--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

16

January February March April May June July August September October November December
2010(Sun) 23:28

YK LIVE Vol.#6 大阪公演

梶浦由記さん関連

赤木りえさん凄過ぎ。格好良過ぎ!
悶えるような演奏でした!!
しかも念願のあの曲がっ。
感無量です。

Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR
 ~FictionJunction/Yuki Kajiura LIVE vol.#6~

 <大阪公演>

 2010/05/16
 場所:大阪なんばHatch
 開場:16:00 開演:17:00
 
 梶浦由記
 Vo:YURIKO KAIDA/KAORI/KEIKO/WAKANA
 Guest Flutist:赤木りえ

 Guitr:是永巧一
 Bass:高橋“Jr.”知治
 Drums:佐藤強一
 Violin:今野均
 Manipulator:大平佳男


以下、ツアー終了まで反転モードで。
(今回のツアーはゲストがいるので全部同じではないですが、中核のネタバレになりますしね)


#もしかして反転モードにさせると携帯から読めない?
#自分で携帯から誤字チェックしようかと思ったら読めなかった…。
#自分があまり携帯から見ないから気が付かなかったなぁ。
#別の方法にしたほうがいいのかしら。注意喚起して改行してそのまま書くとか?

→自分でも反転して読み返すのが面倒になったのと、今回ツアーが1カ月くらいあるのを考えた結果、反転外すことにしました。
ネタバレ回避したい方は今のうちに逃げてください。








































【SetList】
01.Crush [PandoraHearts]
02.frenetic [歴史秘話ヒストリア]
03.the image theme of Xenosaga II [XenosagaII -善悪の彼岸-]
04.vanity [Fiction]
05.liminality [.hack//Liminality]
06.fake wings [.hack//SIGN]
07.in the land of twilight, under the moon [.hack//SIGN]
08.星屑 [Everlasting Songs /原曲:ビロードうさぎ]
09.花守の丘 [北斗の拳]
10.秘密 [Everlasting Songs /原曲:NOIR]
11.blue clouds [ツバサ・クロニクル]
12.sweet memories [.hack//Liminality]
13.時の向こう 幻の空 [おおかみかくし]
14.everytime you kissed me [PandoraHearts]
15.野原 [時の向こう 幻の空 c/w]
16.Parallel Hearts [PandoraHearts]
17.where the lights are Japanese Ver. [真救世主伝説 北斗の拳]
18.L.A. [エル・カザド]
19.目覚め [舞-HiME]
20.MATERIALISE [舞-乙HiME]
21.聖乙女の祈り [舞-乙HiME]
22.zodiacal sign [Aquarian Age]
23.maybe tomorrow [XenosagaIII ツァラトゥストラはかく語りき]
24.the world [.hack//SIGN]
25.key of the twilight [.hack//SIGN]
26.forest [エル・カザド]

今日はちょっと自信ないけど…漏れがあるかなぁ。
大丈夫じゃないかと思うんですが。
あとで作品名も追記しますね。→追記しました。

★Crush
今日はステージの中央に台があり、初っ端からそこに赤木りえさん登場!!
最初からクライマックスばりの演奏で圧倒されました。
すごいすごい!これは興奮する~~~~!!
非常に激しい演奏する方で、魅入ってしまいますね…。
そしてYKライブ初のインストです!!
本当に嬉しいです。
アンケートとか、読んでもらえないの承知で年末FCイベントのときとかに赤木りえさんとか聴きたいんですけど予定ないですかと書いてきたのが本当に叶うなんて…。

★frenetic
ここで歌姫4人登場。
曲はヒストリアから。
意外な曲がきたなぁと。
最初のあたりはKEIKOもWAKANAもちょっと外してた気がしました。
次の公演でもっとじっくり聴きたいです。
赤木さんがこの曲のときいたか、居なかったかがどうしても思い出せない…。

★vanity
久しぶりにライブで聴きました。
ライブCDよりやっぱり今のほうが断然いい。

★liminality
この曲、最後のところをWAKANAが歌い終わったときの梶浦さんが実に気持ちよさそうにしているのですよ、いつも。
必見です。

★fake wings
今までで最高のfake wingsが聴けたような気がします。
今日は実に、実に!!貝田さんの声がよく通って、もう最高でした。
ずっと貝田さんのターン!
というのも、この曲はKAORIがメイン、コーラスを貝田さんがいつもやってますよね。
で、やっぱり貝田さんのコーラス最高だと改めてこの曲で思ったんです。
KAORIのヴォーカルとバンドの音をつなぐかのように貝田さんのコーラスがKAORIの声を包みこんでいて、ただただ聴き入るしかない素晴らしい音楽でした。
というかKAORIの声と貝田さんの声相性いいんですよね。
つか貝田さんの声は誰の声も生かしてくれる、コーラスとしては最強の歌声…。
絶対邪魔しない。

★in the land of twilight~
最後のところKAORIとKEIKOでしめるところ息あってなくて残念。
今日はこの曲の説明が。
作ったとき、子供の輪唱のようなものを取り入れたかったのだそう。
これは歌詞の中にかごめかごめ(ring-around-the-roses)をいれていて、子供の輪唱って聞きようによっては怖い、そんな雰囲気を出したかったと言っていました。

★星屑
星屑はライブでやるにはバンド音が足りないのでイマイチ心弾まず。
ベースは格好いいんですけど。
あと、この曲のときにも、以前にも思ったことがあるんですけど、KEIKOは(今日は何の曲だったかWAKANAでもそれを感じることがあったけど)スタッカートのかかる歌い方苦手なんですかね。
以前の「fiction」も出だしの区切りがイマイチだったんですよね。
ライブで気負うとため過ぎるのかなぁ。

★秘密
FJVer.で。
「秘密」としてはライブ初!「NOIR」Ver.じゃなくて残念ですが。
貝田さんの声が響いて…聴き惚れましたよー!!
しかも、途中から赤木さんが登場。
ゾクゾク…鳥肌立つほどの妖しさ、格好よさ!!
ああ…っ、こんな幸せなことがあっていいのか?

この曲が終わると歌姫4人退場。

そして、梶浦さんと赤木さん、バンドメンバーのみに。
トークは…
・梶浦さんが「始めて書いたインスト曲を赤木さんにフルートを吹いてもらたんですよ」というと、「でも私まだ29歳なんですよ、そのころ子供ですよね」的な強烈なジョーク(笑)
29歳教?(聞いたこと無い)
・いつもサントラで赤木さんにフルートを吹いてもらえることになると、とりあえずフルート部を倍にする、と梶浦さん
・収録のときには1発目から「格好いい…」という空気がスタジオ中に満ちるんだとか。でも1発だと勿体ない(もっと聞きたい)から「もう一テイクくらい」と演奏してもらうそう。そうすると、どっちも良すぎてどちらのテイクを使うか迷うはめになると。
・赤木さんは「梶浦さんの曲の収録のときはインストなのにライブやったかのように思いっきり吹けて(そのくらいのエネルギーでやれて?)楽しい」と。
・梶浦さんは相変わらず赤木さん愛に溢れていて、「赤木さんはフルート、というよりも"赤木さん"というパートだと思ってる」というようなことも言ってました。
・あと今回ライブリハで、初めて知る赤木さんの一面というのもあって、「中央の階段から降りてきてください」って言われたときに「じゃあこけましょうか?」とか言っていてそんなユニークな?(そんなニュアンス)方だったとは、と。
・(補足)ここで二人きりのときに話した内容ではないですが、「sweet memories」は梶浦さんがやりたかったと言っていたような…?
あと「秘密」も赤木さんのために選曲したと。

★blue clouds
まさかこの曲になるとは。インストです。
言葉にならぬ感動です。
前にも書いたけど、フルート独特の"救い"を感じさせるメロディが心に沁みて…本当にいい曲です。大好きです。

★sweet memories
この曲を待ち望んでいたファンは多い筈。これもインスト。
この曲やっていただけたら本望です。感無量です。
ありがとうございました。

★時の向こう 幻の空
"公約"叶ったりー!
(梶浦さんが"女たるもの公約は守らないと…"的なことを言っていたのです)
やっぱりこの曲いいわ~。
貝田さんのコーラスが全編に渡って響いていて、心地いい。
そしてやはり2番のサビが好き。

★野原
KEIKO独唱でない「野原」はライブ初披露。
う~ん、やっぱりこの曲もいい曲。
そして、あの手振りはもうこの曲とセットなんだと判りました。
KEIKOはちょっと無理してる低音よりも中音のほうが個人的には好みで、この曲はちょうどいいところ。
何箇所から歌詞が飛んでだ気がしないでもないですが。
この歌はKEIKOがずっと歌っている部分は野原に足をつけている感じ、そこに最後あたりにKAORIの声が入ることで風が吹いてふぅっっと舞い上がるイメージが加わって、聴いていてとても気持ちがいいです。はい。

★where the lights are~
権利的に北斗はライブでは無理なのかと思ってました。
(花守はCD化がFDだからいいのかと)
今まで勿体ぶられていたのかっ(笑)
この曲はWAKANAと貝田さんの二人で。
KAORIとKEIKOは退場。
WAKANAの声を初めて聴いた思い出の曲の一つですから、嬉しいです。
貝田さんのコーラスが入って、一人で歌うより柔らかく、優しく、まろやかになっていて、実に聴き甲斐アリ。
これがアリなら次は「光の行方」ですよね…??

★everytime you kissed me
これはKAORIとKEIKOだけで、WAKANAと貝田さん退場でしたっけ…?
全然違った…「L.A.」と記憶がごちゃまぜになってたし、曲順的にもここじゃなかった…です。すいません。
「L.A.」がKAORIと貝田さんだったという話でした。
梶浦さんはKAORI Ver.のこの曲もとても好きで、KAORIが歌っているのはFictionJunction KAORIみたいなものと言っていました。

★MATERIALISE
結構冷静に聴いていても素晴らしい。
WAKANAもVol..#5のときと比べてビブラートがきかせられるようになった部分が多くて、これは後半のライブが楽しみです。
(この曲はやった分だけ上手くなりそうだから)
そして千秋楽では…ゴクリ。

そういえば映像の文字は"S"に直ってました。
でも「舞乙-HiME」という誤表記はVol.#5から継続中。

★聖乙女の祈り
映像からの視覚的訴えもあるでしょうが、宇宙的なイメージはこの曲っぽくていいなって思います。
コーラスじっくり聴くと楽しいですね。
この曲だっけ、異常なほどの高音を貝田さんがやっているの…。何かの曲で、こんな高音域までこんなに綺麗に出せるんだ…と思ったんですけど、曲忘れちゃったなぁ。

★maybe tomorrow
「きっと明日…」「たぶん明日…」というタイトルと。
あとこの曲を作ったときの説明などあり。
後ほどもうちょっと書こうかな。
これの日本語訳詩を映像で流すのはもう1級反則技と言わざるを得ない…。
これが泣かずにいられるか?いられまいよ!
元々Xenoのゲームを何にも知らないままサントラ買って、歌詞見て泣けたくらい「maybe tomorrow」の歌詞は結構くるものがあるんで…。
この曲の中での"darkness"っていう音は、音それ自体にインパクトがあるなぁと曲を聴いていると思います。

あ、で曲の説明。
「風と共に去りぬ」で「明日は明日の風が吹く」という名台詞があって、小さい頃は無邪気にその言葉を使っていたが、ある時ふと思ったんだそう。
(注:映画のことはあまり覚えてないので梶浦さんの解釈だと前置きあり)
「この言葉は今日が(今が)上手くいっているときには使わない言葉だなって」
「どんなに頑張っても上手くいかなかったり、失敗する日があって、そういうときに使うんじゃないかと」(梶浦さんは言葉を重ねて説明していたのでかなり大雑把な説明です。ご了承を。直接聴いて欲しいな)

ところで、これは"ending medley"ではないのです。
なので…なのか知りませんが…赤木さんは出てきませんでした…。
私は出てくるかと思って待っていました…。

★the world
★key of the twilight
正直、アンコールのこの2曲の選曲はつまらないと感じてしまいました。(出来栄えとは別の話)
.hackのイベントもありましたし。
「the world」は.hackのイベントを抜けばVol.#2以来なのでいいとしても、「key of ~」はやり過ぎ感が…。
(Vol.#1、#3、#5x2、DP神戸横浜、.hackイベに続いての#6)
"集大成"とはいえ…飽きている…。
同じく「目覚め」と「zodi~」にも飽きているんですけど、これはライブの定番曲として外せなくなっているようなので諦めています。
(小声:個人的には無くてもいいんですけどそういう曲が必要なのも理解しているので…)

★forest
最後に赤木さん登場で。
「forest」も歌詞が好きで繰り返し見返している曲なので聴くだけで切ないです。
フルートの泣きが入るとまた一層訴えかけるものが大きくて。


っと時間ない。新幹線つきそう。
あとは家に帰ってからなんで40分後か~1時間後くらいに書き始めると思います。

【大阪の感想】
3時間越えという大ボリューム。
音楽で、というよりもトークが多かった印象。
梶浦さんのトークは、大人な部分とおちゃめな部分が混ざり合っていて聞きやすいといつも思います。
クスッって笑えることが多くて、曲の間は息を詰めて聞いているような緊張感があるので緩急がいいですよね。

トークは…書くと長くなりそうだなぁ。
でも忘れないうちに書かないと忘れるから…鉄は熱いうちに…だな。
地道に追記します。

それにしても今日は私にとっては赤木さんと貝田さん!!って感じの日でした。
赤木さんの演奏しているお姿は初めて拝見したのですが、あんなに激しい方だったとは。
新鮮な驚きですよ。今後CDを聴くときはああいうイメージで(笑)
で、今回のタイミングでもエレメンタルジェレイドが1曲もないとは。不遇すぎる。

そして貝田さん、マイクの通りも良くてほんと~~~~に綺麗に聴かせていただけたし、調子もいいし、抜群の安定感!
馴染みの曲が多いだけに聴いてるほうも結構冷静になる部分が多かったんですけど、それで改めて凄さを知るという。

んでもってなんばHatchって良い会場だわー。
前回も今回も私的には音響に大きな不満がないのが感動的。
今日は近場で見れましたし。
あ、今日はカメラ無かったんです…。探してみたんですけど見つからなかった…。
ゲストのところだけでも収録されるかなぁって期待していたんですけど。

ところで梶浦さんがスーパーヒーロータイムネタとは…特撮って印象はなかったんですが。
ネタだけですかね。


■トークまとめて。
ちなみに今日のお題は「一度食べてみたいと思っているもの、または以前から食べたいと思っていて最近食べたもの」
(大阪だから食…って言ってたかな)

<WAKANA>
お題の答え:フカヒレ
Kalafinaのアジアツアーで行ったときに本場で食べたとのこと。
鮫好き的にそれはアリなのか?という振り対しては、食べるのも好き♪らしい。
以前フカヒレだと言われて信じて食べていたものが偽物だったので初めて食べられて嬉しいってことだったんですけど、KEIKOが「でもWAKANA、中国で食べたときに『…春雨…?』って言ってた」と暴露。

WAKANAのNew UKATSU ep.としては、金曜かな?ゲネプロが終わって、「さあ、緊張感を持っていこう!」って言ってたのに、大阪行く日に早速遅刻したんだとか。
WAKANAとしては、「8:10に新幹線載らないといけないのを、8:10に家を出るっていうのと勘違いしていたんです!7:50ごろにそれってオカシクナイ?って気が付いたんです!」って必死で言い訳していましたが、梶浦さんに「それが言い訳になると?(笑)」的なことを言われていて、笑いました。
梶浦さんはそのときに「いいネタ」だと思ったみたいなこと言ってました。
まったく言い訳になってないのは本人も承知していると思いますが、そういう勘違いって気持ちは判る(笑)

<貝田さん>
お題の答え:クリスピーサンドの新商品
このツアーが終わったら食べるんだと決めているのだそう。
貝田さんがクリスピーサンドは微妙に高いというと、梶浦さんが「リハのときにブーツ3足買っちゃったって言ってたけど、それならクリスピーサンドがいくつも買えるよ」と指摘。
でも自分への御褒美らしい。
そうしたら梶浦さんがおごると。
しかしそのあと、「それじゃあ自分への御褒美にならないか。出しゃばってごめんなさい」というようなことを言うと、「でも新商品は3つくらいあるんで1つくらい…」と(笑)
貝田さん可愛すぎる。

<KEIKO>
お題の答え:豆乳
プリンの味の豆乳で、4%が豆乳らしい。
KEIKOは豆が苦手なんだとか。
梶浦さんはプリンの大きさを手で作って「4%ってでもこんなもんじゃない?」と言っていましたが、苦手な味は例え0.1%くらいでもわかるときはわかりますヨネ。

最近ハマっていることは「どれだけ負荷のかかるトレーニングメニューを作るか」
甘いものが好きなので、食べる分"倍"運動するんだとか。
「甘いものは食べるけど、運動しないのが普通」と梶浦さん。

<KAORI>
お題の答え:エスカルゴ
興味を持ってネットで検索してみるも、「明らかにカタツムリだった」と。
今度一緒に食べにいこうと梶浦さん。
ちなみに梶浦さんは平気みたい。昔、スーパーにエスカルゴが売っていて(商品の下のほうにエスカルゴの身、上のほうに殻が入っているようなやつだったそう)これで家でエスカルゴが食べられると思ったけど、お母さんに嫌!!って言われたというep.も。

最近ハマっているのは、音波歯ブラシ。
数か月前に親知らず云々の話があって、誕生日プレゼントに周囲の人にもらったんだそう。
ツルッツルになるらしく、それを舌で確かめるのが嬉しいらしい。
「音波を口に入れるのは…」と不安そうな梶浦さん。
「確かにアゴが外れそうなほど振動する」みたいなことをKAORIは言っていました。
…電動歯ブラシでも気分とか体調によっては吐き気がするのに音波って…想像がつかないなぁ。

<赤木りえ>
お題の答え:肉
漫画表現によくある骨がついている肉が食べてみたいと。
あとはさっき思いついたけどポパイのほうれん草を食べて、ライブしたいみたいなことも言ってました。

というかポパイのほうれん草的発想は20代の発想では…おっと(ry

<高橋“Jr.”知治>
お題の答え:近くの焼き肉店のカルビ¥2,000
「わかる」と梶浦さん。
なまじいつも行くだけに頼む機会がないということらしい。

今日のJr.さんも素敵でした。
ライブはヴァイオリンもギターもいいけど、ベースの音が感じられるのがやっぱりいいなっ!と私はいつも思います。
CDよりベースの音がはっきりと振動で伝わる感じ。ライブの醍醐味。

<佐藤強一>
お題の答え:鮒寿司
客席からは「ああ~…」みたいな反応。
WAKANAは鮒寿司食べたことあるとかで、「くさやと似たような感じ。くさやとかブルーチーズとかが食べられるなら平気」とアドバイスしていましたが、佐藤さんには「くさやは食べたくない」とキッパリ言われてました(笑)でも鮒寿司は食べてみたいんだそうです。

佐藤さんの紹介のときには場内から「強さまー!」という野太い声が。
梶浦さん曰く、「男性のファンが多い」らしい。
淡々とすごい曲もこなす姿は格好いいの一言!

<今野均>
お題の答え:葛湯
梶浦さんの現在の太くて短いブームは葛湯ということで。
「私に葛湯を!」と段ボール2箱分某楽天で買ったとか。
それで、今野さんが葛湯を知らなかったという話になって男の人は知らないのかな?みたいなことを言ったら、KAORIが「私も知りませんでした」と。
それで驚いた梶浦さんが客席調査をした結果、「葛湯って言葉を初めて聞いた人?」って問いに結構多くの人が手をあげたのでびっくりしていました。

ちなみに今野さんは駄菓子の師匠だそうで、「うまい棒とかキャベツ太郎とかを教えてもらった」梶浦さんは嬉しそうに言っていました。
キャベツ太郎!!愛すべきキャベツ太郎!!
大袋で食べていると段々上顎が痛くなる罠があるキャベツ太郎!
というか菓道(メーカーですよ)の駄菓子、名前「太郎」つきすぎだから。
でももろこし輪太郎もうまい…好き。
パッケージのなんとも言えない自己紹介文も面白いですよね。
って脱線したー。

「blue clouds」は赤木さんのフルートに今野さんのヴァイオリンが入るという夢のような演奏でした。
しっとりした曲なので聞きごたえあって最高でした。
あの時間に戻りたい。戻りたい!!

<是永巧一>
お題の答え:津山のホルモンうどん
「津山ってどこですか」という問いに、客席から「岡山!!」との声が。
したらば「あ…メモに岡山って書いてありました」って(笑)
じゃあ今度のライブは岡山でって言うと、是永さんが「今度作ってあげるよ!」と。
なんか言い方が男らしかった。

<大平佳男>
お題の答え:シュールストレミング
これも客席からは「ああ~…」みたいな反応。
シュールストレミングは北欧の食べ物で、とても臭くて、現地の人も外で開けて食べているもので…と梶浦さんが説明。
「でも日本だと食べる場所がなくて難しいよね」と言っていました。

■GOODS
パンフレット、FJのほうは梶浦さんのインタビュー14P。
梶浦さんが森の中でピアノとともに佇んでる写真など撮りおろしも。
そのピアノが、STORY & CLARKかな?可愛い。
あと歌姫4人とYUUKAの写真が撮りおろし。
何故Guest4人のうちYUUKAだけ1Pなのか…まあYUUKAがスペクラだから…なんでしょう。
撮りおろしの写真はどれもライブで着ていた衣装と同じです。
今回は黒と白と金がコンセプトかな。
個人的には金の使い方が若干品がないように思いますが…。
んでもって前回と同じく写真の補正っぷりがすごい。
そこまでしなくても、と。
梶浦さんのインタビューはすごくいっぱいあって、じっくり読むとそれなりに時間がかかります。
ここまで期待していなかったので良い方向に裏切られて嬉しいです。
全26Pフルカラーですので、金額もそこまで高いとは思いません。
少部数で生産すると高くつくものですし。

Kalafinaのパンフレットのほうも全26Pフルカラー。
梶浦さんのコメントは裏表紙じゃなかった…なんで勘違いしたのかな…途中のページでした…に1Pのみ。
こちらは殆ど撮りおろしの写真。
というか写真ばっかりで読むところが殆どないので"読みたい欲求"は満たされず。
この前Photo Album出したばっかりなのに…芸がない。

梶浦さんはパンフレット2冊セットについてくるハードケースのデザインが気に入ってるそう。
Tシャツのデザインも気に入っていて、最初はバックにデザインがあったそうですが、それじゃあ見えないから前にしてくれって頼んだとか。
マフラータオルも作ったという話になって、梶浦さんが「女子はお風呂上がりにこんな感じで髪をまとめられて・・・」という話をしたら、WAKANAが急にマフラータオルで泥棒巻きみたいなことをし始めて…それ悪ノリ…(笑)
個人的にはGOODSとしてはTシャツよりもタオルのほうが好きなので買いました。
Tシャツは着ないけど、タオルなら使い道あるからー。



Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20100516 |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。