24

January February March April May June July August September October November December
2015(Sun) 23:12

銀河英雄伝説『わが征くは星の大海』上映会&スペシャルトークショー

アニメ

5/22は特別な日でした。
銀英伝の上映会&トークショー。
しかもなななななんと堀川さんと広中さんのトークショー!!
まず私は上映会よりもトークショーに食い気味に食いつきました。

海鷲という大阪のお店の主催だったのでチケットはまず大阪までいかないと買えないというのが最初のハードルでしたが、大阪の友人に手伝っていただいて代わりに買ってきていただいたのです…!
おかげで2列目で見られるという幸運…!!
第二に、このイベントが発表された3/14(http://cafeseeadler.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
)はまだ転職先がきまっただけでまだ入社もしていない状況、新しく入ったばかりの会社で早速半休が取れるのか!?というハードル。
でもせっかく友人に足を運んでもらってゲットしたこのチケット、なんとしても無駄にすまいという決意でした!
最悪法事を使うくらいの気持ちでしたが、無事半休を手に入れました。



そうしてウキウキでシネマート六本木に向かったら、自動ドアを開けたとたんに堀川さんが立ってました…。
びっくりしたし目の錯覚かなと思いつつ、声かけるなんてとんでもないのでそそくさと去りました(笑)

銀河英雄伝説~海鷲三周年記念企画~
 『わが征くは星の大海』上映会&スペシャルトークショー
 堀川りょう(ラインハルト)x広中雅志(キルヒアイス)


 2015/05/22(金)
 シネマート六本木
 16:30開場
 17:30~18:30ごろ 上映会
 19:25~20:30 トークショー

○上映会
私にとってメインイベントはトークショーだったのですが、見始めたらこれがめちゃくちゃ楽しい!
いや銀英伝好きなんだし楽しいのは当たり前といえば当たり前なのかもしれないけど、この映画久しぶりに見たし、内容まったく忘れてて超新鮮。
大画面にあの真白なブリュンヒルトが出て来て動くんだよ!?
なんか私初めて映画館で映画を見ることの喜びを知ったような、そんなレベルで感動しちゃった。
宇宙での戦争を大画面で見るって壮観!
しかもセル画だからね…今の時代の技術屈指した画面じゃないわけで。
私は圧倒的にセル画時代のアニメのほうが好きだから。
トークショー目当てで前の方の席とったから、正直めちゃくちゃ見にくかったけど(笑)
でもほんとに楽しかった!!
それに映画音響で広中さんのキルヒアイスボイス聞けるんだよ…最高だよ…。
今は亡き声優さんの御声も聞けたわけで…しみじみもした。
なんか上映会終わったあとほてりすぎて外出たもん…鼻水出てきたね…興奮しすぎて。(汚い)
あとボレロ。マジボレロが今でも鳴り響きそうなくらいボレロだった。意味不明だけどほんとに…。

それに上映会前も上映会後も、特別にふきこんでくれたメッセージが流れて。
キルヒアイスの「マインカイザー」「甘いと…お思いですか?」で場内がきゃふー!!ってなったときの一体感(笑)
去年久しぶりにアニメ本編を全話見返したけど、原作も久しぶりに読み返したくなりました。
2巻までがツライんだけどね…ッ。


○トークショー
店主さんと大力さんが司会。
「ジーク!マインカイザー!ハイル!キルヒアイス!」と叫んで堀川さんと広中さんをお迎えする(笑)
最初に皇帝陛下の声でプロージットと言っていただきプロージット!
(叩き割りは禁止でした)
このイベント楽しすぎる。
堀川さんもノリのよい方でじゃんじゃんやってくださる。
全体的に広中さんは積極的に喋る方ではないんだけど、キレ味結構鋭かった(笑)

広中さんがキルヒアイスのことを「ジーク」って呼ぶのは知ってたんですけど、改めて目の前で「ジーク」って呼ぶ姿がすごい愛おしそうでたまらなかったです。
キュンキュンっ!

・思い出にのこってるシーンとかある?
堀川さん「オーディションはいつも受からないことが殆どで、銀英伝はオーディションで受かった役だったから嬉しかった。受かったのは銀英伝くらい。自分たちが一番年下で、後は大先輩ばかりで、二人で緊張した」というような話。
広中さん「二人が役を入れ替えてやってみたのを覚えてる。」
その頃のオーディションは必ず入れ替えて試してみるってことがあったそう。
(まじかよ…それは誇張だろ…と思ったけど、誇張にしてもほんとぽかったので、では今まで殆どご指名による配役だったんですかね)

広中さん「前にも言ったことがあるけど、二人での収録が多かったから、逆に二人でないシーンが記憶に残っている。同盟にいったときとか、あとは外伝の「汚名」とか」
堀川さんはちゃんとその外伝も見てたって話も。
しかし広中さんはよく覚えていらっしゃったなぁ。

広中さん「今回の影ナレ収録で数週間前に久しぶりに二人であったけど、何年も経って久しぶりだったけどしっくりきた」
堀川さん「長く続けた作品ってそういうものなんです」

オーディションの仕組みの説明もあって、今はもうデータを送ってそれで審査してもらうことが殆どだけど、それはそれで効率はいいけど、昔のやり方も緊張感があって良かった、と堀川さんは言ってました。


・難しい言い回しとか銀英伝にはあったと思うが、そういうのはあったか
 (前回双璧イベで『卿』という呼び方がしっくりこなかったって話があったとかで)
堀川さん「為体というのが読めなかったのが悔しかった。わかりますか?(客わからず) 答えはていたらく」
広中さん「卿っていったことない…。ケイって…錦織圭くらいで…」
(場内爆笑)

堀川さん「初期のころは全員集まって収録していたけど、そのうち制作がおいつかなくなって、話数無視で抜きどりになってしまった」

なんかWikiかなんかで見た「日俳連の会合?って聞かれたり」て堀川さんの口から出て、おおっって(笑)
とにかく声優は豪華だったって話。
400人くらいは使ってたし、本当にそのほとんどが男性で、姉とヒルダとフレデリカと最後のほうにカリンが出てくるくらいで、と安達さんも加わってそんな話。
「この前アンネローゼ様(潘さん)とお会いしたときも『本当に男ばかりだった』って言ってました」って安達さんが仰ったら、「アンネローゼ…」って呟いて広中さんが安達さんを見たんですよね。
安達さんが「そこで黙らないでください!怖いですよ!」って言ってた(笑)
アンネローゼに反応するあたりが…うんキルヒアイスって感じで良かったです。

じゃんけん大会は
堀川さん「主砲、斉射三連!」(じゃんけん)
全員「ファイエル!」(ぽん)
広中さん「第二射用意!」(じゃんけん)
全員「ファイエル!」(ぽん)
とかやって勝ち残っていった方が堀川さんと広中さんのサインを頂けたという。。。
勝ち残りたかった…ッ!(当然負けた)
広中さんは、「ジークは一度もファイエルって言ったことなかったんです」って言ってて、そうかも!?って。広中さんよく覚えていらっしゃるなぁ。

安達さんとのじゃんけん大会は「ファイヤー」で。
田中先生のサイン色紙とサイン本?で合わせて6名かな…。
これも勝ち残りたかった…。
最後に色紙の内容を紹介してくださってたけど、
「断続は力なり」
「青い空、白い原稿」
…あと一つ思いだせないな…。
すごい悩んでこのコメント書いたって安達さんは仰ってました。

若いころのエピソード覚えてるって話になって、ラインハルトが石を持って殴りつけてるシーンの話になり(よく覚えてる!!(笑))、「あんな風に石で殴ったらしんじゃう」みたいなことを安達さんが仰ったら、
 『殺るかもしれない…このひとなら…』
って広中さんが言って大爆笑。
ああ、いいシーンの台詞なのに…!
でもキルヒアイスは退場が早かった分、1言1言がすごい記憶に残ってるなぁ~~。


キルヒアイスが死ぬのが早すぎたっていう話が出てて、広中さんが「誰のせいだと…」と。
そしたらオーベルシュタインが…とフォローが入るも、「断ればよかった」と広中さん。
(ほんまそれ…と思いながらきいてた(笑))
そしたら堀川さんは「あのとき喧嘩してたから…」とか言ってごまかしたーっ(笑)
「段々腹立ってきた!」って広中さん(笑)

ヤンのお葬式やったって話をしたら「ジークは…?」と広中さん。
迫り方やばかった…。そっと迫るのが広中さんのすごいところ。
安達さん「あのときはラインハルト凹んじゃってやばかったからお葬式とかやれる雰囲気じゃ…」と言い訳。
ラインハルトもやってないって話になり、そうなると同日にオーベも…って。

安達さんによると「銀英伝を10巻書けるって決まってなかったので、最初に書き始めたとき、1巻だけになるかもしれないから書きたいことをかけって言われて1巻を書いて、1巻の売れ行きが良かったから10巻くらいの量で考えていいよって言われて、但し2巻でキルヒアイスを殺すことって条件を付けられた、と聞いてます。ただ2巻で死ななかったとしても4巻くらいでは死んでたみたいです」みたいなこと言われて。
本当の犯人は編集だったということがわかりました。

お客さんからの質問で「新しいアニメについてはどうですか」みたいなのがあり。
堀川さん「もちろん参加したいです」
広中さん「主役の二人を基に他の配役が決まるので……(自分たちがまた参加するとさらに20歳は上の年齢の人たちを集めないといけないわけでキルヒアイスとして参加したいとは言いにくい…という苦悩を感じさせ)、ですのでナレーションで参加出来たら…。」
堀川さん「一番のレギュラーじゃん!!(笑)いいね…『銀河の歴史がまた1ページ…』…」
広中さん「関係者にアピールした?」
お二人の掛け合い面白い~~。


トークショー通して思ったのは本当に堀川さんはサービス精神旺盛で人前で話すことに慣れてるなってこと。
すごく場を盛り上げてくれるし、軽快で素敵な方でした!
そしてほんとに皇帝ボイス。高慢っていうとあれだけど、俺にしたがえって感じの声だなぁ~~って。
なるべくしてラインハルト役になったなって思いました。
広中さんはほんとにジークを大事に思ってることがすごく伝わってきました。
それが肌で感じられたことが一番の収穫と言ってもいいくらいです。

最後はラインハルトに「再会の日まで壮健なれ」、キルヒアイスに「頑張りなさい…と言える立場ではありませんが、元気でいて下さい」(ユリアンに言ったあの名言…!!うえーん;;)なんて影ナレで言われてヒュンって魂が旅立ちました。


お酒が何でも飲めるって人間ではないので…少しでも貢献したくてノンアル頼んだら炭酸で死にました。
気が抜けるまで飲めませんでした。
せめて…と思いパンフを2つ買いました。
ピンバッヂはローエングラム王朝げっと。

 ---
そういえばこのブログでは言ったことが無かったかもしれないですが、私はキルヒアイスのファンです。
15年以上前はキルヒアイス宛てにバレンタインのチョコも送ってました(笑)
今回上映会とトークショーを経て、私の人生の王子様はやはりキルヒアイス様だったんだわっ!と改めて思ったところです。
2次元も3次元も含めて一番好きですね。理想の人です。
そのキルヒアイスが好きになった中には、もちろん原作のキルヒアイスの印象も大きいですけれども、間違いなく広中さんのあの穏やかなキルヒアイスの声というのが影響していて、だから本当に広中さんのキルヒアイスが好きです。
(キャラデザ的には道原キルヒアイスが好きです)
銀英伝はどのキャラも結構好きなんですが、キルヒアイスは特別なんですよね~。
圧倒的に心魅かれただけなんです。

私が初めて堀川さんと広中さんのトークショーに行ったのは15年ほど前。
まだ社会人にもなっておらず田舎に住んでいて、アルバイトで貯めたお金で東京に行って参加したイベントでした。
(主催していた某サークルさんのファンでした)
思い返せば多分それが人生初めてのイベント(ライブも含めて)だったんじゃないかな。
ドキドキしすぎてその日のこと殆ど覚えてないなぁ。
池袋だったことは良く覚えてるんだけど。
そういうのもあって、今回のトークショーは本当に楽しみにしてました。
楽しみにしていた気持ちの数百倍楽しくて喜び溢れる1日でした。
嬉しさが終わったあとにワワワワーっと押しよせて帰りの電車でちょっと泣きました…。

海鷲の店主さんの行動力、ご尽力に感謝です。



Edit Comments(1) trackBack(0) | アニメ | 20150524 |

Page up▲

11

January February March April May June July August September October November December
2015(Mon) 00:23

横浜O-SITEプレゼンツ福山芳樹リリース記念アコースティックライブ

福山さん関連

福山さんの調子が決して良かったわけではないけど、だからこそ思い出深い素敵なライブになった今日でした。


横浜O-SITEプレゼンツ福山芳樹リリース記念アコースティックライブ
2015/05/10(日)
Yokohama O-SITE
開場:17:30
開演:18:00


【セットリスト】
01.I LOVE YOU
02.Nightingale
03.My Melancholy Blues/QUEEN
04.Mr. アップルヘッド
05.風と木と光の街で
06.雪解け
07.クランベリー・パイ
08.夢をごらん
09.素晴らしい世界
10.陽だまりの天使
11.マグノリア
12.Blackbird/Beatles
13.yesterday/Beatles
14.ビキニの空の消えない火
15.黒い瞳のネロリー
16.風と風
17.雪の日に
~以下てつろうさんと一緒に~
18.そろそろ帰ろう
19.こもれび/voてつろう
20.白い森
21.しあわせの涙
22.この空の下に君がいるから


(感想かきとちゅう)→2015/05/24 かきおわったー!
----------------
暗転していざ福山さん出てきます!というときに下手の裏からガタガタッウワッみたいな音と福山さんの声が聞こえてすでに笑いが起こる場内。
機材をいっぱい踏み潰して入場しました、と笑顔の福山さん。
1曲目はピアノからのつもりだったのにうっかりギターの所に座り、ギター前のマイクがONになってないことに気がついて、「ピアノでしたね!」と移動(笑)



☆01.I LOVE YOU (ピアノ)
「緊張するなぁ」と連呼する福山さん。
1曲目は「マグノリア」の予定だったが、冒頭から音を間違えてしまい1曲目にするのをやめる。
かわりに「I LOVE YOU」から!
なんと素敵な!今日はこのときは声綺麗だなって私は感じてました。
1番の歌詞の切なさに合わせてのブルーの照明が完璧なマッチングでわたしゃー感動しました。

☆02.Nightingale (ピアノ)
すごくすごくやわらか~~~くイントロを弾き始めてそれだけでもうぼーっとしちゃうくらいの威力。
まさか「Nightingale」をピアノで聴けるなんて思ってなかったから大大大感激。
「星に なれたら」のとこの息遣いとかサイコーだった。

グランドピアノの譜面台に置いた歌詞カードが客に丸見えなことに気がついて「見えますか?見えますよね…」というので思わず見えてたけど(笑)「見えてません」って言っちゃった(笑)

☆03.My Melancholy Blues/QUEEN (ピアノ)
イントロの部分がすごい難しそうだったのにいとも簡単に弾いててちょっと笑っちゃいそうなレベルだった。
ご自身の曲をやるときと違いすぎでしょ!
福山さんとブルースってこんなにマッチするんだなぁって、びっくりくるほどのはまり具合。
福山さんの書いたブルースも聴いてみたいなと思った。
ただ最初の二曲で調子いいのかなっておもってたけど、この曲で一気にかすれて、あ、あんまり良くないのかなって気がついたかな。

☆04.Mr. アップルヘッド (12弦ギター)
逆にこの曲がピアノじゃないだと!?とそれもちょっと驚いた。

☆05.風と木と光の街で (12弦ギター)
ブルーのライトが曲にあってて綺麗だった♪

12弦ギターを使ってみたのはシャリーンって音になっていいと思ったから、みたいなお話も。
鵺ツアーでは一番ではピアノ、二番ではギターを弾くというアクロバティックなことをしていた、4人でやる潔さみたいなものがある、こうしてひとりでやるのは究極的に潔い裸一貫、なんて話。
今回の会場のO-SITEは昔は本多劇場という名前で。HUMMING BIRD解散したころで、ギタリストやってたりしましたね、森田てつろうのうしろで、なんてこともいいつつ。
その本多劇場のころ、WILD VOXで出演したんだけど、PAがいなくて、福山さんはPA席とステージを往復しながらセッティングしていたらしい。
その日はマイクスタンドも足りなくて、日頃出演していて馴染みだった隣のサムズアップ(ライブハウス)に借りにいったなんてエピソードも。(昔のことは本当に良く覚えてるなぁ(笑))
「今日はエンジニアの方がすべてやってくれてます!」みたいなこと言って嬉しそう。

☆06.雪解け (12弦ギター)
序盤、声戻ったか!?って感じでしたが最後の方は死んでました。

☆07.クランベリー・パイ (12弦ギター)
今の季節にぴったりネタ。
そのあとに「母の日」であることにきがついて絡めたのはナイスでした!
白い照明がキラキラしていて照明さんもナイスでした!!

☆08.夢をごらん (ピアノ)
寝させる気でこの曲。
しばらくぶりに聴いた…かな?
ほんとすきな曲だ?

☆09.素晴らしい世界 (ピアノ)
寝ると夢をみる…ということで夢の世界の曲。
二曲続けたの◎

☆10.陽だまりの天使 (ピアノ)
娘さんがもう大人になったから天使って感じじゃない、といいつつ。
可愛くないってことじゃないなんて。あと、赤ちゃんは特別だな、と。

☆11.マグノリア (ピアノ)
忘れたままやらなかったらどうしよーと思ってたけどやってくれました。
口笛の密やかさがライブならでは!という感じで感動しました。

☆12.Blackbird/Beatles (6弦ギター)
ポールライブの話。
ポールがあの年であんな高くせりあがって歌うのはすごいとか。
ビートルズが宗教にはまってインドにいって半年で戻ってきたそのあたりで作った曲で、1弦がきれたときに作った曲だから1弦なくて成立する曲とかいう、説明。
すごく柔らかい音だった。

☆13.yesterday/Beatles (6弦ギター)
ポールの武道館も行きたかったけど自分自身のライブ出演があるなんて!という話。
楽屋ではほかにも武道館に行きたかったという人たちと「行っちゃうか!」なんて冗談でいったりもしてたけどさすがに投げだせないので行かなかったとのこと(笑)
チューニングを下げる。

☆14.ビキニの空の消えない火 (6弦ギター)
下げたチューニングで。
なんかこの日はこの曲をやるような気がどこかでしていたのでおおって思いました。
赤いライトが印象的でしたね。
曲のことわかってる感じ。

ああ、この曲はDVDになってるっていう話。
あてぶりじゃなくてちゃんと弾いてるんですよ、マイク立ててって。
あと日本人は一番空気を読む人種だなぁと思うとか。
その話から南米のほうの話になって。
チリ土産の楽器は、本当に目分量で作ってあってピッチが合わないっていう話は滅茶苦茶笑ったなー。
弦楽器も打楽器って言ってた(笑)

☆15.黒い瞳のネロリー (6弦ギター)
17~18歳のころに原型を作って友人に聴かせたけど評判は良くなく、19~20の浪人生のころにAメロあたりを作ったけど評判は良くなく、やっとサビができた…ってそんなことを言ってたかしら。
脳裏で「ああ~~っかわいいな!」ってネロリン思いだして言ったところはほんとハイライトだった(笑)
イントロ手弾き~からのピック使用。
ネロリーの間中、隣に立てかけてあった12弦ギターのマイク部分に弾いてる6弦ギターの線がひっかかっててもう全然集中できませんでした。
ハラハラした~~。

☆16.風と風 (6弦ギター)
声がかれきってて可哀想なくらいだった;;

☆17.雪の日に (6弦ギター)
アコースティックライブでは冷房をそんなに効かせる必要はないんだよって、ライブハウスにお伝えしたいっていつも思うんだけど、この日も無茶苦茶寒くて、その寒いなかで「雪の日に」を聴いて心も身体も凍えそうになりました。
声は死んでたけど大好きな歌なのですごい泣けました…。


~以下てつろうさんと一緒に~
今日リハを終えて、「調子が悪くてやばい」と思っていたところ、そういえばてつろうがくるじゃん!と思っててつろうさんに電話した福山さん。
どこにいるか聞いたら今横浜駅の西口についたところ、というのでそれならとその時に急きょ出演依頼をしたとのこと。

そのときの心情を再現したてつろうさん。
(大仰にふりかえり)…エッ!? (もう一度振り返り)…エッ!?
トルバTとカポしか持ってなかったらしい。
福「まさかこんなことになろうとは」
てつ「僕のセリフですよ!!」

☆18.そろそろ帰ろう (12弦:福、6弦:てつ)
も~~~第一声の二人の声が合わさって聞こえた瞬間からふぁ~~トルバドール!!好きだ~~ってなりました。
福山さんはもう満面の笑みで、本当に本当に嬉しそうにてつろうさんを見ていた。
口笛ふくときもてつろうさんのほうみて、てつろうさんも見守ってる。
心なしかさっきまで辛そうだった声も生き生きしていて、てつろうさんありがとう~~ってなった。

☆19.こもれび/voてつろう (12弦:福、6弦:てつ)
2番目にてつろうさんに会った時にデモテープをもらったという福山さん。
辻堂のウエストサイドで、と言っていたかしら。
丁度テミヤンさんと、あと誰かと、HUMMING~のイベントで、そのころてつろうさんはバンドが壊れた直後で、コーラスが綺麗なのをやりたかったけど夢の半ばで、そんなときにHUMMING~を見てさわやかな驚きがあったってそんなような話をしてました。
デモテープに自分の曲を撮りだめていて、それを福山さんにあげたそう。
福山さん曰く「ほとんどプログレだった。その中に1曲涙が流れるくらい良い曲があった」
ということでその曲が「こもれび」。
結婚25周年の家族愛を歌った曲。
すごくすごく良かった…。

歌い終わったあと。
福「今日はアンコールするつもりなかった」
てつ「アンコールはお客さんがするもんだろ!?」
福「どわははは。会場の人面喰ってるよなぁ。」
てつ「俺面喰ってるもん」
福「出演料払わないといけないくらい手伝ってもらってる(笑)」

☆20.白い森 (6弦:福、12弦:てつ)
この曲をやる前にある部分が12弦では再現できないっていうてつろうさんに、「あ、てつこの曲12弦でやったことなかったっけ?」とかいう福山さん。
たまらず「良くご存じだと思いますが担当ベースです!」っていうのめっちゃ笑った。
「白い森」ってかなり良くやる曲ベスト何位かに入るくらいやる曲ではあるけれど、良い曲なんだよなーやっぱり。

☆21.しあわせの涙 (6弦:福、12弦:てつ)
てつろうさんが「この曲大好きです」っていったら、福山さんも「僕も大好きです」って言っててほっこり。

☆22.この空の下に君がいるから (ピアノ:福、6弦:てつ)
福山さんがいつも最後にこの曲を歌ってくれるという、その愛を感じつつ聴きました。
この曲のときの福山さんっていうのは毎回ものすごくファンの皆を見ようとしてくれるんだけど、今日はピアノで横を向いてるからなかなか難しい状況だった。
それでもファンのほうをすごくみようとしてくれて…それが本当に愛だな~~って思った。
「あらーびゅ~」の繰り返しのところ、てつろうさんの見事なコーラスによって本当に号泣するくらい素晴らしい響きになっていて大感動。
リハやってないとかウソでしょ?っていうくらいです…。
てつろうさんの声って本当に福山さんの声と重なったときすごいしっくりくるんだよ~~。
今日てつろうさんが居たことを世界に向かって感謝したいくらい!大げさではなく!



福山さんソロのアコギ旅は11月以来約半年ぶりで、ファンにリクエストを募集しない形式で、っていうと、ほんとにすごく久しぶりだったんじゃないかなぁ。
ここ数年ファンからリクエストしてやってもらう機会はとても多くて、そのお陰でいっぱい満足させてもらっていました。
その分久しぶりに福山さんが自分で考えたセットリストでやるってことが私としてはこの日すごい楽しみなことでした。
あとやっぱりソロっていうのは特別に嬉しいことです。

全体的に曲目としてはオーソドックスだったけど、でもこういうオーソドックスなセトリって振り返ったら2011年のアコギ旅以来なんじゃないかなって。
4年も経ってたらある意味新鮮だし、新曲もあるし、私は満足でした。
「Nightingale」がピアノで聴けた。嬉しい
「夢をごらん」「素晴らしい世界」の2大好きソング来た。嬉しい。
「雪の日に」嬉しい。
大好きなトルバドール嬉しい。
確かに調子は悪かったけど、だからって手を抜いたとは一度も感じ無かったし、それどころかもうやめてっていうくらい叫んでた。
私は福山さんのクリアボイスが好きで大好きです。
好きになったインパクトのうちの一つです。
でも一番は福山さんの歌に込める気持ちが届くから好き、なんだと思ってます。
そういう意味で気持ちがすごく届いてきたからいいライブだったと感じました。

急きょゲストのてつろうさんは、これがてつろうさん以外の人だったら余計だなって思った可能性はあるんですが。。。でもてつろうさんが今は大好きなので(前の週のPACOにも行ってたし、この次の週の春フォレにも参加した)すごく嬉しかったです。
何より、福山さんが嬉しそうだったし、福山さんのこと助けてくれてありがとうって気持ち。
てつろうさん自身が誰よりそれを心配してそうだったから余計にありがとうを伝えたいと思いました。
春フォレでちゃんと伝えられて良かったです。

最近本当に忙しそうで、調子がいい声も考えてみれば半年くらい聴いてないなぁって気もするので、綺麗な声聞きたいって欲求はあります。
でも調子がいいだけがライブの良さの全てでもないんですよね。
自分にとってライブが良かったかどうかって本当に個人的な感想が全てで。
そう言う意味で終わった瞬間楽しかったー!って思えたこの日のライブは私にとって宝物でした。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20150511 |

Page up▲

05

January February March April May June July August September October November December
2015(Tue) 00:41

「マグノリア」発売記念イベント 東京と横浜

福山さん関連

残りの一つ。マグノリア発売記念イベント。


■ミニアルバム「マグノリア」発売記念イベント
 2015/04/25(土) 東京 タワーレコード新宿店7F 15:00~
 2015/04/26(日) 横浜 アニメイト横浜 18:30~


【タワレコ】
 リハ
01.Nightingale
02.Nowhereman
 本番
01.黒い瞳のネロリー
02.ジャングルジム
03.マグノリア

【アニメイト】
01.黒い瞳のネロリー
02.風と風
03.マグノリア


○タワレコ
インストアイベントの楽しみの一つは公開リハ。
アニメイト以外ではまず見られないってことはないからよほどの事が無い限り狙ってます。
私は戦隊系でインストアイベント行くことも多いしそれが普通って感じだけど、皆さん案外来てなかったですね。
タワレコ7Fのイベントスペースはホントにお店の一角。
スペース周りを可動式の棚で取り囲んで入り口を1か所作っておく感じでした。
1列10人くらいですかね。
お店に行ったときはステージ上に5個椅子が並んでいる状態であれ??って思ったけど、あとで気がついたけど多分福山さんよりあとのイベントの人たちが先にリハやってたんだろうなと。

福山さんがやってきてセッティングとかも見てたんだけど、最初に用意された譜面台のネジが馬鹿になってて、梅村さんと二人で格闘してたのが可愛かった。
譜面台に対して「じっとしてろよ」とか言ってたりして。
そのあともう一つまともなのがあったって運ばれてきたんだけど、それが折りたたみ式の譜面台で、今度はそれを開くのに二人で格闘(笑)
リハでアコギを出して弾き始めたのが「Nightingale」できゃーーーー!!ってなる(笑)
このときはイベントスペースの中に入れないから外巻きにみてたんだけど、距離的には多分そのくらいがちょうどよかったのか、リハのときが一番音量バランスよく感じたなぁ。
ギターの音もすごい綺麗だったし、歌声もすごいやさしくて最高でした。
歌い終わって拍手したら「もう始まってるみたいですね」みたいなこと言われる(笑)
次は「Nowhereman」!気持ちよさそうに歌ってた~♪
歌ったあとに右側の大型ディスプレイに生映像が映ってることに気がついてびっくりしてました。
大体こういうリハって本番で歌う歌を歌うもんだけど、福山さんの場合自分でギター弾いて歌うから気分で歌うんだなー。
大抵はカラオケ使うからその音源の音量とかの調整もあるし…たまにサービスで1曲別の曲やってくれるっていうこともあるんだけど。

さて本番。
近くに行ったら音量がすごい大きくて、アコギだからこんなに大きい必要はないよなーって思った…。
バラードだし勿体なかった。
しかし初めて聴いたアコギVer.のマグノリアはとーーーってもジーンって来た。。。
ピアノVer.はもちろん大好きだけどアコギVer.もすばらしい。

トークメモ。
・前回のアルバムがシンプルなロックを目指して作ったものだったが、あまりのシンプルさに手を抜いているのでは?と言われた話
・バラードでまとめたアルバムを作りたかった。今回は6曲で少ないかもしれないけど、厳選した曲が入れられたと思ってる

・「黒い瞳のネロリー」は「黒い瞳のナタリー」というフリオ・イグレシアスさんの曲のタイトルをぱくったけど曲は全然違います。
 (といいながら“フリオ“をかむ。ワンフレーズ歌ってくれた)
・「好きな異性を思い浮かべながら聴いてください、僕は歌ってる時は…黒い犬が向かってくる姿が浮かびます」
・Bメロは18歳のころ、Aメロは浪人してた19歳か20歳のころ、残りは大人になってから…、歌詞は1月に。
・曲はそのころイーグルスが好きで、そんな曲がかけないかと思って書いた

・ジャングルジムがどんどん撤去されていってるらしいけど、ジャングルジムが危なかったら何が危なくない遊具なんですかね。ちなみに僕はジャングルジムの一番てっぺんから飛び降りる遊びやってました
 (↑それだよ!! ※ご自身でもセルフツッコミ)
・PVの撮影場所の写真がでたとき、皆「ジャングルジム」のPV撮ってるんじゃないかって思ったと思う。「ジャングルジム」で写真撮りたかったけどジャケット撮影とPV撮影が同時で忙しすぎて撮れなかった
・大人になると子供のころは良かったって思うけど、子供のころは子供で大変なことがあった、そういうことを歌っている…みたいなことも。
 (これはすごくズシーンってきた↑)

・当初PVは「長い祈り」の予定だったが「マグノリア」が出来あがってどうしてもこれで撮りたくなり、PVの打ち合わせのときに突然お願いすることに。そのときはとてもじゃないけどランティスのプロデューサー関根さんの顔が見られなかった。


○アニメイト
音は断然アニメイトが良かった!
そして「風と風」が良かった~~~!!
福山さんも満足気だったし、聴けた私も満足!♪
その上「マグノリア」はさらに感動で、3曲という曲数以上に満たされたのでありました。

・(ネロリー歌う前に子供の声がきこえて)「みえるかなー?みえるところに来ていいんだよー。わんわんのうただよー」
 (無事死亡)
・「風と風」は諦めのサッドソング
・この日の時点で頭の中はポールのライブのことでいっぱい



P.S.おみやげは…ちょっとどうかと思いました。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20150505 |

Page up▲

04

January February March April May June July August September October November December
2015(Mon) 11:03

スーパーロボット魂 2015 “春の陣” 2DAYS

アニソン…中心に音楽話

遡ってSRS。
今年もなんとか2days参加できました。
1日目は仕事があり定時ダッシュでMIQさんがダンバイン歌っている頃に会場入り。
走ったぜー。
それでも番号悪い時にいつも好んで行く位置があるんですけど、そこが空いていたので結構いい位置で見ることが出来ました。
2日目は良い番号が来て(100番ちょっとくらいだったかな)幸いにも2列目に!やったー。


■スーパーロボット魂 2015 “春の陣” 2DAYS
 2015/04/28(火) 開場17:30 開演18:30
 2015/04/29(水) 開場16:00 開演17:00
 Zepp Tokyo

1日目
<出演> MIQ/森口博子/鮎川麻弥/川添智久/米倉千尋/麻倉あきら/福山芳樹/笠原弘子/松澤由美
<初参加> 柿島伸次/コミネリサ
<司会> ショッカーO野

2日目
<出演> 水木一郎/堀江美都子/影山ヒロノブ/MIQ/遠藤正明/さとうゆか/三浦秀美
<初参加> 桑田靖子
<特別出演> ささきいさお
<司会> ショッカーO野

二日間で思ったのはやっぱSRSすげーたのしいし皆さんめっちゃくちゃ歌うまーーーい!ってこと。
誰を聴いてても上手い。それってすごいよなぁ。
なんなら、私が一番好きな福山さんが一番下手くらい思う。(安定性ないって意味で。波があるもの)
上手い下手と、感動するしないはまた別の話になるけれども。
そういう意味では感動する的な意味でも皆さんスバラシイ~~~。

1日目はガンダム、パトレイバー、マクロス…などなど。
ひさびさの柿島さんの生歌ー!
「PLACES IN HEART」めっちゃ良かった…。
柿島さんの歌声と歌い方ほんとすき!!
タメ方がものすごく好み~~♪♪
今度トランスフォーマー特集で呼んでくれーーー!
ていうかトランスフォーマーのみでライブやって欲しいっ!

柿島さんと一緒に歌ったりもしたコミネリサさん。
私にとっては“lisa“名義で「忘却の旋律」のCD買ってたのでその印象のほうが強いというか、コミネリサ=lisaって気がついたのも結構遅かったので分かってるのにちょいちょい忘れます(笑)
10年前か…アニソンCDを毎月まだ大量に買ってた時代だな…。
コミネリサさんは「TIME IS ON MY SIDE」と「tears」。
すんげーうまかったゼ…。
鳥肌たったゼ…。

麻倉さんもホントに昔と同じ歌声で嬉しかったぁ。
昔の話をします。私はほんとにRo-Mが好きでした。
小中高の間に一番聞いたアーティストって、奥井さんかRo-Mかっていうほど。
奥井さんの出してる曲数と比べるとRo-Mっていうのは3枚アルバム出して消えたわけですよ。(ベスト1枚を除いてる)
その3枚を奥井さんと同じくらい聴いてたってことは1枚あたりエライ回数聞いてたってことで、ほんとに大好きだったんですよねぇ。
で、そんなに好きならソロライブ行こうかっていう考えは当然浮かんでくるわけですが今まで行ったことがない理由は、行こうかなって思った頃…5、6年前に公式サイトに上がってたライブ映像の動画があって、それがすごい息切れしてて全然歌えてないような動画だったんです。少なくとも私はこれを生で見たくはないって思った。
それが若干トラウマになってるわけなんですけど、ここ何年か偶にフェスみたいなので見る分には本当に昔のまんまで、大好きだったロングトーン…はりのある美しさが口からCD音源みたいなレベルで聴けているので嬉しい限りです。
あ、Xの2曲。

笠原弘子さんはパトレイバー特集で今回コンディショングリーンと勇気を翼にしてと未来派Lovers、それからマクロスIIの約束と大活躍!
アコギコーナー参加まで!
笠原さんが最後に挨拶してたときに横ですごい見守ってた福山さんが可愛かった(笑)
笠原さんは当然ながら可愛かった。

鮎川さんは恒例の曲たち。
アコギコーナーでとちったのを引きずったのか、星空のBELIVEだったかで歌詞忘れちゃってて、しかも今日に限ってご両親が見に来てたとかでなかなか凹んでたのでお気の毒でしたね。。。
でも相変わらずの美貌と歌唱力~~。
すきだ~~。

米倉さんはあまりにも変わり映えしない曲なので…。
あとこの日は米倉さんにしては調子良くないなって感じました。
いつも驚くほど完ぺきな印象の人なので。

森口さんは自己演出うまい…!
ドレスも綺麗!
歌も本当にうまい…!!

MIQさんはほんと、MIQさんをSRSで見たあとはすごいソロライブ行きたくなる!!
かっこいいし魅力的!!
ダイナミックだけど優しさもあるところが好き~~~!!

アコギコーナーは、「愛・おぼえていますか」と「Gの閃光」。
愛おぼ…今度福山さんソロで聞いてみたいと思った…(笑)
「Gの閃光」は原曲を知らなかった。
覚えているのは柿島さんと福山さんがすごい楽しそうにギターでいちゃこらしてたことです。
無邪気な子供が二人って感じでした。かわいいっす…。


2日目。

ハイライトは「がんばれ!宇宙の戦士」!!!
聴きたかったあああああ!!
飛び上がりそうなほど嬉しかった~~!!
 シグマシグマゴッドシグマ (ぱぱん!)
 シグマシグマゴッドシグマ (ぱぱん!)
 シグマシグマゴッドシグマ (ぱぱん!)
 シグマシグマゴッドシグマ (ぱぱん!)
 がーったいだー!!
ほんとにこの曲大好き!!
いさおさんの歌ってる姿もキュンキュンしたし、この曲も楽しいし最高の時間だった~~~。
ショッカーが歌って欲しいってリクエストしてくれて叶ったそうで、ショッカーありがとう!!と拝みたいくらい!
嗚呼愛しの合唱コーラスソング!!

アコギコーナーの「おれは洸だ」も好きな曲の一つでSRS前にCD聴きながら「これやってほしいなー」っておもってたからすごい嬉しかったです。
ライライライライラーイ!ってかわいいよね。
しかし子門さんの歌声聴くと、心から生で聞いてみたかったといつも思っちゃうなぁ。

三浦秀美さんは、私は初めて生で聴いたので感動でした!
「Gatherway」そのままだった~~!!

桑田靖子さんも初めて!
「HEART TO HEART」もそのままだった~~!!(貧弱な感想)

さとうゆかさんは1年ぶりだったけど、一度活動をやめられていたのでもう聴けないと思っていた分聴けて本当に嬉しかったです。
今はもう、やめたころのブログとか読み返すことが出来ないのだけど、家庭の事情も色々あったようだと記憶しているし、ご本人の精神状態もあまりよくなかったようだったので…。
さとうゆかさんの歌声は宝ですよ…こうやって年に一度でも聴いて行けたら嬉しいです。

勇者シリーズ特集幸せでした。



Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20150504 |

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2015(Sun) 20:51

松原剛志 スーパーヒーローソングライブ

アニソン…中心に音楽話

色々ライブ参加してたりするものの全然かけてないのでこの休みに書いていきたいと思います。
時間軸は今日から(笑)

松原剛志 スーパーヒーローソングライブ
 2015/05/03
 渋谷 TBSハウジング
 ①11:00~ ②14:00~ (各回30分程)

http://shibuya.tbs-housing.com/

松原さんをフォローしてたのに昨日になるまで気がついておらず、今日は一日家でグータラする予定だったのを急きょ参加に切り替えました。
場所はTBSハウジング。私宮益坂のほうホントに20年ぶりくらいに行った気がする~。
(多分だけど)
ハウジングというだけあって、ハウジングなんです。
家。
普段こういうフリーイベントでは必ず何かでお金を落とすように心掛けてはいるけど家は無理ですね。
見るだけでも見て行ってくださいって言われてもさ、ほんとに買えないし、見にいって対応してもらう時間を無駄にさせる感がぬぐえなくて見に行けなかったですよ。。。
ということでホントに松原さんのライブみただけです。


【1回目】
01.海賊戦隊ゴーカイジャー
02.ウルトラマンダイナ
03.ウルトラマンガイア!
04.Spirit (コスモス)
05.ウルトラマンマックス
06.ウルトラマンメビウス


【2回目】
1回目に1曲追加
07.スーパー戦隊ヒーローゲッター


1回目は11:00から。はやい~~~。
一番大変なのは朝から声張って歌う松原さんである。
とにかく客席が炎天下で暑かった~~~。
お客さんは30人くらいかな。子供は3人とか4人とかそのくらい。
そもそも住宅展示場ってこんなに人少なくていいんだろうか?…などと心配になるくらい人は居なかった。
司会はTBSのアナウンサー品田亮太。(入社2年目)
初っ端から大きなお友達ばかりなどと失言の嵐…たとえ本当だとしてもだな…?
まあそこは置いておこう。

どっちの回で話してたか分からないからてきとーに思いだしたことを。
デビュー前はイベントの裏方アルバイトとか、前座で歌ったりしてた。
アクションを志していた?のかそのころはアクションにのめり込んでいたという話も。
ウルトラマンの歌は前田さんや大門さんや、色んな方によくして頂いて、また許可も頂いて歌っているという話。
Project DMMとしての活動は、主に自身の舞台の都合があってなかなか3人での活動が出来ていないが、そんななかこうして一人でも歌う機会があればウルトラの歌を歌い継いでいきたいという話。

ということで怒涛のウルトラ曲推し。
私はウルトラ曲はずいぶん長いこと2曲くらいしか聴いてなかったのですが、2年前にProject DMMを見てからすごい好きになって(おせー!)、今は良くウルトラの全曲集的なやつきいてます。
だから今日行って聞きたいなって思ったんだけどね!
そういうことで私はすごくProject DMMのライブみたいんですよねぇぇぇ。
3人のライブ素敵だったからー。
あ、脱線。
ダイナすごい好きな曲だなー♪
コスモスもすごい好き!!
メビウスも好き!!
かなり楽しかったです。

1回目の客数よりも2回目の客数のほうが多かったのはそうなんですが、1回目が30人くらいだとしたら2回目50人くらい?で、1回目に来てた人は殆ど2回目も居たので、サービスで1曲足されました。
30分イベントで7曲も歌う人居ないよ!?
(1週間前を思い出しながら…)3曲の人もいるくらいだし、平均的には5曲だよ。
すごいサービス精神だよ…。
しかも追加した曲がヒーローゲッターっていう(笑)
合間の時間に歌詞覚えたって…がんばるよねぇ。
しかも松原さんの場合何曲かはダンス付きなわけで。
キレのいいダンス、あがる足、あざやかなターンっ!
ステージ見てて華やかでいいなぁ~~♪♪

今回事前告知には何も書いてなかったんですが、松原さんのサービスでイベント後に握手&ツーショ撮影会が。
普通はCD買った人だけ、とかだと思うんですけど、買うものが家しかないからタダですよ。
太っ腹っつーかなんつーか。
ありがたい話です。

ちなみに2回目最後、司会の品田さん「松原たけしさんでしたーー!」
!?(客がどよめく)
松原さんは退場しかけたけど品田さんに寄っていき肩ポン。
「ツヨシだよ」
ひえええ(笑)
あれは品田さん本人が一番凹むタイプのミスだったと思いました。
終わり。


Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20150503 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2015 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2015/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Page up▲