目立つ馴染まない声なので、ああいう環境では浮きますね。
バラード聴くには最適だなぁと思いましたが。

> 残念といえば、Hikaruさんのfairytaleの「さよなら」は、なんでああなっちゃうんですかね!?一番好きな部分だったのに…。
Hikaruは元々毎回表現変えてくる子ですが、個人的には最近ついていけていません…。
ころころ変える割には「夏の林檎」の裏声といい成功しない例も多いですし、やりたい事に実力が伴っていないのかなと思いますが…。
そもそも、新しいチャレンジをするならば自分の声のコンディションをライブまでにきっちり整えて、聴ける声にしてからだ!と思います。
それが出来てないのに何をやられても、心がピクリともしません。

> Keikoさんは相変わらずの安定感でしたよね。すごい人です。
度胸もあって、ファンの信頼もきっちり受け止めて、自分なりの歌も歌える…本当にそういう歌手になったと思います!
ソロの安心感と言ったら!


>アンコールの最後の最後まで最前列でウロチョロすんなよ!と、とても気に障りました。
聴覚も邪魔されたし、2F的には視覚も邪魔されていたのですね…。
Kalafinaに限りませんが、近年ライブ中の写真撮影は悪習だと思います。
あの場で大事にされるべきはまず第一にあの場の聴衆であり、写真のプライオリティはかなり低いはずなのに、その聴衆を不快にさせてまで撮るなど…音楽を提供している人間のやっていいこととは思えません。
せめてタイミングは最大限気をつかって然るべきと思います。

私も長文のお返事をしてしまいました。(^^*
こういうコンセプトライブは大歓迎で、またあればいいなと思いますね!

2012/12/21 13:58 [ 編集]
あきら MAILURL

初コメ失礼します!

私はライブに行ったことがないのですが今年受験生でまた行けず…なので灯さんのライブレポを楽しみに読ませていただいております。いつもお疲れ様です、ありがとうございます。

Hikaruさんは裏声ダメダメなのですか…。Seventh Heavenの初回DVDのライブ模様では、裏声使えていた気がするのに、(オブリをWakanaの上で歌ったりとか、あーで歌う所とか)どうして使えなくなってしまったのでしょう。あと、やはりHikaruさんは声変わりましたよね。昔はもっと透き通っていたというか…。戻ってほしい!と若干思ってしまいます(笑)

Wakanaさんは高音でなくなってきてるんですか!?悲しい…。
歌い方変えたからなんでしょうかねぇ。Wakanaさんの歌うvoyagersが大好きなんですけどもう歌えないのでしょうか(´;ω;`)
喉痛めてしまったのか、心配です。受験終わったらライブ行きたいと思っているので…昔のような声は聴けないと思うとorz

長々すみませんっ。

2012/12/22 22:57 [ 編集]
コア MAILURL

灯さん、こんばんは。
行ってきましたよ~感想です。

良かった~本当に幸せで夢のような時間でした♪\(^o^)/♪

ちょっと心配でしたがWakanaも声にツヤがあって高音も苦しそうな感じは無くて伸びやかに歌ってるように思えました。Hikaruもザラついた感じはしなかったし結構な高音も出してたようですよ。さよなら~はガクってきましたが(笑)まあ私の感想ですからあてにはなりませんが、今日のLiveなら灯さんももう少し満足できたんじゃないかなって思います。

出だしはちょっと気合入りすぎかなって思いましたが、最初のMCでWakanaが「Kalafina X'mas Premium LIVE 2012 "Kalafina with Strings"にようこそ」って言うところを「Kalafina X'mas Premium LIVE 2012 " with」「あっwithって言っちゃた、Kalafina忘れっちゃった(>_<)」っていきなりかましてくれて、それで緊張がほぐれたのか3、4曲目あたりからがぜん良くなりました。

セトリは5、6曲目が「ことのは」「傷跡」それ以外は一緒でした。全曲アレンジして1曲ふやすのも大変な作業でしょうに素晴らしいですね!

歌のことは説明するスキルがないのでMCのことを少し・・今日はWakanaがボケまくってMCは爆笑の連続でした。ツリーの飾りをミカンみたい・・「ハァ?(K)」とか、真面目な話の後ニコとしたのを「今のいらない(K)」グダグダを客席からカワイイって言われると「甘やかさないで(K)」とKeikoからきついツッコミを受けたり・・まだまだありすぎて書けませんが緊張と緩和の落差が激しすぎました。でも曲が始まればすぐにKalafinaワールドに引き込むのはさすがです!
あとHikaruがグッズ紹介を関西弁でやると宣言したけど緊張でドレスの裾を持ってもじもじしながら説明してたのがすごく可愛かったです(笑)

長々とすいません、こんな長文のコメントはいけないのかよく解ってないのでもしマナー違反なら許してください。
でも本当に楽しくて感動して泣きそうになるくらい素晴らしい一夜だったんです。Liveは生きてるみたいに毎回違うんでしょう、でも灯さんが言うようにきっとその中に感動に出会える時が訪れると・・Kalafinaなら聴かせてくれると私は信じています。
いつか、そんな一瞬を共有できたらいいですね♪♪

2012/12/22 23:42 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

あきらさん>

コメントありがとうございます。
いつも読んでくださっているとのことで…重ねてお礼申し上げます!
毎度長くてすみません(^^;

> Hikaruさんは裏声ダメダメなのですか…
ここぞというときに使う裏声に失敗が多いので印象に残ってしまっているのだと思います。
コーラスとかではなくて、ソロで歌うところとか、キメのポイントとか…。

>あと、やはりHikaruさんは声変わりましたよね。昔はもっと透き通っていたというか…。
まったくの予想でしかありませんが、高音域の美しさはWakanaには及ばないし、低音域の豊かさもKeikoには敵わない、となったときに、Hikaru自身が自分の得意分野を出そうとした結果が「ロックな勢いのある歌い方」だったのではないかと、ずっと考えていました。
そうやって梶浦さんに自分の使い道をアピールしてきた側面は確かにあると思います。
その結果声質が変わってしまった…ということなのだと思いますが、正直私はHikaruの魅力は「ARIA」のときの声質のままで十分にあったと思いますので、歓迎できる変化ではありません。
とはいえ歌い手がどう歌うかは本人次第ですから、好き嫌い以上のことは言えないわけですが。

> Wakanaさんは高音でなくなってきてるんですか!?悲しい…。
本当に苦しそうに絞りだそうとするんです…見ていて本当に苦しくなることしきりです。
「voyagers」素敵な曲ですよね!私も大好きです。
Wakanaが歌いやすい歌い方見つけてくれて、聴く方も気持ち良く聴けるように早くなればいいなと思います。
あきらさん受験大変だと思いますが、音楽聴きながら(笑)がんばってくださいね!
いつか一緒の空間で音楽を楽しみましょう!

2012/12/22 23:58 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

コアさん>

感想コメありがとうございます!!
本当にコアさんにとって良い一夜だったようで、それがもう何よりです(^^*
良かったです!

早いうちにWakana緊張が解けると、いいですね(笑)
MCの間違いくらいなんでもないですし!(とはいえKalafina忘れるノカヨーッ!ですね/笑)

> セトリは5、6曲目が「ことのは」「傷跡」
なんと…めちゃくちゃいいですね!!わわわ~~~「ことのは」も「傷跡」も聴いて見たかったなぁ~~なんて思いました。
Kalafinaは、他の会場でセットリスト完全流用しないところはとてもいいですね。

MCもいつも通りグダグダだったみたいで(笑)

長文は全然気にしておりませんよ!何しろ私が一番長文になる人間ですし!
気持ちが伝わってきました。
私もまたKalafinaライブで心から幸福な体験が出来たらいいなぁ。。。と思いました。
感謝しています。ありがとうございました。


こうやって皆さんからコメントを頂く度に改めて自分の聴き方を考えたりして、とても有り難いといつも思います。
まだまだ未熟者ですが、、、これからもよろしくお願いいたします。

2012/12/23 09:18 [ 編集]
あきら MAILURL

お返事いただけて嬉しいです、ありがとうございます。

灯さんのおっしゃっていることは「なるほどな~」と思う所がたくさんあります。私も同意です!Hikaruさんの声の魅力はARIAの時十分ありました!あのつきぬけるような感じ。今のHikaruさんの喉の状態で、前のようにARIAが歌えるのか不安になってしまいます。ロックな歌い方もカッコイイし好きなんですけど、灯さんのレポ拝見する限り、ガラガラなのが続いているようなので、喉潰さないか心配で心配でorz
Hikaruさんが好きなように歌えばいいですけど、喉だけは大切にしてくれ…!切実に(笑)

Wakanaさん、そんなに苦しそうに絞るって…(´;ω;`)ブワッ
どのくらいの音程の高音からそんななんですか?
高いレとかでしょうか…ああこっちも心配だ!Wakanaさんが苦しそうなら聴く方々も苦しくなってしまいますよね…。
voyagers、いい曲ですよね!これなんて途中すごい高音ですし大丈夫かな。FictionJunctionのライブの時はまだましなんでしょうか。

リアルの方にkalafinaやFJを話せる仲間がいないもので…(笑)
ついこちらで話したくなってしまいます、また長くなりすみません。

2012/12/23 17:36 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

あきらさん>

こんにちは~。

>Hikaruさんの声の魅力はARIAの時十分ありました!
ですよねぇ。私も「ARIA」本当に好きだったので惜しいと思っています。
どんなにガナり声出しても耐えられる喉を持っている人も世の中にはいるものですが……、喉大事にしてほしいですね!

>どのくらいの音程の高音からそんななんですか?
「君が光に変えて行く」とかだったら「真昼のなかで~」とかあのくらいからはもう苦しそうです。
YKライブでは地声で歌うのと声楽的な歌い方がKalafinaほど混ざらないのがいいのか、貝田さんがいるのがやはり大きいのか、よくわかりませんがKalafinaほどの不安定さはありませんよ~。
ただやはり声量というか、声のパワーは昔のほうがありましたね…。
問答無用で引きつける力が昔はもっと強かったように思います。
思い出補正ではないと…思います。

コメントいただけるのはありがたいです(^^*
また息抜きにでも覗きにきてくださいな♪

2012/12/24 17:35 [ 編集]
とるまん MAILURL

いつも楽しく拝見しております。

ストリングスとKalafina
なんて良い企画なんでしょう
行った方が裏山鹿です。

でも、例によってコンデション問題ですか?

なんせ生Kalafina見たことないので
Hikaruの声がガサガサと言われても
想像出来ないです。

ほんとプロなんだから
なんとかしてほしいですね

高校生のコーラスなんかのほうが
表現力はともかく
よっぽどキレイなのでは?

でも、あの世界観は唯一無二だからなあ

2012/12/25 17:27 [ 編集]
らっこ MAILURL

はじめまして!
梶浦さんの音楽が大好きで、灯さんのライブレポはいつも楽しく拝見しています。

わたしは大阪公演に参加したのですが、みなさんおっしゃっているようにHikaruのことが気になりました。
追加公演でもneverendingが歌われたのですが、冒頭のところでHikaruが声が出せなくなってしまい、歌が途切れてしまうというミスがありました。Hikaruはその後のMCで謝罪をしていましたが、ここまでくるとミスしたことよりも喉の心配の方が上まわってきてしまいました。
直後のMC以外でも、執拗に「がんばります」という言葉を繰り返していたように感じて、Hikaruのがんばりたいのにがんばれない不甲斐なさみたいなものを感じてこちらの方がすごく不安になってしまいました。
全体を通してもやはり声はざらついているし、歌うのがつらそうな声でした。
Hikaru自身明るく振舞っていたので、わたしの考え過ぎかもしれませんが...

長文失礼いたしました!



2012/12/25 18:22 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

とるまんさん>

はじめまして、コメントありがとうございます。
いつも読んでくださっているとのことで、ありがとうございます~。

> ストリングスとKalafina
> なんて良い企画なんでしょう
企画自体はかなり胸躍る良企画だったと思います。

> なんせ生Kalafina見たことないので
> Hikaruの声がガサガサと言われても
> 想像出来ないです。
私はライブでHikaruが調子良かった日を思い出せないくらい…近年はガラガラ声ばかり聴いている気がします。
良かったライブもあったはずなんですけど…あまりにもガラガラ声が多いので…。
「Magia」よりずっと前の「Red Moon」のアルバム後くらいから度々そういう声を聴いてきた気がします。
ハードな曲を歌えることと、そういう歌い方を続けていける咽喉の強さというのは同じではないということなのだと思います。
これまでの結果から、Hikaruは決して強い咽喉を持っていないということは明らかですので、致命的なことになる前に対策してほしいんですけれど…。

> 高校生のコーラスなんかのほうが
> 表現力はともかく
> よっぽどキレイなのでは?
声のキレイさでいけば酷使していない分綺麗かもしれませんね。
声の違う3人の、ハーモニーの緻密さがKalafinaの魅力の一つではありますが、今の声ではハーモニーも何もあったものではありませんので、「いやいやKalafinaのほうが!」と言える要素が咄嗟に見つかりませんね…。悲しいです。

うーん、いやいいところもあるんですけどね…。
初期のころ、もっと音程外してたって素晴らしいと感じられる日はあったんです。
しかし5年の経験値が聴き手にダイレクトに伝わってくるのはKeikoだけかなぁ…と思います。
美しくて切ない世界観、大事にしてほしいです。

2012/12/25 20:31 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

らっこさん>

はじめまして~。コメントありがとうございます。
いつも読んでくださっているというお言葉にも感謝です!

大阪公演でも絶好調とはいかなかったのですね。
会報を読んでいると、秋口以降は表立って歌う仕事が少なく過去の曲を振りかえるいい機会を持てたというような内容で、尚更「では忙しくないのになぜここまでボロボロに?」と改めて疑問に思いました。
練習のしすぎなのか…とか、いろいろ考えてしまいます。

> Hikaru自身明るく振舞っていたので、わたしの考え過ぎかもしれませんが...
Kalafinaのメンバーは、コンディション面ではあまりにも大失敗しない限り謝ったり、言い訳しないので、本人がバッドコンディションを認識していても壇上では元気であるように振舞っているようです。
プロとしては言い訳しないのは良い事なのだと思いますが、理由も分からずクオリティが低い歌を聴くよりは、たとえば風邪をひいているのだとか、そういうのが分かったほうが正直気が楽という気持ちもあって複雑です。
そのほうが「頑張って!」って思えるような気がするし…。
ハラハラしながら観るのも疲れますし…。

声(咽喉)の問題が早く解決するといいですね~(> <)

2012/12/25 23:23 [ 編集]
aya MAILURL

灯さん。
いつも梶浦さん関連のレポートありがとうございます。
昔のも含めて楽しく拝見させていただいております。鋭いコメントも参考になります。

ところで、今回私もkalafina with stringsの19日大阪に行って参りました。感想としては、私も灯さんと結構同じことを感じました。

私は比較的新しいファンで、本格的なライブ参戦は初めてでした。
その前は2回ほど、イベントで生歌を聞いたことがありました。

一度目はほぼCDと同じレベルでの歌唱でした。
2度目はWAKANAさんの高音が非常に美しく響き、声量もあり本当に感動しました。あんな美しい歌声を生で聞いたのは初めてでした。

 そこで、今回もWAKANAさんの声がもう一度聞けるとわくわくして行ったのですが、始終緊張しているのか、高音を出す時も辛そうに絞り切ったように歌っており、前回時聞いた美しい声は聞けずに終わりました。

 恐らく、2回目の美声を聞いていなかったら、こんなものか、まあよかったくらいで終わったかもしれませんが、一度絶好調の歌を聴いてしまうと、そうでない時の失望感があるのかもしれませんね。

 いずれにしてもwakanaさんの声が好きなので、今後調子が良いことを願います。今回顔色が悪く見えたのも気になりました。

 KEIKOさんはCDよりも声がよく響いて素晴らしかったです。ヒカルさんは絶頂期を知らないので、こんなものかと。。。ほかの2人が歌うまいので大変だとは思います。

 どちらにしてもkalafina好きなので、応援していきたいと思ってます。

 

2012/12/29 00:48 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

ayaさん>

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまってすみませんっ!!

一度WAKANAの絶好調な声を生で聴くと、そのインパクトは忘れられませんよね。
次も、、、どうしてもあの声を期待してしまうのです!
そうなんです!
またWAKANAが気持ち良く声が出せるようになるといいのになぁ…と願わずにはいられません。

KEIKOは今とっても油がのっていて、聴いていていいなぁ~と思います。
確かにHikaruの絶頂期…うーん…私もいつなのか分からないかも(^^;;
これからなのだと思いたいです。

歌い手ももう少しリラックスして歌えて、ファンももう少し安心して聴けるようになるといいなと個人的には思います。
素敵な曲たちをライブでも素敵に歌ってもらえるようにとも~。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。