--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

06

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 13:05

福山芳樹ライブ観覧ツアー1日目(9/29)

福山さん関連

ようやくではありますが、先週末のツアーについてまとめて書こうと思います。


9/29
10:00に羽田空港に集合予定だったので、9:00までにつけるように支度をして出発。荷物は、いつも重くなりがちなのだけど、台風も来てるし身軽なほうがいいかと思ってカートをやめて、いつもより厳選した。しかし、あとで、これが裏目にでる。

羽田空港には思ったより順調に行けて8:50分くらいには到着できたかしら。本当は早めにいってカフェでも入ろうとおもっていたのだけど、いざ着いたらソワソワしてしまって入る気になれない。
暇潰しにお土産屋をぶらつく私。
ふらふら歩いていた9:20分ごろ、突如目の前をすれ違ったモジャモジャ…

!?!?!?
福山さんーーーー!!!?!?!

そう…福山さんにまさかの朝っぱらから遭遇です。内心心臓飛び出そうになりつつ、「ゆ…夢!!?!」と思って二度ほど振り返ったけどホンモノだったよ…。
チキンすぎて遠くから眺めていたら、他のツアー参加者さんたちは寄ってって挨拶したり写メったり。皆様その勇気はどこからわいてくるのかしらと、羨ましく思いつつストーカーのまま。
最初は気が付かなかったけど、バンドメンバーも一緒でした。あとはスタッフと。
もしかして同じ便に乗っちゃう!?とおもったけど、ひとつ前の便で先に行かれました。

さて、ツアー組はJTBから送られてきた用紙で指定のあった場所で待ってましたが、時間になってもツアコンは現れず。10分くらい待ったところで他のツアー参加者が緊急連絡先として書かれていた電話番号に電話してくれる。
どうやら、指定されたところとは別のところで受付していたらしい…。オイオイ…。
電話してくれたお兄さんは知らない人だったのだけど、私もツアー参加者と見分けて声かけてくれました。優しい…。

さて飛行機なんて高校の修学旅行以来でなにもわかっちゃいない私はキョロキョロしながら見よう見まねで荷物検査を通過。うっかり何時ものように小さいハサミを手荷物の中に入れたまんまだったことに気がつき焦るが、係りの人に確認したら長さ的に問題はないから、機内で出さなきゃ良いですといわれて一安心。搭乗までは時間があったので少し待ち、それから搭乗。飛行機の座席番号が見にくくて焦る。どこだ私の席どこ…。なんとかたどり着いたら三人席の真ん中で、入れてもらう。手荷物を上に上げるときも、後でわかったんだけどツアー参加者の人に手助けしてもらったなぁ。飛行機内では本読んで時間潰す。何故かフジミの最終巻だったんで、感慨深くて少し泣く。

飛行機は少し揺れたものの無事に千歳空港に到着。ここで関西空港組と合流する。男の人と女の人が案内していて、女の人はその日空港からホテルに行くまでのバスガイドさん、男の人はJTBのツアコンK氏。
ツアーは羽田組と関空組合わせて約40名弱とのこと。
割合もだいたい半々。

13:30ごろ。
バスはさっそく昼食会場へ。
昼食会場
昼は海鮮ラーメン的なものと炊き込みご飯。良くわからないけど、海鮮が最初から放り込まれていた訳ではなく、自分で入れていく方式だったのてで、なんとか海鮮を避けながら食べられました。
でも何て言うか、エキスが苦手なのよね。食後は他の人が食べてるのを尻目にさっさ席をたち、ご飯を食べている間に目に入っていたコンビニに。口直しにアイスを買う。北海道まできてこの所業とは我ながら。
ガイドさんから、昼食会場の建物には時計台もどきがあると説明を受けていたので写真を撮ってみる。ツアー客は結構皆撮ってたんだが、後でバスに再び乗り込んだときに、これから札幌市内にホンモノあるんで(笑)って言われる。
バス!


そのあとは、今日のメインイベントの1つ、羊ヶ丘公園で国王と戯れるお時間!ワクワク。
羊ヶ丘まで行くまでの道中、いかに道民がジンギスカンが好きなのかとか、ジンギスカンの歴史とか説明される。あと、暮らしぶりとか屋根の構造とかの説明も。ドームの説明もあったな。鹿が道内に70万頭もいるとかいう話もされた。羊ヶ丘からドームが見渡せるって言われてたけど、思い返してみれば国王に夢中でドームとか存在忘れてたけど。。。羊ヶ丘に入ると、「美味しそう…」のガイドさん。車内笑い。

14:45
ひつじがおか
羊ヶ丘では先に着いていた福山さんたち(バンドメンバーさんも!)がバスをお出迎えしてくれた!!バスが止まるまえからめっちゃ手を振ってくれる。車内は皆ワーッと福山さんたちに手を振る。一気にテンションMAX!

バスからかけ降りて、わらわらと福山さんたちの方に行く我々。ガイドさんが時間の話をしていた気がするものの聞いてない(笑)
福山さんを一方的にパシャパシャ写真におさめるファン。さっそくみんなで記念写真を取ろうということに。
羊ヶ丘にはクラーク像があるのでそこに皆集まる。
クラークさん
そしたら福山さんがカメラマンのまねをして、「もう少し真ん中に~」などと指示を出す。和む。気がすんで真ん中に収まった国王と、普通の写真を一枚撮る。カメラマンはもちろん、写真の上手さでは定評のあるマネージャーの竹山さん。しかし、なにも言わずに撮るので、もう一度ハイポーズ的な掛け声で撮り直す。真面目な写真は撮り終わったので、クラークと同じポーズで撮ろうということに。福山さんから「右手は人差し指だけじゃなくて、手のひら全体を向けるんだ!」とか、「左手は後ろだ!」とか、やたら細かい指示が飛ぶ(笑)
なんてそんなにクラークポーズに詳しいんだ。今まで何回真似して来たんだ!と思う。

福山さんとの写真はその集合写真だけの予定だったが、誰かがツーショット撮らせて欲しいといいだして、福山さんが快諾してくれるので羊そっちのけでツーショット撮影会に突入。「好きです。sapporo」というモチーフのまえで皆撮ってもらう。肩組みでもなんでもやってくれる。他の人が撮ってるの見てるだけで、至近距離すぎてドキドキしてくる。「はー緊張する…」とボヤいたら、隣のファンの方も同意してくれる。ですよねーーー!

待っている間、てつろうさんが話しかけに来てくれたので、周りの皆と一緒にお話。まだ晴れていたので、「晴れたね~福山さんが勝ったね~」的な事を言っていたかな。あとは麻生さんが自撮りしてる姿を撮ったりして、待つ。とうとう私の番、緊張でまともに話せないながら、座っての写真を撮ってもらう。写真を撮ってもらう前も、後も、福山さんのほうから握手してくれた……泣いちゃうぜ私。
あ、そうそう、ここでも竹山さんはカメラマン係。大変。そして一方的にストーカー撮影する分にはデジイチ欲しいなと一瞬思う。いや、いらないんだが。

一通り希望者との撮影が終わると、福山バンド恒例のジャンプ写真を撮ろうということに。その写真を我もとるぞと竹山Mの後ろにぞろぞろとファンが集まる。なんだかドサクサに紛れて竹山Mの背後というナイス位置ゲット。写真も下手なのに…。いや丁度そこにいたのよ。ごめんよ。
撮ろうと思ったはいいが、バンドメンバーの横田さん(PONちゃん)がいない!スリーナインの女性スタッフが「足湯に行ってます!!」といって呼びにいく。それまでに福山さんとてつろうさん、麻生さんは準備万端、竹山さんもファンもカメラを構えて準備万端。
「この状態をみたらPONちゃん焦るだろうな(笑)」と言った通り、慌てて足湯から戻ってきたPONちゃん。足湯に入ったはいいもののタオルを持っておらず焦ったのもあって濡れたままブーツを履いてきていて、「ビチョビチョだよ~~」と嘆いていた。かわいそうに。さて、ようやく全員揃ったので羊ヶ丘ジャンプ!
1回目飛んだ時はまず麻生さんの眼鏡が落ちてあわわわ…となる。皆で写真を確かめもう一度飛ぶことに。また麻生さんがポッケから一眼の蓋を落とす(笑)
ジャンプ時は、向かって左からてつろうさん、福山さん、PONちゃん、麻生さんの順。
真ん中のお二人はちょっと窮屈そうに飛んでいるけど、とくにてつろうさんは、私のカメラでは忍者みたいなポーズで飛んでるのが映ってました。

ジャンプが終わると、夜のファンクラブイベントの準備があるということで福山さん&バンドメンバーズとはさようなら。ああう!あっという間でした。
写真のタイムスタンプを見るとこの辺りで15:10。
やっぱり短い~~!
そのあと出発って何時って言ってたっけ?と思いバスに戻ってみる。当然ながらさっきの時間を誰も聞いてないので皆は戻ってこないこない。参加者の一人が、K氏に対して「みんな時間聞いて無かったから言わないと戻りませんよ(笑)」と言っているのを聞きながら頷く私(笑)やっぱりそろそろ時間だったらしい。
ここでソフトクリーム食べられなかったのはちょっと悔しかったな。
ひつじさま


このあとバスで札幌市内のホテルまで送られる。ホテルまでの間に、K氏に「羽田組は明日の帰りヤバイ、飛行機飛ばないかも。覚悟せぇ」と言われる。(※もっと丁寧です)イエー!という車内(笑)ガイドさんはひたすら札幌を紹介していて、ほんと感心した。だって私らアーティストおっかけて来ただけみたいなもので、自由時間なんて殆どなかったからさ…。でもすごく良さを紹介しようって一生懸命で、あのガイドさんのお陰で今回の旅はほんの少しでも観光出来たのかなって思ったり。

16:00
ホテルのロビー
ホテル着。追加料金5000円払って一人部屋。10F。
ホテルで一通り荷ほどきしたら眠くなるが、17:30にホテルの2Fで開催されるファンクラブイベントがメインイベントなので寝るわけにはいかない!とりあえずホテルを出てみる。近くにお土産屋があったので覗いてみる。…じゃがポックルなし…。何も買わずにホテルに戻る。

17:30
ホテルの2Fへ。


■"福山王国" PRESENTS 第7回ファンクラブの集い~TOUR FINAL 前夜祭~
 2012/09/29(土)
 ホテルサンルートニュー札幌
 17:30 整列開始
 18:00 入場

入場時間になって宴会場のドアが開くと、まさかの国王自らお出迎え!!
一人ひとりと握手してくれる。一言お話して中へ。その後ろには麻生さんとてつろうさんとPONちゃんが待機していてウェルカムドリンクを持っていて選んでねって方式。
麻生さんがコーラだったかな?てつろうさんがウーロン茶かな?私はウーロン茶貰ったからPONちゃんが何だったか分からないな…ビールかなぁ?

そういえば、整理番号順に並んで見ると、私…一番最後から二番目でびびった。てかツアー組が悉く後ろに固まっていて、皆でなんか…とつぶやいたり。しかし宴会場に入ると円卓がA~Iまでの9卓用意されており、案外近くて安堵!
各卓の席には整理番号と名前の書かれた札があるものの、何故か番号と名前がてんでバラバラになっていたらしく、まったく知らない人の名前のところに座る。座ってみると、各卓にひとつだけ空いている席があり、「ここにメンバーが来るね!!」と一緒に興奮する。
席に座ってみると、敢えて今日一日ツアー行程を一緒に回ってきたツアー組をまとめた意味がわかった。ちゃんと考えたんだね。


全員入場したところで、国王からの挨拶。
宴会場の低めステージには金屏風があって、「結婚会見みたいな感じになってますが違います」的なことを国王が言う。そしたらてつろうさんが急に国王と肩を組もうとする。ヲイヲイ。そんなこともありつつカンパーイ!

ABCDの4卓に先にメンバーが行くので、その分先にバイキング形式の食事を取ってくるよう指示がある。見知らぬ卓のなかでの不安が大きいので、食事に逃げる準備のためにいろいろ取る。案外食べるものがあって一安心。
メンバーも、このあとずっと卓を回ることになるので、まずは専用卓で少し食事。そのあと各卓に。うちの卓はまずてつろうさんが来てくれました。ノリがよかったうちの卓はまずてつろうさんと一緒にカンパーイ!!超おっきな声でやると、他の卓も負けじと乾杯(笑)このあとうちの卓はメンバーが来なくなっても、どこからか乾杯の声が聞こえると負けない声で乾杯を言い続ける人が数名。。。(笑)

そうそう、最初の説明で、福山さんが卓に来たらサインも同時に貰っちゃって、と言われたのですが、そうしたらファンから「え~~~バンドメンバーからも貰いたい!」と口々に声があがり、バンドメンバーからももらえることに。しかし最初の卓なので、てつろうさんもちゃんとお話してくれようとするし、私たちもいつサインを切り出していいのか量りかねてサインを書いてもらい始めるのが遅くなり・・・。結局二人目を書いてもらい始めたところで時間になってしまい、てつろうさんは次の席にいかなければいけないことに。「あとでまた来てサインしてください~~~」と皆で頼む。
お次はPONちゃん。さっきの反省を生かして、来た瞬間に兎に角サインを書き始めてもらえるように頼む。サイン書いてもらいながらお話。さっきの足湯ではびびったよ~~~って言う話をしてもらったり。
次は麻生さん。みんなの福山さんを好きになったきっかけなど聞いてくれる。サインにドラムが書かれててかわいいっ!
そしてそして国王の番です。席にはもう座らず、卓を回りながらサインをしてくれる!日付と名前、さらに似顔絵もつけてくれる!日付を書くときには補助でついてるスタッフが「にせんじゅうに、くがつ、にじゅうく」と毎回書くたびに言う。言ってあげないと間違えるらしい(笑)名前書くときには「お名前は?」と聞かれる。おおおおおうぅ。前もそうだったけどめたくそ照れる。しかも"ちゃん付け"で書いてくれるなど。そして福山さんの自画像好きなんだ~~~。ほわーん!!何度も見返しています。

その次はイントロクイズ。卓ごとに戦い合う。優勝卓には、FBTシャツの非売品のカラーVer.が!サイン入りで!いや~販売している色は黒と赤だけなんですけど、この水色のが一番いい色だったんで欲しかったなぁ。ってか、水色販売してたら買ってたわ…。
イントロクイズは、「あ~!」とは思うけどタイトルが思い浮かばないってことが多くて情けないことしきり。福山曲のほかに、JAM曲も。
そのあと超イントロクイズに。既にJAM曲でない洋楽が出始めたり、ドラムの「バ~ン!」って音一音だったりと難しすぎる。それでも当たる人は当たるのでにんともかんとも。
結局物凄い正解率だった卓が優勝。

最後に歌のコーナー。
札幌ではトルバのライブをやっていないのでてつろうさんと一緒に2曲。
ステージ上の福山さんが、ファンの席でだべってたてつろうさんを呼んだら、酒片手にあがってくる(笑)

 01.そろそろ帰ろう(福山ギター)
 02.どうってことないのさ(てつろうギター)

やっぱりいい曲~。幸せになれる。
4人全員で。途中でぐだぐだになるも、それもまた一興。

 03.Nowhere Man(ビートルズ)

そして最後に。

 04.しあわせの涙

PONちゃんは後ろで恒例の手振りをやってくれてました。
最後はまたてつろうさん>麻生さん>PONちゃん>福山さんの順で出口で見送ってくれた。
福山さんには、ここまでちゃんと言えてなかったので「復帰おめでとうございます」というのを絶対言うぞ!って心に決めてました。無事に言えて良かったです。「きっと名古屋でまたトルバやってくださいね」というのも言えましたよ!「日は決まってないけど絶対やるから!」って言ってくれました。



振り返ると、この日だけで何回握手してもらったろう。
羊ヶ丘で2回、FCイベントでは入るとき、サインしてもらうとき、出るときで3回?
一日で5回もしてもらっちゃったなんてもうどうかなりそうです!
それもいつも福山さんのほうから手を出してくれるの。
本当に優しい人。
私、小学生のころ、マクロス7でバサラの歌声を聴いて福山さんの歌声にほれ込んで、それから福山さんが好きって気持ちは一度もぶれたことないんだけど、近年ぶれるどころかますます好きになる一方!
人柄を知れば知るほど、好きになります。
この日だけでもっと好きになった!ヤバヤバ。


Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20121006 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。