--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

07

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 20:50

FJC ファンクラブイベント第4弾in大阪 昼の部

梶浦由記さん関連

FCイベント2回まわし、終了しました~!
楽しかった!んでもってすごい歌も聴いちゃった!

だけど朝8時に新幹線でご飯食べて以来何も食べてないので、おなかすきすぎて寒いです。
なので食べてから長々と認めようと思います。
お待ちくださいませ。。。


FictionJunction CLUB
 ファンクラブイベント第4弾“トーク&トーク”
 ~3時間しゃべりっぱなし、どこまでいけるかなスペシャルin大阪~

 2012/04/07(土)
 1回目:開場12:00、開演12:30
 場所:大阪朝日生命ホール 
 出演:梶浦由記・YUUKA・KAORI・WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDA・HIKARU

【1部】
01.ごあいさつ
02.トーク&トーク 梶浦さんと貝田さん
03.トーク&トーク 梶浦さんとHikaru
04.トーク&トーク 梶浦さんとKEIKO
05.トーク&トーク 梶浦さんとKAORI
06.トーク&トーク 梶浦さんとWAKANA
07.トーク&トーク 梶浦さんとYUUKA
08.梶浦さんへの質問
09.THE 対談  KEIKOと貝田さん
10.THE 対談  WAKANAとKAORI
11.THE 対談  YUUKAとHikaru
 -休憩10分-
【2部】
12.メイキング映像 2010-2012
13.FJC-Q(クイズコーナー)
14.歌1:「silent moon」
15.歌2:FJCソング 「sing a song」
16.ごあいさつ

定刻スタートで終了は15:50ごろでした。
終了は20分くらい予定より押しました。
朝日生命ホールはステージが高めで、座席も傾斜があるので非常に見やすい会場でした。
椅子も座りやすかったですし。
でもさすがに7時間以上座って、さらに新幹線でも3時間くらい座ってたわけで…痛いです。
どこがとは言わないですけども。。。
だがしかし、レポ書くためにさらにまだまだ座り続ける・・・!


★01.ごあいさつ
<梶浦さん>
今日は寒いですね。久しぶりに大阪に来ました。

・・・でいつもの感じの挨拶。
あとうたひめーずのコメントはポイントだけつまんで。

<Hikaru>
まだ12:30なのに「こんばんは」といい間違えからスタート。
会場内が暗いから・・・といいつつ。
「緊張していますが、負けないように頑張ります」というコメント。

<WAKANA>
(Hikaruの挨拶をうけて)「私、負ける気がしない!」(ドヤ)
「3時間ですが、6時間しゃべる気持ちでいきたい」と前のめり発言。

<貝田さん>
「若さに負けないように頑張ります」

<YUUKA>
「ひーちゃんのコメントを聞いて何も心構えしてなかったのを反省しました」

<KAORI>
「大阪久しぶりです。」
「今までの挨拶でしゃべることは戦いなんだなと思いました」(傍観姿勢)

<KEIKO>
「楽しみにしてきたので、3時間のどこで壊れるかわかりません」


★02.トーク&トーク 梶浦さんと貝田さん
最初に座るときに「座らせてね、最近足腰弱くて」と梶浦さん。
東京のときと同じくファイブクエスチョン!形式でしたが、グダグダだったことは言うまでもありません。

Q.長時間歌って咽喉がはれることはあるか?対処法は?
A.はれる。対策はしていない。寝ると回復する

Q.梶浦さんに初めてあったときの印象は?
A.え~忘れちゃった

Q.さすがに覚えるのに苦労したなと思う梶浦曲は?
A.特にない。あまり深く考えない

Q.○○をはじめた貝田さん、昔何かスポーツやっていた?(○○聞き取れず)
A.学生時代にウィンドサーフィンをやっていた。
 そのころは日に焼けて真っ黒だった。
 あだ名は「サーファー」。
 まわりは白い子ばっかりのなかで黒かったから。

Q.KAiiDAさんへの質問、最初のCDのタイトルは?
A.「聖夜」(さすがに覚えてました!)
   ※4/10 貝田さんがツイートしてるのを見て「聖歌」が正しかったことに今更私も気がつきました…(^ ^;

 「いつも自分で宣伝しないで全部私に宣伝させるんです(笑)
  だから宣伝してみてください。『買ってね(はあと)』って」by梶浦さん
 え~!と何故か抵抗の貝田さん。
 「てか忘れちゃうんだよね」と。

 ━掘り下げTIME━
上の話題の続きで。
「ここにいる皆さんは持ってると思うんで~」と省略して貝田さんが言うと、「そういうのは良くないですよ、常に謙虚でいなければ」と梶浦さん。
(やんわりだけど結構言うなと思った)
で、「聖夜というタイトルにもあるようにクリスマスにぴったりな曲」と貝田さんが紹介。

あだ名は「サーファー」だったけど、ウィンドサーファーであってサーファーではないってのはこだわりがあると貝田さん。
「サーファーの人は手前の方を私たち(ウィンド)が通るとき邪魔だなと思ってて、ウィンドサーファーはサーファーのことトドのように浮いて…と思ってる」とか言ってました。
今は日焼けがいやでやっていないとのこと。
先日南の島に行ったが、目深に帽子をかぶり、長袖という装備だったそうです。

寝ると腫れはおさまるの?と梶浦さんが聞くと「1晩2晩寝ると治る」そう。
咽喉の腫れは風邪との区別はつくのかという疑問には、「違う」と。
基本的にはあまり腫れないそうで(腫れる歌い方をしていない)、「咽喉だけで歌うと腫れたりする」みたいなことを言ってました。
梶浦さんは「貝田さんの発声は美しいです。普通プロの方でも音圧が変わったりするけれども、貝田さんは上を歌っても下を歌ってもボリュームが変わりません。」と絶賛。

印象について「美しい方だなと」と貝田さんが言うと、「嘘だ」と梶浦さん。

曲の難易度についての話は、「レコーディングに入っちゃうと出来ちゃうんですよね。あとで振り返ると難しいと思うことはあるんですけど」と。
頼もしいと梶浦さんは喜んでいました。

プラスアルファ質問

Q.得意料理は?
A.(考えて)塩麹にはまってる。
梶浦さん「食べてみたいと思ってたんだけど美味しいの?」
貝田さん「塩の代わりに使う。味が薄めで、肉にでも炒め物にでもつかえる」
梶浦さん「最近何かで紹介されたらしいんですかね?以前に夜中にポチっとしようと思って買い物カゴ(ネット)に入れておいて、あとで買おうとしたら売り切れていて」
貝田さん「今は買えると思いますよ。でも手作りできますから教えますよ」

(登場音楽の説明)
「salsa nova」誕生秘話。
いつもライブのあとのアンケートで良かった曲名を書いてもらっているが、梶浦曲は英語のタイトルとか、英語でさえないタイトルがあったりして、間違い率が高い。
で、その間違いが嫌とかではなくて、むしろ楽しませてもらってる。
「salsa nova」は忘れられなくてサルサ風に作ってしまった。
ただ、サルサの血が一滴もながれてないので、バトル色がつよくなっただけだった。

★03.トーク&トーク 梶浦さんとHikaru
今日は長い髪を内側に折り曲げて作るボブテイストの髪型だったのだけど、最初に梶浦さんが「切ったのか気になってる人がいると思いますが」といって仕組みを説明。
私はこのときどう見ても折り曲げてるボブだから説明必要ないんじゃないか、と思ったのだけど、このあと遅れてやってきた私の隣の席の独り言の多い男が「Hikaru髪切った…?」とか呟いてて、本当に男の人はあれで髪を切ったと誤解出来るんだなと知りました。
てかおまえ独り言多すぎなんだよおおおおおおおお!


Q.運動は今まで何をやったことがあるか
A.テニスをやっていた

Q.休んだときは何してる?(だか、そんな感じの質問)
A.寝る。いくらでも寝られる

Q.最近印象に残ってるCMは?
A.Kalafinaの新曲CM

Q.大阪といえば?
A.通天閣

Q.宇宙人は存在する派?しない派?
A.する派


 ━掘り下げTIME━
最後の質問の流れで「人間も宇宙人だから」とHikaru。

「スポーツは好きじゃない。だが学校で一通りやってきたのでそれなりの運動能力は備わってる。苦手意識はない。中学(?)ではリレーの選手もやっていた」
「でもマラソンは苦手です。」とHikaruが言うと、「わかる。21世紀、22世紀、23世紀へと向かっていくのに40キロ走らなくても…車乗ろうよ」と梶浦さん。
で「次に出てくる人に言ってるわけじゃないよ」とKEIKOへのフォロー(笑)

睡眠の話。「寝なきゃいけない日とか、ライブが次の日にあると興奮して眠れなかったりする。逆に休みの日とかはいつまででも寝ていられる。ずっとベッドにいる」とHikaru。
「仲間よ!」と梶浦さん(かわいい~)
「手の届くところに飲み物とかおせんべいとか置いて、カスとか後で・・とばかりにパパッと布団から落として」と楽しそうに梶浦さんは話していました。

新曲CMの話から、大阪のFate/Zeroが今日の深夜という話。

通天閣と答えたけど上ったことはないそうなHikaru。上に何が?と客席に質問したけどあまりちゃんとした答えは帰ってこず。
客席にそもそも通天閣に上ったことがある人をアンケート。
あんまりいなくて、そういうものよね、と。
梶浦さんは「25のときに東京タワー上ったことないといったら、『一度はいっとけ、人として』と言われて行った」と。
Hikaruは今年25?だから行かなきゃと行ってました。

プラスアルファ質問

Q.無人島にCDを1枚持っていくとしたら?
A.「逆にCD聴くものあるの?」と突っ込むHikaru
「CDもっていっても聴くものなきゃカラス避けくらいにしかならない」と無慈悲なコメント。
「自家発電で聴く?自転車マシーンみたいなの漕いで」と梶浦さんと盛り上がる。
しかし最終的に「そうなったら聴かないパターンですよね」とHikaru。

Q.木のスプーンは今まで使ったことはあった?
A.ある。お店とかで。
「大きいスプーンも?」と梶浦さんが聞くと「あります」と。


★04.トーク&トーク 梶浦さんとKEIKO
今日はシャーベットカラーのジャケットに短パンでかっこいいめ。

Q.マラソンもしてるのか
A.してる。毎日(だったか)5キロは走ってる。
 最高でも8キロだけど。

Q.今までやってきたスポーツは?
A.サッカー、テニス、バスケ、・・・加圧(7つくらいあげたけど早いし多いから追いつかなかった)

Q.酔っ払うと何上戸?
A.笑い上戸
 
 梶浦さんもそうだと思うと同意。

Q.20歳まで野菜が食べられなかったと先日ライブで行っていたが、小学生のときに給食で残さず食べろと注意はされなかったのか
A.された。いつも居残りさせられてた。食べるまで遊べないって。
 「それでも食べなかったの?」と梶浦さんが聞くと「最後まで居残っていたってことは食べなかったんでしょうね(笑)」とKEIKO。

Q.素敵な笑顔で大変そうな曲を歌っているが、どうしてそれが出来るのか
A.歌詞がそうだと。(笑顔になる)メッセージを伝えたいと思って歌ってる。

 ━掘り下げTIME━
ホノルルマラソンにチャレンジしてみたいと話すKEIKOに「ホノルルマラソンって参加者が現在走っている位置をメールでお知らせしてくれる機能があるよね。KEIKOちゃんが参加したらFC会員に応援してもらおう。KEIKO応援ソングっも作って。」と梶浦さん。
そうなると自分が歌えなくなるというジレンマだが「聞いてみたい」とも。
「私が一番不得意なのはスポーツ応援ソング」というようなことに近い梶浦さんの発言も。
あ、でも「マラソン選手になるって歌やめられたら困る。そのまま歌い続けて」みたいなこともいってました。昼の部だったか夜の部だったか自信ないですが。

スポーツは小学生のころ、運動部全部に入って一通りやったそう。
バトン部も。ソフトボールも。
やれば出来ちゃうタイプと梶浦さん。
「スポーツの話はやめよ。私は運動神経のかけらもないの。親にも言われた。何でもないところで転ぶ子供だった」と切ない話をする梶浦さん。(超わかるけど!)

プラスアルファ質問

Q.最近行ったほかの人のライブは?
A.May'nさんのライブ。仕事だけじゃなくて個人的にも親しくしているし、ひとのライブは勉強になる。
3時間くらいの時間、客としてみることも、仕事目線で見ることもある。
その人の裏側を知っていると違う見方も出来る。

梶浦さんは「プロになる前に好きだった人と、プロになった後に好きになった人で極端に分かれる。プロになる前に好きだった人のライブは完全にファン。プロになった後の人は8割仕事目線。素晴らしいと思う気持ちの高さは変わらないけど客観視してしまっている」と。

Q.食べ物は好きなものから食べるタイプ?それとも後?
A.好きなものから。

梶浦さんは「お医者さんも好きなものから食べたほうがいい、ダイエットにもいいと言っていた。楽しんで食べないといけないと。そのお医者さんは極端で好きなものしか食べなくていいって言ってたけど(笑)。でも食べることを楽しいことだと体にしみこませるのは大切で、そういう条件付けは自分でやらないといけないらしい。私はいつもご飯食べるときに『しあわせ!』って(声に出して)言うようにしている」そうです。


★05.トーク&トーク 梶浦さんとKAORI
Q.FJメンバーでこの人とは飲み続けられないという人は?
A.WAKANA

Q.GWの予定は?
A.予定はないので多分引きこもり

Q.免許を取る予定は?
A.ない

Q.嫌いな人とエレベータで一緒になったら1番に何をする?
A.一番近い階のボタンを押す

Q.おでんの好きな具は?
A.だいこん、昔はちくわぶ(だったっけ)

 ━掘り下げTIME━
おでんの具質問は、過去のFCイベントを通して毎回必ずある質問だそうで、こうなったらこれからも質問し続けてほしいそう(笑)

WAKANAとのみ続けられないのは、酒量に対する心配ではなく、単純にずっと喋っていられないからだそう。KAORIは飲みが進むと黙って飲みたくなるタイプだが、彼女はテンションがかわらない・・・むしろ上がっていくタイプだそうで。
「素晴らしいと思うな!」と含むところありまくりな梶浦さん。

GWとか、「休みの日に人がわらわらしているところにいきたくない」とKAORI。
平日ほど渋谷とか新宿とか行こうと思うらしい。
平日に休めるのは自由業のいいところでもあるし、責任はすべて自分が負わないといけないっていう責任でもあるねと梶浦さん。(まあもっと細かい話だったんだけど長かったから省略)

プラスアルファ質問

Q.回転寿司で最初に取るネタは?
A.特にない。しかも最初から直接オーダーするから回ってる皿は取らない。
 ネタは大体マグロ、サーモン、いくら、とか定番。

梶浦さんは「あなご」らしい。あなご好きひらめ好きうなぎ好きだそうです。
KAORIは好き嫌いは特にないそうで、虫系のいわゆるゲテモノ系は?と聞かれて「それだ!」って言ってましたが、「でも美味しいっていいますよね」とそれほど抵抗なさそうな感じでした。目を瞑れば食べられそう的な。

Q.マックで頼むメニューは?
A.マック好きで週に2~3回いくことも。チキンフィレオとか、チーズ好きなのでチーズ系。

梶浦さんは朝マックは行くけどグリドル派だそう。
マヨがあまり好きではないそうで、揚げ物も・・だそうで、チキンフィレオは無理と言っていました。
「KAORIちゃんとは一緒に行けない」的なことを梶浦さんが言ったので「マックは違うものを頼んでいい店ですよ!(笑)」とKAORI。

Q.TVショッピングで買い物したことある?
A.意外だろうけどある。ガチの踊りながら痩せられるDVDとか、履いたら痩せられるものとか、5本くらい持ってる。だけど膝が持たないからやってない。

梶浦さんは「学生時代サッカー部のヒーロー的存在の人がいたが、大人になって会ったらふっくらしてしまっていて、皆ショックを受けたことがあった。次にあったときにその人が痩せていて綺麗な筋肉がついていたので皆がビリー万歳と言った。だけど半年後にあったら元に戻っていた。形状記憶合金。結局運動すれば確かに確実に痩せられるけど、やめたら元に戻る。やり続けられないならやるだけ無駄。だから私はやらない」みたいなこと言ってました。


★06.トーク&トーク 梶浦さんとWAKANA

Q.最近やらかしたドジは?
A.いっぱいありすぎて・・・後で。

Q.ジブリが好きなWAKANA、一つだけその世界にいけるとしたら?
A.ナウシカ。だけど腐海に入るのはちょっとかも…魔女の宅急便にします。

Q.FBMが女性になったとしたら、誰が一番可愛い?
A.今野さん。今全員女装になった姿を想像しています。

Q.ピアノの練習は?(とかいう質問だったような)
A.している。だけどこの前楽譜を買ったはいいが、鍵盤が小さすぎて右手分しか弾けてない。(君をのせて…だったかなぁ。その右手の和音しか出来ないって言ってました)

一体どんなものを買ったのかと梶浦さんが聞いた結果、「梶浦さんも持ってるやつですよ、このくらいの」という話で「カシオトーン」と判明。「2オクターブしかないじゃん!」と梶浦さんが驚く。もっと大きいのが欲しいとは思っているらしい。

Q.毛布のふちフェチのWAKANAは夏はどうしてる?(もうWAKANAの後の話が長くて覚えてないけどそんなん)
A.夏でも毛布を出している。それを土下座して触ってる。
 こうやって…と土下座イメージで頭を下げて指使いを再現しながら、突然自分の指がすごく柔らかいということを自慢し始める。
ありえない方向に親指を曲げるので梶浦さんも思わず悲鳴をあげる。(しかしその後もう一度見せてと言った)
家系で親とかもやわらかいらしい。

 ━掘り下げTIME━
サテンとかの良い生地じゃなくて、普通の毛布がいいらしい。
「フチだけ切ったら?」という梶浦さんの質問には、「そう思うだろうけど、フチだけでは意味がない。あの重みがないと。重みがあるやつでこうするのが(とまた土下座でフチをさわるしぐさをして) …「気持ち悪い!私気持ち悪いですよね!」と一人で言ってました。
5歳のころ「ピンク」という名前の毛布を大事にしてて、それ以来だそう。(Kalafinaブログでも言及していたので色々省略)
梶浦さんの妹さんもシーツが好きでずっとWAKANAみたいに撫でていたそう。だけどシーツだからすぐに擦り切れてしまっていたらしい。
梶浦さん自身はそういう執着はないらしい。
WAKANAは服とかもすごく物持ちがいいらしく、高校時代から着ている服もあるけどすごく綺麗に保ててるんだとか。
物持ち悪い私には驚愕の話でしたわ…。だって10年着てる服があるってことよ…?
恐ろしい。

ドジ話を思い出そうと考え込むWAKANA。「やろうと思ってやってるわけじゃないから覚えてないよね」と梶浦さん。
今日の一日をしゃべり始めるWAKANA。3:40に起床。5:25に家を出た。この時点で乗る新幹線の30分前とかについてしまって早すぎたそう。(30分前なら別に普通だと思ったけど…違うのかしら)
何の話からかサタデーナイトフィーバー>ジョントラボルタの話になったんだけど、結局なんでだっけ?今日が土曜日だからって話か。ああ、品川駅が土曜の6時から混んでたって話からだ。


★07.トーク&トーク 梶浦さんとYUUKA

Q.ブログに姪っ子さんと指遊びをしているとあったが、やってみせて
A.(やってみせた)

Q.語りだしたら止まらないものは?
A.姪っ子、ねこ、宝塚

Q.アナログ人間のYUUKAさん、最近使ってるデジタルなモノは?
A.ボイスレコーダーを買った。

Q.ビックカメラとドンキホーテどっちが好き?
A.ドンキホーテにはあまり行った事がない。だからビックカメラ

Q.どんな有名人に似てるといわれる?
A.いろんな人に似てるって言われる。よく言われるのは井川遥さん

 ━掘り下げTIME━
ボイスレコーダーは歌い手さんみんな使ってるらしい。

姪っ子は7歳でとてもかわいいらしい。元々兄がいて、ずっと妹が欲しかったので、大学時代に姪っ子が産まれたときから可愛がっているそう。
7歳にしてはちょっと幼い子で、ずっと宇宙語をしゃべっていたので心配だったが、幼稚園に入って集団のなかで主張しなきゃいけなくなって成長しているそう。

梶浦さんは先日友人が赤ちゃん連れで遊びに来て、その子が1歳なのにおもちゃとしてiPadを使いこなして自分でYoutubeまで辿り着いてて衝撃だったらしい。それに慣れてるからいまの子供はTVを触って「動かない。つまらない」って言うらしい。
でもそういう時代になったんだねって。

質問だったか忘れたけどスマートフォンの話になって、YUUKAは使ってないって話に。
梶浦さんも買ってみたけどいらなかったそう。戻りたいみたいでした。
何故か客で「ガラケーがどうの」と言った人がいて、話の流れ的にそこで声かけてどうすんの?みたいな、しかもガラケーって言葉をYUUKAも梶浦さんも知らなくて何度も聞きなおして、さらに客の声も通らなくて何度も言って…なんだこれ…的な。

★08.梶浦さんへの質問
Q.FBMに1日なれるとしたら誰がいい?
A.皆なってみたいけど、強一さんになってドラムの??(皮?)を破りたい(後半聞こえにくくて自信なし)

Q.小さいころドイツにいたということだが、ドイツ語はしゃべれる?
A.いえ。ドイツにいた時代はしゃべれた。近所の人とも会話できたし、ドイツ語のコミュニケーションで困ったことはなかった。だけど日本に戻って3年喋らなかったら忘れた。単語単語の意味はわかるし、聞いた音楽とかはドイツ語で歌えるけど、文法がわからないそう。

Q.詩先?曲先?
A.9割9分曲が先。

Q.歌を歌う上で一番大切なことは?
A.極論は「欲があること」。いつも聞かれたら「テクニックです。」と答えるけれども、究極は欲があるかどうかで結果が変わってくる。
こう歌いたいという目指すところがない人の歌を聞いても「上手ですね」で終わる。
もっと良いものを作りたいって欲がやはり大切だと思う。


★09.THE 対談  KEIKOと貝田さん
お題「春といえば?」
「桜だよね」と言ったのはどっちだったっか。
「春になったらやることある?」
KEIKOは春になったら何かスポーツをやることにしているそうで今年は加圧やっているそう。貝田さんも加圧には興味があるそう。
貝田さんはヨガを毎朝やっているけれども、たまにパパパッと早くやってしまうことがあるって少し実演していました。

お題「来週1週間休み!さあ何する?」
何しよ~と二人で言いながら、あったかいところがいいって話になり、KEIKOがハワイとL.A.に行きたい!という話をしたら、貝田さんがハワイに食いついて「二人ともハワイいきまーーす」って感じでお題終了。

お題「どんな小学生だった?」
KEIKOっは男の子みたいに育てられたといっていました。
外で女子トイレに行ったらおばさんに「ボク、トイレこっちじゃないよ」とかいわれたとか。
貝田さんは文集に「将来の夢:タレント」って書いていた。自分でも何で書いたのか…みたいなことを言ってました。
貝田さん「今と変わらずおとなしい子でした」
KEIKO「え?」
昔は「いたの?」って言われるような子だったとか、親にここにいなさいっていわれたらら一日でもいるような子だったそうです。
KEIKO「でも今は聞き上手ですよね」
貝田さん「だって皆しゃべるから!皆しゃべってたら誰かが聞かないと話にならないじゃん。あの中じゃいきていけないよ~」

お題「挑戦してみたいこと」
貝田さんは加圧やってみたいと。
KEIKOは料理。「昔挑戦して1ヶ月くらい作ったことがある。そのときは1回くらいしか失敗しなくて、餃子を丸焦げにしたくらいだった。焼いている間上のほうの色が変わらなくていつまで焼いていればいいか分らなかったから…。ある日肉じゃがを作りおわって食べていたら、火もつけていないのに蓋がパキーンって割れたことがあって、それで怖くなってやめた」ようです。
以前にFJ4人で手料理持ち寄ってパーティーしたときにKEIKOちゃん料理してきたじゃん、って話になって何だっけって思い出した結果「カプレーゼ!」と思い出し「トマトとチーズ切っただけじゃん!」って笑って終了。

★10.THE 対談  WAKANAとKAORI
話は終始KAORIがWAKANAに譲るモードというか。

お題「思い出の曲は?」
「あるでしょ?」とKAORIがWAKANAに聞く。
小1のときに「100%勇気」を小6の卒業する人に歌うことになってめちゃくちゃ練習した。まだ%って単位もわからない時分に。「そんなに生きてないよね。」とWAKANA。
KAORIは合唱で中学3年のときに「流浪の民」をという曲を歌ったそう。ソプラノもアルトもテノールもバスもそれぞれソロがある曲で、上手いからいけるだろうって先生が選んだらしい。朝練も毎日してたのにコンクールで負けてすごく悔しかった思い出だそう。
WAKANAは小5のときに音楽発表会(合奏)で「ジュピター」をアコーディオンでやった。すごく難しくかった。タラランタタタ。。。。とか一人でやり始めるWAKANAさん。
あと「アイネクライネナハトムジーク」もやった!!って話になって、「タンッタタンッタタタタタ♪タンッタタンッタタタタ~~~~~~~~~~・・・・・・」(って相当長いとこまでやったよ)と歌うWAKANA。
「もうなんでもやってくれるんだね」とKAORI。
しかしああいうの軽く歌うのすごく上手いよねWAKANAは。アイネクライネはやった人多そう。かくいう私もやった思い出あるもんね~。

お題「どんな中学生だった?」
言いたくなさそうなKAORI。「私からいい?」>「どうぞお好きに」
WAKANAは福岡の田舎でヘルメットを被って通っていたそう。で、ある日いのししが歩いてるのを見かけて「皆止まって!!」(手を開いてみんなを止める仕草つき)って言ったんだとか。何故か父親が対処方法を教えてくれていて、動かないほうがいいっていわれてたから、って言ってました。
KAORIの家の裏が山?らしくて猿とか台湾リスとか見るよって話に。日本のリスは小さいとか。そういえばN.Y.に行ったときに見たリス大きかったよね!という話。
「触りたかったけど駄目っていわれたから我慢した」ってWAKANAが言うと、「触りたかったの?私動物は駄目だわ。好きな人もいるので申し訳ないけど」とKAORI。(わかるよ~~と私は内心思ったり。私も動物駄目だから・・・)犬は駄目で、猫はまだ見てる分にはいいって言ってたかな?毛とか苦手って言うので「うちは金魚だから大丈夫。毛がないよ!」とWAKANAに主張されて「ああ・・・うん・・・」と(笑)
(お題からの脱線ぶりを天の声に修正されて)
KAORIの中学時代は、年頃だし、生意気でかわいくなかったって自分で言ってました。
早い反抗期だったと。
そのあと中学のときの話で、一輪車が得意だったというWAKANAの話。
あとトランプとかやってたってKAORIの話。「トランプって大人じゃない?」とWAKANA。(よくわからないよこの理論は)
WAKANAはトランプではババ抜きと神経衰弱くらいしかやったことないって言っていて、KAORIは大富豪とかやってたそう。大富豪やったことない人ってアンケート取ったらすごいまばらだった。私もやったことないんだけど・・・。


★11.THE 対談  YUUKAとHikaru
お題「私の宝物」
YUUKA「ねこ」
Hikaru「人からもらったもの。親とか梶浦さんとか・・・ネックレスとか」
YUUKAが今日してるネックレスも梶浦さんからもらったものだって言ってました。
最近ブログをはじめたことでねこ好きが浸透してきたそうで、先日の誕生日にもスタッフさんからねこのポーチをもらった。昔スタッフで豚好きな人がいて、豚グッズを見るとその人のことを思い出したりした。自分にもあるといいなと思ってたので、そういう期待で書いていたわけでもないけど嬉しい、とYUUKAは言ってました。

お題「ストレス解消法は?」
天の声が「二人にはあまりなさそうだけど」というとHikaruが「あ~~」(これだよ的な声を出す)Hikaruは人間だしストレスはあるだろ派で、YUUKAとは「ストレスないだろって言われるけどあるよね」って気持ちを共有できると思ったのに、YUUKAがストレスあんまりない的なことを言うので「仲間だと思ってたのにパターン?」と。
Hikaruの解消法はねること。寝るとスッキリするそう。寝る時間がないときは?と聞かれると「握りつぶす」って言ってました(笑)
YUUKAは猫を抱いているとき。

お題「生まれ変わるなら男?女?」
YUUKAは「男の子になってみたい。男の子って輪があって、輪の中に入れないから。皆で集まって何話してんだろうって。女子会はまたその話?ってくらい同じ話ばかり(笑)女子の会話の意味わかんないって言われる」とか言ってたかな。
「男子会とかないんです?」と会場に聞くも反応なし。
「スタッフの人は仕事の話ばかりって言ってた」とYUUKA。
Hikaruは「メチャもてる男子になってみたい。ボタンとか全部ちょうだいって言われて最後には学ランすらないっっていう(笑)それかメチャもてる女子。1回味わってみたい」


★12.メイキング映像 2010-2012
MAKING MOVIE 2010-2012
・南里ソロの「月導」ライブ
・YKライブVol.#6
・「輝く空の静寂には」PVメイキング
・「FICTION II」制作のNY映像
 梶浦さんの写真撮影の映像
 クララさんとエミリーがレコーディングしているところ
・YKライブVol.#7
・「Magia」のPVメイキング
・マチアソビの映像~一日所長
・「stone cold」のPVメイキング
・Kalafinaシンガポールに行ったときの映像
・FJ&南里ソロのCD購入者抽選イベント
・南里ソロアルバムお渡し会の映像

以前「After Eden」渋谷でのゲリラライブの映像を流していたところをシンガポールの映像に変えていた気がする。(ゲリラライブのは特典になったから)
以前もシンガポールの映像あったっけ?ちょっと記憶に自信がない。
一応2012年の活動として南里ソロの映像が増えていたことは確か。

映像明けに梶浦さんが、「Hikaruちゃん制服系似合うね。WAKANAちゃんとKEIKOちゃん似合ってないなと思った(笑)」って言って、WAKANAが「私だけ男の服だったんです~。駅長の」(マチアソビの一日駅長の話。気がついてなかったけど、それをきいて夜の部で映像みていたら、確かにKEIKOとHikaruは帽子が丸くて、WAKANAだけツバのある男用の帽子被ってて笑っちゃった)
「こうやって映像を見ると、皆個人の行動を全て知っているわけじゃないから、こんなふうに頑張ってるんだと励みになる。まさかシンガポールで執事カフェに行ってたとは(笑)とか」(シンガポールの映像の中にイベントブースの執事カフェ体験の映像があって、「初の執事カフェがシンガポール(笑)」とかHikaruが言ってる映像でした)
「クララさんの映像は私もこれでしか見られないので懐かしかった」
などなどコメントしていました。

★13.FJC-Q(クイズコーナー)
1)梶浦由記初のゲーム音楽は「ダブルキャスト」? ○
2)「坂道のアポロン」でYUUKAが担当しているヒロインの名前はなんとかかんとか ○
3)KalafinaAEの名古屋公演2日目ラストの曲は「明日の景色」? ×
 ⇒WAKANAは×には×だけど「I have a~?」と答え、KEIKOに「seventh heven!怒るよ?あとでね(笑)」といわれてました、
4)徳島マチアソビでのKalafina一日駅長で見送った列車の名前は「うずまさ17号」?×
 ⇒問題作成者は17号ではなく18号というところをポイントにしていたらしいが、客から「"うずまさ"じゃなくて"うずしお"」と突っ込まれる。
 ⇒でもKEIKOは18号だったと思うとか言っててちゃんと覚えててすごいって。「私真面目に仕事してるから(笑)」WAKANAとHikaruは分らないって言ってました。
5)貝田さんは中学時代吹奏楽でトロンボーンを担当していた ×
 ⇒最初に問題が出たときにまず問題が間違ってると貝田さん。
 ⇒貝田さんから訂正で高校時代だと。楽器としてはホルンが正解
6)FJCイベント3弾でのライブでランキングを発表したが、マテリアライズは6位だった? ×
 ⇒6位は聖夜。で、マテリアライズは何位だったんだと質問されて答えられないJUNGOさん。みんなに気になると責められる。
7)KAORIのブログの1回目の記事タイトルは「お初!」?×
 ⇒正解は「初!!」(エクスクラメーションの数が正しいかは…調べるの面倒だ)
 ⇒KAORIは自分でも覚えてないけど「私の性格を考えればわかる」的なことを言っていて、その結果が「お」をつけないってことだった。
8)ヒストリアのサントラ2で18曲目は「creative power」? ×


正解者には東京と同じくFJナイツの賞状とメダルと記念写真。
そして梶浦さん特製の個人的パチモンバッグがプレゼントされた。
(梶浦さんが個人で作成したバッグで、A4が入るので最近便利で譜面とかもっていくのに使っているとか。猫柄とヴァイオリン柄があるので好きなほうを、と)

私は2問目で脱落。知らないよ!

★14.歌1:「silent moon」
アカペラ6人ってすごいって思うね~~。
貝田さんの力が半端なかった。

★15.歌2:FJCソング 「sing a song」
★16.ごあいさつ
梶浦さんの挨拶はこういうイベントをすると、人ってお互い頑張っているんだと実感する、というようなお話。

WAKANAは「喋り足りないです。喋るの好きなんだと実感しました。」とコメント。


2012/04/09
はぁ~~かきおわった。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120407 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
06 | 2017/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。