--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

12

January February March April May June July August September October November December
2011(Mon) 22:40

造語の話から…福岡ユタカさん…そしてStingに

アニソン…中心に音楽話

ふと思ったんですけど、梶浦さんは造語を使うってことが話題になりますが、実際そんなに珍しいものでもないですよね。
むしろ使い始めたのはアクエリからということを考えるとかなり後発とさえ言えます。

アニメ音楽では珍しいからなんでしょうか?
とはいえ私、アニメのBGMは梶浦さんが唯一はまった人なのであまり深くは掘り下げられない…。
というかメジャーな音楽に少ないということですかね。
だから無理ないのかなぁ。


私が初めて意識して出会った造語の歌い手は福岡ユタカさんだと…思います。
「夜叉」のドラマの曲作った方なんですけど、私このドラマが好きで、特に音楽と演出が好きだったのでかなりO.S.T.聞きまくりました。
もう結構前の作品なのでとっくの昔に廃番ですが「YASHA 夜叉」という盤です。
この中でヴォーカルが入っているのは実は「YASHA」という曲だけなんですが、それだけなのに福岡ユタカといえばこの歌声!というくらい強烈なヴォーカリゼーションなのですよ。
まあ…福岡さんといえば、一般的にはたぶんニュースステーションのテーマソングだと思いますが。

夜叉のドラマはさらにOPがStingの「Desert Rose」という曲なのですが、これが!これが!!もうなんという名曲!という名曲であります。
(まったく伝わりそうにない文を書いてますね…)
しかし、この曲の中でStingとセッションしている女性ヴォーカル(に聞こえる)が実は男性だったと知ったのはかなり後になってからでした…。
シェブ・マミという方だそうですが、この人がまたすごいんです…。
その「Desert Rose」が素晴らしい世界観でドラマを彩ってくれたので、キュンとして思わずこの曲が収録された「Brand New Day」というアルバムを買ったのですが、これがまた…名盤でした。
1枚通してどの曲も名曲という最強盤だったのですよ。
あれからStingの盤を何枚か買ってみたりもしたのですが、私にとっては「Brand New Day」が最高でした。
でも全部買ってるわけでもないので、実はもっといい曲があったりするのかも(> <)
お金があればね…。
この人経歴が長すぎてとても追いつけないんだ…。
今もAmazonで新譜あるのかなーって検索してみたら25周年記念?ぽい盤がいっぱい登録されていて何が違うのか良く分からなくなってしまったし…海外アーティストってインポート盤とかあって普段買わないから難しい…。むぅ。
最近では「Soul Cake」はすごく好きだったです。
でもホント、10年以上殆ど「Brand New Day」だけでSting成分を得ている私でございます。

なんかまとまりのない話しなうえにオチがつかず、読み直すとただのYASHA押しみたいな文になっていました。
どうせなら誰かStingのおススメ曲を…ごふ。



*追記 2011/09/14
コメントでオススメしてもらえたので「グレイテスト・ヒッツ」を買ってみました。

あと25周年記念のやつの日本盤はこれっぽいので↓これを注文しました。
あってるといいけど…。

・スティング25<25周年記念盤>
 USMジャパン
 発売日:2011年10月19日
 品番:UICY-91792
 CD(SHM-CD規格)が3枚と、DVDとハードカバーのセット
 最新リマスター音源にて収録
 ¥12,600
 ☆Amazon「スティング25<25周年記念盤>(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]」

さらに「ベスト・オブ・25イヤーズ」(UICY-91793/4)っていうCDがさらに別に出るみたいだけど、なんかこれはかぶってるような気がするからとりあえずやめました。
しかし記念盤のBOOKって英語なんじゃないかって思ったんですけど…そしたら読めない orz

Edit Comments(4) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20110912 |

Post a Comment

comments

2011/09/13 11:21 [ 編集]
し→じ MAILURL

私が造語と聞いて思い出すのはEPOさんです。
ポップスシンガーでしたが、ヒーリングのほうに徐々に傾倒し、
民族系のエッセンスが混じるようになると特に歌詞を必要とはしなくなりました。
相変わらずの、ポップスシンガーソングライターでもあるんですが。

結局、思い浮かんだメロディ自体を歌いたい、メロディ自体を歌詞にしてしまった、
という感じですね。
日本語は母音も子音もはっきりしているので、
メロディのつながりを歌うには向いてない気がします。
例えば、「エェイオォウ」といううごめくようなメロディを歌うとき、
日本語で、「栄光の」と歌ったのでは「k」が邪魔するし、
母音の連続という融和感も失われるし、
勿論、栄光という言葉の意味も余分だし。

というわけで、逆に造語ばかりに目が行くファンさんは、
梶浦さんしか聴いてなくて、分かりやすいそこしか見えないのかな、
と思いますし、逆に梶浦さんもむずがゆいでしょう。
私が最初でも一番使っているわけでもないのに、って感じで。

ちなみに、『夜叉』も『イブの眠り』もダメだったので、ドラマも見ていなかったのですが、
福岡さんの曲は聴いてみたくなりました。ベテランの方なんですね。

STINGといえば、
「Can't Stand Losing You」(ttp://youtu.be/nH0vjLwMyc4)
「Message In A Bottle」「De Do Do Do, De Da Da Da」
「Every Breath You Take」「Englishman In New York」「Shape Of My Heart」
あたりが思い浮かびます。っていうかすごくよく聴く。TVとかラジオとか街中で本当に。
永遠のポップスですね、STING若かりし頃の。
今は、歳をとったのでやはり、少しだけ小難しい方向に行っていますが。
もし聴いたことがなければ一度ぐらいは。
そういやSTINGも昔から、「伝わらない言葉」を使いこなしていますね。

長くなったのでまたプライベートメッセージにしようかと思いましたが、
もやもやさせるとなんなので(笑)。
でも、プライベートメッセージでもストレスためずにガンガンコメント返してくださいww

2011/09/13 22:49 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

し→じさん>

こんな駄文に反応してくれてうれしいです(笑)

EPOさんは聴いたことがない方でした。
メジャーシーンでないところにはやはりいますね。

造語の歌は民族系のエッセンスというのはすごく分かるような気がします。
感性のまま歌うって感じで、歌詞がないのにスッっと入ってくるのが不思議な感じもしつつすごいところですね。
メロディを望んだ音で歌えるというのは梶浦さんも良く言っていますね。
ひとつ梶浦さんが独特なのは、だいたい造語系のアーティストは自分で歌ってるけど、梶浦さんは人に歌ってもらうのが中心だってことですかね?
人に歌ってもらうために譜面にきっちり割りあてるっていうのはもしかしたら変わってるのかもって思いました。
他の人は造語の歌のときどうしてるんでしょうね。

>『夜叉』も『イブの眠り』もダメだったので
ワラ。私は夜叉は結構好きでしたよ。
しかしドラマは十市が妹になってたり、伊藤英明が大根だったり、大塚寧々の活舌が悪かったり(いつものことか…)、まあいろいろ問題はあったんですけど、それを補って余りあるくらい演出と音楽の力で引っ張られたんですよ。
それに伊藤英明もまだマッチョじゃなかったし…。

福岡さんは詳しいわけではないのでアレなんですが、興味がありましたら聴いてみてください。
造語だけではなく、音も面白いと私は思ってます~。

Sting曲チョイスありがとうございます♪
「Englishman In New York」は「Symphonicities」というアルバムに入っていたので曲自体は知ってましたが、原曲はかなり音の作りが違ってびっくり。
私は原曲のStingの歌声の深みのほうが好きかも。
Symphonicities Ver.のほうが透明感はある感じです。

他の曲は見事に聴いたことがありませんでした。
ので、新しい出会いで嬉しいです~。
>っていうかすごくよく聴く。TVとかラジオとか街中で本当に
ってところ、思わずほんとなのっ!?!?って思いました(笑)
まあ多分意識してないので耳に入ってないんだと思います。。。
そもそもポリスは私が生まれる前に解散してるんですよね…(^ ^;
「De Do Do Do, De Da Da Da」がやばいです!
すごくいい曲です!
他の曲も魅力的でしたが、この曲がダントツで好みでした。
なんか、ようやく取っ掛かりが出来たので勢いにまかせてポリスのベストをポチりました。
あと25周年のベスト盤も、調べてようやく国内盤が分かったのでポチりました!
嬉しい~~ありがとうございました♪♪

長い気がするのは気のせいですよ~。
うちのブログは横に広がらないテンプレートを採用しているので長く見えるだけなのです。たぶん。
兎にも角にも有用な情報で有りがたい限りでございました。

2011/09/14 17:46 [ 編集]
雪子 MAILURL

こんにちは。
Stingはグラミーのオムニバスでしか聞いたことがありませんが、fragileが好きです。
あとポリスのではなく、Stingがアレンジしなおしたアコースティックのroxanneが私のBEST of Stingです。roxanneは映画のムーラン・ルージュにも使われていてこのアレンジが最高にエロティック!で大好きです。

造語を使う方で知っているのは梶浦さんだけでしたので、はじめて梶浦語を聞いたときは「んんん?何語ですか?」と疑問に思いました。サントラの歌詞カードを見ても載ってないし、必死でネットで検索かけていたのを思い出します。その後梶浦さんが公式に「梶浦語」と命名してスッキリしましたが。梶浦さんは私の「音楽は公式があって、一番と二番、間奏そして大サビがなくては成り立たない」というある意味優等生的な考えを無くしてくれた人です。当時の「優等生リスナー」の私には梶浦さんの曲を聴くことはとっても「いけないこと」だったような。部活さぼってカラオケ行く、みたいなはらはらドキドキ感がありました。音楽の幅が広がったのでとても感謝しています。

2011/09/14 23:18 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

雪子さん>

「Fragile」いい曲ですねぇ…。しかもStingがイケメン。
いや…年とったStingのほうがおじさま感で私は好きなんですが(笑)
ムーラン・ルージュって洋画…ですよね?
洋画は全然見てこなかったので全然知識がないのですね…。
「roxanne」は「Symphonicities」という持ってるアルバムの中に入ってはいますが、これがアコースティックVer.なのか…謎です。。
とりあえずこれも25周年の盤にありそうなので(しかもDVDで)楽しみです。
こうやってピックアップして頂けると、聴くときにこの曲かぁ~って楽しみができますね。
おススメ曲募集して良かった♪♪
教えてくださってありがとうございます♪

梶浦さんが造語との出会いということですね。
そうなると思い出深いかもしれません。
私にとっても梶浦音楽との出会いは特別なものです(^^*
出会いに感謝ですね。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。