--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

27

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 22:39

ブリザードアクセル

少年漫画

ブリザードアクセル 1~3巻
鈴木央(サンデー)

全然内容知らなかったのですが、とっても面白かったです。
フィギュアスケートがテーマのお話。
家で誰からも見向きもされず、いないような存在として扱われていた主人公が、目立ちたくて始めたスケート。そんな主人公の吹雪の天性の才能が、彼自信の努力によって光りだします。彼の明るさと優しさのおかげか読んでいて心地よく感じました。

スケートとしてのリアルさとかはまったく無いですが、私の心を揺らす繊細さというか、感傷があるというか。
そこが鈴木央の魅力だと思う。

鈴木央は「ライジングインパクト」が始まったころから好きな漫画家の一人です。ジャンプの方ではどれも残念な形でしか最終話をかけていない人だから、サンデーではそんなことがないことを願ってやみませんね。

好きな漫画家なのに「ブリザードアクセル」を今さら買ったのはアレです。連載してることを最近まで知らなかったんです。他のところで「僕と君の間に」という連載をしてるのでそれだけだと思いこんでいましたので。しかもまさかサンデーとは。夢にも。「僕と君の間に」はファンタジーでこれも結構好きな話です。現在2巻までかな。

そういえばフィギュアスケートの漫画といえば、私の中では「白のファルーカ」槙村 さとる著
読んだのはもう10年以上前だけど、物凄い印象に残っています。親が槇村さとる好きだったので、あの頃は散々読んだなぁ。「ピーナッツ戦線」とか好きでした。暗い作品はとことん暗くて、二度と読みたくないと思ったものもありましたけど…。(「うさぎ」だったか)

これは単行本としては8冊だったか出ていて(文庫では4冊ぽい)、後半は相当ドロドロしてたけど、フィギュアのペアを組む二人の物語です。物語として相当面白いです。
ペアとしてやっていくために何度となくぶつかりあって、そんな中愛し合って、別れもして、それでも愛している…。
完結した後も、何度も読み返した覚えのある作品。私の中での少女漫画の基礎はこの人だったかも。そしてフィギュアに対する印象もこの漫画かもしれない。

Edit Comments(2) trackBack(0) | 少年漫画 | 20060127 |

Post a Comment

comments

2006/01/27 22:43 [ 編集]
美鏡 MAILURL

はじめまして~
ブリザードアクセルいいですよね~
あの吹雪の一生懸命なところが読み応えがありますよね。
五反田とかも微妙に頑張ってたり・・・
トリノオリンピックのフィギュアにすこし興味がわきました

2006/01/27 23:10 [ 編集]
灯(管理人) MAILURL

コメントありがとうございます。
「ブリザードアクセル」面白いですよね。

吹雪がかわゆーてかわゆーてな私ですが、脇役の個性もこの作品の魅力の一つ!
マッケンジーの吹雪への情にやられてしまいそうな感じです。五反田くんは、じきにクリリンみたいな扱いになりそうで涙を誘います…。(もうなりつつある…?)

リアルではスポーツに興味のきょの字もなくて、スポーツ観戦とか何が楽しいのかまたく理解できないのですが、フィギュアだけは見ていて美しいなぁと思います。そんでもってペアが地味に好きです。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。