--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

23

January February March April May June July August September October November December
2009(Wed) 21:27

織田かおりFirst Acoustic LIVE ~Kaori's melody vol.#1 X'mas Special~

梶浦由記さん関連

今日は天気よくて風もないので比較的過ごしやすかったです。
会場はKAORIが考慮して冷房いれてくれたらしいんですが、歌ってるKAORIは暑そうだったけど正直私はちとサムかったよあの冷房…。

それにしても、13:30にチケット引き換えたあとお茶飲んでたら眠くなって、ちょっとうとうとしてたんです。
それで目覚めたら腕時計が14:25くらいだったのでそろそろ行くか…とライブ開場前に行ったんです。
そうしたら、まだ開場してないはずの時間なのに誰もいない…。
「えっ!?」ってなって、あわてて腕時計じゃなくて携帯の時計見たら14:48ってなってて衝撃でした…。
間に合ってよかったですよ。腕時計怖し。

織田かおりFirst Acoustic LIVE 
 ~Kaori's melody vol.#1 X'mas Special~

 2009/12/23(水)
 場所:代官山NOMAD
 1回目 開場:14:30 開演:15:00
 
 織田かおり(Vo.)
 三上吉直(Piano)

【セットリスト】
01.Wish on
02.もう一度逢いたくて
03.サイレント・イヴ
04.カブトムシ
05.洋楽
06.洋楽 キャロル・キング
07.winter
08.花守の丘
09.家族の風景
10.夜空ノムコウ
11.クリスマスソング メドレーみたいに3曲くらい
12.キセキノハナ
13.飛び方を忘れた小さな鳥
 EN.
14.Calling

KAORIは(今日は織田かおりとしてだけど、どうもKAORI以外で呼び辛いのでKAORIでいっちゃいますよ)黒のワンピースに黒のジャケット。
メイクはかなりシンプルに。
そうそう、最近私のKAORIの好感度が高いのはメイクがシンプルになったからってのも一因です。
前のケバいメイクは本当に見ているだけで疲れる感じだったんで。
嫌でも歳とったらメイク濃くせざるを得ないんだから、若いうちはシンプルがいいよやっぱり!かわいいんだし。
…と個人的には思います。
なので今のメイクは好きです。

「サイレント・イヴ」すっごい良かった!!
KAORIに合うわ、この曲。
半年程前にMSエンタテインメントの事務所ライブで本物聴いて圧巻だったんだけど、辛島さんの迫るような歌声とはまた違っていて、聴きごたえありました。
「サイレント~」は歌詞が暗い(とかそういう感じのこと)言ってましたね。
「カブトムシ」はサビしか知らなかったので、サビまで何の曲だろうって思ってました。

洋楽のうち一つはキャロル・キングの曲で、以前にWAKANAと、もう一人別の女の子と3人でキャロル・キングの曲をカバーして歌ったことがあるが、一人で歌うのは初めてなので緊張したとのこと。
タイトル忘れたけど良かったー。

梶浦さんの曲もちゃんと用意しましたってことで、「winter」と「花守の丘」。
やるとしても「Calling」くらいだと思ってたので、意外にもいっぱいやったなーって思いました。
というか、もっと洋楽でせめてくるかなーとか思ってたんですけど、思ったよりメジャーなラインから引っ張ってきてました。

「家族の風景」と「夜空~」それまで女性ボーカルだったので男性の曲もということで。
「家族の風景」はすごいKAORIの歌い方に合う曲で、ピアノ一つだったのも良かったのかもしれないけど、兎に角これはイイ!って思いましたね。
KAORIって結構語尾をすーっと抜くような気だるげな歌い方するじゃないですか。
それと合うなーって思ったんです。

クリスマスソングは色々と。
客席に事前に配られたミニタンバリンやマラカスなどで盛り上がったりしつつ、KAORIがピアニカを弾く場面も。
そのために、本当は爪長くしたかったけど切ったのだとか。
(KAORIは手も大きいのでピアニカがちっちゃくて爪が長いと弾きづらかったらしい)
演奏後、「今日一番緊張したよ!ピアニカ!!」(笑)

「キセキノハナ」もとてもよかったです。
曲を知らないので先入観なくイイ曲だなぁーと。
梶浦さんも聞いて「めちゃくちゃイイ曲!」(とかそんな感じのこと)と言ったらしく、KAORIは「いやいや、梶浦さんだってすごい曲かいてますから!」と思ったらしい。

最後は高校卒業時のイベントで友達と一緒に歌った想い出の曲ということで「飛び方~」を。

今日はファーストライブなので相当緊張していたようで、昨日は眠れなかったと言ってました。
「震えてるって言わないで!」と自己申告で左手が震えてることを告白。
緊張しているわりに、いや、しているからかかなり饒舌にMCしてました。
いつもと違って自分が喋らないといけないことの焦りがやっぱりあるんですかね。

緊張するとお喋りになるってことに気がついて「WAKANAちゃんごめん!!」って言ってみたんですけど、そのあと「でもWAKANAちゃんは緊張してなくてもアレだからな…」って言ってました(笑)
「でもでも本当は今日も頑張ってねって応援してくれた」と。

個人的にはもっと知らない曲多いかと思っていたのですが、知っている曲もそれなりにあり、そして知っていても知らなくてもKAORIの歌声を楽しんできたライブでした。
(なんか日本語おかしい!でも感じてください)
すっごい狭いライブハウスで、お隣と肩を突き合わせてる状態でした。ホントに。
狭いだけ舞台と近くて、近い距離感で楽しめました。

あ、ピアノの三上吉直さんの伴奏も、すごくKAORIと息があっていて良いピアノを聞かせてくださいました。

Edit Comments(3) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20091223 |

Post a Comment

comments

2009/12/24 22:06 [ 編集]
いつか MAILURL

こんばんは、またもやコメント失礼します。
もうご存じかもしれませんが、23日のセトリ今日のKAORIのブログにアップされていました(*^^*)

私てっきり灯さんは夜の部参加だと思っていました。私も昼の部参加だったのであの空間で一緒にKAORIの素敵な音楽を共有していたかと思うと、物凄く嬉しく思います!!


ライブハウスは前の人の背中に間違えてタッチしてしまう位狭くてビックリしました!何よりKAORIとの距離が近くて終止ドキドキしっぱなしで…
曲の方では「家族の風景」と「キセキノハナ」が凄く印象に残りました。

家族の風景はとても優しくて柔らかくて胸の奥がじんわりと暖まるメロディーで。
キセキノハナは力強いKAORIの声に圧倒されました。
勿論その他の曲も、梶浦さんの曲もアコースティク形式のシンプルな感じがまたとても素敵でした…

灯さんの感想はいつも細かく的確で尚且つ感情が伝わってきて昨日の感動が蘇ってきました
梶浦さんへの想いの強さや文章力の高い灯さんは私の憧れです(^^)
これからも素敵な文章を楽しみにさせていただきたく思います。

本当にいつまでも長々と失礼しました。

2009/12/25 00:44 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

いつかさんへ>

こんばんは!
セトリ来てましたね。教えて下さってありがとうございます。^^*

#あ、そうなんです。私も昼の部だったんです。ご一緒だったのですね!

距離は本当に近かったですよね。
あれはKAORIも緊張すると思います。目の前でしたもの!
それでそれで、私もその2曲はとっても印象に残ってます。
特に「家族の風景」は"キッチンにはハイライトとウイスキーグラス"というフレーズのときに、ちょっぴりハスキーな感じで歌っていたのがとっても素敵で記憶に残っています。

お褒めの言葉を頂いて、とてもうれしいです。
けど汗汗って感じですっ。
確かに感情の発露はかなりある文章だとは思うのですが、如何せん語彙力がないので何とも言えない感想が出来上がったりしています…。
ライブで感じた気持ちをもっと上手く言葉に出来たらいいのですけど…文章って難しいですね。
難しいからって簡単なほうに逃げるともっと下手になるので、逃げないようにとは思って頑張ってはいますが、、、いや、言い訳せずに精進します!!
とはいえそんなことはお気になさらず気軽に遊びに来ていただけたらと思います。

それではまた♪

2009/12/25 00:59 [ 編集]
灯(とう) MAILURL

通りすがりのKAORIファンさんへ>

拍手でいただいたコメントにはいつも記事上でレスを返しているんですが、ちゃんと説明したかったので、こちらに引用させていただきつつコメント返しとさせていただきたいと思います。
ご了承ください。
#以下、コメント下さった方以外には関係のない話ですし、拍手コメントからのレスですので反転でお読みいただこうと思ったのですが、どうもこのブログテンプレートではコメント欄でタグが上手く反応してくれないようで、反転させようにも出来なかったのでむき出しになってしまいました。すみません。


>はじめまして。以前、「『ユメノツバサ』に関しては『tsubasa』よりもいい感じ」と書かれていた方がKAORIソロライブに行かれているというのはKAORIファンとしては複雑。その辺りのフォローも欲しかったです。


頂いたコメントを直訳すると
・私がそれほどKAORIを好きでないのでは?
・それなのに何故ソロライブに行ったのか?
ということですよね?
この前提が間違っていたら…すみませんが、オブラートに包まれていてもそうとしか読み取れないのでそうであると踏まえてのレスをさせていただきます。

その前に、昔の私の感想を引用されてのコメントですのでそこから説明しますと、引用されている部分は書いた本人としてはまったくKAORIとは関係なくて、私が単純に「ユメノツバサ」「tsubasa」のメロディがそれほど好きではない、というのが大前提での感想でした。
これはKAORIであるなし以前の問題です。
私の感想では良く言っていることですが、暗い曲が好きなのでこの明るい曲…どうにも…という感じなのです。
その上でこの雰囲気の曲には「ユメノツバサ」のふわふわした感じのほうがまだ合うなーと思った、とそういうことです。
ただの好みの話です。

で、その上で直訳した点について回答を。
・KAORIが好きではないのでは?
という疑問について。
「tsubasa」「dream scape」を歌ったころはまったく興味がありませんでした。
どっちも明るめ曲ですので。
「Calling」が発売になり、これが私の大好きな曲でしたの、好印象になりました。
梶浦さんの書いた主題歌系の曲の中では、私は「みちゆき」と並んで2トップで好きな曲です。
FJYやKalafinaと比較しても「みちゆき」と「Calling」は別格で好きですね。
「花守の丘」も大好きでした。
YKライブをやるようになってからは、兎に角安定した子だというのが印象としてありましたが、Vol.3の「winter」と5月のFJCイベントでの「Calling」で "ライブでの" KAORIが好きになりました。
この間には、KAORIが歌うということで期待を寄せていたFJアルバムの「みちゆき」がまったく好みではなかった、ということもありました。
が、Vol.4のライブでその印象を払拭させられる見事な「みちゆき」を聞かせてもらったのでこれまたライブでのKAORIがいいな、と思う一因になりました。
そういうことが積み重なって、先日のFJCイベントの感想に書いた言葉につながったわけです。>>天井知らず

・何故ソロライブに行ったのか?
という疑問についてはその前の回答を踏まえた上で、最近とてもKAORIに興味があったからです。
ただ、最初にソロライブの要綱が来た時には、KAORIファンの人が"より"行きたいだろうと思って申し込みしていませんでした。
ですが、追加公演が入って余裕が出来たかな、と思ったので追加公演にだけ申し込みしました。
実際どのくらいの応募があったのかは当然ながら知りませんので、あくまで私の印象の話ですが。
夜の公演のほうがファンの方は行きたいだろう、とも思いましたし。
(大体、2公演あると後のほうが盛り上がりますよね?)

と、こういう経緯でしたがご理解いただけましたでしょうか。
ただ一つ、完璧にファンでなければライブに行ってはいけない、とも取れるコメントには疑問を覚えます。
興味を持ったアーティストのライブに行ってみたいというのは悪いことなのでしょうか?
KAORIの歌声で、梶浦さん作曲以外の曲もライブで聴いてみたい、そしてまた好きになれたらいいな、という気持ちだったのですけれど…。

以上です。

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。