--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

16

January February March April May June July August September October November December
2010(Tue) 23:21

Kalafina「red moon」

梶浦由記さん関連

Kalafinaの2ndアルバムは1stとはまったく違う表情で、新曲はこの3人の歌声で沢山のチャレンジをしたという曲群でした。
意欲が剥き出しって感じ。
その分、曲によって好きだったり、又はあんまり興味がないなっていう振れ幅が大きかったけど、面白い作りにはなっていました。
バラードが少なすぎてアルバム全体のバランスは良いとは言い難いです。

ライブはこれだけ色んな曲が入ったら構成しやすくなったでしょうね。
そういうのも意識してそう。

 ■Red Moon
  Kalafina
  2010/03/17
  品番:初回限定盤 SECL852~853 ★Amazon
     通常盤 SECL-854  ★Amazon

 【収録曲】
  01.red moon
  02.光の旋律
  03.テトテトメトメ
  04.fantasia
  05.春は黄金の夢の中
  06.Kyrie
  07.闇の唄
  08.星の謡
  09.storia
  10.intermezzo
  11.progressive
  12.Lacrimosa
  13.I have a dream


red moon
最初のWakanaの歌っているところ、こんなにブレス残して収録してるのはKalafinaでは珍しいような気がします。
Hikaruの力強い歌声がとっても印象的で惹かれました。
"生きていく、ただそれだけの運命が"
のメロ…なんでそんなに…!と思うほど私の好きライン>ドストライク。
歌詞は「光の旋律」の延長なのかなぁと感じたり。
なんとなく、歌詞を見て思い浮かんだ情景が似てるってだけなんですが。

テトテトメトメ
アラビアンという意外なアレンジで驚きました。
まだあまりピンとは来ていません。
Keikoが主ボーカル取ってるのが曲に合っていて、その中にHikaruの声がチラチラ現れる感じが面白い。

fantasia
サビから急にどうしたどうした!?!?ってなりました。
これは…面白いが。
でも良く分からないぞ、というのが一番の感想でした。
そこがいいのかも。

春は黄金の夢の中
まぁ私好みな。
梶浦さんは季節感のある曲を本当にうまく作る…。
私はこういう曲ほどライブで楽しみになります。

Kyrie
この曲はジワジワきますね。
"貴方の声が響くから"
のところがすんごい好き。
サビのコーラスが素晴らしく綺麗な調和でハマりました。
ライブで聴いたよりCDの完璧な調和に酔う…そんな曲。

闇の唄
私はタイトルからバラードを想像していたんですけど、全然違った(笑)
個人的には何度も聴きたいと思う感じの曲では無かったけど、終盤の詰めが格好良かったのであそこ聴きたさに聴いてしまうかも。

星の謡
良い曲だけど特に感想がない、のは何故なのか。

intermezzo
すごい好き…。
Hikaruの声がいいエッセンスで可愛くなってる。

progressive
ここに入れなくてもと正直思いました。
「intermezzo」の後に入れられたら問答無用でスキップしちゃう。
意図的にこの順にしたみたいですけど。

I have a dream
良い曲。良い曲。良い曲!!
赤木りえさんのために用意されたとしか思えないフルート部といい、曲全体に表情があって聴き惚れます。
やっぱりKeikoの声は、こういう曲調で際立って素敵だと感じます。
本人の好きな曲調とは別かもしれないけど、もっとこういう曲歌って欲しいなぁ。
AメロBメロのWakanaの歌声が優しくて、それこそ歌う表情が浮かんでくるようです。
この曲はやっぱりSee-Saw時代の遺産みたいですけど(だってこのタイトルのCD出してるくらいだし)、これを石川さんの歌声で聴いてみたかったです。

DVD
ライブ映像見ようかと再生してみたけど、あまりにボーカルが遠くて平坦で見る気が失せました。
ボストンの映像も今日見るのは面倒になったので後日にすることに。
それと、このDVDの盤の印刷がなんかオカシイんですが…。
こういうデザインなんでしょうか。
いやいや、収録内容の部分とか、完全に埋もれてしまってますし…。
どうしたらこういうことが起こるんだろう。
「red moon」DVD_CD_盤の印刷比較
DVDとCD比較すると何がおかしいのか分かると思います。

ジャケットとか
衣装とかデザイン、「progressive」のCDジャケに負けず劣らず粗末な出来。
特に写真加工がチーーーーーープの一言。
予算が無かったのか、時間が無かったのか。
そのとってつけたような赤い月…もうちょっとなんとかならんかったのかよと。
しかもKeikoの写真全部顔が影ってるし、「fantasia」の歌詞が載ってるページの写真なんて顔の輪郭別人レベルなんですけど…処理汚すぎ。
全体的に紙が違えばもう少し良く見えたかもしれないけど、普通の紙だから救えないことに。

そういえばBOSTONのフォトブックを見て、私は7月ごろからの疑問が氷解しました。
あの時期に送られてきたFC会報番外編みたいなやつに、やけに街並みの中で取った3人の写真があったので、写真集でも出すのかな、と思ったのです。
(だってあの写真、ロケで撮影してきました感バリバリだった!)
そんなことをブログで呟いた記憶もあります。
その割には今までまったく使われなかったので、なんだったんだろうって不思議だったのです。
こんな遠い日へのパスだったとは。
気が長いわ。


ちなみにアニメイトで買ったら生写真付きでした。
Kalafina_red moon_アニメイト特典

Edit Comments(3) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20100316 |

Post a Comment

comments

2010/03/17 18:48 [ 編集]
あーこ MAILURL

好きな曲とそうでもない曲とが分かれちゃいますよね。
fantasiaとかよくわからない・・・
red moon超かっこいいですよね~。

fantasiaみたいな曲もう要らないような、と思ったり。

ジャケットとか諸々チープですよねぇ・・・・ひどい・・・

2010/03/17 20:45 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

あーこさん>

「fantasia」は何度か聴きましたがやっぱりサビだけ浮いていて気になります。
でもサビ自体は好きなんです。
結局サビだけ聴くためにAメロとBメロを殆ど早送りして聴いてます…。
Bメロとサビの間にもう少し間があったらサビも違和感なく受け止められたかもしれません。
こういう曲を好きと受け取るか、やっぱり好みが分かれそうです。

個人的には「テトテトメトメ」と「闇の唄」「星の謡」がまったく体に入ってこなくて困ってます。
やっぱりアルバム全部が好みっていうのは相当に奇跡的なことですね。

「red moon」「春は黄金の夢の中」「Kyrie」「intermezzo」「I have a dream」はお気に入りです。
「red moon」はWakanaの歌声の格調高さがまた良い良いです♪
これだけ気に入れば十分かも!?

デザイン関係のチープさはがっかりでした。
「Seventh Heaven」などの今までのデザイナーと同じとはとても思えない仕上がりですよね。

2010/03/20 20:28 [ 編集]
ハッシーです~! MAILURL

またまたローソンチケットにやられました。
フゥンクラブ先行予約でJCBホールのFJCとkalafinaの両ライブ落選です・・・・・・・・・茫然自失の状態です。
とは言っても、絶対に諦められません!
こうなったら一般販売に賭けるしかありません。
そこで灯さんにお聞きしたいのですが、何か効果的な取得方法があったら教えて欲しいのですが・・・
ローソンチケッツトよりぴあの方が取りやすいとか、パソコンより携帯が取りやすいとか、何か効果的な方法は無いでしょうか?
こんな事を聞いてすいません。でもいろいろな公演のチケットを取っている灯さんなら何か知識を持っているのでは・・と思いまして・・・
特に無い場合はコメントは無視してください。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。