--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

27

January February March April May June July August September October November December
2011(Sun) 00:07

「アニスパ」梶浦由記ゲスト

梶浦由記さん関連

アニスパ、結構面白い話が聞けたので文字にしてみますね。
クロストークのところはなんとなく集約したり、文字にするほどではない話はガツガツっとカットしてお送りします。
聴き逃した方で、文字でもって方はどうぞ。

注意:最後に特報がありました。

アニスパ!
 2011/03/26(土)
 文化放送 / 21:00 ~23:00(21時台ゲスト)
 http://www.joqr.co.jp/ag/anispa/
 パーソナリティ:鷲崎健 浅野真澄

◇梶浦語の話◇

浅野>梶浦さんといえば梶浦語というか、それってすごい特徴的だと思ってさっきお話をうかがってたんですけど、子供のころにオペラを沢山ご覧になったって。
梶浦>家族が、父親がオペラ好きで、当時ドイツに住んでいたのもあって
鷲崎>今さらっと言いましたけれども
浅野>知ってた!?ドイツに住んでたって
梶浦>たんにほら、親の転勤についていった子供だったんですよ
浅野>いくつくらい・・・
梶浦>小学校2年生で行って6年間ですね
浅野>6年っちゅったら長いね
鷲崎>だって小学校から中学校のあいだ…
梶浦>そうですね物心つく的な
鷲崎>に、ドイツで生活されていたんですね
梶浦>はいそうですね。で、オペラに月一くらいで行っていたんですよ。うち騒々しい家で、見るだけじゃなくてオペラのカセットテープとか買って、うちでかけながら、皆で歌うんですよ
浅野>皆で!?(笑)
鷲崎>あんまり想像つかないですね(笑)
浅野>カエルの歌じゃないんだから(笑)
鷲崎>「さあ~みんなで~うたうぞ~!」って
梶浦>有名なリゴレットの4重唱とかあるんですけど、そういうのを勝手に好きなパートを歌うんですよ。テナーとかアルトとか。もう好きなところ取り合いで
鷲崎>好きなところ取り合い(笑)
梶浦>「あなたがテナー歌ったから私はアルトしか歌えないわ!」みたいな(笑)
鷲崎>あんまりオペラの好きなところ取り合いって聞いたことない言葉だから、色々と不思議なんですけど~そうなんですか
梶浦>そのときに、イタリア語なんですけど子供だからイタリア語なんて判らないじゃないですか。だから全部耳コピで歌うんですよ。似非イタリア語みたいな
浅野>はいはい。異国の言葉としてってことですよね
梶浦>そうですね。多分それが今の造語の原点だなって
鷲崎、浅野>す~ごい
浅野>納得・・
鷲崎>そうか、ドイツにいらっしゃって、たまたまお父様が、ご家族がオペラが好きで。あれ?皆行くもんなんですかね?オペラって
梶浦>なんか街に一つオペラハウスがあって、桟敷席とか3階席とかものすごい安いんですよ。国とか自治体の補助もあるので。千円もしないで
鷲崎>日本人のイメージにある”ちょっと敷居の高いもの”ではないんですねじゃあ。
梶浦>そうですね。でもやっぱりオペラハウスって特別な場所だから、普段オシャレしない人でもすごくその日だけはオシャレしてちゃんと行くんですよね
鷲崎>へぇ~
梶浦>そういう異世界感がすごく好きでしたね
鷲崎>じゃあもうその少女時代の由記ちゃんが、
梶浦>(笑)
浅野>馴れ馴れしい(笑)
鷲崎>少女時代の!由記ちゃんが、一番いい格好して。そうかそうか
梶浦>もう家族皆その日だけは「私これ着てく~!」みたいな。新しいハンドバッグ買ってもらったらそれ持ってく~みたいな。最大限のオシャレして。。。
鷲崎>じゃあ凄いハッピーな思い出の中にオペラっていうのがあって
梶浦>そうですね
鷲崎>で、たまたま皆が、皆かどうかは知りませんけど、梶浦家では家でも歌おうっていう
梶浦>そういう。あんまりないと(笑)
鷲崎>それで梶浦さんの造語っぽいものが生れたんだね~
梶浦>小学校の3年間で造語の訓練していたようなものですね
鷲崎>そうですよね。脳みそが柔らかい時期に造語で歌う訓練をしてたんですもんね
浅野>でもその話を聴いて、梶浦さんの音楽って聞いた瞬間に異世界というか違う世界の扉がバーンって開くような梶浦ワールドに突入するじゃないですか。それもすごくオペラを聴いてっていうのを聞いて、オペラもそうかもって。
鷲崎>そうかもね。分厚い扉をグワッっと開いて入っていく感じありますよね
梶浦>すごくやっぱり当時好きだったんですよね。オペラハウスでバーってビロードのカーテンみたいなのがあって、パッと開くとバーンって違う世界に飛んでいくような感覚が凄く好きで、自分の音楽でもそういうの作りたいって根本に多分ありますね。
浅野>非常に納得するお話ですよね~。
鷲崎>そう、ね~


◇「I swear」の話◇
 ~この前に浅野さんの感想とかありましたけど文字おこし面倒なので省略してっと~

鷲崎>みんなうまいんですけど「I swear」の人超うまいなと思って。
梶浦>でもこの人歌い手さんじゃないんですよね。
鷲崎>えっ
梶浦>チェリストなんです元々。プロの。
鷲崎>えっボーカリストではないんですか?
梶浦>プロのチェリストです。
鷲崎>えっなんで歌ったんですか(笑)
梶浦>なんか、「チェリストだけど遊びでライブで歌も歌うんだよ」って教えてもらって、でその歌声を聴いて激惚れしちゃって。で、「ごめんチェロじゃなくて歌でお願いします」って
浅野>すごい素敵な歌声だよね~~~
鷲崎>そんな出会いがある。。。いやホントみんなうっめ~けど。
梶浦>低音の奏で方がチェリストだなっていう感じがちょっとするんですよね。
鷲崎>なんでしょうね?鳴らし方とか?
梶浦>低音しってるっていうか。美しい低音知ってる人っていうか。
鷲崎>身体の鳴らし方とかもあるんでしょうかね。
梶浦>あるのかもしれないですよね。

 ・・・ということで「I swear」がかかる



◇「FICTION II」の歌い手さんの話◇
 ・・・今回のアルバムは12人の歌い手がいるというところから・・・

浅野>どうやってボーカリスト選んでるんですか?
梶浦>この曲(※「I swear」)なんかはクララさんの声を聴いて、あ、この人に歌って欲しいなと思ってこの曲書いたんですよね。完全に声先行です。
浅野>へぇぇぇ。アテ書きというか。
鷲崎>逆もある?
梶浦>ありますね。
鷲崎>これを歌うボーカリストを探そうってことも?
梶浦>そっちのほうが逆にかなり多いですね。わりとこのアルバムの中でも沢山歌ってもらっているEmily Bindigerさんていう、すごい何度もお世話になっている歌い手さんがいるんですけど、その人は私がなんにも考えずに好きな曲をバッって書いたときに必ずバッチリはまるんです。
鷲崎、浅野>へぇぇぇ
梶浦>すごい助かっているというか、この人に出会えてすごい良かったなって。ピッチとかキーの感じも「ここで泣かせたい」ってところの歌い方もバッチリなんです。
鷲崎>説明しなくても阿吽でわかる感じか。
梶浦>そんな感じです。本能で書いた曲はEmilyさんに歌ってもらうことになっちゃうんです。
鷲崎>そんなのがあるんですね~。

鷲崎>多分年間で色んなすごい多くの歌声を聞くとおもうんですけど、梶浦さんの中のビビッとくるラインみたいなものがあるんですよね?
梶浦>でもタイミングもあるんですよね。今こういう作品の曲を作りたいから、こういうときにこういう声の人がいいなって思っているときにそういう声の人に廻りあうと、お互いにバッチリはまる・・・
鷲崎>そうやって出来て行くんですね

鷲崎>ボーカリストさんですよね?データのやりとりで~
梶浦>あ~はい。このアルバムの中に入ってる曲でフィンランドの歌い手さんがいらして、ヨイクっていうフィンランドの、"ヨーデル"みたいなちょっと特殊な歌唱法をなさる方がいらして。その方が日本にきているときのライブで激惚れして、「一緒にやってください」ってお願いして。さすがにちょっとフィンランドまでいけなかったので。
鷲崎>そうですね。普通あんまり…(笑)
梶浦>ちょっと遠いので。
鷲崎>ちょっと…?はい(笑)
梶浦>おまけにものすごい山奥に住んでる方なんです(笑)で、ちょっと行けずに、初めてデータを送って歌って頂いて、歌のファイルを頂いて、それを日本でMIXするっていうやり方を。
浅野>そんなデジタルな作り方!
鷲崎>ちょっと昔だったらあり得ない
梶浦>あこがれで終わっちゃったとこでしたね


◇6月のライブの話◇

赤木りえさんがゲストで出るという話がありました!!
わわわわわあ~~~~い!

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20110327 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。