--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2014(Wed) 22:04

谷本貴義 越谷レイクタウン DB改空前絶後 CD発売記念イベント

アニソン…中心に音楽話

睡眠時間まであと10分。
これも書いておきたい。


レイクタウンは二度と行きたくないくらい、大きいし、このイベントスペースのところが動物可だし…なんだけど、今週末の谷本さんのワンマン、数年目にして初めて行けないので、私の中で勝手にお詫びの気持ちを込めて行ってきました。



ドラゴンボール改(魔人ブウ編)CD発売記念イベント! 悟空もやってくる!
 2014/06/21(土)
 越谷レイクタウン 1F 木の広場
 時間:(1)13:00~ (2)15:00~
 谷本貴義ミニライブ&写真撮影会



●1回目/2回目
1.空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go(一番のみ)
2.Dragon Soul
3.ドラゴンボールヒーローズ 邪悪龍ミッションシリーズ
4.空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go(フル)



リハのやり方は各々違うなぁ~。谷本さんはほんとにちょこっと歌う…歌うというよりも、オケの音のかえり方、音量を確認するだけで終わりって感じ。

そして2回ともミニライブの曲目が同じで、そしてどちらも1曲少ないな…という印象。
大体5曲は歌うもんなんだけどなぁ。
でも、ほんと笑っちゃうくらい上手いんだよねぇ。。。笑えてくるほんと。
リハの最初からめったくそ声出るし、やっぱり才能あるなぁ。

1回目は客のノリも微妙な中頑張ってました。
2回目はお客さんがちょっとのってきてくれてよかった。
2回目は谷本さん自身がもっとのらせようと頑張ったって感じ。

それにしても空前絶後の振り付けは…絶対に簡単ではないし!(笑)
いつも谷本さん簡単だっていうけど…嘘だよ!!
あとせっかく覚えても2番の歌詞に適用できないのが痛いよねぇ…。

1回目の衣装がすごい好みだったの。
2回目になったら衣装が変わっててびっくり。
2回目終わりの撮影会の券をもらってたんだけど、個人的には1枚目の衣装で写真とって欲しかった…。
まさか衣装変えるなんて思わないジャン。
1回目に写真撮ってもらえば良かったよぉぉぉエンエン。

ああ…3分オーバー
スポンサーサイト

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20140625 |

Page up▲

24

January February March April May June July August September October November December
2014(Tue) 22:09

福山芳樹 鵺の森ツアー 東京

福山さん関連

労働環境が変わって毎日アタフタしてます故、前より更にブログかく時間を失っております。
嗚呼、通勤時間…人生の時間の無駄遣い。。。。

とそんなことかいてる時間ない急がねば。



YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2014 "鵺の森"
 2014/06/22(日)東京・TSUTAYA O-WEST










01.始まりの日
02.突き進めMY LIFE
03.RED DATA FRIENDS
04.MIRACLE SKY
05.Jungle Lady
06.鵺の森
07.サナギ
08.鳥がいない
09.MAD MACHINE
10.月のささやき
11.一番星と君と
12.新しい風
13.祝福と涙
14.マイ・ブラザー
15.君は来ない
16.ゼロになれ
17.一週間
18.この空の下に君がいるから
 アンコール
19.真赤な誓い
20.ねここしゃん~君の声は僕に届いている(森)~ドラムソロ(麻)~123(横)~Jet(ポールしゃん)~


---------------------------------------------



3曲目のRED DATA~でハウリングしたときにマイクのボリュームを一気に下げられて、そのあとから弱気に弱気に上がってきたものの、マイクボリュームもエコーも足りてない感じが結構長く続きました。
でもそれだけじゃない違和感ってのがあって、、、でも理由が分からなかったから上手く説明できないなぁ。
なんとなくバランスが悪い感じがするというか。
ミラクルスカイのAメロとか、今まで感じたことない違和感だったんだけど…うーん、なんだったんだろう。。

「Jungle Lady」の冒頭のピアノ、テンポが遅くなっていくから聞いててドキドキした(笑)
バンドメンバーが合わせてくれてるからだいじょぶなんだがドキドキする!

曲的には、岡山公演のセットリストをちょっと弄って順番変えて、「君は来ない」が追加されました。
で、冒頭のコントをカットされました。
コントカットしたから「君は来ない」追加されたわけじゃないと思うんですよねぇ…。
むしろ岡山公演ではトラブルあったから1曲カットした可能性あると思ってたので、そっちの可能性…?
今回はもっとがちゃがちゃ曲変えると思ってたので、2パターンなのか…と思いました。
それでも頑張ってますけど。

「鵺の森」を先に持ってきたり、そういう順番変更は、楽器都合かなと思いました。
東京公演しか見てない人は分からないと思うけど、岡山、福岡公演は、東京公演の5倍くらいエフェクトボードの切り替えに手間取ってました。
それがすごい大変そうな印象が強かったので、もちろん切り替えの練習もされたんでしょうけれども、切り替えの負担が少ない順番にしたのかな?と思いました。
成功したんじゃないでしょうか~~。

「一番星と君と」は綺麗な曲コーナーに入って良かったです。
あの曲の綺麗なリッケンバッカーの音の余韻が「サナギ」「鵺の森」でばっさり消えてしまうのって勿体ないから、柔らかな音で繋がって欲しいというのはあったので。
こうなってすごく落ち着いたという気がしました。

サナギとかのキマりかたは東京が一番決まってましたね。
音的には福岡はすごく良いバランスで耳に入ってきたので好きでした。
「MAD MACHINE」は東京が素敵だったかなぁ。
「祝福と涙」はどこも良かったので。
でも照明力は東京が一番で、「祝福と涙」のメリハリある東京の照明演出はすごく好みでした。
でもポケモンフラッシュはやめてほしい。
「新しい風」の前、サドウスキーのチューニングにダメ出ししてたけど、やっぱり暑さですぐにダメになっちゃうのかなぁ。
ローディーさんも見覚えない顔だし、あんなにギターあって大変そうだ。。。

最終的には「にゃん」で崩れ落ちて終わりました。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20140624 |

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2014(Tue) 22:13

連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック

梶浦由記さん関連

近年の梶浦さんのリリース作品の中では一番気に入ったかもしれません
(とはいえ時間なくて途中までしか聴けてませんが)

今のところドラマ自体もついていけてます。
おじいやんが亡くなる週はもう凄まじく泣いたよね…。
横たわったおじいやんの枕元で本を朗読するおとうのシーン、もう絶対死んじゃうと思って、そのままもう息してないってことになるんじゃないかとドキドキしながら見たし。
あとおにいやんがおとうに対してぶちまけた回は、良く言ったおにいやん!!もっと言ってやれと思いました。
あのおとうがいなきゃはながいい教育受けることも無かったけど、、、良い父親なのかと考えると…私にはそうは思えない…。
おにいやん生きて帰ってこれるんかなぁ…。(とても帰って来れなさそうな気配がプンプンしている…)


連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
 梶浦由記
 2014/06/18
 品番:SECL-1514
 ★Amazon「連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック」


【収録曲】
01.My Story
02.曲がり角の先
03.花子と呼んでくりょう
04.Palpitation!
05.Like a Wildflower
06.わかれみち
07.好奇心
08.トラブルメーカー
09.わるいゆめ
10.夢みること
11.そこに生きる人たち
12.穏やかな時間
13.コトダマ
14.Mother Land Nostalgia #2
15.Flower Garden
16.孤高の人
17.A Guiding Star
18.Lost Piece
19.Black Witch
20.福音
21.事件!
22.Awakeness
23.Scandal
24.自由への疾走
25.折れた翼
26.今の言葉使いは感心いたしません
27.灯のもとに
28.in the Flower Garden
29.根無し草
30.その人との出会い
31.Enigma
32.もうひとつの家族
33.Mother Land Nostalgia





※時間がなくて途中まで。

☆01.My Story
しょっちゅうかかってるメインテーマっぽいやつですね。
イーリアンパイプス全開のやつです。。

☆02.曲がり角の先
これもよく聴きますね。

☆03.花子と呼んでくりょう
☆04.Palpitation!
☆05.Like a Wildflower

☆06.わかれみち
この曲!この曲が早くCDで聞きたかったです!!
めっちゃ泣ける~~!!
最初はフルートメインな感じできて、ハープ入って、途中でブワッとストリングス入る。
名曲!!ずっと繰り返したい。

☆07.好奇心

☆08.トラブルメーカー
ああ(笑)これか。「トラブルメーカー」ってタイトルはぴったりだ。
これアコーディオンって改めて聞いてるとすごい気がする…。

☆09.わるいゆめ
BOUZOUKI…ブズーキと読むのか。
そしてウード…。
田代さんなんでも持ってる気がする…。
そしてそうやって考えながら聴いてるとこれ結構癖になる曲です。
でもこういう曲って梶浦さんどうやってどこまで考えてスタジオに持って行ってるんだろうってすごい興味湧くなぁ。


☆10.夢みること
ハープの音めっちゃ綺麗です…。


☆11.そこに生きる人たち
わーわーわー!
いい!この民族感いい!
アコーディオンとパーカッションか。


☆12.穏やかな時間
☆13.コトダマ
☆14.Mother Land Nostalgia #2
☆15.Flower Garden
☆16.孤高の人
☆17.A Guiding Star
☆18.Lost Piece
☆19.Black Witch
☆20.福音
☆21.事件!
☆22.Awakeness
☆23.Scandal
☆24.自由への疾走
☆25.折れた翼
☆26.今の言葉使いは感心いたしません
☆27.灯のもとに
☆28.in the Flower Garden
☆29.根無し草
☆30.その人との出会い
☆31.Enigma
☆32.もうひとつの家族
☆33.Mother Land Nostalgia


Harpの朝川朋之さん、以前梶浦さんがお名前ツイートしたときに興味を持ってフェイスブック見てたら面白すぎてすごい遡って読んでしまいました。
ユニークな写真と、合間合間に入ってる真剣にハープに向き合う記事がとても面白かったです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20140617 |

Page up▲

08

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 23:55

福山芳樹 鵺の森ツアー 福岡

福山さん関連

福岡さいこーーーーーー!!!
昨日のすべてをリベンジするかのようなライブで、福山さんも嬉しそうだったし、見ていて私もとっても嬉しかった!
それに日替わり曲の多さ!!
五曲も!!
わーーーこの後のツアーどうなっちゃうの~~~♪



YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2014 "鵺の森"
 2014/06/08(日)福岡・DRUM Be-1













★は日替わり曲

01.始まりの日
02.突き進めMY LIFE
03.RED DATA FRIENDS
04.水玉のカバ ★
05.Jungle Lady
06.一番星と君と
07.サナギ
08.鵺の森
09.黒い羊 ★
10.MAD MACHINE
11.混沌の中をさ迷って ★
12.新しい風
13.祝福と涙
14.複眼 ★
15.Binbo Blizzard ★
16.一週間
17.ゼロになれ
18.この空の下に君がいるから
 アンコール
19.真赤な誓い
20.ねここしゃん~ドラムソロ(麻)~123(横)~君の声は僕に届いている(森)~Live&LetDie★(ポールしゃん)~


-----------------------------------------

■追記:2014/06/15


会場に歩いていって、ここかな~って思ってついた途端、先についてたお友達から「さっきまで看板に『鶴の森』って書いてあったんだよ(笑)」って言われて笑いました。
今後も有りうるミスですが、注意深く見ないと気がつかない気もします。


前日の岡山がめちゃくちゃ暑かったので、用心して扇子買って持って行ったんですが、福岡は空調がすごくよく効くハコでちょっと寒いくらいでした。
なんとなくチケットの売れ行きがとても悪そうな気配は感じていましたが、参加人数は80人ほどだったと思います。
DRUM Be-1のキャパは300人なのでかなりゆとりがある状態だったということになりますね。
ちゃんと段差があったり途中にもポールがあったりして、しかもステージはとても高いまともなライブハウスだったので、全体的にすごく見やすい良いところだなというのが感想です。
トイレとコインロッカーは2Fに。トイレも男女別で、女子のほうだけでも3つはあったりして充実してました。


昨日トラブルがいっぱいあったし、やはり練習が足りてない感じはすごくあって、きっとそれは演者のほうが絶対に分かってたと思います。
なのでこの日開場時間は10分押して、その間も音が鳴ってました。(曲は分からない程度に)

この日のコントは(冷静に、この書き出しおかしい…/笑)「太陽にほえろ」でした。
福山さんは「ボス」。
てつろうさんは「モリさん」(ゴリさん)
麻生さんは「アチョーさん」(長さん)
そしてPONちゃんは「ノーパン」(ジーパン)
あの…そもそも世代じゃないので良く分からないというのが一つ(笑)
そしてPONちゃんがカワイソすぎるというのが一つ!
岡山から福岡に移動する道中でこのコントを決めたみたいで、元ネタも知らないPONちゃんが「ノーパン」呼ばわりだし、「なんじゃこりゃあぁぁぁ」を強要されるし(笑)
Fバンドって…大変だなぁ~~と思いました!


セットリストを見てもらうと分かりますが、日替わり曲がいっぱいあって驚きました。

「始まりの日」でギターの線が抜けてしまうトラブルがありましたが、いってみればそれくらいであとは大きなトラブルはありませんでした。
昨日から考えるとすごい進化!
(Fブログを見るとギターアンプのスピーカーが壊れてたみたいですが、ライブ中には一度もそんな話はでなかったと思います)

早速動物コーナーで「水玉のカバ」になってびっくり&嬉しい!!
てつろうさんがすごく嬉しそうな顔でベース弾いててほっこりです。
好きだなぁこの曲♪

「サナギ」「鵺の森」のクオリティは段違いで福岡のほうが良かったです。
基本的に、福山さんがピアノにいって歌うときのマイクにかかるエコーが、ギター側のマイクとは違っててそれもまたいいんですよ。

「サナギ」で最後のピアノ部分を弾くときの福山さんの口元、弾くのに夢中でパクパクしててとてもかわいいんですよね~。
その弾いてる姿を見ているPONちゃんがすごい優しい顔してるのでそれもまたすごく良かったです。

「サナギ」については最後のMIXの日までPONちゃんに弾き直してもらってたと福山さん。
PONちゃんは「福山さんの頭の中にはちゃんと(理想の)音があって、それを見つけていくのが難しかった。」と言ってました。
「MIXしたらわからなくなってしまうかもしれないレベル」の違いだと思うと言ったのは福山さんだったかな。
でもそこに拘るのがいいよね、うんうんと思いながら話をきいてました。

「鵺の森」のとき、アコギをスタンドに置いてひこうとするてつろうさんに対して「アコギが浮いててマジシャンみたい」と福山さんが言ったらてつろうさんがアコギの後ろでザワザワとマジシャンのような真似をしていて可愛かったです。
「鵺の森」の最後のほうの高音とかはCDとはちょっと違うんですけど、でも力強さはライブすごいです。
福岡は、ドラムセット部分がさらに高くなっていて、鵺の森のときのドラムソロの格好良さがより見やすくなってました。
あの2番からの展開がほんとに格好よくて好きだ!!

「黒い羊」も集いのリクエスト企画の賜物です。
うわーほんとに聞けちゃうんだーという喜びですよ。。。
日替わり曲じゃなくて毎回ききたいです。
ボーカルがすごい熱量…。歌詞好きだなぁ。
ギターも熱くて、途中で一番下の弦を切りながらの熱いプレイ!
ギターはこっちに持ち替え↓
http://www.fukuyama-yoshiki.net/gold/04_Guitars/page/13.html

「月のささやき」が「混沌の中をさ迷って」に変わって少し残念に思ったけれど、むしろそれによりさらに岡山の「月のささやき」が特別になったという気もしました。

「祝福と涙」も、福岡のほうがクリア―な音で聴けました。
(とはいえ聴き手としては感情移入して聞いた岡山はかなりのお気に入り度です)
てつろうさんとの2声部分も好きだし、麻生さんが入ってくるドラム部分の乾いた音も好きだなぁ。

マイブラザーは「複眼」と「Binbo Blizzard」になった…と書くのが正しいのかどうか…。
なので福岡は1曲多かったんですよ。
岡山、トラブルがあったから1曲何かを減らしたのかなぁとも考えたけどそんなそぶりもなかったし、マイブラザーが長いからなのかなぁと今は思ってます。
ここはこれからの公演ではどちらか…なんじゃないかなぁ。

「ゼロになれ」は昨日はなかった男女差別コール&レスポンス。
男性陣のみは1回だけってひどい(笑)


「この空の下に君がいるから」の前のMC。
前回福岡にきたのは、くも膜下出血で倒れたあとの復帰初日だったこと。
大丈夫だと言っていたけど本当は高音のたびに頭がいたくてとても辛かったこと。
今は半年に1回検査もちゃんと受けてるし、ラーメンも月に2回…3回にしてること。
(3回…と正直にいうあたりがまた愛おしい)
生きて同じ空の下にいてくれてありがとう…と思いました。

「ねここしゃん」も盛り上がったー!
この日のポールしゃん「Live&LetDie」は福山さんピアノ弾きながら。
ほんとに一番楽しそうだから笑っちゃうし微笑ましい(笑)



「突き進めMY LIFE」から「Binbo Blizzard」まで、客参加型の曲が全然ないという意味で、福山さんはそれを結構気にしていらしたけど、私としてはかなりいいセットリストだったなぁというのが感想です。
こんなにいっぱい変えてくれるなんて思ってなかったですし。
トークも岡山よりも余裕がある感じしました。
岡山では話したいこと全然話せなかったって言ってたんで。(多分トラブルで余裕なくて)
まだエフェクターボードに「使われてる」と何度も言ってる感じではありましたが、そういうのも見ていて楽しかったです。

福岡も大満足のライブで、本当に遠征して良かった!!よかったです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20140608 |

Page up▲

08

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 23:50

福山芳樹 鵺の森ツアー 岡山

福山さん関連

初日の岡山公演、いろいろトラブルはあったけど、個人的には思い出深く、忘れられないライブになりました。
詳細はまたのちほど。
セトリだけ先に



YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2014 "鵺の森"
 2014/06/07(土)岡山・CRAZYMAMA 2nd Room












01.始まりの日
02.突き進めMY LIFE
03.RED DATA FRIENDS
04.MIRACLE SKY
05.Jungle Lady 最初ピアノ
06.一番星と君と リッケンバッカー
07.サナギ 最初と最後ピアノ テレキャス
08.鵺の森 最初ピアノ
09.鳥がいない
10.MAD MACHINE
11.月のささやき
12.新しい風
13.祝福と涙 アコギ
14.マイ・ブラザー
15.一週間
16.ゼロになれ
17.この空の下に君がいるから
 アンコール
18.真赤な誓い
19.ねここしゃん~123(横)~ドラムソロ(麻)~君の声は僕に届いている(森)~Jet(ポールしゃん)~


---------------------------------------------

追記:2014/06/15
遅くなっちゃったけど記憶を掘り起こして書いてみようと思います。
この日は最大級にいい整理番号が来て本当にいい場所で見ることができました。
天候的には、東京は雨が降ってましたが、岡山はめっちゃ晴れてました。
待ち時間の暑い事!!待ってる間に汗だくです。

公演時間はトラブルがあって3時間ほどだったので、なければ2時間半が目安です。


まず登場から。
マーチの音楽が流れて(福山さんのブログには「大脱走」とある)、福山さんを先頭にして敬礼しながら行進して登場。
予想外すぎて笑いが起こる。
下手からの入場だったんだけど、福山さんが中央で止まったあと、麻生さんは後ろのドラム、てつろうさんは下手側のベース位置で止まって、PONちゃんが上手奥にいかなきゃいけないんだけど、ステージがすごくせまくて福山さんが邪魔で通行出来ず(笑)みたいなシーンも。
福山さんはニコニコしながら、「鵺の森ツアーという名前で、曲が暗いからどうなるかと思ってたかもしれないけどこんな感じです」と(笑)
岡山まで来る道中かな、はじまりの曲を考えながら車で曲をかけていて、これかタラララララ~みたいなマジックやるしかないような曲かどっちか…と。
まさかコントで始まるライブとは思わず。
そしてこれは曲を変えてツアーで毎回やっていく様子。
このあとどんなコントが出てくるのか!?


☆01.始まりの日
どんな曲で始まるのかなーなんて思ってたら、かなり王道感のある1曲目。
わかりやすく盛り上がる1曲目ですね。

☆02.突き進めMY LIFE
そのままの勢いで!
なんかすごい久しぶりなこの感じ!!たのしー!!ってなりました。

MC:ここから動物の歌コーナー


☆03.RED DATA FRIENDS
☆04.MIRACLE SKY
ミラクルスカイでサドウスキーに持ち替え。
2番くらいまで行ったところで、福山さんがまったまったと曲を止める。
「聞こえないです。ギターの音聞こえない」と。
どうやらイヤモニに福山さん自身のギターの音がかえらないらしい。
VOXのアンプからはギターの音は出ていたんだけど…。
ここで一度中断してスタッフさんに復旧作業してもらう。
(Fブログでいうところの「序盤でギターアンプのマイクが壊れ」というのがここだと思われる)
復旧作業の間、何故か恋バナでもしますかって話に。
イエーイって盛り上げたら、福山さんの恋バナのはずがのらりくらりとてつろうさんに振られてしまう(笑)完全にとばっちりです!!
てつろうさんは「年長さんのころにクラスのお姉さん先生に。」と。
もう少し大きくなったあとも「卑怯な恋しかしませんでしたね…向こうから告白してきてくれたら…、自分からは言わなかった」と。
最初のトラブル時はてつろうさんだけ話す羽目になって、その間に復旧したので曲に戻り。

福「どこまでやったんでしたっけ?2番くらいまでいきましたか。2番からやりますか。」
麻生さんだったかPONちゃんだったか「最初からやりましょうよ」

ということでミラクルスカイやり直し。
だけど確かこの曲でまたアンプがおかしくなって、途中で福山さんが左耳のイヤモニを外しながら弾き出して、2回目だったから最後までやったんだけど終わったあとに「左耳爆音がかえってくるようになっちゃいました」と。
(これがFブログの「ギターアンプが壊れて」という部分と思われる)
どうやら完全にVOXアンプが壊れたということで、予備のアンプに差し替えることに。
いつも2台アンプを持ってきているそうで、どちらもステージの上に置いておくんだけど、この日はステージが狭かったので外に出して置いたらしいんだけど、それを持ってきて入れかえることに。
(この日はローディーさん大忙しだった…。今回はギター持ち替えも多いし大変だね。)

アンプ交換にすごい時間がかかるので結局恋バナトーク復活(笑)
麻生さんは小学生のころ何度も転校していて、モテモテだったらしい。
なので逆に冷めていたと。(ピークはこの時でそこからもてなくなったと言ってたけど、、、そんなことないと思うわん!!)
横田さんは小学生のころクラスのマドンナ的存在の女の子に。
福山さんは「前にもどこかで話したことあるんですけど"さっちゃん"って女の子。その子に『やーいバナナ食べられないのかよ』みたいにからかってたけど本当は好きだった」と。
これその時はどこかで見た気がしたけど思い出せず、あとでアニカンのJAMの連載のときに書いてあったなと思いだしました。
http://www.anican.jp/column/jamproject_relay/default.aspx?id=65
これを読み返すと、「さっちゃん」と「バナナ」の関係性は強烈な思い出だったんだろうなと思いますね。
「この中にさっちゃんっていますか」みたいに客席に問われて、多分、誰も手あげなかったけど、良く考えたら自分がさっちゃんだなってあとで気がつくなど。
呼ばれたこともないし…気がつかなかった。
でも気がついたとしてもこの話の流れで手挙げられるか?あげられないよな。。。(笑)
アニカンには書いてなかったこの初恋の続きがあって、さっちゃんはこのあと中学になって戻ってきたそうですが、雰囲気が変わっていたそうです。

。。。とこんな初恋話をアンプ交換が終わるまでやってました。


☆05.Jungle Lady
今回ステージ上にはPONちゃん用のキーボードとは別に、もう一台前のほうにキーボードが用意されていて、最初から「これ福山さんが弾くっぽいな!!」って感じだったんだけどやはり福山さん用キーボード。
「Jungle Lady」の最初の静かなところを福山さんがピアノで弾きながら歌って(立ったまま、ギター持ったまま)、盛り上がるところで中央に戻ってきてギター弾くスタイル。
今回中央のギター弾くときに立ってる場所にあるカンペは譜面台じゃなくてモニターなんだけど、ピアノ前にはモニターがなくてピアノのナナメ前にあるスピーカーに歌詞が貼ってあったんですよ。しかもその歌詞カードが前の客に丸見え(笑)
「見るなよ!!」と福山さんやPONちゃんから言われる(笑)
そしてその歌詞カードを見えないように隠してあった紙自体も「突撃ラブハート」の裏紙というヒドさ(笑)
それはさすがに言わなかったらばれなかったのに自分で言っちゃう国王。

この曲も久しぶりに聞いたきがするよー!
(とはいえバンドライブ自体が久しぶりなので何でも久しぶりに聞える)


☆06.一番星と君と
リッケンバッカーに持ち替え。
ここじゃなかったかもしれないけど、「今回のライブの目標は出来る限り録音時と同じ機材で演奏すること」と福山さんの目標をてつろうさんが話してくれました。
「そのしわ寄せが僕にきてます」とてつろうさん。
「僕も地味にしわ寄せが」とPONちゃん。
12弦のリッケン、ライブでは初めて使うと福山さん。
すごいすごいすごい綺麗な音!!!!!!
めちゃくちゃいいです。
そしてこの曲大好き!!


☆07.サナギ
ギターはテレキャスに持ち替え。
で、ピアノに移動する福山さん。
この曲の福山さんは冒頭ピアノ>中盤ギター>最後ピアノという忙しさ。

この曲は今までの曲の中で一番難産だったかもしれないと福山さん。


☆08.鵺の森
この曲も最初は福山さんのピアノから。
そしててつろうさんはベースを肩にかけたまま、序盤にアコギを弾いてます。
(アコギはJAMのライブでTAKEOさんが良く使ってるギタースタンドに置いて弾いてます)
歌詞間違いは…ううん(笑)この日は酷かったから。。。
見どころの一つは麻生さんのドラムですね。
とにかくまばたき出来ない格好よさです。


☆09.鳥がいない
おおおおお!!バンドならではの曲の一つ。
だけどバンドで聞けたの何年ぶりだったんだろうか。


☆10.MAD MACHINE
始まりの素朴さと、途中からの強烈なギターにはわわ~~。


☆11.月のささやき
わーーわーーー!!月のささやき!!
私多分前にも書いたことがあると思いますが、「月のささやき」には並々ならぬ思い出があるんです。
この曲は「この曲が好き」とかそういう次元を超越した存在といいますか。
ハミングバード時代もソロ時代も含めて一番思い入れがある曲で、この曲聴くとほんとにそのことがワーーッって思いだされてしまうんです。
その上この距離感で。。。
歌詞の中に「もう泣かないで」ってあるんですけど、この曲の思い出はこの曲で号泣した思い出なので泣かないでって言われると余計泣けてしまうというか…。
話かけるように歌ってくれる福山さんの歌声聞いたらもう耐えられなくて、この距離感で号泣したら迷惑だろうなって思ったけど耐えられなくてえんえん泣いてしまったんですよね…そしたら頷いてくれて…。
あとでお隣だった人にも貰い泣きしてしまったと言われてしまいました…すみませんすみません!!
岡山のこの曲は今思い出しても泣けてしまう。


☆12.新しい風
集いでリクエストが一番きた曲ということで(そう言ったのは福岡だったかなぁ)。
12月&1月のリクエスト企画は多大な影響を及ぼしてますね!!
やってよかったリクエスト企画!!
この曲自体もすごく好きだし、「月のささやき」の気持ちが残ったままだったのでほぼ泣いてました。


☆13.祝福と涙
この曲は元々4声でやるのが理想だったけどハミングバードは3人しかいなかったので、今の4人でやれるのは理想のコーラス体制であると福山さん。
アコギにもちかえ。
PONちゃんはこの曲の低音を歌ってるんだけど、歌ってるんだか歌ってないんだかわからないくらい低すぎてとても難しいとぼやいてました(笑)
わーん綺麗な曲だよう。
そう思ってまた泣けて、つまり3曲ほぼ泣きっぱなしでした。。。
そしたら歌い終わりにピックを投げてくれて…そんなことあるんか…という驚きで、投げてくれたのにキャッチ出来ず落としましたゴメンナサイ。。。


☆14.マイ・ブラザー
てつろうさんによってセレクトされた1曲。
てつろうさんナイスです!!
この曲来るとライブとしての楽しさが増幅される気がします!!
ギターめええええっちゃかっこいい!!


☆15.一週間
勢いで一週間!歌詞は…(笑)


☆16.ゼロになれ
コール&レスポンスがっつりです!!
福山さんが頭左右に振りながら「ふ~~~!!」ってやったのが可愛すぎ&恥ずかしすぎてファンが吹き出したら「恥ずかしがるな!」と言われるなど。
そのあと頭を上下に振りながらもありましたね。
とにかく楽しすぎ!


☆17.この空の下に君がいるから
最後は定番のこの曲で。
本当にいつもこの曲がラストってことは多くて、それが不満だった時期も正直言ってあるんですけれど、福山さんが倒れて復帰してから、そうなって初めてこの曲を最後に歌いたいと願う福山さんの気持ちが理解できるようになってきました。
遅すぎるけれど、まだ間に合ってよかった。

福山さんがこの曲を選ぶ気持ちは、昔も今も同じなのかもしれない。
そう思うとライブは受け手側の気持ちがとても大事なんだなと改めて思います。
この曲をどう受け止めたいか、福山さんがどんな気持ちで歌ってるのか受け止めたいって思って聴くと、歌詞に込められたあふれんばかりの優しさに耐えられない気持ちになります。
曲への愛おしさは増すばかりです。

 アンコール

一応今回は一回ひっこみました(笑)
Tシャツに着替えたのは麻生さんとてつろうさんのみ。
福山さんとPONちゃんは時間がなかったと言ってそのままでした。


☆18.真赤な誓い
定番盛り上がり曲ということで。

☆19.ねここしゃん~123(横)~ドラムソロ(麻)~君の声は僕に届いている(森)~Jet(ポールしゃん)~
最後はねここ!!
当初の予定とは違う順番で突然ソロ呼びされたPONちゃんの驚きっぷり(笑)
「僕ですか~」「あなたです~」「ほんとにやるんですか~」「もう呼んじゃったのでやってください~」みたいな曲に合わせて掛け合いあり。
「123」は振りもあって盛り上がるし、麻生さんのドラムソロはちょーかっこいいし!
てつろうさんの「君の声は僕に届いている」も皆でWow Wow言えて楽しかった!
ちなみにPONちゃんの「123」がCMに使われている話。
今流れているCDのバージョンは、福山さんのギターではない。
CDに収録するのは福山さんギターとのこと。
(この話は福岡かもしれないな)
そして洋楽コーナーは今回ポール特集のようです。
ねここのリズムでポールが見られなかったことの残念ぷりを吐露されました。
私は全然詳しくないので大概分からないことが多いんですけど、「Jet」ももちろんわからなかったんですけど、福山さんからの指示で皆で「Jet!!」って言うのとかめっちゃ楽しかったです。
なんとなく途中から言うタイミングもつかめてくるし!
ねここのコール&レスポンスでは、招き猫の手する福山さんが可愛すぎてギャフンでした。
その上自分でやって自分で恥ずかしがるとか…!!
はーもうほんとねここは楽しすぎ。


 ---

狭いハコで、すさまじい暑さでした。
それでギターの弦が緩みまくったのはあると思います。
私は正直あまり気にしてなかったけど、気になる人は気になったようで。
(決してすごく良いとも思えなかったんですけどね)
トラブルも多くて、福山さんは1曲目から色々トラブルがあってそれを引きずって凹んでたみたいで。
でも私は嬉しかったです。
何年かマンネリ感あるライブが続いたこともあったし。
必ずしも、CD収録した環境そのままでライブをやるっていうのは正解とは言えないのかもしれないです。
(正解なんてないだろうけど)
ライブの流れを止めてしまう弊害もあるし。
でもチャレンジする気持ちがすごく伝わってきて嬉しかったなぁ。
新しく作った足元のボードに使われてて大変そうだったけど、、、まだ慣れないようです。
ツアー初日だし、こういうトラブルも私としては行った人にしか体験できないものですし。
今後どんどんよくなるだろうって確信も持てました。


ステージがとても低くて、多分15cmあったかどうか…くらいでした。
そのため前のほうに居たのでギターソロ等でしゃがんだりしてました。
だけど福山さんからもあまりやらなくていいって言われたし(もちろんもっとやんわり言ってくれた)あまりやり過ぎてもなぁって思ったんだけど、やる加減が難しいなぁと。
あまりやりすぎても福山さんに気を使わせてしまうし。
弾く方としてもやりすぎたら目ざわりに映るかなって思った。
ほどほどが大事なんだけど。
でも同時に後ろの人にも見えて欲しいとも思うし。
ステージが高いのが一番いいのだけど。。。

狭かったのでギターソロとかで動いたときにマイクスタンド倒しそうになったりして。
1度目はローディーさんがギリギリで見事なキャッチ。
そのときに緩んでしまったマイク部分がガクンって下にさがったら、福山さんが自分の顔をマイクに近付けていて笑ったり。
歌ってる最中だったのでそれを20秒くらい片手で一生懸命支えながらスタンドの緩みを治すローディーさん。福山さんいわく「人間スタンドやってくれた」。
でもほんとに最後に福山さんがスタンド倒してしまって、キャッチも間に合わず、ファンみんなで「あああああああ!!」っていうのもありました(笑)

PONちゃんのところにあるPCでも音を出していて、今までで一番効果的に使えてるって話もあったんですけど、「次の曲でお客さんにもわかってもらえると思います」って福山さんが「月のささやき」前に言ったら、PONちゃんから「……(次の曲じゃない)」と(笑)
結局どこでどう使われたのか分からなかった……察しの悪いファンですみません。。。

ライブ全体で見たら、セットリストにも満足できました。
やはり1曲でも本当に心から感情が揺さぶられる曲をやってもらえるとそのライブは自分にとって特別なものになりますね。
この日は本当に「月のささやき」が心に沁みて、寝ようとホテルのベッドに入っても、福山さんの「月のささやき」が頭のなかで聞こえてきて、ただただ泣けてしまいなかなか寝付けませんでした。
幸福を噛みしめた夜でした。


 ---


物販関係。

○Tシャツ
ネロリンTシャツは福山さんお手製デザイン。
元ネタあり。CDじゃなくてレコードのデザイン。
「俺のギターを聴け」って書いてあるけど、裏にこっそり「俺の歌を聴け」とも書いてあると。

○CD
「鵺の森」はライブ会場で買うとサイン入りポスター。
「鵺の森」以外のCDを2000円以上…だかで小さなサイン色紙。
てつろうさんのCDは「Universe」
PONちゃんはこのツアーに間に合わせるつもりだったCD間に合わず。(福岡で東京までにはと言ったけどどうやらそれも間に合わない…様子)


○ボイスキーホルダーネタメモ
悲しみ笑い(複眼)
いつから人は笑い(GERARA)
もっと笑って(DECEMBER)
見えない目で笑い(天国の男)

福山さん器用すぎるし、めっちゃ癒されるし、音量がデカすぎる!!!(笑)
再生中にもう一度ボタンを押すと停止できる。

Edit Comments(1) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20140608 |

Page up▲

01

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 23:03

福山王国会報#028 着

福山さん関連

4月の会報ですが、6月になってしまう~と言われていましたが5月に届きました。
4月もだけど、それ以上にが5月はすごく福山さん忙しそうだったので、そんな中それでも少しでも早くと思って書いてくれたんだろうな~と思ったらもうそれだけで嬉しいです。
それに、中身のない会報を期限通りに届けられるよりも、いっぱい中身のある会報を少し遅くなっても届けてもらえたほうが嬉しいです。


完全ネタばれで私の読んだ感想というか、思ったこと書きとめしてきます。


福山王国会報#028
 2014/05/31着


表紙!!沖縄の海!笑顔!!ギャフンな可愛さです!!
きっとここら辺で降りて撮ったんだろうな~~などと沖縄の自分の写真を見直してみたり!


手書きコメント!待ってましたよぉぉ♪
いるかの上にでかでかと福山さんの似顔絵サイン~しかもシルクハットバージョン!!
かーわーいーーーいーーーーー!!
水槽前でショーが始まる前にこんな風に被りついてみてたんだ!!と思ったり。


裏表紙!!裏表紙!!笑顔にやられました…。
ここでエサやり体験やったんだな~~と思ったり!



まず福山王国ファンの集いレポート。
かなり細かく福山さんが話した内容をレポートしていて、スタッフさん文字起こしお疲れ様でしたとしか言いようがありませぬ。
読み返して楽しかった時間が蘇りました。
何より、集いのときに福山さんがすごい頑張って用意してくれてたんだな~~と分かって改めて嬉しさがこみ上げてきました。
そして「国王謝る」で、国王のあふれんばかりの文才に倒れました。
1回目のほうのお写真は、私のほうがいい写真撮れてるんじゃない?と言うくらい39スタッフの写真が暗くて涙です。

アコギ旅、楽しかったなぁ…。
①②③のやってみたあとの感想が~~~~。
すごい読んでニヤニヤしちゃってる自分!キモイ!

JAMツアー振り返り、「一番楽しかったかもしれない」との一言に泣いた私。
「どういう奥さんなんだよ」にキュンキュン。

アニソンAAAって前のに入ってなかったんだとびっくり。

WVの制作話。
ちょっと時間がないけど、またこれを読みながら1曲ずつ聞きたいなぁ。
ジャケットが牛島さんの娘さんとはびっくり。
『「鵺の森」ジャケット』という4/297に書かれた日記のギター写真が自宅で撮ったものなのかどうかという話を以前してた人がいたんだけど、ここに載ってる写真を見て、やっぱり自宅なんだなって思った。

鵺の森CDの話はどれも興味深い!
これまたあとで読み返しながらじっくり1曲ずつ聞きたいです。
見開きの右上の福山さんがブワサッとマント広げてる写真!!わーーー!!もっと大きく見せて!(笑)
誰がピアノ弾いてるんだろうとか、そういうのの色々な答えが分かって嬉しかったです。
同じ曲でも弾いてる人が違ったりしてたんだなーとか。
学芸大学のSTUDIO MECH…https://www.facebook.com/583997178292662/photos/a.620817104610669.1073741828.583997178292662/620817117944001/?type=3&theater
ここかぁ…とか。

突き進めMY LIFEはとうとうマクロス7歌った当時の話に突入。
結構ライブのMCできいたことがある話しだったけど、こうやってまとめてもらえるとすごく分かりやすいな~~。
ハミングバード時代の写真、特に1枚目がすごく素敵!!じっとみちゃいますね。


今回の会報も文字情報いっぱい!すごく嬉しいです。
写真も嬉しいんだけど、やっぱり文字情報が嬉しい。
本当に忙しい中いっぱい書いてくれてありがとう福山さん。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20140601 |

Page up▲

01

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 22:13

JAM Project TRAツアー 安中

JAM Project関連

2/15に大雪の影響で中止になった安中公演、JAMのTRAツアー最終公演でした。
2/15の公演は、当日まで中止になるかどうか分からず、14日のうちに仕事終わりにそのまま前乗りすべきか…?とかちょっと思ったくらいで(仕事にTシャツとか持ってたレベルで本気だった)、でも私が行けないほどならメンバーも行けないだろう…と前乗りをやめて…。
当日起きたら自分のマンション周りは大雪だし、駅まで行くバスは運休してるし…Twitterで安中市検索したら70cm積もってるとか出て来て、あ…無理だなこれ…と思ったら予定の9時より前に延期の告知が。
前乗りしようとか無理しなくてほんと良かった…。

そんな安中市文化センターは、駅からこの文化センターがかなり離れてて、そこまで行く手段が本当に無くて、自家用車持ってる人はいいけど、ない人はタクシー…みたいな。
しかも開演が17:30と遅かったんだけど、最低でも2時間半でしょ、それ終わって駅まで行くことを考えると20:30、安中駅は20:11発の後が22:01までない…。
(実際昨日は20:30くらいまではやってた)
で、行きは安中駅にいたタクシーを普通に拾えたんだけど、帰りですよ。
21時ごろ、文化センターを出てタクシーを呼ぼうと思ったら1時間待ちって言われて…ええええ!!みたいな。
私もうかつだった…都会ほどタクシー自体がないんだね…。
もうそんなら徒歩で40分くらいで行けるって聞いてたし歩こうと思って歩き出したところ、お友達に道で見つけてもらって高崎駅まで送ってもらい無事帰って来れました。
(涙無しには語れないありがたい話でした)

安中市教育委員会主催ということで、主催してくれて本当にありがたいのですが、正直あまりにも安中市文化センターは不便でした。
不便といえば、JAMで不便の名をほしいままにしていた那須塩原の黒磯文化会館は、不便なりに臨時バスを出してくれていました。(それにそこまでは新幹線だしね)
終演時間に合わせてバスも待たせてくれていたし…さすがにこの不便度だったら臨時バスは出すべきなんじゃないかなぁ。
地元の人と自家用車の人以外は、殆どタクシーだったと思うし。
出すかどうか決めるのはバス会社なのかな…。
あと、開演時間もっと早くしたほうがいいと思いました。
周辺に殆ど食べるところがないという意味でも、安中は結構なレベルでした。
(グーグルマップであまりにも何もないので怯えてて、結局お友達のアドバイスもあり高崎駅で食べた)
そうはいっても自分の地元よりは栄えてるけど…などというオチ。


と、交通の便的には思うところありでしたが、安中公演は本当に最高でした!!
そして終わってしまって本当に淋しいです。


JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN
 2014/05/31(土)
 群馬県 : 安中市文化センター


01.Groundbreakers
02.THUMB RISE AGAIN
03.Fight on!
04.鋼のレジスタンス
05.一触即発 ~Trigger of Crisis~
06.Rage against the intrigue
07.風 ~旅立ちの詩~
08.Live True
09.Wings of the legend
10.Rebellion~反逆の戦士達~
11.PRAY FOR YOU
12.Breakthrough
13.Amor ~とある男の物語~
14.R.I.P ~友よ静かに眠れ~
15.Maverick~覚醒されし獣~
16.侍パーリー
17.Rocks
18.GONG
19.VICTORY
20.レスキューファイアー
 ─アンコール─
21.Viva My Life
 ─アンコール─
22.SKILL
23.Long way to go



セットリストとしては、いわきで「Rebellion」>「Break~」>「Maverick」とやった部分で、なんと「PRAY FOR YOU」が!!
EDもやるって聞いたときはびっくり!
来年のツアーにならないと聞けないと思ってたのでびっくりしたし嬉しかったです。
すごく良かったの…バラード…しっとりしてて。
最初の奥井さんのウォウォウォーってところも鳥肌立つくらい綺麗で…福山さんのAメロ入りもたっぷり心が入った歌いだしでそりゃあもううっとりしました。
で、Maverickは抜けちゃったんだな~って思ってたら守護神のところで出て来てまたびっくり。

最初の曲とかはいつもように楽しんでたんだけど、「Live True」の前のMCでダニーが
「この曲もう2度とライブでは歌われないだろうから」
ってそんな感じのことを言ったんです。
そのときにあー本当に最後なんだな、この曲聞くのも最後だしTRAツアー本当に最後なんだって思って。
大好きだった「Live True」最後は本当に今までで一番のハーモニーに聞こえたし、メンバー皆本当に楽しそうで、福山さんは浮かれて「フー!」のところかで指で遊んでたりしてね、皆あまりにも幸せな姿でめっちゃ泣いてしまった。

「風 ~旅立ちの詩~」も過去最高クオリティだったと個人的には思います。

「Amor」も最後なんだな~~とか思いながら。
いつも福山さんが客席に向かってバンッって銃を撃つ演出があるんですけど、安中公演では最後ということで隣に出てきたダニーが撃たれて、ダニーが倒れるという。
場内爆笑でした。

「Breakthrough」は色々ありすぎて曲の印象が全然残ってないんだ!!
まず、福山さんがAメロを歌いあげて後ろを向いたらそこには「そこ私の立ち位置やで」感全開の奥井さん(笑)
「スイマセン」って感じでドゾドゾと譲ったあと、自分の立ち位置が分からず下に貼ってある指示書きをのぞいて隣だったとわかりそこに立つ。
Bメロ終わりに「まちがえた」(>▽<)みたいな感じで口パクしたのが可愛すぎてぎゃーっと思ってたらサビが終わってた…。
「Breakthrough」の正しい立ち位置は 下手{奥福影遠北}上手 ね。
で、2番のサビあたりかなぁ、福山さんがチラチラ上手のほうを見ていてなんか明らかに歌詞忘れてどうしような雰囲気。
どうするんだろうってドキドキしながら見てたらダニーのところまで行って、福山さんからダニーに耳打ち>ダニーから福山さんに耳打ちを3回くらい繰り返して教えてもらったみたいで、戻ってきました。
その間「あいつら何やってんだ?」って苦笑いしてる影山さんが目に入りそれも含めて笑えました。
で、終盤の福山さんとダニーが二人で歌うところはちゃんと歌えました、というお話(笑)

「PRAY~」の前のMCで、奥井さんがまだザビエル服を着ている福山さんにもうそれを脱いだほうがいいって言いだして、そしたら福山さんが「今日はギリギリまで着てたいんだよ。最初は早く脱ぎたいって思ってたけど、今日はできるだけザビエルと一緒にいたい」って言っててウワーーンって思いました。
(語彙がない)
とはいえこの「今脱げ!いや脱がない!論争」の長いこと(笑)
影山さんと奥井さんが二人して今脱いだほうがいいって言うんだけど、福山さん的にはこのあとの「Breakthrough」前の暗転で脱ぐっていう計画があって、だから大丈夫だって思ってたみたいなんだけど、とにかくそのあとの「Amor」前の最後のMCだから今のうちに脱いだ方がいいっていうのを、ネタばれになるから言えない皆の「アレ」「ソレ」みたいな感じでの言い合いが面白かったです(笑)

「侍パーリー」では、安中は子供が多くて、上手最前にいた子供にダニーが扇子あげてたりして和みました。私は見れてないけど奥井さんもあげてたみたい。
小学生でJAMとか羨ましいですね。とても!

奥井さん、足指骨折してて、Amorのときの踊り大変そうだったけどそう感じさせないように頑張ってました。
また狭いホールで良かったですよね。
大きかったらもっと大変だっただろうし。
でも本編では踏ん張ってた奥井さんも、アンコールは目に見えて辛そうですごく心配でした。
Viva~の前のスーパー長老タイムのときに本当に辛そうに後ろの高台にもたれてて大丈夫かな~って思ったし、SKILLのときも前に出てくることすらちょっと無理っぽかったし。
本当に最後に皆でバンザイ!ってしたあとにメンバー全員が上手に行ってわ~~~って手振ってくれたりするんだけど、それも行けない感じ。
悪化してないといいんだけど…。

歌詞忘れとか、間違いとかは、めっちゃ多かったです(笑)
ダニーも普段間違えないようなところで間違えてすごい悔しそうな顔してたの。
それを隣で福山さんが嬉しそうに見てた(笑)R.I.Pの最後のほうのダニー一人で歌うキモのところなんだけど。

今日は延期した公演がようやく出来たってことで、皆そのことがとても嬉しそうでした。
福山さんは、ライブを中止するってこんな気持ちになるんだと、ポールのライブで痛感したと話していて、「笑えない話だけどくも膜下で倒れたときも4人でライブやってくれてたんだよね」とか言ってて、、、ダメもうその話題は…泣かずには聞けないのです。。。

で、今日一番のハプニングは福山さん…。
アンコールで登場した途端、本編の間中、社会の窓全開だったことが裏で判明したらしく、めっちゃくちゃ凹んでました。
私は残念ながら(オイ)全然気がつかなかったのですが…最前列の人とか気がついたのかなぁ。
本人が凹んでたのでとてもかわいそうだったのですが、それが発見出来なかった私もとても残念でした。
でもファンのお友達も皆全然気がついてなかったので福山さんには安心してほしいところです…。
あまりにも凹んでヤンキー座りしてる福山さんが見れました。


ダニーの部長コールは、すごい大成功だったと思うなぁ。
群馬県民はみんなアレ言えるん!?仕込みかと思うくらいに綺麗に揃ってて面白かった(笑)

ダルマがステージにずっと飾られてたんだけど、高崎名物(?)らしく、レイジーファンのお姉さん方からのプレゼントだった様子。
最後に目を入れるようにとスタッフがマジック持ってきて、それに対して影山さんが「今日もらったのに今日入れるんか!?違うやろ!!」と言ったら渡したと思われるお姉さんも「違う!」って言ってて、本当は年末に入れるらしい?んだけど、結局次のツアーの初日に入れようって話になって、結局そのマジックで福山さんがチョビヒゲを落書きしただけになりました。
(福山さんなんでヒゲ書き始めたの?(笑))

安中公演のバンザイのとき、最後だからということでバンドメンバーからの一言挨拶もありました。
横関さんがそれを聞いたとたん「ゲェ!まじでー」ってめっちゃ嫌な顔してて可愛かった~~♪それを嬉しそうにいじる影山さん(笑)
コメントがねすごく良かった…これが映像に残らないなんて残念です。
大体の記憶でてきとーにかくと、
志保さん:JAMに入ったのは7年くらい前で、、、そのころはこのジャンル自体も知らなくて戸惑っていたけど、わたし自身がすぐにJAMのファンになりました。JAMファンの皆さんの前で演奏できることも幸せです。
TAKEOさん:こういうの苦手で…ありがとうございました
横関さん:ありがとうございました
ヒデキ:色んなところにサポートで入っているんですけど、JAMは「帰ってくる場所」みたいな感じで、みんな優しくて、ここに戻ってくると安心するんです。これからもJAMのメンバーとしてがんばります。
山本さん:いつも応援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。(的なバンマス的まとめ)




・DVD/BDの映像はすでに作り終えていると最初のMCで報告が。そのため安中公演は、ビデオは撮ってるけれどもどこにも収録される予定がないとのことで、収録されないなら無礼講だー!と(笑)
 ⇒でも節度を持って無礼講な、と福山さん。
  (とはいえ、アレを考えると福山さん的には本当にお蔵入りで良かったんでは…)
・L.A.って知ってる?とか小学生に聞くメンバーのみなさん。
・ランティス祭り9/13追加出演決定は、13日のチケットがさばけてないから。みんな来てと言われた。
 私はフェス苦手だけど14日は福山さんの誕生日だからそこだけ行きます。



最後に。
7か月にわたる長期ツアー、本当に楽しかったです。
色んな土地でいっぱい思い出が作れて、体力的に特に12月はかなり厳しかったけど(笑)、でも本当に楽しかった!
こんなこと(全通)、きっとJAMではもう二度と出来ないんじゃないかと思う。
私もお金ないし…また頑張って働かないとだー(笑)
全通したのがこのTRAツアーで本当に良かったって思ってるんです。
本当にイイ曲いっぱいでしたし。
何回見ても楽しいライブをしてるって、本当にすごいなぁ…。
もう平均年齢が4x歳とは思えないほど皆元気!それだけでも特別なことだし感謝しなきゃだなぁって思いますね。
来年は15周年、また色んなところでJAMが見られたらいいなと思います。


Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140601 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2014 灯ブログ, all rights reserved.
05 | 2014/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。