29

January February March April May June July August September October November December
2014(Tue) 13:19

SRS 2014 1日目

アニソン…中心に音楽話

うーあれやこれやと色々出来てません。
コメントの返信も出来てないしキョウリュウジャーファイナルライブツアー大阪の事も書いてないし…相棒映画も書いてない…。
でもSRSだけ先に…。


スーパーロボット魂 2014 “春の陣”2DAYS 1日目
 2014/04/28(月)
 Zepp Tokyo
 

<出演> MIQ/森口博子/鮎川麻弥/福山芳樹/遠藤正明/川添智久/米倉千尋/笠原弘子/松澤由美/angela
<初参加> 結城アイラ/佐咲紗花
<司会> ショッカーO野


最初の登場にまさかの福山芳樹。
キングゲイナーを1番まで歌ったところでもっと盛り上げようと誰かを呼び込む…。
遠ちゃんだった…!
このコラボはびっくり(笑)
遠ちゃんも本人がいるのにと戸惑ったそう。ですよね~~~。
でも福山さんは遠ちゃんとのコラボ嬉しかったって最後の挨拶で言ってました。

今日の福山さんはこのあとのアコースティックコーナーにアコギ持ちで2曲登場。
さらにソロとしてSEVENTHMOONとSUBMARINE STREET。
最初のSEVENTHのときに、まだ福山さんのギターのボードセットとか設置が終わってなくて、福山さんも登場してない(=ギターの線が繋がってない)のにショッカーが曲紹介して曲をはじめてしまって、仕方ないので福山さんはばんざい~って感じでやーやーって出てきました。
こういうこともあるんだよと(笑)
そのあとも色々喋ってたけど、あまりにも長いのでショッカーにカットされて曲へ。
SEVENTHのエレキ、前から好きだって言ってるんだけど、一番好きなサビの部分がちょっといつもと違ってて残念><
SUBMARINE STREETは、やってと言われて嬉しかったと言ってました。
あと、間奏の俺のギターを聴けと。
でもあんまり息をのんで聞かれても困るので、つまりリラックスして聞いてくださいって。
格好いいんだよなーSUBMARINEのギターはぎゅいんぎゅいんしてて♪
そのあとさらにコラボがあるということで笠原さんを呼び込み。
一緒に「突撃ラブハート」。
前回もコラボがあったので、またあるかなー?って思ってたんですが、ほんとにあった!
笠原さんも楽しそうに歌ってくれてたので良かったなぁ!

そうそう、笠原弘子さんは今回はやっぱりパトレイバー特集!!
期待してたけど、ほんとに3曲全部やってくれるとは~~♪
未来派Loversと約束の土地へを先に歌って、最後の追い込みコーナーでコンディショングリーンも。
最高でした♪
未来派~と約束~歌ってたときの靴がすんごいかわいくてね、えんじ色って言うのかな、、、ワインレッド?すごく綺麗な色で素材も可愛くて…うーんかわいい…って思ってたら笠原さんのブログに載ってました。
うーんかわいい…。
衣装も、笠原さんは結構独特ですよね。選ぶぶポリシーがなんとなく見えるな。
最後のコンディショングリーンは曲に合わせて緑の服だったんだろうなー。

遠ちゃんはキンゲコラボのほかに、THE WINNERと戦士よ、立ち上がれ、きっと逢える…かな?
遠ちゃんはちゃんと衣装替えするんだなーと思う。(誰かを思い浮かべながら)
「THE WINNER」遠ちゃんがカバーしてるって知らなかった。

MIQさんは相変わらずの貫録!格好いいいいいいいい。
SRS後はMIQさんの声もっと聞きたくなるのが分かっていたので、6/7の川崎のやつメルマガ先行で取ってたんですが、鵺の森ツアーが入ったので泣く泣く断念。

ああ、アコースティックコーナーは
「星のデジャ・ブー」「輝く瞳<BRIGHT EYES>」
川添さんベース、ちっひーエレキ、福山さんハイジ、MIQさん、森口さん、鮎川さん で。
福山さんがギターもって生き生きしていてこっちまでニコニコしてまう。
「星のデジャ・ブー」すごい好き。良かった~。
福山さんボーカル的には「輝く瞳」のほうが歌ってました。

米倉さんは、定番系で「嵐の中で輝いて」「10 YEARS AFTER」「永遠の扉」。
「永遠の扉」が大好きでやっぱりいいなぁって思ったのと、「10 YEARS AFTER」聞いてしみじみした。
「10 YEARS AFTER」初めて聞いたのって…多分ギリ小学生くらい…多分。
あの頃の自分にとって10年後ってすごく遠いことだったけど、もう働き始めて10年以上立ってるし…時がたつのは早いなぁとか思った…。

森口さんは「水の星へ愛をこめて」「君を見つめて」「ETERNAL WIND」
「君を見つめて」はSRSで初めて歌うと。
やっぱりうまいなぁ…!んでもって綺麗だよね。
何より歌っているときにすごい客のほうをしっかり見ながら歌っていくのが、あの時代に鍛えられた人って感じする。
バラード歌ってるときにしっかり目を合わせてくるってすごい。

鮎川さん「Z・刻をこえて」「風のノー・リプライ」「傷ついたジェラシー」「夢色チェイサー」かな…。
「傷ついたジェラシー」嬉しい!!!

川添さんは「STAND UP TO THE VICTORY」とアコースティックコーナーのみ。

結城アイラは、結城アイラである前に「かとうあすか」で活動してたわけで、ショッカーのトークはただのトークにしても何言ってんだろ的な感じで…。
しかしASUKAとしては好きだけどSRSに必要かって言われると……。



最後は「熱風!疾風!サイバスター」を全員で歌い分けていく感じ。
3時間半以上あって終わったの22時過ぎでしたが楽しかったです!



Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20140429 |

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2014(Mon) 00:54

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 東京

梶浦由記さん関連

YKライブ Vol.11の千秋楽終わりました。
私にとっては8回目のツアー参加、今回のライブは考えることが今までになく多かったです。
映像化も決定だそうです。

Vol.12の発表がありました。
2015/06/10~14 東京・東京国際フォーラムホールC
 10日、11日、12日の三日で一区切りの3days
 13日、14日は、13日が一回で終了、14日はマチネとソワレにわけてやるとのこと
2015/06/20~21 大阪・NHKホール
 大阪も21日がマチネとソワレになるとのこと





Yuki Kajiura LIVE vol.#11
2014/04/20
NHKホール



【セットリスト】
01.elemental
02.storytelling
03.forest
04.Liminality
05.in the land of twilight,under the moon
06.Lumirous Sword
07.花守の丘
08.Credens justitiam
09.Historia:opening theme
10.空の境界 未来福音 M23
11.ひとりごと
12.storm
13.eternal blue
14.時の向こう 幻の空
15.野原
16.rising up
17.凱歌
18.Absolute configuration
19.君がいた物語
20.stone cold
21.Distance
アンコール
22.zodiacal sign
23.Parallel Hearts
24.sweet song




待ちに待った2F席。2F席バンザイ!!!

01.elemental
今野さん、是永さんがまったく見えない席…でした。
でも下手さえ見えていれば私としては許容範囲です。
KAORIのマイクに最初は違和感がありました。
エコー感が気になったのかなぁ…ちょっと曲とのタイミングが合わずに聞こえるというか…イマイチ理由がわかりませんでした。
照明…今までもこんなに激しかったんでしょうか…。
ちょっとびっくりした…。

02.storytelling

<MC>

03.forest
紫の照明の中にオレンジの光線で、とてもとても照明が綺麗だった…!
そして圧巻のフルートでした。


04.Liminality
2F席のいいところは、ステージの床に描く照明もよく見えるところだと思う。


05.in the land of twilight,under the moon
06.Lumirous Sword

<MC>

今日はメンバーの名前を一通り紹介してから、お題の回答を言ってもらうスタイル。
これは映像化したときにMC切りやすくるための措置だろう…嫌な予感がする。
そして貝田さんの声がガラガラでびっくり。今までの曲でそう感じさせなかったから驚いた…。

ボーカルメンバーに対するお題は「私にとってのYKライブとは」
梶浦さんがこのお題にした意図(1)「YKライブはバンドのようでいてバンドではない。それぞれの活動があって、YKライブのときだけ集まる。このときにはバンドになるけど、だけど違う。だからどんな気持ちで歌っているか聞いてみたい」
(2)ここにきてくださってる人は色んな思いを持ってきてくれていると思う。ステージに居る人がどんな気持ちで歌っているのか歌い手の気持ちを知ってもらえたら」
…とそんな感じの意図を言ってました。

●WAKANA
●貝田さん
●KEIKO
●KAORI




07.花守の丘

08.Credens justitiam
上の照明つるしてるバーが揺れてるせいで照明のラインが揺れ続けていて気になった。
フルートいいなぁ…。


09.Historia:opening theme


<MC>
「花守の丘」をトキ伝の曲と紹介したとき「トキってカッコイイお兄さんが…私すごい好きなんですが」みたいなことを梶浦さんが言いだして可愛かった。

ヒストリア繋がりで「花子とアン」の話も
「BGMかかせて頂いているので脚本を早く頂いているんですが、『次!!早く次!!』と少女漫画の連載を読むような気持ちで楽しみにしている」
そうです。

●Jr.さん
●佐藤強一さん
●今野さん&大平さん
●赤木さん
●是永さん


10.空の境界 未来福音 M23

11.ひとりごと

12.storm
13.eternal blue

14.時の向こう 幻の空
その前の曲では、そう思ってきくと貝田さん調子悪いんだなって曲が確かにあったんだけど、この曲では相当がんばって声だしてた。

<MC>
次に歌う「野原」について、大宮で話してたことをちょっとコンパクトにして話していました。


15.野原
野原はその前のMCの内容を大宮で聞いたときのインパクトとどうしても比べちゃう。
だから今日あのMCを初めて聞いた人は今日のはすごく感動したんじゃないかと。
ただKEIKOが何回か歌詞間違えたのが残念だった。
2番は酷かった。聴いたことないような歌詞で歌い出したのでびっくりした…。
日本語歌詞は歌詞間違いが良く分かってしまうのが…他では間違えても気にならないだけに間違えたなって分かると目立ちますね。
貝田さんも声微妙でしたし。
クオリティは大宮のほうが良かったです。


16.rising up

17.凱歌
この歌で貝田さんの声の圧足りないのは残念!!!
喋ったときにガラガラ声で、なのに歌ってるときにあの透明感を出してるだけでもう凄いけど…、でもこの歌は貝田さん一人で歌うメロに主張がないと成り立たないよー。


18.Absolute configuration
ヴァイオリン⇒ギター のソロコーナーがカッコイイ(が一度も見えてない)


19.君がいた物語
ヴァイオリンアレンジがすごいカッコイイよなぁ。
KAORIが2番で語尾切りながら歌うのはちょっと好きじゃないなと思った。
今までそう歌ってたかは…ちょっと覚えてないなぁ。


20.stone cold
ここのソロで是永さんが前に出て来て今日初めて御姿拝見するなど。
貝田さん声出てて良かった。


<MC>
ここで今回のライブ映像化する旨発表あり。
その映像作品にはツアー回ってる間のメイキングも収録されるとのこと。
発売日は未定。
梶浦さんと貝田さんのアレな姿が映らないように映像チェックは厳しくすると梶浦さん(笑)


21.Distance
1番のKAORIの良さに惚れ惚れしちゃう。
すんごい良かったなぁ…。


アンコール

22.zodiacal sign
最初のovertureやっぱりカッコイイ。

23.Parallel Hearts

<MC>
「私のお題の答えは「あなたと会うため」です」と梶浦さん。
仕事して週末ライブを2カ月やってきて、これで無くなると思うと淋しいのでまたやります、と次回のライブ発表。
上に書いたとおりです。
Vol.9の3days Specialをまたやるそう。
このライブは梶浦さんの意向で大きい会場ではやりたくないそうで、なのでその分東京を3days2回まわし、大阪でも3daysやるそうです。
マチネにびっくりだ…。
梶浦さんは当初マチネの話をライブの日程決める人(ってことはプロモーターの人なのかな?)に提案されたときに、『さすがにFBMに相談せずには決められない』と思ったそうですが、その人からもう了解をもらったと聞いて決めたそうです。
なのにFBMメンバーにあとで聞いたら引き受けたときにマチネがあるとは知らなかったらしい!なんと。
マチネとソワレがある日は、5時間越え確実だそうなので参加者も大変だと言ってました。
そういえば3daysのときはちょっと曲数少なめだから、普通のライブ2回だと6時間行くなと思ってたけど5時間ちょっとってことなんですね。



24.sweet song






────────────────────────────────

ここから先は今日のライブや、今回のツアーがすごく楽しかったという人には向かないことが書いてあるので読まないほうがいいです。読まないでください。
でも私の正直な気持ちを書きました。
この気持ちなしで拍手ボタン押してもらうのも悪いし、コメント貰うのも悪いので、今日はセトリだけであげるのをやめました。









(.. Read more)


Edit Comments(10) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20140421 |

Page up▲

13

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 22:49

JAM Project TRAツアー 福島

JAM Project関連

昨日はJAMの福島公演でした。
沖縄公演のこと書かずにこんなに日が…いや途中まで書いたんですよ…ブレーカー落ちて全部おじゃんになっただけで…それで心が折れました。


さて、私にとっては初めての福島、いわきです。
まず行き方が分からなくて悩みました。
「スーパーひたち」に乗ればいけるってことは分かったけど、普段新幹線は良く使ってるけど新幹線でもないし、どうすればいいんだ??みたいな…。
ようやく常磐線上を通る特急列車なんだって理解出来たけど、で、チケットどうやって買えば??みたいな…。
えきねっとでなんとか購入しました。
しかし当日も上野駅とか殆ど10数年ぶりに利用したのでまったくわかりませんでした。
なんとか乗車。
スーパーひたちは椅子はすごく座りやすかったですが、何故か全然暖かくなくてかなり寒かったです。
冷え症にはツライ。。。
指定席取ってたけど全然混んでなくてあんまりメリット無かった気がします。
上野からいわき駅までは2時間30分くらいかかりました。
仙台より時間かかってる気がする。
新幹線は専用線路走れるし形も高速用だから早いけど、スーパーひたちは速度あまり出てないんだろうな…と思いました。

そんな感じで決して行きやすいとは言えないいわきでの公演でしたが、昨日の公演ではかなり人が入ってました。
本来であれば昨日が千秋楽だったので集まった人多かったです。
きっとそのために敢えていわきを最終公演にしたんだろうし、土曜日にして、さらに時間も早くして関東圏なら日帰り出来るようにして…そういう計画が功を奏したと思います。
4階席まである綺麗なホールで、でも2階席まで埋まっただけでも十分すごいと思います。
やっぱりJAMは地方公演でも人が入るなぁと感心しました。

この公演はラジオ福島の招聘によるものだったそうで、呼んでくれた人がいる公演で成功できるのはファンとしても嬉しいです。
すごくすごくいいライブだったし、本当に幸せな気持ちをもらって帰ってくることができました。


JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN
 2014/04/12(土)
 いわき芸術文化交流館アリオス・大ホール



01.Groundbreakers
02.THUMB RISE AGAIN
03.Fight on!
04.鋼のレジスタンス
05.一触即発 ~Trigger of Crisis~
06.Rage against the intrigue
07.風 ~旅立ちの詩~
08.Live True
09.Wings of the legend
10.Rebellion~反逆の戦士達~
11.Breakthrough
12.Maverick~覚醒されし獣~
13.Amor ~とある男の物語~
14.R.I.P ~友よ静かに眠れ~
15.守護神 -The guardian
16.侍パーリー
17.Rocks
18.GONG
19.VICTORY
20.レスキューファイアー
 ─アンコール─
21.Viva My Life
 ─アンコール─
22.SKILL
23.Long way to go



やはり目玉は新曲のお披露目。
「Rebellion~反逆の戦士達~」が本当に本当にめっちゃくちゃライブ映えする曲で惚れました。
PV見てるときは「Breakthrough」のほうが好きだったんですよ!
でもあまりの格好よさにリベリオン押しに変わりました。
まず最初の「ラララッ~」っていうところが福山さんで、格好いい!!!!
なんだ!格好よすぎだろ~~~~!!
そのあとの福山さんと遠ちゃんと影山さん…かな?で「ラララ」を重ねるところの迫力もすごいし、Aメロの福山さんは「多次元の隙間から 襲い来る司会者」(本当は"支配者")って歌うし、1番と2番の間奏でもコーラスが効いてたし、2番終わりの「リベリオーン!」って言うところも格好よかったし、とにかくライブで聞いたら格好いいんだよおおおお!
「Breakthrough」は聴くほうももうちょっと慣れが必要だし、歌うほうはもっと慣れが必要な感じした。もちろん格好良かったけど。
でも横関さんのギターがめっちゃ格好いいから間奏では拳上げてもいいけど横関さん必見。
「Maverick~覚醒されし獣~」はドメタル。


「Rebellion~反逆の戦士達~」はスパロボの新曲ということで。
スパロボの曲を最初からやらせてもらっていて、チャレンジもしたし、王道に戻ったりもしたと影山さん。
「鋼のレジスタンス」は王道に戻ったときの曲と聴いて、やはり王道は素晴らしいと思いました。
王道大好き。王道には王道たる所以があるのですわ。
王道やる勇気!大事!

「Breakthrough」は福山さんと縁のある監督さんで…と影山さん。
河森監督ですが、JAMのなかでは未来への咆哮がお好きなのだとか。
いっぱいノブナガの資料もらって作ったけど、歌詞すごい詰め込んじゃって、レコーディングは大変だったそう。
あと、取材でみーんな「ノブナガ・ザ・フール」が言えなくて噛んじゃうらしい(笑)
昨日も「ノブザカ…」とか言ってた。
そしたら福山さんが「ノブサカナ」とかわけのわからないことを言って喜んでた。

ストリングスコーナーがなくなって、着替えをどうするんだろうって思ってましたが、マーべリックの後にそのままAmorの前のSEが流れて、マジでこのまま突入ですかとびっくり。
メンバーは今着ている服の上着だけ脱いでそのままジャケットを着て、襟ありシャツの人もそうでない人もそのまま蝶ネクタイして、ハットをかぶってました。
終わったあとに、福山さんは自分は襟ありのシャツだから遠ちゃんとかを「裸ネクタイ」とからかってました(笑)

Amor、あとは安中を残すのみとは…劇団JAM楽しかったなぁ…みんな可愛かったし格好良かったよ~~。




アンコールのときのMCが今日はMVP…かな。
まず遠ちゃんのMCのとき、今日はファンの姿勢が素晴らしいなと思いました。
いつもだったらいつまでもメンバーを呼ぶ声とかすることが多いけど、今日は黙るときには黙る、盛り上げるときには盛り上げる、が出来るファンが集まってた印象。
遠ちゃんって決して言葉数多くないじゃないですか。
言葉を選んでいて、震災に直接触れることはなかったけど、ほんの少し間を開けながら喋ってて、その間の沈黙をファンが大事にじっと待ってそうやってしっかり遠ちゃんの言葉を聞けたんです。
言葉にしてなくても、福島を思う遠ちゃんの気持ちがちゃんと伝わってきて泣けました。


福山さんのMCでは、先日の「はらからの歌声vol.3~福島の子ども達を救え!~」に触れて、福島の現状を知っているようで知らなかったと言っていました。
昔は良く来た福島も、最近はあまり来れてなかったのでまた毎年来れるようにがんばりたい、そう言ってました。

影山さんは、昔レイジー後のソロで福島に良くきたと。そのとき毎回必ず来てくれるファンが、二人だけいたって言ってました。
ヤマトの学校図書元気プロジェクトによる寄付のために福島に来た話もここでしたんだったかな?

私はもう遠ちゃんのMC~Viva My Lifeまで泣き通しで今までで一番泣いたと思います…。
なんだろう、具体的に何っていうわけじゃないけどいいライブだなぁ、参加できて良かったなぁって思ったのかな。
メンバーの気持ちが伝わってきたのが良かったのかな。


楽しそうに歌ってるメンバー見るのも本当に楽しかった。
MCも本当に楽しかった。
福山さんは笑いすぎて頬挟んであげてたし(笑)
やっぱりJAMのライブはいいなー15回行ってもこれだけ楽しいって思えるんだからスゴイ。

あと1回なんて淋しいな…でも安中でいいラストが迎えられますように。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140413 |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2014(Wed) 21:56

「花子とアン」OSTのCD化決定

梶浦由記さん関連

書くの遅くなったけど「花子とアン」無事にサントラCD化決定ですね。
嬉しい!



連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック
 梶浦由記
 2014/06/18
 品番:SECL-1514
 ★Amazon「連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック」



ところで…

http://www.hmv.co.jp/product/detail/5718197/?site=mailmagart&utm_source=moa140409sa&utm_medium=other

>2014年3月31日からOAが開始されるNHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」のオリジナル・サウンドトラックす。プロデュースは全曲梶浦由記。
連続テレビ小説・第90作『花子とアン』のオリジナル・サウンドトラック。「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる、波乱万丈の半生記を描く。
そのサウンドトラックを手がけるのは、社会現象となる程の大ヒットを記録したアニメ、「魔法少女まどか☆マギカ」と「Fate/Zero」のサウンドトラックを手がけるほか、NHKの歴史番組「歴史秘話ヒストリア」の音楽も担当など、作詞・作曲・編曲を手掛けるマルチ音楽コンポーザー梶浦由記(かじうら ゆき)!自身がプロデュースするボーカルユニット『Kalafina』がテーマ曲を担当。


…Kalafinaが歌ってる曲あったか?
どっかからのコピペで間違えてるのかなぁ…。

Edit Comments(3) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20140409 |

Page up▲

05

January February March April May June July August September October November December
2014(Sat) 21:11

Yuki Kajiura LIVE vol.#11 福岡

梶浦由記さん関連

セトリは仙台札幌のやつを順番こねくり回して、デュランが抜けて別の曲が入りました。
目新しさがないセトリなのは変わりません。
しかし福岡結構人入りましたね~~。ちょっとびっくり。
仙台より人数多かったし、札幌よりも多かったかなぁ。
座席も一段ずつ傾斜がついていてみやすい設計で(とはいえ立ってる人多くてあまり生かされてないけど)、音響もよかったし、そして全体的にも一番盛り上がったと思います。
(大阪は知らないけど)




Yuki Kajiura LIVE vol.#11
 2014/04/05
 福岡国際会議場 メインホール











【セットリスト】
01.elemental
02.storytelling
03.forest
04.Liminality
05.in the land of twilight,under the moon
06.Lumirous Sword
07.花守の丘
08.Credens justitiam
09.Historia:opening theme
10.空の境界 未来福音 M23
11.ひとりごと
12.storm
13.eternal blue
14.時の向こう 幻の空
15.凱歌
16.君がいた物語
17.目覚め
18.stone cold
19.Parallel Hearts
20.Distanece
 アンコール
21.the world
22.zodiacal sign
23.sweet song







☆01.elemental
overtureの間の映像の最初、鍵盤だったんだって今日はじめて気がつきました。。。(遅)
梶浦さんがちょおー嬉しそう。
いつもこの曲は本当に嬉しそうで梶浦さんガン見してしまう。

☆02.storytelling

<MC>
福岡でYKライブでうれしい!という梶浦さん。
次の曲に行こうとしてイヤモニが行方不明になり「みみ~~~~」と言っていたのがかわいすぎました。
そして次曲紹介で「私は6/8が好きで……次の曲は6/8ではありませんでした……」
笑ったなー。
そして「何が言いたいかというと結構気に入ってる曲です」ということで「forest」へ。

☆03.forest

☆04.Liminality
今日は今回のツアーで初めてといっていいと思うけどすごくJr.さんが良く見えて幸せでした。
今回上手ばっかりなんだよほんと…下手がほしいよ。2Fか下手…。
Jr.さんすごい奥にいるから全然見えないこと多くて悲しい。
今日も上手だったんだけどいろんな人の間を潜り抜けてジャストミート(適当につかってます)でJr.さんが見えました。
何が言いたいかというと、この曲のベースは最高です。


☆05.in the land of twilight,under the moon
☆06.Lumirous Sword

<MC>
歌い手紹介。
普通、ハモの場合音程(役割)がそれぞれ決まってるものだけど、YKライブはみんなが変わりばんこにボーカルをとるのですごく難しいということを言ってました。
最近は歌い手のみなさんに貫録がでてお任せしきりとのこと。

お題はJr.さん提案で。
「ぬし、謀ったな!=はかったな=博多」
ただ、壇上のみなさんは策略にかかるようなことがないのでこのままは答えられないということで「はかるという言葉は計画を立てると読んで、今やりたくて計画していること」が実質のお題です。

●WAKANA
「ヨガ教室に通っていて、ゆり姉と一緒にやりたいなと思って、家も結構近いので夜ヨガお誘いしたらあっさり断られました!!」
「貝)私にも用事がある」
「ジムも行ってるそうなので、ヨガ教室に誘いながら、私もジムに行こうかなって思ってます!」

梶浦さん「私の家のそばにもヨガ教室があって、申し込んで行きはじめたことがあったんです。ヨガやってる間はよかったんですが、最後に瞑想の時間があって、いまどきカセットテープで流すということで、カセットテープは嫌いじゃないので懐かしいなと思っていたんですが、そのテープが伸びきっていて、「ピッチ!!!!!」とイライラしてしまって叩き壊したくなるくらいイライラしたので行くのをやめました。」
カセットテープじゃないヨガ教室があったら梶浦さんまでご一報を(嘘です)

●貝田さん
「拍手いいので2つ言わせてください」って貝田さんが言ったの私の聞き間違いじゃないですよね!?(笑)⇒「はい、あの…早口で言うんで2つ良いですか?」だそうです!訂正してくださった方ありがとうございます!
「一つ目。曲書きたいとずっと言っていたけど、大平さんに手伝ってもらってマイク買って家に来てセッティングしてもらったわりには全然書いてないのでやりたい。二つ目。以前に4人でご飯食べたのが楽しかったので、またやりたい。一人一品持ち寄って。梶浦さんもいっしょにやりましょう」
梶浦さん「行きたいけど一品買ってってもいい?」
梶浦さんによって買ったものも有りになりました(笑)
この話したときに貝田さんが「いいだろ」って客に言ったのが笑った。
なんて憎めない人なんだ。

●KEIKO
「今年はロードバイクに挑戦したい。ツールドフランスっていうのがあって、フランスまではいけないけど、ツールド千葉(?)とかあるので、夏は日焼けが気になるので秋ごろ参加したい。自転車まだ持ってないのでこれから買おうと思う」
梶浦さん「KEIKOちゃんは有言実行だからやるよね。私は8割5分やらないけど」

●KAORI
「長いこと謀り続けてるけど、歌い手の友人と遊びに行く計画を立てたままいけていない。温泉とかに行きたいと思っているのでまとまった休みが必要だけどお互いに合わなくて。すっごい暇な日もたくさんあるんだけど」


次曲紹介。
「EDのつもりで作ったら、スタッフからことのほか良い評判をもらい、気に入ってもらえて劇中の中盤でも使ってもらえた。ただ、その中盤のために書いた4分半ほどの曲が使われなかったという、さびしさと喜びが混在する曲」
だそうです。
その曲ってなんだろ?CDにも入ってないのかなぁ?って思ったけどそもそもトキ伝はCD出とらんやん…グアァァァァ!!!だせやぁぁぁぁぁ!!!


☆07.花守の丘

☆08.Credens justitiam
聞き飽きたなぁって思ったけどフルートはやはり極上でした。


☆09.Historia:opening theme
ドラムが格好いいんだよね。。。強さまに釘付けですわん。


<MC>

●Jr.さん
「ツムツムで上位にくいこむ」
今梶浦班では絶賛LINEゲームのツムツムがブーム中らしいですよ。
発端は今野さんで、今週のランキングTOPは梶浦さんらしい。
Jr.さんは「誰かに低レベル呼ばわりされたので」…といったところでKEIKOがお辞儀してました(笑)

●佐藤強一さん
「スティックでキャンプファイア-したい」
折れたりしてもう使えないスティックを段ボールに立てていっぱいにして保管してあるらしいんですが、それがもう5~6箱あるそうで、それをキャンプファイアーで燃やしたいらしい(笑)

●赤木さん
赤木さんからはいつものお手紙に二つ書かれていました。
「①YKライブでの中南米ツアー。ここのところメキシコ、ペールにファンがいることがわかりました。スペイン語にして歌っているファンがいてさながらラテンポップス。ただし歌が○○○だったので(笑)」
梶浦さん「ペルーには行ったことあります。20時間くらいかかりました。地球の反対てパないなと思いました。じゃがいもが10種類以上あることに驚いたんですが、今度行ったときはじゃがいもではなくて音楽で驚きたいです」
 ペルーだとエルカザド劇判書く前に行ってましたね。

「②私事ですが、夏に一昨年プエルトリコで収録したアルバムが出ます。今いろいろやっているところで。60~70年代の良さが出るようになんとかかんとか(メモ間に合わず。向こうの人に演奏してもらったとかそういう話)以上、ステマでした!!」(赤木さんの「ウッス」身振り付)

●今野さん
「屋形船で宴会をやりたい」
「このメンバーで貸し切ってどんちゃん騒ぎしたらたのしかろう!」

●是永さん
「あまり決めてないけどソロ作つくろうかな」
梶浦さん「やりたいことって10秒後にはもう消えちゃう。やりたいことをやれる人って、やりたいと思ったときにすぐにやれる人なんですよね。私もそれを肝に銘じてます。曲が思いついたときには必ずメモするようにしています。10曲中いい曲は…ない…。100曲に5曲くらいしかないんですが、書かないといい曲だったと思ってしまうから没にするために書いているようなものです。だけどその中から何か生まれてくることも。」

●大平さん
「作業部屋の模様替え」
梶浦さん「私と大平さんが一番似ていて、常時Macの前に座ってる状態。手が届く範囲をどうするかが大事で、3時間くらいかけて模様替えして、ほんのちょっと作業効率があがったら、それで3日くらいにやにやしている。およそ女子の部屋にはないような電動ドライバーとか、金属を切れるのこぎりとかがある」




☆10.空の境界 未来福音 M23
好きだよぅ…。今回のセトリの中で一番楽しんでます。
曲がもう好きで…優しさもあり、切なさもあり…しんみり。。。


☆11.ひとりごと
☆12.storm
☆13.eternal blue
☆14.時の向こう 幻の空

<MC>
「FJ、すごくいろいろやりたいけれども、自分としては作曲家のつもりで、BGMかFJかってなったときにBGMの仕事をとってきました。だからアルバム出るまでに時間がかかった。アルバム作っていて本当に幸せで、実際にアルバム用に作ったのは3曲だけど、その間幸福すぎて『わたしがこんなに幸せなんだからみんな幸せになればいい!!』と思ったほど。時間がたつにつれて、楽しくないことを忘れていっている気がする。こだわりを捨て始めている。3曲を書いていて、歌詞、昔は辻褄をあわせようとして書いていたんです、短編小説のように書かないとって思ってた時期もあって。だけどあるとき、『人の心って一つのことしか考えてないってことはないな』と。頭の中で考えていることを文章に書いてみると一つじゃなくて雑然としている。いろんなことをぐちゃぐちゃ考えるのが頭だと思った。」ということで辻褄あわなくてもいいやという歌詞になったとのこと。
「凱歌は1つのストーリーになってないんです。勝ってないけど勝ったことにしなきゃいけないこともある。無理に勝ち誇って生きていかないといけないこともある。そんなときにそれだけでなく、そのとき浮かんだいろんなシーンを取り出して書きました。音楽に正解はないからこれもいいと」
なるほどなぁと思う一方で、私は1曲の中では一つ筋が通っていたほうが歌詞としては好きだなぁ。
凱歌はそれよりも音楽全体の強さがあって、歌詞はいいやって思うくらい格好いいけど(笑)


☆15.凱歌

☆16.君がいた物語
前に出てきて歌うWAKANAをガン見してた梶浦さんをガン見する私。

☆17.目覚め
☆18.stone cold
☆19.Parallel Hearts

<MC>
「規制をとっぱらい始めたら楽しかった。『君がいた物語』はセルフカバー。今までセルフカバーは、歌い手さんのために書いたものをほかのひとに歌ってもらうのに抵抗があってあまりやっていなかった。だけど何度かちょっとずつやってみたら、この人じゃないとって曲もあるけど、そうでない曲もあった。何より、曲がもったいないなと。1曲ずつ作ったころの思い出ある。下手したら2度と出来ない…よりはいいと。」

花子とアン話。昨日のRecは花子とアン用で、リズム隊とご一緒だった様子。
「花子とアンのBGM、前半用の曲はREC終了していて60曲ほど書いていて、今は中盤の曲を書いています。以前『朝かかるの?』と言われたことがありますが(笑)、昨日もリズム隊に『朝かかるの?』と言われました。だけど、ヴァイオリンの人に言われた曲は今週の放送でもうかかっています。」
「計画していること、私は答えていませんでしたが、、、、今年は花子とアン、SAO…そこでがんばりたいと思います。」

花子とアン、まだ3話目までしか見れてないけど曲めっちゃいい!
主人公の女優が苦手で見るの躊躇ってたけど音楽いいから頑張れそう。
ていうかまだ子役の子だし。
それに高梨臨ちゃんが出てくるはずだからそこまではまず頑張るのだ!!


☆20.Distanece
 アンコール
☆21.the world
☆22.zodiacal sign

<MC>
いつものように、始まると客席との距離が縮まるという話。
「気のせい現象」について。
「気のせいって好きな言葉です。『気のせい』で近くに感じる、『気のせい』で目があったときに通じた気がする…。『○○ちゃんが私をみた!!ってそれはきっと気のせいじゃないですよ。二人がお互いにそう思えていたら、それはもう気のせいじゃない。お互いにそう思えていたらうれしい」
これじゃ意味わかんないと思うけど、わかる人にはわかる…そんなレベルに仕上がりました。
別にいじわるとかじゃなくて言葉にしにくいというだけです。

☆23.sweet song


今日は書ききった!


------------
2014/04/09
追記
書ききったのはいいですが誤字だらけでもう…。そんなの読んでもらってすみませんという感じです。
コメントのほうで修正も頂いたので直しました!
コメント下さった方ありがとうございます~~!


Edit Comments(4) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20140405 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2014 灯ブログ, all rights reserved.
03 | 2014/04 | 05

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Page up▲