03

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri) 00:59

Kalafina LIVE TOUR 2012 “After Eden” LIVE HOUSE ver. O-EAST

梶浦由記さん関連

今日はすっごくクオリティ高かったです。
3人とも調子がいいライブに参加したのは、近年の中では(アコースティックを除き)2009/12/27の横ブリ以来じゃないかな。
最初から最後まですごく安心して音楽を楽しめた気がします。


Kalafina LIVE TOUR 2012 “After Eden” LIVE HOUSE ver.
 2012/02/02(木)
 Shibuya O-EAST
 開場18:00
 開演19:00

 Guitar:是永巧一
 Drums:佐藤強一
 Bass:高橋“Jr”知治
 Violin:今野均
 Manipuretor:大平佳男


【セットリスト】
01.Eden
02.光の旋律
03.九月
04.neverending
05.輝く空の静寂には
06.red moon
07.magnolia
08.destination unknown
09.in your eyes
10.fantasia
11.Kyrie
12.音楽
13.oblivious
14.君が光に変えて行く
15.ARIA
16.Magia
17.また風が強くなった
18.progressive
19.symphonia
 -EN-
20.love come down
21.sprinter
22.胸の行方


ライブハウスバージョンに行くことにしたのは、中野の公演が2daysともJAMとまるかぶりだったからというただそれだけの理由だったのです。
んで、ライブハウスバージョンという限りはノリノリ曲多めなんだろうなってのも予想していたので特に驚きのあるセトリではありませんでしたね。
強いていうなら…「sandpiper」は無くなるんだ…っていう…。
一番好きな曲なのにぃ。
まあ4日にやってくれると…信じています。
やるよね?やってください…。


今日はWAKANAの調子が半端なく良かった。
声もすごく出るし伸びる。
さらにマイクも私にはWAKANAのボーカル強めで聞えました。
とにかくKalafinaでWAKANAが調子いいか悪いかは私が楽しめるかどうかの重要なポイントなんで本当に嬉しかったですよ!

一方でKeikoのボーカルがライブ初めの光の旋律あたりだったかなぁ…すごく音量小さくて気になりました。
コーラスだと丁度いい音量みたいで、Edenとかすごくいいバランスで聞えたし、パワー出して歌う曲だとこれまた全然OKみたいなんだけど、やわらかく一人で歌うところが一部聞きとりにくかったですね。

あとHikaruの最初のMCと、九月の歌い始めですごくすごく気になったのだけど、声を出すときの破裂音が物凄い聴こえてきました。
(息を吸う音じゃないですよ。勢いよくはきだしたときの空気の塊がマイクに当たる音です。ボフッみたいな音がするのです)
Kalafina問わず、他の人のライブでも、ライブであの音って思い返してもあんまり聞いた覚えがないのでちょっとびっくりしました。
KEIKOのマイクでも1回か2回くらい同じ破裂音が聞こえて、やっぱり今日の音響の具合でそうなっちゃってるのかなぁと思いました。
激しい曲はいいけど、九月みたいなしっとりした曲だとあれは台無しだなぁと。

と、音響に関しては少しだけ気になることがありました。
あと一つ言うならドラムの太鼓系の音が軽かった…かな?
でも全体がぼやーんとしてるとかでもなかったし、バランス考えてああなったのかなと思ってます。
全体的には満足感高め!


今日は曲の感想は簡潔に。

「red moon」は2010/12/11のライブでの出来栄えが一番気に行っていましたが、今日はそれを上回るパフォーマンス。
とにかく声が皆すさまじい。
さらにWAKANAのトランスっぷりもすさまじい。
最後のほうの鬼気迫る歌いあげ方に圧倒されました。
こう歌うぞっていう気持ちと出来栄えが完璧にリンクしたのかなって思いましたね。
KEIKOのソロで歌いあげるところも迫力満点だったし、本当に聴いていて気持ち良かったです。

「oblivious」は最初のコーラスとかを含めて完璧に出来たことって殆どないような気がするけど、今日はこれもかなり良かったなぁ。

「君が光に変えて行く」最初にKEIKOが歌いあげるところ素敵だった。(強いて言うなら、強弱つけすぎな感はあったけどライブ感と思えばOKかなと)
丁寧な歌いっぷりでじわーっと世界に入り込まされてしまいました。

「symphonia」と「胸の行方」は全体的に100点どころか1000点くらいの仕上がりでしたよ。
聴けてよかったわ。
「symphonia」の最初のKEIKOの歌いだしはライブのほうが好き。


ちなみに何の曲だったか忘れたけど、あのハニワみたいなダンスはちょっと…。
└|∵|┐┌|∵|┘←こんなの


舞台セットは、舞台上にスクリーン的なものはなし、映像も舞台上ではなしです。
代わりにO-EAST備え付けのサイドにあるディスプレイに、歌ってる映像がそのままライブでうつっていました。
でもまあまあ前方だったので殆ど見てません。
あることを確認した程度。
あとはホールVer.の残骸のような柱のモチーフが二つほど。


★総感
本当に久しぶりに満足行くライブで、スタンディング辛いなとか思ってましたが心から行って良かったと思いました。
(入場後の1時間が辛いのよね)
この調子のまま4日のライブも聴きたいです。
是非とも!!
ボーカルが安定しているとバンドの音を楽しむ余裕が出来て、そういう意味でも楽しめました!
今日は是永さん前でかぶりつき!
曲間 曲の途中でギター変える回数多かったけど、すごく格好いい音で楽しかった♪
あ、そういえばいつの間にかKalafinaのときって両耳にイヤモニするようになったんですね。
ちょっとびっくり。
でもあれで歌いやすくなるなら大歓迎かも。
そして久しぶりにWAKANAを間近で見て、無茶苦茶痩せててびっくりした…。
一回り細くなってると思うわ…。


*****
ところで久しぶりの完全スタンディングだからなのか、客の荷物の持ち込みが増えていてちょっと…。
コインロッカーがいっぱいだったならまだしも、仕事終わりに行って開場10分前に着いた私でも余裕でEAST下のロッカーつかえたくらいで、まだ余ってたんですよ。
冬は確かに寒いからなかなかコート預けるのも躊躇われるけど、やっぱり邪魔だから持ち込むのはやめようぜ。


Edit Comments(4) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120203 |