23

January February March April May June July August September October November December
2011(Fri) 12:36

「刻だまりの姫」続巻の話と「夢の雫、黄金の鳥籠」の話

少女漫画

昨日、篠原千絵さんがtwitterにて「刻だまりの姫」の続編の話をしてました。

http://twitter.com/#!/Marashantia/status/116697260233981952

>お問い合わせが多いのでちょっとつぶやいてみます。
>「刻だまりの姫」の続巻を待ってくださっている方、本当にありがとうございます。
>だらだら描かせていただいてますが、描き溜まれば単行本にしていただけるかと。
>現状はまだページが足りず…^^;
> もう少しお待ちくださいませm(_ _;)m


ということで待っていていいんだ!!
やったー!!
2巻のおわり凄く気になるのに、ていうか何一つ解決してないのにあのままなんて…!!
と思っていたので本当にうれしいです。
待てば出るなら待とうとも!

そういえば新作も1巻がでましたね。

夢の雫、黄金の鳥籠 1
 篠原千絵
 2011/09/09
 ★Amazon 「夢の雫、黄金の鳥籠 1」

(あらすじ)
16世紀初頭、北の寒村からさらわれた少女・アレクサンドラ。
遠く海を越え、奴隷として売られることになったその少女の運命は、ギリシャの商人・マテウスとの出会いにより大きく変えられていくが──!?

オスマン帝国皇帝、スレイマン1世の后・ヒュッレムの生涯を描く歴史漫画。


だそうです。って読んだけど。
マテウスに買われて躾けられるうちに好きになるけど、マテウスは本当はオスマン帝国皇帝の小姓頭で、誕生日プレゼントとして皇帝に献上される。
それでアレクサンドラという名前からヒュッレムという名前に変えてハレム(後宮)に入って、皇帝の寵愛を受けるようになる。
お話としてはハレムってつまり大奥みたいなもので、女だらけの跡継ぎ競争みたいな話になるのかな?
どこまで歴史上の話を追いながら、どこまでを漫画にするんだろう…というところも気になります。
私は篠原さんはホラー系よりも歴史系のほうが好きなので結構楽しく読みました。
とはいえ「刻だまり~」はめっちゃホラーだけど(笑)


Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20110923 |