04

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 22:11

Kalafina LIVE TOUR 2012 “After Eden”

梶浦由記さん関連

今日も引き続き調子よく、1曲1曲のクオリティも高く、渋谷公会堂なのに私的には音響もばっちりでした。
スマホからブログの管理画面にアクセスしたらエラーが出ていたのでPCでも繋がらなかったらどうしようかと思っていたんですけれども、家に帰ってきて繋がったのでほっとしました。
どうしたんだろう。。。


Kalafina LIVE TOUR 2012 “After Eden”
 2012/02/04(土)
 渋谷公会堂(TOUR FINAL)
 開場17:15
 開演18:00


 Guitar:是永巧一
 Drums:佐藤強一
 Bass:高橋“Jr”知治
 Violin:今野均
 Manipuretor:大平佳男


【セットリスト】
01.Eden
02.光の旋律
03.neverending
04.輝く空の静寂には
05.ことのは
06.Numquam vincar(インスト)
07.red moon
08.adore
09.Gloria
10.sandpiper
11.Magia
12.magnolia
13.destination unknown
14.胸の行方
15.in your eyes
16.fantasia
17.Kyrie
18.音楽
19.symphonia
 -EN-
20.progressive
21.to the beginning
22.Eden

セトリ急いで打ったので誤字ないか心配。
あとでセトリについては言及したい。(いいたいことがあるんだっ!)

とりあえずニュースとしては
・次回ライブは7/16 東京NHKホール
・ニューシングルは4/18 Fate/zero 2期OP「to the beginning」



★Eden
最初のSEがまだ場内が明るいままで聞えてきたのですけど、どこの会場でもああいう演出だったんでしょうかね?
最初はベースが良く聞こえました。
ドラムが微妙に聴こえないかなぁ?と思ったけどそういう曲かも。

★光の旋律
歌声は三人ともクリア。
この曲はドラムがいいよねっ。
手拍子のときに大平さんも裏でやってたので微笑ましかった。

<MC>
最初の挨拶

★neverending
照明が綺麗だ!
2/2も思ったのだけどHikaruの歌い回しが11月のライブから進化してて、というかライブでもCDでの歌い回しが出来るようになっていたので嬉しい私。
Keikoのコーラスがよかったよ~。
ラララ~のところのWakanaもすごく丁寧だったし。

★輝く空の静寂には
WakanaとKeikoの二人のハーモニーにうっとり

★ことのは
聞き入ってしまって逆に感想がないという。

歌い終わって着替えのために退場。

★Numquam vincar
もう無茶苦茶格好いいじゃないの~~~。
櫻田さんのソロ演奏からドラムが爆発する転換が大興奮。
ドラムかっこよすぎ!
ギターも、ヴァイオリンも見せ場があって。
ライティングもやってやるぜ的な感じで良かった。
インストもっと聴きたい!超興奮。

着替えて登場。

★red moon
2/2も良かったって書いたけど、ホールはホールだからこその広がりってのがあって、全然違うなあと思いましたよ。
ちとオペラ的展開の曲なので、ホールのほうが感じは好きだな。
聞くほうもあまりの迫力に肩に力が入っちゃう。
それほどの歌唱に演奏。
鳥肌もの。

★adore
ライブでまともな出来なのを聴くのは初めてだなと思ったり。
ポケモンフラッシュ的ライティング。(赤白交互)

<MC>
ツアーの振り返り。
ツアーの思い出話ってツアーラストの日にするものなのかなと思った。
WAKANAの思い出話は福岡でJr.さんがジブリのモノマネが出来ると判明したという話。
千と千尋のだるまのものまねをしたらしくて、それに対抗してWAKANAはハウルのマルクルのモノマネをしたらしい。
「待たれよ」って言いだしたときの空気感(笑)

★Gloria
AメロのHikaruの歌いかたが詰まっているようで気になったのだけど、二番のAメロで爆発するように歌ったので"わざと"の対比だったのだと思う。
でも対比だとしてもやりすぎかなと思った。
というか詰まりすぎて聴きとりにくかったのが…私は何て言っているのか分からない歌い方は嫌いなのだよ…。(歌詞が明確にあるのにね…造語はどうでもいいんだが)
Wakanaもひきずられて2番サビちょこっとやりすぎてたと思う。
いつもライブでは結構いい感じなだけにちょいと残念。

★sandpiper
やっぱりこの曲はドラムよね。
Wakanaのコーラスちょ~キレイに聞こえてきたし、3人とも丁寧に歌ってて嬉しかった。
大好きな曲だから!

★Magia
今日も歌全般良かった。
途中何かのマイクがドンッってなったのが気になったけど。
Keikoソロとかが特に、ホールなりの響き方で届いてかっこいい~~~と思った。

★magnolia
Wakanaの喉ひらいてる!
照明が途中で白黒だけになったのが格好良かった。
(右から照らして、左から照らして、みたいな感じで)
どうでもいいけどここでKeikoのマイクの持ち手がいつもとちがうことに気がつく。
いつも左手持ちなのに右手で持って歌ってたので驚いた。

★destination unknown
Keikoの声が響いてこれまたいい。
これもホールの良さ。

<MC>
「Gloria」はWAKANAとHikaru二人でブースに入ってレコーディングした曲で、「sandpiper」も仮歌のときに二人で歌ったから思い出深いという話。

★胸の行方
Keikoの歌い始めがいいよいいよ~~~。

★in your eyes
二番のHikaruちょっと乱暴だったけど気にしなければ気にならないレベル。
気にすれば気になるけど…。

★fantasia
最初のKeikoの声が聞こえなかった。

★Kyrie
壁に映像うつしたり。

★音楽
飽きた

<MC>
バンドメンバー紹介。
大平さんの指定席は上手のところにあるのだけど、てっきり上手にいると思ってWAKANAが上手を差したら下手から登場してびっくり。

★symphonia
これまた2/2の感想にも書いたけど、Keikoの歌いだしがやっぱりCDよりライブのほうが好き。
さわやかで。
symphonia収録時は、まだ「Red moon」のアルバム時期のくどい歌い方が残ってるんだよねぇ…。
3人ともこの歌すごく大切に心をこめて歌ってくれるから好きだなぁ。


(ここからEN)
★progressive
最初バンドメンバーが登場したときのイントロは明らかにLacrimosaだっただろう…。
だまされてProgressiveとか、私のがっかり感は半端ないよ。

★to the begining
イントロ感とかテンポ感とかそこはかとなくFJテイスト。
冒頭からサビ?みたいな感じでWakanaとKeiko。
AメロはKeiko、BメロはWakanaとKeikoが1フレーズ歌って、HikaruとKeikoが1フレーズ歌って、3人でさらに歌って、サビはWakana…って感じ。
間奏でヴァイオリンメインに走るのもこれまたFJテイスト。
マジでFJかと思う曲だった。

★Eden
同じ曲2回…。
やりたいことはわかるけど、ライブでやるのはちょっとエゴいと思った。



以下はどうでもいいことをつらつらと。

そういえば全然MCでは出てないけどKalafinaが今度出るAnimagiC。
2004年に梶浦さんが呼ばれて行っていらっしゃるんですよね。
仁科さんがゲストで羨ましかった思い出。
普通に梶浦ファンがいそう。

WAKANAの髪が伸びたなぁと思った。
今や巻いて縛ってる分KEIKOと同じかそれより長いかも。
私はボブな女の子好きなのでボブのWAKANAが懐かしい。
ボブボブボブ…。(キモイ)

改めて思ったけど、WAKANAの歌い方というか歌っているときの立ち姿が好きだなぁと再確認。
テンポの取り方とかも好みがあるのですよ。
すごく自分の中の気持ちとリンクするというか。
比較例で出すのもなんだけど、YUUKAは独特のテンポの取り方するのでYUUKAの歌ってるところ見てると自分のテンポが崩れてくんです。
YUUKAは特に横揺れでリズム取る珍しいタイプ。
縦乗りも曲によってはあるのだけど。

今日の衣装はsymphoniaのPV衣装→11/25で着てた白黒衣装→ENでライブハウスVer.で使ってた赤い衣装の3衣装でした。
すごくどうでもいいけど、Hikaruってミニスカート丈の衣装まず着ないですよね。
いつも大体膝上丈だけど、実際あの背であの丈の衣装ってあんまりバランス良くないような気がするのだけど…HikaruNGがあるのかなぁ?とか前から思ってました。
なんかアイドルでもへそ出し衣装NGの子とかいるじゃない(笑)
まあKEIKOがミニだから3人のなかでのバランス取ってるのかなとも思うけど、いくら3人の中でバランス取ってても本人に合ってなきゃどうしようもないんじゃねぇの的な。
ミニはもっと似合わないのかもしれないけど…。


★総感
Kalafinaの照明チームは相変わらずの腕ですごく楽しませてもらいました。
今日は2Fの左翼席だったので、俯瞰で楽しめました!
音も本当に綺麗に聞えてきて…何度か「ここ本当に渋公…?」と思ったり。
何よりWAKANAも安定してるし、Hikaruの声がざらつくこともなくて、ラストの公演がいいコンディション&テンションの中行われて本当に良かったと思います。

だからこそ!だからこその心残りがあるのだよ!!
だから煩いと思うだろうけど言わせてほしいっ!!
いつも調子が良いのなら「次回に期待」とか思えるのだけど、不調なことが多いのでこの良好な状態で聴きたかったよ!!私の好きなバラードたち…(T T
だいたい調子が悪くてもアップテンポの曲たちはなんとかなるんですよ。
バラードはなんとかならんのですよ…。
(それにアップテンポ曲がなんとかならなくても好きでもないので未練がない。)
「snow falling」今日聴きたかった…。
せっかくライブハウスVer.とホールVer.を用意したんだからもっとホールではバラード多めにしてくれても良かったんじゃないのですかねぇ~~。
とバラード狂が恨み節であります。
少なくとも今日のセトリ、3rdアルバムのアップテンポ曲は許すとして「fantasia」と「Kyrie」と「progressive」はいらなかった。
(音楽はバンドメンバーの見せ場があるから抜けないだろうし要らないけど我慢している)
「Eden」2回も蛇足…ってか他にもやってほしい曲がある中で同じ曲2曲は辛い。
せめてダブルアンコールがあるアーティストなら最後にダブアン目で1曲歌うって感じじゃないかなと思う。
ダブアンすればいいのに。
新曲をライブで披露も前から言ってるけど好きではないので別に嬉しくないし…。
好きでも嫌いでもない未知の曲よりも、既知の好きな曲をやって欲しいという単純な理由ですよ。
知らない曲だと楽しみきれないし。
どうせ新曲なら次のライブでやるんだし。
「春は黄金の夢の中」とか今日のコンディションで聞いたら最高に酔えただろうなぁ…。
「sapphire」も最高だっただろうなぁ…。
「seventh heaven」もうっとりだっただろうなぁ…。
嗚呼…「lirica」…。

ということで、セトリには妙にぐやじい思いをしました。
でも調べたら中野サンプラザで「sapphire」やってるんですね。
行けなかった私が悪いのね…。
中野サンプラザはここまで好調だったのかしら?
そしたらさぞ良かったでしょうねぇ…。

振り返って読むとこれが総感なのかって感じです。
まあいいですよね。許してください。
読むのもアホらしい話でしたけど…。
まあそのくらい今日は素晴らしかったってことです。

Edit Comments(13) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120204 |