--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

06

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 20:08

福山芳樹ライブ観覧ツアー3日目(10/1)

福山さん関連

あるはずのなかった三日目です。


10時に出発ということは…と逆算して7時に目覚ましをかけるも、それより前に目が覚める。とりあえず支度して朝食を食べに行く。私的にはちゃんと食べたほうが酔わないだろうという計算で食べたのだが…。

朝食を食べ終わって部屋に戻る。昨日から荷物を整理していたが、元々今回の旅はいつもよりも頑張って荷物を少なくした分、鞄も小さくて、本来二日だった荷物が三日になっていて入れるのに苦労する。なんとか頑張っていれる。
チェックアウトするにも早すぎるな~と思い、二日目の部屋にだけあったマッサージチェアに座ってみる。ふぅ~~~気持ちいい…寝ちゃいそう…!!だめだめ!となる。

9時半ごろにはチェックアウトを済ませてロビーでくつろぐ。昨日一緒に遊んだ方もいたのでお話しつつ。

9時45分ごろに、ふとホテルの入り口をみたら、なんか福山さんが入ってきてる!?!?!?!?!入り口付近にいたファンがワーッ!!!となる。私たちも荷物ほったらかして福山さんに駆け寄る(オイ)
「昨日帰れなかったそうなので挨拶にきた、これくらいしか出来ないんで」、という福山さん。
うわーんまさかまさかの出来ごと!嬉しい!泣きそう!
また握手してくれる。

ファンの誰かが写真撮って欲しいとお願いする。すると福山さんは時間さえ大丈夫ならとOKしてくれる。ホテル内ではまずいので外でとることに。外には一台バスが止まっていて、それが私たちの乗るバスかと思っていたのでその前で写真を取り始める。風で髪がぶわっっとなっているタイミングで撮っちゃったときにも、「台風らしい写真が撮れたね」と。
そんでもってまとめの挨拶をしてくれる。みんなでありがとうございます~とお礼。

このバスじゃないらしいんで、と隣の小さいバスに移動(笑)
皆がのりこむ時にも、一人ひとり声かけて、握手してくれる。はう。
「ありがとうね~」とか言ってくれるわけですよ!!
「最高の思い出になりました!ありがとうございます!!!」って言っちゃうよね~~~。

バスにみんな乗り込むと、外から手を振ってくれる。車内中で手を振りかえす。
「名残惜しいなぁ」と言ってくれる福山さん。キュン。
バスが動き出して、当然これでお別れと思うが、ホテルから数メートルですぐ信号につかまり止まってしまう。すると福山さんが歩いていたので追いついてしまう。「恥ずかしい」といいつつまたずっと手を振ってくれる。
あ~~~さようなら~~~。
ようやく本当のお別れ。


皆が手を振り終わって気が済んだところで、このことの顛末をJTBのK氏が説明。
昨日、「私、福山さんたちの予定も把握しておりまして、本当は今頃の時間に別のご予定があったんですが、皆さん帰れなくなってしまったので出来たら…とお願いしに行ったら、普通は受けてもらえないんですが即OKしてくださいました。本当に尊敬します。」と。
「昨日ご説明しにいこうかと思いましたが、ちょっと待てと思いまして……これは秘密にしておこうと、サプライズにさせていただきましたm(_ _)m」
すごすぎる。このヒト。
福山さんにも感謝だけど、K氏にも多大なる感謝を!
だってさ、トラブルも楽しんじゃってる私たちはまだしも、本人も同じく帰れてないわけで、函館までの5時間半バスでゆられてるのも一緒で、さらに皆の世話して搭乗手続きとかまでしてるわけで、仕事っつっても大変ですよこれは。本当に頭が下がります。
(後日お礼のお手紙郵送しました)


バスは函館へ。最初は福山さんに会えたテンションで良かったのだけど、バスの通った道のなかに2メートルおきくらいにコンクリート掘りかえしたような盛り上がったところがあって、そのせいによる縦揺れが定期的に長く続いたせいで急に気持ち悪くなる。あ、ヤバいなと思っておしゃべりも中断。とにかく結構危険なサインを体に感じて、ウプッって感じになるので非常用にビニールを用意しつつ、耐える耐える耐える。
バスが走り始めてから1時間ほどして、最初のサービスエリアに降り立つ。(調べたら樽前SAだった)とにかく急いで外に出て、ふう…と思ったら安堵でせりあがってきてやばいとトイレに駆け込む。セーフセーフ。
ぐったりして水とさっぱり系の飲み物を調達。再度トイレに戻って口を濯ぐ。トイレから出ると外の空気が気持ちいい。バスにはギリギリまで戻らないようにした。そうしたら前の席に座ってた方が、席を代わってくれることに。これ以上酔っても周りにも迷惑になるので親切に甘えて代わっていただく。さらにK氏が「酔い止めありますよ」とくれる。皆さんの優しさが沁みちょっと涙出る。

車内では、ツアー参加者の方提供によるトルバのCDをエンドレス流し。私たちはファンだからとても心地よくて幸せだけど、トルバのCDで5時間運転したバスの運転手さんは、よく寝ずにいられたなっていうか…バスの運転手さんにも尊敬。

そこからさらに二時間後くらい、昼ごはんを買うために寄ったサービスエリアが閉まってて皆さんがびん。
でも景色はとっても綺麗だった。
サービスエリア
そろそろ高速も降りるころで、降りたらコンビニによりましょうということに。コンビニについて、何か食べるか悩む。しかしさっき全部リバース済みなので食べるのが怖い。とはいえ何も胃にないまま4時間くらいは過ぎていたので、飲み物が全部素通りで膀胱直結なのもまずいなぁと思いプリンとアイス購入。ていうか実はもう朝の段階でお昼用のおにぎりも買ってあったんだ。食べられなかっただけで。(このおにぎりは何故か機内で食べた)

そしてそして、長い道のりを経てようやく函館空港に到着!!
15:30前後だったか。
まずはバスの運転手さんにお礼を!
そして飛行機は16:30発なのでK氏が急いで搭乗手続き。皆は待っている間にソフトクリーム食べてました(笑)北海道での初の、そして最後のソフトクリーム!おいしかった~。

16:20
飛行機飛ぶ。バスでは酔い潰れて全然お話が進まなかったので、お仲間さんたちとツアーの感想を言い合ったりする。

17:50
羽田空港着。降り立つ時は丁度陽が沈むころで、綺麗でした。空港の飛行機を誘導するポワンポワンってライトも綺麗だったし。
皆荷物を受け取って、K氏を待つ。K氏も出てきたところでお礼を言う。そして解散。なんかトラブルがあった分とても距離が縮まっていたので、皆さんとお別れするのが淋しかった…。
「また!」といいつつ…。
ツアーで殆ど喋って無い方でも、東京モノレールで一緒になると、降りる際に「お疲れ様でした~」と言い合うような仲間感。

20:00
ようやく家に着。最寄駅からはいつもバスを使っているが、バスを待つ気力もなくてタクシーで。
ここでようやく旅は終了です。
しおりにもありました。「楽しく仲良く元気よく!お家に帰るまでがツアーです(^O^)☆☆」


福山さんとの触れ合いが楽しかったのはもちろんのこと、今までいなかった福山さん仲間が出来て、一緒に協力しあって過ごした3日間でした。また、JTBのK氏はトラブル対応が素晴らしく、本当に気持ちの良い旅ができました。
この思い出はプライスレス。
1週間経ってもまだ旅行ハイが止まりません。
こんな旅行は初めてです。本当に楽しかった…。
行って良かったです。旅を共にした皆さんに感謝します。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20121006 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。