22

January February March April May June July August September October November December
2014(Tue) 22:03

サイラバ×流田Project ツーマンライブ

サイキックラバー関連

ワンマンのあとの流田Projectとのツーマン。
ツーマンというのはわりとリスキーですよねん。
どちらのファンでもあれば得ですけど、そうでなければやはりワンマンのほうがいいに決まっているわけで。
同じProject.R同志のツーマンとなると、これはもうほとんどファンが被ってるので全然問題ないんだけど。
だからやはり集客的にもあんまりよくなかったと思います。
この前のZ旗とのツーマンはかなり人入ったから、やはりこの組み合わせはファンにとってさほど親和性はないのだと思う。
前日のワンマンのほうが人は多かったです。
(それは個人的にはうれしいけど。ワンマンよりツーマンのほうが人多かったらちょっと悲しい)
姉も、ワンマンにはいくけど、流田Projectに興味ないからいかないって言ってついてきませんでした。
ツーマンの客層的には流田Projectファンが多かった…ですかね。入口のお目当てアーティスト調査を見る限り。
そう思うと流田側の集客力というのがすごいなと思います。

■サイキックラバー×流田Project 特ソン&アニソン カバーライブ ''R vs A'
2014/07/20(日)
 初台 LIVE-BAR-The DOORS
 開場:17:00
 開演:17:45

ステージ順
1.流田Project
2.サイキックラバー

一応コンセプトはアニソン特ソンカバーライブ。
アニソン側が流田で、特ソン側がサイラバです。


○流田Project

流田くんたちは人柄に対してはとても好感を持ってるんだけど、やる曲がわからないのがにんともかんとも。
(姉がこない理由もこれなんだが)
カバーが最近の曲ばっかりだからわかんないんだよ…もっと昔のカバーしてくれたらもうちっと楽しめるのだが。
私が彼らを初めてみたのってテレビ番組でクッシーと一緒にギャバン歌ってるのが初めてだったと思うんだけど(「串田アキラ」でおまかせ録画かけてるのでひっかかってきた)、だからもっと特撮系歌う子たちなんだと思ってたわけで、、、。
そのレパートリーを見る機会が全然ないのが残念でならないです。
私が勘違いしてただけでそんなレパートリーないのかしら…?
今回やったので知ってたのは…
・聖闘士星矢Ωの曲(見るたびに歌ってるから)
・なんとかドラゴンの曲(クッシーと同じ枠だから)
・もののけ姫(ワンコーラスのみ)
・聖闘士星矢のNoBさんのほうの曲
・Butter-fly
かな。

知らないけど知っているという意味では、紅蓮の弓矢って曲。
私原曲1度も聞いたことないしまったく好みではないんだけどもう流田ProjectVer.を5回は聞いてる。
正確にいうと流田Projectを見かけたすべてのライブイベントで聞いている。
去年のゆかいな、キョウリュウジャーイベント行ったついでの8月のレイクタウンで、アニソンAAA、1月のAJF、そして今回。
流田ファンはそんなに彼らの紅蓮の弓矢が好きなのか?
いや、フェス系は自分たちの自由に曲決めることは難しいのだろうけど、今回のツーマンなんかは絶対にもっと違う曲もやれたはず。
あの曲ばかり聞かされて選曲的な意味で私の中の評価は下がり続けていることだけは確かです。

流田Projectの時間に、1曲サイラバとのコラボあり
「1/3の純情な感情」を。
私の中ではるろうに剣心のOPEDはすべてアニソンではなかった、ただのJ-POP、ということになっているので選曲としては残念です。(悪しきタイアップの典型だと思ってる)
みんなが楽しそうに歌い演奏している姿を見るのは楽しかったです。
立ち位置的に、{YOFFY,流田,JOE}と並んでいて、それをみて初めて流田くんって結構小柄だったんだなと思いました。

今回のコラボは、1月に谷本さんと流田Projectが一緒にライブやった際にYOFFYが遊びに来ていたことが発端で、そのときに流田くんたちがサイラバに『すきすきオーラ』を出しまくった結果なんだそうです。(流田くん談)
「兄さん兄さん」と尊敬の念を持ちつつサイラバになつく流田Projectはとてもかわいかったです。
これが好かれる理由なんだろうなぁ。


○中説:特撮芸人トミウラタカユ機
突然出てきた芸人に驚くも、退屈な入れ替えの時間を盛り上げてくれて良かったです。
裏で地味に特撮関係のイベントを開催していて、ご本人たちにみつからないようにコソコソしてたのに、あるとき突然客席にYOFFYがいたらしい(笑)
そんでYOFFYがサイバーストーキング(YOFFY談)して、TwitterアカウントをフォローしてDMおくりつけて電話番号をきいたらしい。
で、中説やってほしいといったらしい。


○サイキックラバー

1.デカレンジャー
2.ハリケンジャー
3.マジレンジャーOP
4.マジレンジャーED
5.ゲキレンジャー
6.ゴーオンジャー
7.ゴセイジャー
8.ゴーバスターズ
9.シンケンジャーED
10.シンケンジャーOP

両方やったの以外はOPです。
平成の戦隊オンリーです。。


YOFFYは楽しく遊ぶつもりで企画したはずが、自分たちのワンマンツアーで必死すぎて全然余裕なかった&戦隊カバーオンリーにしたら戦隊ソング歌うのは大変すぎたらしく、こんなはずではなかったのにと言ってました(笑)
JOEは譜面みまくってましたね。
とにかくこのツーマン用にバンドでリハできたのは1日だけだったらしく、みなさんかなり余裕なかったらしいんですが、そうる透さんはそんな中本番で遊び心でアレンジしまくってたらしく。
確かにJOEとかいつにもまして透さんのほう振り向いてること多かったんです。
で、「透さんすごい変えてくるんですもん」的なこと言ってました。
YOFFYも「ドラムに呼ばれる(笑)」って。
いきなり違うドラム叩くから二人とも内心びっくりしながら歌ってたり演奏してたりしたみたい。
私たちからすると、そのアレンジは最初から計画されていたものなのかなって思ってたんですけれども違ったんだー!
JOE曰く「アニソンは難しくはないけど”ややこしい”。だけどそれが面白い」

19、20日と2daysでライブをやっていたサイラバですが、アーティストとしても事務所としても先輩であるNoBさんのライブを二日ともだだかぶりしており、「申し訳なくてほとぼりが冷めるまであえない」とYOFFY。
それで「みんなもあやまって!」というからファンみんなで「ごめんなさい」って頭さげたら(注:NoBさんはここにはいません)JOEが「客があやまってるライブ初めて(笑)」って笑ってました。

出てきたときに赤の革ジャンを着ていたJOE、「水木さんがヒーローは夏でも革ジャン!って言ってたので見習って着て来た」とドヤ顔だったんです。
最初に見た私もえっっておもったし、当然みんな思ってたはずだし、YOFFYも楽屋で見た瞬間から思ってたらしいですが、「我慢できない!脱ぐ!」って言ってJOEが脱ぎだした瞬間に「見た瞬間からわかってた!!」と(笑)
で、あとはもうずっとタンクトップ姿のJOE。
「タンクトップ開発した人は天才。こんなにライブに適した服はない」とか言ってました(笑)
「ライブに適した体になれよ!」とはYOFFY。(痩せろってことです)
でも昔の痩せこけたJOEの顔みてたら今のほうが明らかにふっくらしててぷりぷりでかわいいでしょう!!と思ってしまいました。
もう私はそのままのJOEでいいと思ってます。(※甘やかし傾向)
でも健康的な範囲でね。

ワンマンのときのMCでも、「戒めをこめて、マネージャーさんがJOEが甘いもの食べてるところ写真にとってついったーにあげてるのに、本人ピースしてるし。もう差し入れに甘いものあげないで!」とYOFFY言ってました。(笑)
それに対して「もらったものは食べます。俺、気持ちだけいただきますとか一番嫌い」とJOE。
あーかわいい。




○アンコール
・ビュンビュン!トッキュウジャー

サイラバのバンドのなかに流田Project4人が入ってのコラボでした。
流田くんは一緒に歌い、ギターの子はギターをJOEと一緒に弾いてました。
ベースの子とドラムの子はうろうろしてました。
というかドラムの子はめぇっちゃそうる透さん見てたのでうけました(笑)
そういう子嫌いじゃないですよ。ええ。
歌ってる最中に、JOEのあらわになったぷにぷにの二の腕をYOFFYがつついたら、「いいのかな?」ってドキドキな感じで恐る恐る流田くんもつつきに行ってて笑いました。

トークでは、さっきのサイラバの出番のときに2Fの関係者席で流田Projectのメンバーも見てたそうなんですが、大はしゃぎだったそうで、暗闇の中であのお面が浮かび上がってゆらゆらしててホラーだったとサイラバの二人に言われてました(笑)

総合的にみると、、、、とてもたのしかったです!
次があっても行くと思う!


Edit Comments(0) trackBack(0) | サイキックラバー関連 | 20140722 |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 11:30

サイキックラバー アルバム発売記念ツアー ”RAISE YOUR HANDS!!”

サイキックラバー関連

この間ツーマンはあったけど、ワンマンは本当に2013年1月ぶり!!
(開催はされてたけど他のライブと被ってばかりで行けなくて…不義理をしていました)
最前列で見られて、爆音で耳は死んだけど、心はサイラバの二人に打ち抜かれて死んだ!
なんだろ~~~も~~~やっぱりサイラバ好きだーーーー!
今わたしのサイラバ愛は昨日のライブがすごくすばらしくて楽しくて、最新アルバムも素晴らしかったということでMAX状態です!


サイキックラバー アルバム発売記念ツアー ”RAISE YOUR HANDS!!”
 2014/07/19(土)
 初台 LIVE-BAR-The DOORS
 開場:17:00
 開演:17:45



セットリストは…まああとでYOFFYのblogに載るだろうしいい…。
テンションあがりすぎてちょっと覚えてないんです。
基本的に最新アルバムの「RAISE YOUR HANDS!!」中心で、アルバム曲は全部やりつつ、他の曲もオリジナルもやっていく形。

私は今回のアルバム本当に気に入っていて、サイラバってこんなに幅があるユニットだったんだなってすごくすごく嬉しかったんです。
全部英詩の「Welcome to the Real World」が、ボーナストラックを除くと最後の1曲なんだけど、それが本当にこんな曲がサイラバで出てくるとはという1曲で…とても言葉では説明できないんだけど本当に感動しちゃったんです。
正直ボーナストラックはこのアルバムにとっては蛇足で、いらないくらい。
そのくらいこの曲は〆の1曲だった。
(でも今はデータにしてしまったらボーナストラック抜けるし、リリースされないよりは喜ばしいんだけど。でも1枚のアルバムの完成度の話ね)

その一番お気に入りの「Welcome to the Real World」を、ライブでも本編最後の1曲にしてくれてて、YOFFYは熱唱ですよ。
まあこの曲知ってる人ならわかるけど最後は超高音で熱唱するしかない曲なんだけど。
でもこの曲の熱量がライブで聴くことによってダイレクトに伝わってきて、もうなんだか泣けた。
そういう曲なのかって言われると多分そういう曲じゃないんだけどさ…すごい真剣にギター弾いてるJOEと、かなり照明落とされた中でひたすら叫び続けるYOFFYがすごく格好よくて愛おしかった。

もう二人とも本当にかわいいです。
格好いいって思ってるし言ってあげたいけど、それを上回る可愛さですよ二人とも。
YOFFYって基本的にボケたいみたいだし、それをこまめに突っ込んであげるJOE。
JOEはJOEでだいぶツッコミどころ多い人で、YOFFYもつっこんだりして。
高田社長のモノマネを二人でしあったりして。
終始トークは酷かった(笑)
あれほど中身のないMCしかないライブは久しぶりに行ったよ!(笑)
でもかわいくてかわいくて楽しかった。

トークでちょっと触れてたけど、「1年前に事務所が突然無くなって、捨て猫みたいな俺たちを拾ってくれたマネージャーさん」、、、バーチェストンの社長でありサイラバのマネージャーである徳永さん、この人にマネージメントしてもらうようになってから本当にライブ増えましたよね。
あまりにもライブがない、出来ない期間が長かったから、YOFFYは昔よりも体力無くなってるなぁって正直思いました。
ハードな曲が多いのもそうなんだろうけど、真ん中に休憩時間入れたりするあたりも含めて。
でも徳永さん、DAIDA LAIDA見てると本当に全国のライブハウスにつてがありそうだから、これからもガシガシサイラバをツアーの荒波に放り込んでくれそう(笑)
嬉しいなぁ。
やっぱり二人はライブで輝く人たちだと思うからもっとライブで見たい、そのためにももっと私もライブ行かなきゃなー…なんて思ったら、次のツアー全通したくなってきて…。
いやさすがに無理なんですよ。
薄給のほとんどをJAM、福山さん、梶浦さんのツアーに捧げてしまって本当にお金が~~~~。
でもいきたい…。
今回のツアー北海道(だと思うけど)全然人入ってなかったらしいし…。
もりあげてあげたい!


昨日のライブで、サイラバのライブもっと多くの人に見てほしいし、アルバムも聞いてほしいなって心底思ったので布教活動にいそしもうと思います。
私サイラバ好きです。いいユニットだと思います。

Edit Comments(0) trackBack(0) | サイキックラバー関連 | 20140720 |

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2014(Thu) 23:09

福山芳樹 鵺の森ツアー 愛知

福山さん関連

名古屋!初めてトラブルが何もなかった!!
福山さん、ちょっと泣いてたと思う。
ほんと良かった…福山さんが嬉しそうなのが嬉しい!!


YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2014 "鵺の森"
2014/06/29(日)愛知・名古屋Electric Lady Land




01.始まりの日
02.突き進めMY LIFE
03.RED DATA FRIENDS
04.MIRACLE SKY
05.Jungle Lady
06.鵺の森
07.サナギ
08.鳥がいない
09.MAD MACHINE
10.月のささやき
11.一番星と君と
12.新しい風
13.祝福と涙
14.マイ・ブラザー
15.君は来ない
16.ゼロになれ
17.一週間
18.この空の下に君がいるから
 アンコール
19.真赤な誓い
20.ねここしゃん~君の声は僕に届いている(森)~ドラムソロ(麻)~123(横)~Burn~Bohemian Rhapsody~


名古屋の音響は全体的に強め。
前日の大阪が良すぎたのです。
名古屋も十分良い方でした。

名古屋では麻生さんド正面にして左にてつろうさん、右に福山さんといい位置に立てました。
視界も良好!

そうだ、大阪も名古屋も、福山さんがギターアンプに座るたびにギターストラップ(シールドさしてる側)が外れてるのが見えていて、すごくハラハラしました。
あのストラップとても外れやすくなってると思うんです。。。
ギターアンプに座る福山さんはすごい格好いいので見たいけど、座るたびに外れる瞬間も見てしまうのでヒヤヒヤしちゃって…。大阪名古屋は仕方ないけど、仙台では変わってるといいなぁ。
一番大事なストラト落としたらえらいことですよ…。
2回ともギリギリでキャッチできたから良かったものの…。

ゼロになれで、ゼロを腕で作った状態から、てつろうさんが顔を前後に出したりひいたりしはじめて、それでもう福山さんが爆笑っていうか崩れ落ちて床転がって大笑いしてました。
ちからが抜けちゃったんでしょう、マイクスタンドを支えにしてようよう立ってましたね(笑)
「本気のてつのあとにはペンペン草もはえない」といわしめるてつろうさん。
その様子がもう大爆笑だったですよ!!

ゼロになれも一週間もてつろうさんはじけすぎてても~~~かっこいい!!!
ふふふふ。

福山さんはトラブルがないのがほんとうに嬉しそうで!
あー良かった良かったと思いながら見てました。
ローディーさんも前日は酷かったけど、名古屋では頑張ってくれてたと思いました。

あと残すところ2回しかないので、どちらもトラブルなくいきますように。
明日は仙台だ!楽しみだ!


Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20140703 |

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2014(Thu) 22:52

福山芳樹 鵺の森ツアー 大阪

福山さん関連

大阪、とにかく凄まじい量のトラブルでした。
途中から福山さんやけくそだったと思う。
結果ねここはこのツアーでは最長時間です。
公演時間も3時間オーバーで最長です。

そして最高の音響でした。


YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2014 "鵺の森"
 2014/06/28(土)大阪・umeda AKASO

01.始まりの日
02.突き進めMY LIFE
03.RED DATA FRIENDS
04.水玉のカバ
05.Jungle Lady
06.鵺の森
07.サナギ
08.黒い羊
09.MAD MACHINE
10.混沌の中をさ迷って
11.一番星と君と
12.新しい風
13.祝福と涙
14.複眼
15.Binbo Blizzard
16.ゼロになれ
17.一週間
18.この空の下に君がいるから
 アンコール
19.真赤な誓い
20.ねここしゃん~ドラムソロ(麻)~123(横)~君の声は僕に届いている(森)~ねここしゃんぴよん~




信じられないくらいのいい音響。
ギターもその他の楽器も。
福山さんの声も。
強すぎず弱すぎずの絶妙なバランス。
Jngle Ladyの冒頭、歌詞ミスってやりなおしたんだけど、あまりに綺麗な声だったから私はうっとりと「はー声がよすぎるよぅ」と目を閉じて聞き入ってて全然歌詞間違いに気がついていませんでした(笑)
でもやり直してもやっぱり美しい。

トラブルはもう~~~呪われてるのかってくらいに色々あって、やっぱりそれで集中力が切れてしまう部分はあったと思います。
ファンとしてはトラブルがあったとて、ライブに行く醍醐味の一つだからいいんですけれど、演者側の立場からすると思い描いた「良い形のライブ」をきっと見せたいですよね。
それが大阪までは一度もなかったので、福山さんは結構辛かったと思います。
ねここかな「もうトラブルはいやだ~」とか「1度くらいちゃんとやりてぇなぁ」とか言って私も次こそはトラブルなく気持ちよくやってもらいたいと思いました。

今回のツアー始まって以来、初めて下手側に立ちました。
いつもはほんとに下手ばっかりなんだけどね。今回福山さんがピアノ弾くからあまり下手にいくのもなぁ…って思って。
いつも下手にいっちゃうのはてつろうさんが好きだからです。
とても好みのイケメンさんですよ。。。一重で…私も姉も、ああいう顔の人大好きなんですよね…顔だけでいったらほんと好みなんですよ。
福山さんのことは今はちょー格好良く見えてますけど、基本ストライクではありませんでした。
歌声はもともとドストライクなんですけども。
それがいまや…可愛い可愛い(笑)
で、てつろうさん側にいってベース見てるとまた新たな発見があるのです。
指が美しい…のはいつものことです。
違いますよ…MAD~のベースってこんなにいいんだな~とか。そういうことです。
ねここのときに、てつろうさんが異常にテンション高くて、ジャンピングを要求されたわけです。
客みんなぴょんぴょん飛んでたんですけど、福山さんはエフェクターか何かいじってて下向いてたんですよね。
顔あげたら客が飛び跳ねてるから、ふくやまさん驚いてました(笑)

あーもっと早くかけばよかったけど、全然時間なくて。明日もう仙台だしとりあえずこのくらいに。


Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20140703 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2014 灯ブログ, all rights reserved.
06 | 2014/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲