--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

20

January February March April May June July August September October November December
2011(Tue) 21:44

Kalafina 3rdアルバム「After Eden」

梶浦由記さん関連

考えたら今日も明日もちょっとあわただしい日でした。
今日はとにかくさっさと寝ないと明日がやばいのです。
でもフラゲってきちゃったから聴いちゃうし、感想も書いちゃう。
あまり踏み込めないかもだけど。

After Eden
 Kalafina
 2011/09/21
 品番:(初回)SECL-1012/3
    (通常) SECL-1014
 ★Amazon 「After Eden(初回生産限定盤)」
 ★Amazon 「After Eden(通常盤)」

【収録曲】
 01. Eden
 02. sandpiper
 03. Magia
 04. 九月
 05. in your eyes
 06. destination unknown
 07. neverending
 08. ことのは
 09. magnolia
 10. 輝く空の静寂には
 11. 胸の行方
 12. snow falling
 13. symphonia

【初回生産限定盤】
 (1)DVD
  -「symphonia」ビデオクリップ
  -LAドキュメント映像(今年7月にLAで行われたANIME EXPO2011での模様他、LAでのドキュメント映像)
 (2)40ページ豪華パンフレット

★01. Eden
さわやか~~~~。赤木さんのフルート効果がさく裂!
構成もなんか不思議。
こんな幸せな気分になれる梶浦曲とは…。
最後KEIKOで終わるのがいいよね。
途中の振り分けも言葉に合わせて見事にHikaruとWAKANAに振り分けられてるし。
1曲目から3回くらい聴き直しちゃって次に進まねー!
symphoniaが最後ってことを考えると、この曲最初でsymphoniaで終わらせるということからもアルバムの雰囲気がつかめる気がする。
それでまた最初に戻ってEdenなんだものね。

★02. sandpiper
うわっすごい好きだわこの曲。
パーカッションがドラマティックだし、出だしのウードからドキドキする。
どういう曲なんだろうって掻き立てられるし、メロは先が見えないまま進んでいくし。
テンポも好み。
しかもすごいひっそりひっくいコーラスが入ってたりして。
何より声の重なりが見事!!うはーーー。

★03. Magia
飛ばし。

★04. 九月
今までならWAKANAがまるっとメインで歌いかねない曲だけど、これをHikaruがここまで歌うっていうのは…これがHikaruの成長かぁ。
また名曲バラードが増えて嬉しい。
最後まで聴いて、梶浦さんらしい曲の落とし方だと思った(笑)

★05. in your eyes
えっ!とてもこのタイトルからこんなリズムとは想像してなかったなぁ~。
びっくりしたわー。
(てっきりバラードかと想像してたよ…)
しかし、最初からしばらくHikaru主で、いつもと違う歌い方だからだんだんウザく感じてきたところでKEIKOが出てきたからすげぇーと思った…。
わかってるなぁ…。
いまのところ、さほど好きではない…かも。
基準はリピートしたいかどうか。

★06. destination unknown
ひねらずロックしてるって感じ?
3回目くらいでようやくピンときたかも。

★07. neverending
王道まっすぐの名曲。
Hikaruはすこしだけ演歌調なんだね。こういう歌い方もできるのか。
「月の声、夜に鳴く鳥の」のKEIKOのところが素晴らしい。
「カンテラ~」のWAKANAも美しいなぁ~ただただ美しい。
WAKANA歌ってるときの日本語の発音むちゃくちゃ綺麗だからなぁ。

★08. ことのは
なんちゅう曲を作ってしまったのですか…。
これはヤバイです。ヤバイです…。
最後でぶあっって泣けてきた…。
「いたい」がひらがななのがね。

★09. magnolia
前のKEIKOならやりすぎてたような"くどさ"が行き過ぎてなくて、こういう曲調なのにすんなり聴けるのがいい。
「闇の唄」とか20回も聞けてないと思うもん。
Magiaの姉妹曲みたいな雰囲気は少しだけ受けたかな。イントロとか。

★10. 輝く空の静寂には
バラード好きな私のなかでは、梶浦さんにしては並バラードと思っていた曲だけど、このアルバムメロ的に華やかな曲が多いので、その中に入るとズシンとして良いなと思った。

★11. 胸の行方
これはいい曲だぁー。
いいじゃんいいじゃん!KEIKOいいじゃーーーーん!!
しかもこの歌詞、泣けるんですけど!!うわーん。
とか言ってたら「夜明けはいつも~」でWAKANAですよ。
うぇっえー。(←ただでさえ泣いてたのにWAKANAのところで落ちた)

★12. snow falling
このアルバムに良く合う曲だ。
シングルで聴いてたときよりも、このアルバムの中に入ったほうがいい曲に感じた。

★13. symphonia
PVが過去最高傑作と思う。小細工なしでいい!
晴れがましい曲だし、それに合うロケーション。
みんなの笑顔が素敵。
曲自体はもっと高らかに歌ってる風ではあるけどね。
でもWAKANAが歌ってる姿が美しすぎて涎出そうなほど素敵。
曲のことあんまり書いてないけど、私は凄く好き♪



★総感
Hikaruの成長が感じられる…けど、私が聴いて一番に思ったのはKEIKOの声でした。
Red moonのときの強すぎるクセが抜けてすごい綺麗になった!
びっくりした。
KEIKOがそうやって表情を出す必要がない曲ばかりというのもあるのだろうけど、私は断然このほうが好きです。
特に「胸の行方」なんて感動もの。マジ感動した。

お気に入りは「Eden」「ことのは」と「sandpiper」「胸の行方」かな。
ちと「ことのは」別格の匂いがするけど、違う意味で「sandpiper」も別格。
「胸の行方」はKEIKOが最初の1フレーズ歌った時点でお気に入り決定したの。
早すぎだわ。
ずっと「風の街へ」が大好きだった私には、一周まわってここまで来てくれて涙が出る思いだ。
「neverending」もいい曲だねぇ。
でもしみじみ聴くなら「九月」かも。

KEIKOがKalafina Recordで言ってたのはまさにその通りだと思ったんだけど、Red Moonは何回も繰り返し聴けるタイプではなくて、休憩が必要なアルバムだと感じてました。
でも今回のアルバムは日常シーンに合いやすい曲も多いし、ストーンって入ってくる感じ。
でも聴かせる曲が多くてKalafinaらしい。
そんな感じ。

まだつかめてない曲もあるけど、全体的な雰囲気のいいアルバムでした。
強いて言うならMagiaはこのアルバムに入れなくてよかったんじゃね?ってことかな…。
セールス的には入れるべきなのはわかるけど、ここまでいい感じにまとまったなら入れないほうがアルバムとしては完成度は上がったような気がする。
これは…たとえるならば…坂本真綾の「かぜよみ」ってアルバムにおける「トライアングラー」のようなお前このアルバムにはいらなくね!?という浮き感。
シングルとしてじゃないと濃すぎじゃないか、と。
さてそんな例えに頷ける人がいるのかどうか…まあ戯言なんで気にしないでください。

で、しつこいけど私のおススメは「ことのは」と「sandpiper」!

あ、書き忘れるところだった。
今回はRed Moonのときと違ってジャケットとか全体的にちゃんとした作りで嬉しいです。



追記:2011/09/22
After Eden 期間限定特設サイト
http://www.kalafina.jp/aftereden/

そういや触れてなかったので。
梶浦さんのコメント以外は、すごく短いメイキング映像と、オナニー臭漂う評論家のコメントを読まされるというとても微妙な特設サイトです。
特設サイトで視聴させるでもなく。
どうしてこうなったってっていう。
さすがにこんな酷いサイトはないだろうと、タブキーで隠しリンクでもあるのかと探してみたが(笑)まあ有るわけない。
わかってたよ…。
あと、昨日ニュース系の拾い上げ作業やろうと思ってたけど、停電2回あって怖くて辞めちゃったので、ちょっとばかし今日やろうかと。
比較的インタビュー中心でまとめたけど、もしまだ聴いてない人がいたら、やっぱり聴いてからインタビューとかは読んだほうがいいと思うな。
本当は先入観なく聴けるのが一番幸せだと思うから!
と、私の感想のあとにそんなことを書くのはどうか…。
(しかもリンクしたわりには私もまだ読んでないっ)

OH Kalafina 3rd Album『After Eden』リリース直前インタビュー!(3Pあり)
axive“生のサウンド”にこだわった作品集! Kalafina新作アルバム『After Eden』発売記念インタビュー
ニコニコニュース「楽器がもし歌ったら…という感覚で歌う」 『まど☆マギ』EDを歌ったKalafinaにインタビュー
closeup-nettube 9月21日にファン待望の3rdアルバム『After Eden』を発売するKalafinaの3人がアルバムの魅力を語る!
じゃぽかる Kalafinaが渋谷をジャック!Kalafina Week in Shibuyaがスタート!記者会見レポート
アニメイトTV 渋谷の街をジャック中のKalafinaが渋谷でシークレットライブ開催――小雨のなか「Eden」熱唱!
じゃぽかる Kalafinaが渋谷でゲリラライブ! 9月21日アルバム「After Eden」発売!
closeup-nettube 『After Eden』発売前日に渋谷でKalafinaがゲリラライブを敢行!


追加
アニメイトTV Kalafina『After Eden』大ヒット記念インタビュー

Edit Comments(2) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20110920 |

Post a Comment

comments

2011/09/22 21:09 [ 編集]
bell MAILURL

灯さん。こんばんはー
FJスペシャルライブの抽選にも外れさらに欝になりつつあるbellです
しかし今回のAfter Eden自分の中ではKeikoが神すぎる!!!
と思えた1枚です。
もちろんHikaruの成長も素晴らしくまたWakanaの女神ボイスも健在で2人もやばいのですが
最近のKeikoってやばすぎませんか?って思ってしまいます。
sandpiperは個人的にsenenatoに似ているなと思いました。
ことのはは泣けます。
胸の行方の最初のKeikoの歌いだしだけで泣けてしまいました。
symphoniaは無条件で泣けてしまいます。そしてPVも見ていてシンプルでいいですね
個人的にはAfter Edenというアルバムでディズニーランドとかのテーマパーク行くより
色々な場所にいけた気分にもなるので満足感がある1枚ですね

今回も素晴らしい内容のブログでとても自分には思えない内容ばかりで参考になります。
ではではー

2011/09/23 01:22 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

bellさん>

こんばんは!
FJスペシャルライブは私は申し込んでないんですよ。
なぜなら不要な侑香ソロのCDを買った挙句に抽選で外れてしまったら、腹の虫が収まらないだろうから…!
そういう思いで疲れたくないのでやめてしまいました。
申し込んでない私が言うのもなんですが…残念でしたね><;

「After Eden」は本当にKEIKOが一皮も二皮も剥けた印象です。
曲に合った力の抜き方がわかったのか、聴いていて肩が張らなくて済むといいますか。
声の抜きが綺麗だ~~~って思いましたね。
ハモも「九月」「ことのは」とかうんと綺麗になりましたよね。
「胸の行方」はそれを最大限に感じられる1曲で、もうKEIKOの声が聴きたくて何度も再生しちゃう!
「~閉じ込めて」という言葉だけで、素敵なお話だった本を読み終わって、反芻するときの感動、喜びが物凄い圧力で伝わってきて震えますね。

昨日今日と(Magia抜かした状態で)通しで聞いていて感じたことと言えば、「symphonia」からの「Eden」が絶妙でたまらないです♪
あと「destination unknown」がはまってきました~!
途中のベースがすごいことに。
まだまだ聴きこむところがあって、楽しめそうです。
2ndのときは結構はっきり好き嫌いが分かれる曲が多かったんですけど、このアルバムは拒否反応が出る新曲がないうえ、やっぱりとにかく新曲が多いのがいいです!

こちらこそいつもコメントありがとうございます~。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。