--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

22

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 01:06

BL わがままな束縛

BL小説

わがままな束縛

愁堂れな/イラスト 富士山ひょうた
(ダリア文庫)

舞台俳優の卵とサラリーマンの
10年同棲した末に辿り着いた愛情

そんなお話。
(あらすじ)
30歳になっても綺麗だと言われる夏城は、エリートサラリーマン。 高校時代からの恋人の田中は売れない役者だ。 そんな夏城は近頃、田中が「好きだ」と言ってくれなくなったことに不安を感じていた。 それでも自分から言葉を伝えられない夏城に、転勤の内示が下る。 同じ頃、田中が有名劇団との合同公演の主演に選ばれ、一気に演劇にのめり込んでいく。 すれ違い始めた二人の心は…?

10年も一緒にいたのに、転勤が決まり離れなければいけない夏城の苦しさ。田中が主演に選ばれた事を素直に祝ってあげられないまま、田中が家を出ていってしまう。自分は左遷のようなもので落ちていくのに、田中は輝いた方へ進んでいく。もう頼ってはくれなくなる。ずっと一緒にいたいのに…。

夏城目線の文章だから、そこかしこから田中への愛情が感じられる。好きなのにすれ違うのが切ない。

ただ、お話のかなり始めのほうで転勤がきまるのに、いつまで経っても田中に打ちあけないからこっちがハラハラ!引越し日まで10日もないのに、打ち明られず、ってことは荷造りもしてないじゃん!とかとても現実的なことが頭をよぎってしまいました…。 (自分の時は4ヶ月前からやったから10日でなんて絶対無理やと思って)

10年同棲して、そこから更に
「好き、一緒にいたい、愛してるんだ」
というような気持ちがある事が、なんだか凄いなぁと。
夏城は他の事に関しては優柔不断でもないので、
ハラハラはしたけどイライラはしませんでしたヨ。

エロは程ほどに有。でもこの人の文章ではあまりエロさは感じない。最後のユニットバスでHは狭そう…とか思いつつ、それが燃え上がる要因なんですかね。

なんにしてもハッピーエンドです。ラブラブなところがもっと読みたかったなー!とはいえ転勤しているからどうしようもないんでした。

途中で当て馬のように登場する演出家のロバートは、いつか主役で本が出るかなとか予想して終わりです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060322 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。