--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

09

January February March April May June July August September October November December
2011(Sat) 23:45

Yuki Kajiura LIVE vol.#7"FICTION" 追加公演

梶浦由記さん関連

人様のご厚意で参加できました今夜は、ライブの素晴らしさに、人の優しさへの有り難みが加わって忘れられない一夜になりました。
感想は帰路にでも認めますが、とりあえずセトリをあげておきます。
salva nosが追加されました。

ちなみに帰るのに二時間かかるうち、まだ30分目くらいのとこにいますのでちょっと遅くなります。


→帰宅し、風呂に入り、ご飯をたべましたのでこれから書きます。
が、明日はさすがに会社に行くし、5時起きなのでほどほどのところで寝ます!!
お許しください?。

■Yuki Kajiura LIVE vol.#7"FICTION"
2011/07/10
開場:16:30
開演:17:00
場所:横浜BLITZ

梶浦由記
Vo:KAORI、KEIKO、WAKANA、YURIKO KAIDA
Guitar:是永巧一
Drums:佐藤強一
Bass:高橋“Jr”知治
Violin:藤堂昌彦
Manipuretor:大平佳男

Guest Musician:Flute:赤木りえ



【セットリスト】
01.lotus [FICTION II]
02.E.G.O. [FICTION II / Aquarian Age O.S.T.]
03.I swear [FICTION II]
04.jubilee [歴史秘話ヒストリア O.S.T. 2]
05.March [FICTION II]
06.blue clouds [ツバサ・クロニクル サウンドスケープII]
07.sis puella magica! [魔法少女まどか☆マギカ Vol. 2 O.S.T.1]
08.my long forgotten cloistered sleep [FICTION II]
09.forest [FICTION II /エル・カザド O.S.T.1]
10.Credens justitiam [魔法少女まどか☆マギカ Vol. 2 O.S.T.1]
11.eternal blue [戦律のストラタス 未発売]
12.時の向こう 幻の空 [おおかみかくしOP シングルのみ]
13.花守の丘 [Everlasting Songs]
14.空の境界メドレー [the Garden of sinners -劇場版「空の境界」音楽集-]
15.heigen [FICTION II]
16.the image theme of Xenosaga II
[FICTION II / XenosagaII -善悪の彼岸- MOVIE SCENE O.S.T.]
17.salva nos [FICTION /NOIR O.S.T I]
18.I reach for the sun [FICTION II /エル・カザド O.S.T.2]
19.maybe tomorrow
[FICTION II / XenosagaIII ツァラトゥストラはかく語りき O.S.T.]

--EN--
20.stone cold [セイクリッドセブンOP 8/3発売]
21.zodiacal sign [FICTION / Aquarian Age O.S.T.]
22.Parallel Hearts [パンドラハーツOP シングルのみ]
23.sweet song
[FICTION II / XenosagaII -善悪の彼岸- MOVIE SCENE O.S.T.]


※下記はライブ盤有り
[FictionJunction 2008-2010 The BEST of Yuki Kajiura LIVE]
09、13、16、17、18、21、22



会場は15分近く遅れました。
開演も遅れました。

開演と同時に下がってきた柱のオブジェはNHKより2本減って2本になっていました。
(確かNHKは4本だったと。)
ちなみに今日はタイトルが殆ど表示されなかったです。
スクリーンが降りてきてからですね。

☆lotus
ベースいいなぁ。
藤堂さんのヴァイオリンも素敵♪
しかしこの曲のWAKANA神々しい…。

☆E.G.O.
藤堂さんの音は瑞々しく響きますね。
梶浦さんがピコピコ音を右のキーボードで弾いていました。
ピコピコ好き♪
「エーアーソーイーアー」とか歌ってるあたりがWAKANAソロです。

★MC
今日は青い空だと梶浦さん。
造語曲がありますよ、と説明しつつ、「悲しい曲なのか、嬉しい曲なのか・・(ほかにもいくつか挙げて)インスピレーションを働かせて、それぞれの色で楽しんでください」というようなことを言っていました。

☆I swear
NHKのときよりKEIKOの歌い方が良くなっていたような。
この前はヴォーカルが気になって音にあまり耳がいかなかったのですが、今日はよく聴けました。
ギターいいーー。
ポロンポロンとつま弾いているところから、サビでかき鳴らす感じに変わるのがいいし、何よりポロンポロン感はライブだと顕著に感じられて、それがあまりに良い音色なので、耳が喜ぶのなんのって!
身体が幸せだって叫んだね。

☆jubilee
ドラムもベースも格好よいー!
貝田さんの声が堪能できました。
そして最後の余韻の残し方が素晴らしい。

☆March
KAORIとKEIKOだけで。
あ、KAORIが梶浦さんの隣に移動して歌いました。
KAORI、歌っているときの手の仕草がいいなーって思ったのと、サビでボリューム上げる感じも綺麗で良かった。
本日もここから赤木さん登場!

☆blue clouds
インスト。
泣ける曲なんだよ。。。
フルートの生音は揺らぎが凄くて、それに気持ちが乗せられます。
藤堂さんのヴァイオリンも優しい音で良かったです。

★MC
赤木さんが梶浦さんの横に移動して。
フルートの可能性を1000倍くらいに広げてくれた方と紹介。
今後ともよろしくお願いします、と。
作曲家にとって良いプレイヤーさんに出会うことは財産であるし、大きな使命でもあるそう。
一方、赤木さんいわく逆もあるそうで
「これもさせてくれるの!?あれもさせてくれるの!?
じゃあこんなことしてみたらどうかな?と思う
信頼してくれて、自由にやらせてくれてすごくうれしい」と。

スタジオで赤木さんが弾くと「きゃ???(はあとな感じ)」と梶浦さんがなるそうです。

今日のお題。
いつもは場所にちなんだお題が多いけど、「ぶりっつさんは敷居が高い」と梶浦さん。
しかし、「私えらい!思いつきましたm9っ`Д´) ドヤッ」って感じで
「(さいきん)(B)びっく(LI)りし(T)た(Z)ゾー」だそう。
ゾーがないとZが補完出来ないらしい(笑)
そして、なぜかその"ゾー"の部分を客席が言うことに。

梶浦さん「○○さんのびっくりした」
ファン「ぞー!」

みたいな。
(…というところまで書いて12時になったので寝ます…ごめんなさいっっ)

 ▼赤木さんのびっくりしたゾー!
お茶を飲もうとしたら炊飯器を開けていたとか、ホテルのキーを探していたら手に持ってたとかいろいろあるけど、とさらりといくつも披露しつつ。
6月に九州からの帰りで羽田に降り立ち、ちょうどよく直通の高速バスが来たので乗ったけれど、レインボーブリッジを通ってるときに「羽田に車が置いてきた!」と思い出してしまった。
それを羽田の人に?相談したら、もう一度高速バスに乗ってとりにきてといわれたそう。
レインボーブリッジで気がついたときの驚きといったら!!って感じで言ってました。
梶浦さんは"直通"と聞いて「赤木りえ宅」とイメージしちゃっていいなあ~♪なんて思ったと。
そして赤木さんはしっかり者だと思ってたけど意外とお仲間♪ですね♪と嬉しそうに言っていました。


☆sis pnella magica!

☆my long forgotten cloistered sleep
やっぱり最初がちょっと寂しいです。
Emilyは豪華さを出せる歌声だけど、WAKANAは豪華って感じではないからかなーなんておもったり。
最後のほうの4声になるあたりはすごく好きです。
まぁいろいろいってみましたが、最後完全に無意識で泣いてました…。

☆forest
貝田さんのコーラスがよく聞こえました。
ドラムがババンッて入ってからのフルートというサビ展開はやはり秀逸♪
forestはサビのメロがWAKANAにとってすごく歌いやすそうなぶん、対比でAメロあたりが気になります。

☆Credens justitiam
上から白の照明が降ってくるのが好きです。

★MC
いつもライブではバンドの皆さんを自慢しているようなものだと梶浦さん。
あんまり舞台上の人がそんなことばっかり言うのも鬱陶しいと思うのでほどほどになんていいつつ。

次の曲紹介。

ゲームの発売日が「2011年」とざっくりなのがいいなと思ったらしく、CDもそうならないかなとか。
ゲームについてあんまり話せないけど、「フェーズ2話で度肝を抜かれるぜ」と嬉しそうにドヤドヤしてました。


☆eternal blue
意外と梶浦曲にしては平凡で書くことがない…。

☆時の向こう 幻の空
「行くぜ!」という掛け声ですか。

☆花守の丘
梶浦さんが入り込んで演奏している姿を堪能。

☆空の境界メドレー
6/29のライブ記事にも追記で書きましたが、「in the garden of sinners?from paradigm」という扱いのようです。
梶浦さんは今日はこの曲名紹介しました。
in the garden?→paradigm→in the garden?というサンドです。
paradigmのところでスクリーンが降りてきました。
ピアノとWAKANAだけの冒頭がやっぱりいいです。
(でも出来はNHKのほうがよかったかな)
梶浦さん嬉しそうにピアノひいてるなーって思いました。
貝田さん地味に?すごく?活躍してるんですよね?。

★MC
「空の境界」は何年もに渡って関わった初めての作品で、付き合ったり別れたりを繰り返す腐れ縁の男みたいなもんで愛着がある、ライブで初めて演奏できて嬉しいと言っていました。


 ▼Jr.さんのびっくりしたゾー
タクシーに乗ってふだのつじまで、といって寝て起きたら溝の口にいたとき。

今日は「黄色い声欲しい?」とはじめに聞き、Jr.さんが頷いたのでやりましたよ♪

 ▼佐藤さんのびっくりしたゾー
 ない。

 普段はこの回答は許可しないけど、今回はOKにしたそう。
強一さんぽいと。
庶民とは違って、強一さんは驚かないし、お茶をこぼしたりしないと。
(その時この人この人と梶浦さんを指すJr.さん)
今日は黄色い声援は佐藤さんがいらないと首を振ったのでありませんでした。。。
したかった…。


 ▼藤堂さんのびっくりしたゾー
 デパートのトイレの個室から出たら林家ペーさんがいたこと。

これはびっくりレベル高いですねと梶浦さん。
藤堂さんは記念すべきVol.1でヴァイオリンを弾いてくださったとご紹介。
ちなみに藤堂さんにも「まさちゃ~ん」という黄色い声援を送りました。
梶浦さんはあまり有名人を見かけることがないそうですが、友人からは「ずっとうつむいて歩いてるからだよ!」と突っ込まれたそう。
有名人を見つけられる人は、歩いているときに人の顔をちゃんと見ているんだと気がついたそう。

⇒しかしうつむいて歩いているってことは意識的か無意識的かは分からないけど、そんなに見たいとも思ってないんじゃないかな?(笑)


 ▼是永さんのびっくりしたゾー
 B'zの松本さんと遠縁の親戚だったこと

血縁ではないようですが。
ところで是永さんにも黄色い声援したかったです!


 ▼大平さんのびっくりしたゾー
 インドの人が携帯で話しているのを見て、「大きな携帯だなぁ~」と思っていたら、インドの人の顔がちっちゃかったこと

梶浦さんは大平さんらしいと言っていました。
いつも笑顔の人だと。

 ▼WAKANAのびっくりしたゾー
 日本で指を怪我したままL.A.に行ったが、向こうは乾燥していて(それが原因か?)化膿してしまったそう。
そこでホテルのお店で消毒液を買おうと思い、お店を見ながら「かわい~」とか独り言を言いつつ「えくすきゅーずみー♪」って言ったら店員が日本人(?)だったので驚いたそう。
しかも消毒液が500mlしかなくて驚いたら「ここはアメリカだよ!」と言われたとか。

ここで、"びっくりしたゾー"のポーズをうたひめーずがやりはじめる。
KEIKOが「戦隊みたい」と言ったのに、「え?変態?」と返すWAKANA嬢。
ここでセイクリッド~にわかなちゃんというキャラがいて~という話をフライングしてUKATSUで話はじめようとする梶浦さん。
あわてて、間違えた!とやめる(笑)

 ▼貝田さんのびっくりしたゾー
 先日自転車にのっていたら妙に皆が私のほうをみていて、なんだろうと思ったらスカートがパンツに入れた状態でまくれていたこと

衝撃的な話をステージ上でし始める貝田さん。
しかもこんな感じと実演しそうなそぶりをみせるのでいやいや…という周囲。
梶浦さんは「私の方がびっくりした」と。
貝田さんは誰でもあることと言っていて、梶浦さんとか他のうたひめはないないと否定していましたが、貝田さんは後ろのほうでうなずいている人がいた!と主張。
貝田さんは「痴女じゃない」と言っていました。

 ⇒あんなところで恥ずかしくてうなずけないですが…私も経験があります…。

 ▼KEIKOのびっくりしたゾー
 先日ひょんなことから蛇を首に巻きました。
身体にまとってみたら(という表現がゾワーっとした/笑)蛇は重くて艶々していて高級カバンのようであったかくてドクンドクンとしてた。
(聞いているときも思ったけど「びっくり」の要素はどこだったんだろう。あったかかったところ?)

「想像しただけでツライ」と鳥肌なでる仕草をするKAORI。
わかるよ…。
梶浦さんは平気みたいで「乾いてるよね」と。
なぜか「蛇をまといたい人~」とアンケートを取る。
梶浦さんの想像より少なく「7割はいくかと思ったのに」と…!!!
ちなみにKalafina3人で行ったみたいで、WAKANAもまとってみたが、Hikaruはいつの間にか消えていたらしい(蛇が苦手なんだね)。

 ▼KAORIのびっくりしたゾー
 先日のNHKホールでまんべくんをほっとする存在として紹介したが、誰も納得してくれなかった。
Jr.さんはご丁寧に写メまで撮って「どこがかわいいんだ」とメールしてきたそう(笑)


 ▼梶浦さんのびっくりしたゾー
 是永さんにMCネタのインタビューをしていて、答えをもらったので「メモしますから~」と言って書いて顔をあげたら居なかったこと。

是永さんは生き急いでいる男だと梶浦さん。
でもそれだけ満ち足りた人生だろうと。
そんなことを言っているとキュイーンとギターを鳴らす是永さん。
「是永さんは照れ屋♪」


次の曲について。
まずは今日も、メインのヴォーカルが録音であることを説明。
ヨイクはアジア的でもヨーロッパ的でもなく、真ん中だと。
国籍にとらわれず、人間の根本的なものに訴えてくると思うと仰っていました。
なんだかそれはすごく共感します。

そんなヨイクと以前からコラボしたかったけれど、ヨイクは明るめで、私の書くのは暗いのでやり難い…というところで出来ずにいたそう。
今回はヨイクのために曲を書こうということで出来たと。
「夕日に落ちていく平原をイメージしました」。

☆heigen
大好きな曲だ。
ドラムが泣かせる曲なんだ。


☆the image theme of Xenosaga II
私の印象では音楽始まるタイミングでの照明…間違えたと思われます…。


☆salva nos
私、今回はセットリストまったく同じで来ると思っていたんです。
(Kalafina忙しそうだったし)
なのに追加があったのでびっくりしました。
イントロ聴いたときの驚きったら。
藤堂さんのヴァイオリンはこの曲ではキリッとした音でした。
うん。素敵ですね!


★MC
来る途中にレインボーブリッジを通ったら太陽が眩しくて、太陽が輝いている景色は無条件に心を明るくするなと思った、と梶浦さん。
光ってすごいと。

☆I reach for the sun
この曲にI swearのようなクセの強い歌い方は合わないと思いますよ…KEIKOさん…。
NHKのときもこんなにまいてましたっけ…。
そもそもI swearのまいた歌い方もクララさんの声だから許容されるって感じが強いんですけど、まあ、I swearは似せて歌おうという心意気が分かるので良いですが、この曲まですることはないですよ。
これEmily曲ですし…。まいたことありませんし…。

☆maybe tomorrow
またまかれたらどうしようかと思ったら、すごく綺麗に歌ってくれたので安心したやら、じゃあ「I reach?」もそんな感じで歌ってほしかったと思ったやら。
しかしmaybe tomorrowを立って聴くのかえー。

★アンコール待ち、PV流し
もう何回も見たので目新しさはないけど、好きな曲なので全然嫌じゃない♪
むしろ好き♪

☆stone cold
あーバンド版でもヴァイオリンはいないんですね。
この前気がつかなかったです。
私はCDでは打ち込みってところが気に入っているわけですが、ライブでしか聴けないバンド音版「stone cold」もいいんですよね?。
梶浦さんが歌っているところは最初の1番でいうところの「頑なな?読めない未来」のところなんですね。
そっから先はサビも歌ってないと。

★MC
(先ほどフライングした話を改めて?という感じで)
「セイクリッド?」のアニメ放送が始まりましたね?という話から。
わかなちゃんというキャラクターがいるが、これがWAKANAちゃんとそっくり。
同じ名前の女の子が出ると応援しちゃうと。
そこから、ほかのFJの歌い手さんと同じ名前のキャラクターがいるアニメもいつか…という流れでFJアニメ化とかいいですね!なんて妄想話に。
とにかく義理もあるのでわかなちゃんを応援するそうです。
しかし、梶浦さんの好きなキャラクターにおけるフラグは最近は折れたんですかねぇ。

あとはグッズの話。ブログの話を割愛した感じで。
理想のノートが作れてご満悦♪といった感じ。
そうだ、この前は8/3にシングルが発売されることを、最後の曲が終わったあと、ぎりぎりに思い出して叫んだんですが、今日はこの時点で思い出してました。
良かった!

☆Parallel Hearts
この曲から、シャボン玉みたいな球体のイメージが浮かぶんだ?と思いながらスクリーンの映像を見ていました。

★MC
最後の曲前に赤木さんを呼び込み。赤木さんの衣装が変わっていました!

次の曲について。
大事なものを無くしたことのない人はいないと思う。
たとえ今はなくても、これからの人生であるだろう。
人生はいろいろな物を得ていくが、同時に無くしていくもの。
大事なものであるだけにそこから生まれてくるものが大きく、喪失感を埋めようとする。
芸術っていうのはそういうところが大きいと思う、と。

梶浦さんは失ったものがなければ、今音楽をやっていなかっただろうと言っていました。
作った曲が全部レクイエムみたいなものだったと。

失った人の気持ちになることはできないけれど、想像してみようとすることはできる。
喪失感からキラキラしたものが見つかることもある。
失うことは辛いから忘れようとしてしまいがちだが、大切な思い出を忘れないでいたい。

そんなお話でした。
この前のラストのMCも素敵だったけど、今日のこのMCは今までライブではあまり触れてこなかったところに触れたような気がして、涙なしにはきけませんでした。

☆Sweet Song
現金なもので、感情を揺さぶられて聴いたSweet SongはNHKホールより何割増しかというくらい感動しました。
ドラムが泣けるんだよ…佐藤さんのドラムは泣ける。




※MCのテキスト化が途中ではありますが、寝させてくださいごめんなさいっm(_ _)m
明日書きます!
コメント返しも明日にさせてください。
よろしくお願いします。

 →追記:2011/07/11
  昨日は中途半端なまま寝てしまいすみませんでしたっ。
  お陰さまで目覚まし時計が鳴る前に起きれるというテンションの高さでした。
  ちょこちょこ追記したりしましたよ。
  どこを追記したのか分からないかもですが…。
  お暇があれば読んでやってくださいな。



○総感
完全にいけないと思っていたライブでしたが、ブログ経由で声をかけてくださった方のお陰で参加できました。
その方だけではなく、ほかの方からもお誘い頂いて、その優しさにメールを見て涙が出ました。
私はいつも一人参加ですから本当に伝手も無い状態で…こんな風な展開は想像もしていませんでした。
なんて梶浦ファンの人って優しいの…。
この場を借りて、改めてお礼を。
ありがとうございました。

そんな気持ちを込めてレポート書きました。
チケット取れなかった方も他にもいらっしゃっただろうし、事情があって行けなかった方もいらっしゃったと思いますので、僭越ですけど少しでもレポがお役に立てたら嬉しいなと思います。
とはいえたいしたこと書いてないんですけど^^;

そうだ、横ブリの公演は、時間的な余裕からかMCが大分充実していました。
NHKホールは会場の制約もありますし、週のど真ん中でしたし、やはり駆け足感がありましたけれども、横ブリはとってもまったりMCが聴けて、「あ~~YKライブだわ~」とほっこりしました。
MCにおいては、最近kajitterで大はやりのm9っ`Д´) を採用してみました(笑)
"ゾー"のところ参加できて楽しかった~。
梶浦さんがちょっと照れたり、たどたどしかったりするのがたまんないぜー!って感じです。

位置的に音響はNHKのほうが綺麗なまとまりで聴けましたが、横ブリは横ブリらしい音だなーって感じでしたね。
「heigen」とかはやっぱりNHKホールくらいの広さがあったほうが良く響いて良かったと思います。
逆に盛り上がるテンポ速い曲は横ブリのほうが近くて良かったりして。
会場によって特徴がありますね。

次のライブのお話は今回ありませんでした。
いつかなー。
参加できるといいなぁ。
それまでは今回の素敵な思い出を反芻したいと思います。




NHKホールのレポが遅れて上がってきてたので一応メモ。
http://www.anican.jp/blog/anicannews/anicannews.aspx?number=20111140
http://blog.excite.co.jp/eanime/15097560/

Edit Comments(8) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20110709 |

Post a Comment

comments

2011/07/10 22:31 [ 編集]
bell MAILURL

いけたんですね。

本当によかったです。

自分の隣が最後まで空いてたので灯さんみたいに行けなかった人のために
解放してあげたらなーとずっと思ってました。

改めて梶浦さんのLiveって素晴らしいと再認識できたLiveでした。

自分も詳細は残りの内容見てから色々書きたいと思ってます。

とりあえず本当にLive行けてよかったです!!!

2011/07/11 22:48 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

bellさん>

大変おまたせいたしましたっ!
遅くなってすみません。
漸く自分なりのエンドマークを付けられました。

>自分の隣が最後まで空いてたので灯さんみたいに行けなかった人のために

そうですね…チケット取れたけど行けなくなった…という方もいらっしゃって、他の人に譲渡するにも相手がいなくて、空席にしたくないと苦悩されたようでした。
人は生活する上ではいろんなトラブルがありますから、そういうときに上手く出来る仕組みがあったら…とは思いますね。
一方で転売ヤーもいますから…難しい問題です。
転売ヤーが跋扈するのが無意味なくらい、本当に行きたい人に十分にいきわたるのが一番いいですけど…規模が大きくなって、どんどんそれが厳しくなっているようです。

そういえば、公式で「三三七拍子禁止」のアナウンスがありましたね。
現時点では最良の方法だったとは思いつつ、梶浦さんはあまり規制をつけるのを本当は喜んではいないと思いますので(昔の公式BBSでもそんなことを話していたような…)残念でもあります。
本当は規制なく、迷惑行為もないのが一番ですね。
そう出来る日がくるでしょうか…なんてそんなことを考えたりしました。
ところで「三三七拍子」って三本締めとは全然違いますよね(笑)
ちょっとおもしろかったです。

2011/07/12 00:56 [ 編集]
bell MAILURL

改めてじっくり読ませていただきました

>ところで「三三七拍子」って三本締めとは全然違いますよね(笑)
確かにそのとおりですwまあ意味が通るのでいいかとww
あとは転売の問題もあるので仕方ないのでしょうけど悩ましいところですね。
なのでもしFJやYuki Kajiura Liveでもしチケットやばそうだなーって言ってもらえれば
差し出がましいと思いますが自分がチケットとっておきましょうか?
普段自分の分しか取ってないので2枚制限でも取れますからwww

今回一応メモにとっていたので何か書くことあるかなーって思ってたら何にも無いwwwwww
とういか相変わらずの素晴らしいレポですね

しいていえばwKaoriのMCのところで
「いいじゃん。蛇〔Keiko〕もサメ〔Wakana〕もいるんだから」って
まんべくんに理解してもらえないのに八つ当たり気味に流れ弾当ててたのには笑えたくらいですねw
でもMCで笑いの部分では姉御がMVPなのは間違いないのですがww
姉御のびっくりしたぞー聞いたときにキーボードに崩れながら俯いて搾り出すように
「それはだめだよ・・・」って言われた時はやばすぎですね

しかし梶浦さんのMCって本当にすごいなーって行く度に思います。
笑いと聞かせるところのふり幅の広さというかギャップがすごすぎますね。
しかも聞いてる人に不快な思いをさせないように丁寧に話されているのも到底真似できないです
こういったところも梶浦さんのLiveの魅力でもあると思います。

今回初めて藤堂さんのvio聞いたのですが今野さんとやっぱり違うなって思いました
どこをどうって言うのが難しいのですがやっぱりエロさですかね?
まだ数回しか梶浦さんのLiveに行ってないのでえらそうで申し訳ないのですが
今野さんにくらべると違和感があるのは慣れのせいかと思います。
でも嫌いとかではないしLiveそのものも最高だったのでもし仮に次今野さん出れなくて
藤堂さんだっとしても参加しますけどねw

やっぱり梶浦さんのLiveって自分には絶対無くてはならないものになってしまいましたね。
Kalafinaでも十分満足するときもあるんだけどやっぱり別格だなって改めて思います。
自分の中で梶浦さんと姉御がいないとやっぱり違うのでこれだけは何が何でもはずせないです。
〔でも灯さんみたいに遠征はできないので関東でない時は・・・・・・〕

長々と失礼しました
ではまたどこかで一緒に参加できたらいいですね。

2011/07/12 22:26 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

bellさん>

長文レポは読むほうも大変だと思いますが(^ ^;
読了いただきありがとうございます。

チケットの件はお気持ちだけ頂いておきますね☆
ありがとうございます(^^*

メモはbellさんなりの聴きどころとか、感想とかがあるのではないでしょうか!?
それは大切にされると良いと思いますよ♪

>「いいじゃん。蛇〔Keiko〕もサメ〔Wakana〕もいるんだから」
10日にあったってことですよね?
私完全に聴き逃していますね!補完ありがとうございます~。
他のことメモするのに夢中だったのかなぁ…。

貝田さん可愛かったなぁ…。
何度反芻してもあの自然体な感じがたまらなくかわいらしいです。
きゅんきゅんしますっ!


>しかも聞いてる人に不快な思いをさせないように丁寧に話されているのも到底真似できないです
これは本当になかなか出来ることではありませんね。
人を貶めず、自分のUKATSUでなごますというのも実は上級手段だと思います。

藤堂さんのヴァイオリンは、エロくはないですよね(笑)
でもキリリとした音は素敵でした♪
今野さんはあれだけ艶めかしい音を出しつつも、バラードでものすごい切ない音を鳴らすってところが好きですね。
きゅ~~って締めつけられるような音っていうんでしょうか。

Kalafinaライブは大分3人の色が出ているので、やはり別物かな?
あと、曲数が全然違うので、ワクワク感も違うかもしれません。
YKライブ、次はツアーだと個人的には嬉しいです♪
遠征してもライブ時間以外はホテルにこもってる私なわけですが(笑)
ライブでその土地の話題をするのってなんかおもしろーいんです。
それに、昨年の名古屋のライブがサイコー!!だったので、また名古屋のライブに行きたいなってのもあります(^^*
(あのツアーの中では、一番客のテンションが高かったと思います。
その熱気につられてパフォーマンスも最高でした)

そんなこんな、書いていたらやっぱり私も長くなってしまいました。
また次のライブの機会を楽しみに待ちましょうね~!

2011/07/13 02:10 [ 編集]
bell MAILURL

またまた失礼しますw

>「いいじゃん。蛇〔Keiko〕もサメ〔Wakana〕もいるんだから」
これは10日でしたけど確かNHKでも同じくまんべくんのときに
「サメもいるからいいよね」といってたような気がします
KaoriってSキャラなのは分かるのですが八つ当たり気味になるキャラだったのかと思ってしまいました。

あと今回はmaybe tomorrowのところにつなぐMCが切れてなかったので灯さんも覚えておられると思いますが
多分NHKと同じかと思いますので一応書いておきます
「今日は皆さんに会えてろてもうれしかった。
皆さんに素敵な明日が訪れますように。
 maybe tomorrow」

では又次のライブでお互いに楽しめることを祈ってます

2011/07/13 21:42 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

bellさん>

maybe tomorrowの補足ありがとうございます~。

29日は似たような話があったの覚えています。
文章にするのがめんどくて(おい)省略したところです(笑)
Kaoriは頬を自分でかじるところからしても一概にSとも言い切れないかも^^;
ほんとに皆さん個性的な面子ですよねぇ。

2011/08/02 17:06 [ 編集]
みかん MAILURL

言うのが遅くなってしまいましたが、去年少しコメントさせて頂いたみかんです。
覚えていて下さっているとは...、嬉しいです!

ライブ行けたのですね。
良かったです!
ファンになってから日が浅い自分が言うのもなんですが、梶浦さんのファンの方は節度のある方や、優しい方が多い印象を受けます。
梶浦さんのライブや日々発信される言葉や行動の影響はあると、私も思います。

今回のライブの記事もとても面白かったです。
丁寧なレポありがとうございます。
梶浦さんを始め、FBMの方々も歌姫ズもゲストの方も演奏もさることながら、面白い人ばかりですね。
いつか絶対、梶浦さんのライブには行きたいのですが、いつまでやってくれるのでしょう。
長く続けてくれる事を願って止みません。

今回ライブは行けなかったですが、物販は見に行きました。
午後3時頃に行ったのですが、もう五線譜が売り切れていてびっくりしましたよ。
もし五線譜が買えたら、梶浦さんの曲専用の五線譜として、まだ楽譜になってない梶浦さんの歌をCD聴きながら落としていくのも面白そうだなと思っていたんです。
残念です。
マグカップとパンフレットは手に入れられました。
結構飲み物を頻繁に飲む方なので、マグカップ重宝しています。
フルーツティーは勿体なくてまだ飲んでいません(笑。

明日の「stone cold」、9月のKalafina本やKalafinaのアルバム、10月からは梶浦さんが音楽を担当されるアニメと、毎月のように梶浦成分を補給出来る材料が提供され、今からとても楽しみです。

最後に携帯からだとコメントが書き込めなくて、今更のコメントとなり、すみませんでした。
長々と失礼しました。
最近は少し涼しいですが、まだまだ暑い毎日、お体大事にして下さいね。

2011/08/02 22:10 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

みかんさん>

もちろん覚えていますよぉ!
コメント頂けるのは嬉しいですから♪
(携帯から規制がかかっていたのでしょうか…私のほうではかけていないと思うのですが><;
お手間をかけてコメントしてくださってありがとうございますm(_ _)m )

> 梶浦さんのファンの方は節度のある方や、優しい方が多い印象を受けます。
> 梶浦さんのライブや日々発信される言葉や行動の影響はあると、私も思います。

自分はお世辞にも優しいとは評されないタイプの人間なのでアレですが、本当に今回優しさが身に沁みました。
人って優しくされると、自分も人に優しくありたいと思っちゃうものですよね。
そういう素敵な循環を自分も作りたいなぁって思いました!(^^)

ライブレポも楽しんでいただけたようで良かったです~。
ライブ活動は頻繁にでなくてもかまわないから息長く続けて欲しいですね。

あ、物販は行けたのですね。
五線譜はずいぶん人気があったようです。
私はどうせ書けないので買いませんでしたが、譜面書ける人には魅力的なアイテムでしょうね~。
買えなくて残念でしたね…また次の機会でも五線譜出したら売れちゃいそう。


今年は梶浦さんCD量が凄いです。
ファンにとっては嬉しいことですね。
「stone cold」も良かったし、「After eden」もきっと良いアルバムだろうし、本当に楽しみです♪

みかんさんも体調に気をつけて夏を乗り切ってくださいね!
それでは~。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
05 | 2017/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。