30

January February March April May June July August September October November December
2012(Sun) 23:10

台風でかえれなーい\(^o^)/

福山さん関連

もう一泊札幌に泊まりまーす(*≧∀≦*)

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20120930 |

Page up▲

28

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri) 23:23

明日は人生初の札幌♪

福山さん関連

明日から、、、、札幌だよーーーー!!
考えてみたら…人生初の北海道だよーーーーー!!
なんだかテンション↑↑やばいです♪

まずは何より、羽田空港にちゃんと辿りつけるか。。。ツアーなんで集合時間の1時間前には着くようにしないと迷子リスクがありますからね!!
いつもひとり行動なのでツアーとか初でドキドキします。
(あまりにもひとりに慣れ過ぎるのも弊害があります)

この一週間29日と30日の天気ばっかり気にしてました。
札幌寒いのかな?とか、コートいるかな?とか。
もう極寒なんじゃないかと思えてきて。
(なんせ東京の6時台でさえ、今はもう寒い~~~)

そこに台風!福山さんは晴れ男なのにぃー><
逸れろと念じてましたが結構ど真ん中攻撃きそうですね…。
30日、帰りに飛行機飛ぶ時間がヤバそうです。
最悪月曜は休んだので、仕事的には困らないわけですが。
とにかく無事に行程がうまくすすむことを祈るばかりです。

近年台風被害多いですねホント…。
自然には勝てないと思うことばかりです。
今回は被害ないといいなぁ。。。。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20120928 |

Page up▲

23

January February March April May June July August September October November December
2012(Sun) 23:46

FIRE BOMBER 2012~A Tribute to Nekki Basara~ 横浜公演

福山さん関連

福山さんが、
すっごい笑顔で
とってもパワフルな歌声で
魂の叫びで
格好いいギターで
ステージ上に居られるのを見て、今日は何度か号泣してしまいました。
本編ラスの「ANGEL VOICE」ではボロボロでした。

自分の目で見られて実感が湧いたと言うか。
本当に嬉しいです。


FIRE BOMBER 2012~A Tribute to Nekki Basara~
 2012/09/23 横浜ベイホール http://www.bayhall.jp/
 [開場]16:00 [開演]17:00



セットリストは…時間無いので明日にでも。

今日は関係者がいっぱいいたみたいで、口が堅いと思いきや、、、案外喋ってましたね(笑)
アミノ監督のエピソードとか、ビクターの佐々木さんの話とか。
覚えてる限りこれも明日かこうかな。

復帰直後のツアーだったので、曲数少なめでした。
その分をトークで埋めてた感じで、とにかく話が長い。
スタンディングだったんで途中から辛くなってきたけど、まあ曲数多いのはリスクになるのでこれでいいです。
でも椅子欲しい(笑)



「復帰したばかりのツアーの最初は、まだ体力も回復してなくて、1曲歌う度にすこししんどかった。だけどライブで皆に歌ってもらって、どんどん元気になった。アニマスピリチアって本当にあるんだよ。」

そんなこと言われたら泣けるわ~~~(思い出し泣き)

最後の「TRY AGAIN」の最初のギターも愛が満ち溢れてて、これまた泣いたね。

あと、今更だけど「SEVENTH MOON」のサビのギター格好いい~~~。


-------


【セットリスト】
01.PLANET DANCE
02.HOLY LONELY LIGHT
03.1・2・3・4・5・6・7 NIGHTS
04.NEW FRONTIER
05.LIGHT THE LIGHT
06.SEVENTH MOON
07.SUBMARINE STREET
08.夢の道
09.REMEMBER 16
10.MY SOUL FOR YOU
11.DYNAMITE EXPLOSION
12.Burning Fire
13.STARLIGHT DREAM
14.ANGEL VOICE
アンコール
15.突撃ラブハート
16.TRY AGAIN


セットリストは基本というか王道サラリという感じ。
仕方なし。
あとは思い出した順にでもつらつらと。

・復帰後病院にギターを持ってきてもらって最初に弾いたのは「SMOKE ON THE WATER」>次は「ホテルカリフォルニア」>で最後にようやく…とみせかけて「ボヘミアンラプソディ」で自分の曲は歌わないのかとセルフ突っ込み

・何曲かで横田さんがショルキー使用。
 FBのリーダーであるレイがショルキーだったので(笑)
 私は今の時代にショルキーをライブで見られる日がくるとは正直思ってなかった。
 最後のほうで自分のショルキーを福山さんに向けて弾いてってジェスチャーした横田さんに対して、頭でショルキーを弾いた福山さん。おおう…頭で弾いちゃうか。

・「REMEMBER 16」だったかな。アコースティックVer.を収録するということで、そのとき買ったばかりだったマーティンをここだとばかりにレコーディングに使おうと持っていったら、ケースの中に入ってなくて、ビクターにあった「埃だらけの茶色のギター」の弦を張りかえて収録した。

・当初前半の音楽としてアルバム1枚分収録しおわって、福山さんはそのときOPはその中から適当に選ぶんだと思っていた。だけど夜中に佐々木Pから電話がかかってきて「OP撮り忘れた」ということで急きょスタジオに。でも「SEVENTH MOON」がどういう曲か知ってる人が佐々木Pしかいなくて、その場で佐々木Pがフルで歌ってみせた。

・以前はライブで全然やってくれなかった「SEVENTH MOON」。最近ようやく陽の目を見てる感じ。
そしてライブで福山さんのギター見ながら、サビのアップストロークっちゅーんですかね?「俺をどこへと連れてゆくのか~」のあとの「ン ジャッジャ~ ン ジャッジャ~」ってところ、CDではあんまりはっきり聞えないんで、改めて格好いいなーって思ったのでした。

・2代目バサラギターの発売は俺に聞くな、とのこと。
 1代目はヘッドが壊れたので、2代目はヘッドの裏にちゃんとチューニング用のものがあって丈夫と言う話。

・今日の会場はかつてHUMMING BIRDでも何度か出たことがあるという話。
 台車にアンプを乗せ、その上に自分がのって、上手と下手から古屋さんと福山さんが登場するようなこともした記憶があるとか。麻生さんもそういうことがあったことは覚えているけど、何故そんなことをしたのかは記憶にないらしい。

・あだ名で呼ぶコーナー
 横田さん「ポニョの途中」 …ひでぇ(笑)
 てつろうさん「かたこりん」 …こりん星的な。
 麻生さん「あっそ」 …昔厭だったあだ名らしい

 「ポニョの途中」がダントツで酷い件!!

・「1・2・3・4・5・6・7 NIGHTS」はカウントを指でやりたいがピックを持っているとやれなかった。そこでサビが来るたびにピックを空中に投げ捨てるという技を思いついた!ピックの無駄遣い。

・「LIGHT THE LIGHT」売れ線のバラードを歌うことになったという設定でのオーダーがあって、そんな曲…と思って作らなかった。そしたら別の人が作った曲を歌う段になって、すごいいい曲だったので魂をこめて歌った。

・HUMMING BIRDの売れてない時代は、幼稚園とか老人ホームの慰問とかにめちゃくちゃ行った。場にあった曲を、と言われてもずっとロックをやってきた。「子供にロックの魂を~~~」的な感じで。熱気バサラもそんな感じで、監督は見てたのかと思ったくらい。

・カバーアルバムを出すとき、FIRE BOMBERのアルバムはいつも!!が二つ付いてたので、パチモンみたいに「FUKUYAMA FIRE!!!」と!を三つにした。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20120923 |

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri) 22:18

梶浦さん関係の備忘録 9/21

梶浦由記さん関連

Kalafinaで、レコ初のライブが続けてないのって、実はすごい久しぶりなんじゃなかろうか。
「moonfesta」やってないから「ひかりふる」はやるかと思ったが。
いつもCD出したら単発でライブして、その次はツアーして、次はまた単発ライブ、ツアー・・って感じだったのに。
それとも1月以降に「ひかりふる」のレコ初ツアーやるんかな。


[一覧]
2012/10/24 CD Kalafina「ひかりふる」
2012/12/15~17 LIVE 「Yuki Kajiura LIVE@HONG KONG」
2012/12/21 LIVE Kalafina X'mas Premium LIVE 2012大阪
2012/12/22 LIVE Kalafina X'mas Premium LIVE 2012東京
2013/01/05 LIVE FJC限定ライブ
2013/01/06 LIVE FJC限定ライブ
2013/01/23 BD/DVD 「ソードアート・オンライン 第4巻」

[ライブ/イベント]----------------------------
Yuki Kajiura LIVE@HONG KONG
 2012/12/15~17
 詳細不明

 ⇒中国が危険なため水面下で中止決定済みだったとのこと。会報の誤報。


Kalafina X'mas Premium LIVE 2012 "Kalafina with Strings"
 2012/12/21(金) 大阪 サンケイプリーゼホール
  開場18:15 開演19:00
 2012/12/22(土) 東京 葛飾シンフォニーヒルズ モーツァルトホール
  開場16:15 開演17:00

 <出演者>
 Kalafina
 今野ストリングス、櫻田泰啓

おおう。今野ストリングスとかとうとう!!
カルテットかぁ。
チェロで笠原あやのさんとか?
ヴァイオリン二人なら藤堂さんと一緒とか?(Xenoの最初の盤で演奏してるって言ってたから、藤堂さんは今野ストリングスの中の一人だったと思われる)
ヴィオラは…今野さんが呟いていた通り、過去のクレジットでもあまり固定の人がいない様子。
東京だけでいいかなと思ってたけど、カルテットに引かれてるので大阪も捨てがたいなぁ。


ファンクラブ会員限定LIVE
 FicitonJunction CLUB LIVE "Yuki Kajiura Special SET LIST"

 2013/01/05(土) なんばHatch
  開場16:15 開演17:00
 2013/01/06(日) Zepp Tokyo
  開場16:15 開演17:00

 <出演者>
 梶浦由記
 YUUKA・KAORI・WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDA・HIKARU
 FRONT BAND MEMBERS


[CD/BD/DVD]---------------------------------
ひかりふる
 Kalafina
 「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語」
 2012/10/24
 
1)[CD+DVD]<初回生産限定盤A> SECL-1200 ★Amazon
2)[CD+Blu-ray Disc]<初回生産限定盤B>SECL-1202  ★Amazon
3)[CD]<通常版>SECL-1204  ★Amazon

 ⇒上記3つの収録曲
 01.ひかりふる
 02.未来
 03.Magia[quattro]
 04.ひかりふる(instrumental)

4)[CD+DVD]<期間生産限定盤>SECL-1205 ★Amazon
 ⇒収録曲
 01.ひかりふる
 02.未来
 03.Magia[quattro]
 04.ひかりふる(instrumental)
 05.未来(instrumental)
 06.Magia[quattro](instrumental)

 [特典内容]
 SECL-1200とSECL-1202は「ひかりふる」のPV付き
 SECL-1205は特別編集のアニメ映像

 4種類あるけど、梶浦ファン的には期間生産限定盤(SECL-1205)だろうと思う。
 KalafinaのPVは別になかったらなかったでいいものだし。


ソードアート・オンライン 第4巻
 2013/01/23
 Blu-ray完全生産限定版 ANZX-6607~6608 ★Amazon
 DVD完全生産限定版 ANZB-6607~6608 ★Amazon
 
 完全生産限定版特典
 「Original Soundtrack vol.1」


[その他]---------------------------------

歴史秘話ヒストリア
 NHKで放送中
 音楽担当

体感!グレートネイチャー
 NHK BSプレミアムで放送中
 音楽担当

ソードアート・オンライン
 TVアニメ 放送中
 劇判担当
 http://www.swordart-online.net/

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
 2012/10/06(土) 前編
 2012/10/13(土) 後編
 劇判担当
  -後編はKalafinaが主題歌担当

劇場版「空の境界」未来福音
 音楽担当決定済み
 詳細はまだ。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120921 |

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri) 18:19

FJC 会報Vol.15届

梶浦由記さん関連

FJCからの会報が届いてました。
帰り際ゲリラ豪雨に打たれまくったところで発見したのでビビりましたが、濡れてなくてよかったです。
しかし、福山王国の会報は、ビニール袋に入っており、なお且つ厚紙入りで折り防止対策もしてあるのに対して、何千にも会員がいるFJCはどちらの対策もなし…。
さらに福山王国はヤマトからの配送なのに対し、FJCは日本郵便…。
スペクラ稼いでるのに…。



以下ちょっと感想など。
未読の方はネタばれもあるのでご注意くださいね。




・なんかさらっと2012/12/15~17「Yuki Kajiura LIVE@HONG KONG」と書いてあるのは目の錯覚ではないよね?
 香港ねぇ…そのころには落ち着いてるんですかね日中関係。
 ていうか中国人が勝手に暴れてるだけですけどね。
・4日間やったYKライブがたったの2ページ…。
・小岩さんとの対談がすげー面白い。
・ドコとは言わないが、是永さんが可愛すぎる
・歌姫のひとりごとがWAKANA担当だが、恐竜についてものっそ熱く語ってる(笑)
・メンバーメッセージのページのKAORIの写真、パンフにもあったかもだけど、顔の骨格隠れてて今までで一番べっぴんさんに写ってると思った。
・表紙のKalafinaライブのところWAKANAの表記だけ頭文字が大文字。


前回の会報は失意のどん底中に届いたので全然内容が記憶にないですが、今回は結構楽しく読めて良かったです。
色々新しい日程も出たから一度備忘録作ろうかな。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120921 |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2012(Thu) 21:50

ミニアルバム 特命戦隊ゴーバスターズ2

アニソン…中心に音楽話

とっても今更な1枚だけど書いておこう。

ミニアルバム 特命戦隊ゴーバスターズ2

 2012/06/27
 コロムビア
 COCX-37418
 ★Amazon 「ミニアルバム 特命戦隊ゴーバスターズ2」


【収録曲】
01.バスターズ レディーゴー! /高橋秀幸(Project.R)
02.心配 ハニー・バニー /宇佐見ヨーコ&ウサダ・レタス(CV:小宮有紗&鈴木達央)
03.Boost Up! ビートバスター /高取ヒデアキ(Project.R)
04.ジュマペル エンター /エンター(CV:陳内将)
05.キズナ ~ゴーバスターズ! /謎の新ユニットSTA☆MEN
06.キズナ ~ゴーバスターズ!(オリジナル・カラオケ)


★03.Boost Up! ビートバスター /高取ヒデアキ(Project.R)
1000%この曲1曲のためだけに買ったCDです。
ビートバスターが登場するようになってから突如かかり出した曲で(そら当たり前だけど(笑))、見てたら欲しくて欲しくて仕方なくなっちゃって!!
ビートバスターに合ってる曲だなぁって毎回思う。

こういう曲好きなんだ~~~~><*
テンションあがっちゃうよね!!
しかし、全然歌える気配がしない。
高取さんよく歌えるよコレ。

SSSで聞きたいなぁ…。

↓これは高取さんがブログに書いた日。私用のメモ。
http://blog.goo.ne.jp/takatorihideaki/e/f3ba621fcf7449447660226aba4e1832



しかし「ジュマペル エンター」はひどい……(笑)
これに比べたら「心配 ハニー・バニー」なんてすっげーまともだよ!

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20120920 |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2012(Thu) 20:52

福山芳樹の札幌ライブ観戦ツア~~~ァァァ!!しおりがきたよー会報も。

福山さん関連

福山芳樹の札幌公演観戦ツアーのしおり&チケット着弾ですー。
あーんど福山王国会報の8月発行予定だった分もふくめてぱちり。





ツアーは約8万でした。(一人部屋料金追加で)
チケットの番号がツアー組優先なら、思った以上にツアー参加者多いです。
みんな気合い入ってるね♪♪
私はツアーにいくことにしたので、先日の熊谷公演は我慢しました。
今週末の横浜公演と、来週の札幌FCイベント&札幌公演が楽しみです!!
私としては横浜公演が復帰後初の生福山さんですし。

それにしてもしおりの手作り感がとてもウケます。
なんか、こんなワクワク感久しぶりかも!!><
でも飛行機は高校生のときの修学旅行以来です。怖いです。
イマイチ苦手で陸路に拘ってきたので余計に訳分からん感じなのです。
当日は早めに行って余裕ある行動をしようと思います。迷子も怖いしね!
ドキドキ。



会報は復帰後最初なので8Pトルバ発売記念のてつろうさんとの会談です。
まさかの最初の1行目から誤字(笑)
トルバのアルバムは大のお気に入り作品になったので、とっても楽しく読みましたよ。
トルバの名古屋公演再演も来年あたりにでも期待したいし、もちろん東京でもどこでも歓迎です。

兎に角、活動再開の嬉しさよ、よよよ。。。
福山さんのブログで、楽しそうに歌ってギター弾いてる福山さん見るだけで涙出ます。
今週末はこの肉眼にーーーー!焼き付けるーーーーーーーー!!!


「YOSHIKI FUKUYAMA Sings FIRE BOMBER ~A Tribute to Nekki Basara~」
 ツアーファイナル札幌公演 ライブ観覧ツアー


 ①9/30(日)YOSHIKI FUKUYAMA Sings FIRE BOMBER ~A Tribute to Nekki Basara~ チケット
 ②参加者全員で集合写真撮影
 ③往復航空券 (羽田or関空発着よりお選び頂けます)
 ④宿泊ホテル
 ⑤ホテルチェックイン後に自由時間あり

 主催:JTB


"福山王国" PRESENTS 第7回ファンクラブの集い~TOUR FINAL 前夜祭~
 2012/09/29(土)
 ホテルサンルートニュー札幌
 17:30 整列開始
 18:00 入場
>福山芳樹&F-BANDと一緒に食べて!飲んで!話して!歌って!
>”YOSHIKI FUKUYAMA Sings FIRE BOMBER ~A Tribute to Nekki Basara~”ツアーファイナル前日の夜を一緒に過ごそう。


FIRE BOMBER 2012~A Tribute to Nekki Basara~
 2012/09/23 横浜ベイホール http://www.bayhall.jp/
 [開場]16:00 [開演]17:00

 2012/09/30 札幌サウンドクルー http://www.sound-crue.com/top1.html
 [開場]13:30 [開演]14:30


Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20120920 |

Page up▲

19

January February March April May June July August September October November December
2012(Wed) 22:27

HPにゲスト参加曲整理ページ作りました

梶浦由記さん関連

遅くなりましたが、ようやくゲストの参加曲を整理しました。
http://mimixx.web.fc2.com/YKlive_guest.html

とはいえ、形式はいつもの通り簡素極まりなく。
(そこは頑張る気がない)

あと、ミスがあるかもしれないのであったらご指摘いただきたく。
(耳打ち歓迎)

その上で、お好きに利用していただければと。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120919 |

Page up▲

16

January February March April May June July August September October November December
2012(Sun) 08:28

ソードアート・オンラインのサントラもやっぱりおまけ扱い

梶浦由記さん関連

ソードアート・オンラインのサントラ、BD/DVDにも付属されなくて、どうなるかと思ってましたが、やっぱりおまけ扱いになりましたね。
おまけとして出るか、世の中に出ないかの2択しか想像できませんでしたが。

2013/01/23発売のVol.4 限定盤特典のなかにありました。
いまさらアニプレには期待してないですけどね。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120916 |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2012(Sun) 20:44

Yuki Kajiura LIVE Vol.#9 "渋公 Special"

梶浦由記さん関連

千秋楽。
全体的に退屈なセトリ組んだなぁと思ったら、アンコールでASUKA登場で息止まるかと思うくらいびっくりしました。


兎に角カメラいっぱいあったので、今度こそ映像化するかも?
発表はありませんでしたのでまだ分かりませんが。
⇒ステージ上の左右に固定カメラ2台とクレーンカメラ1台、ステージ下にレーンカメラ、1Fの客席側は1つしか見えなかったけどもしかしたらもっとあるかも、2Fの右翼にもカメラあり。少なくとも6台は確認済み。



Yuki Kajiura LIVE Vol.#9 "渋公 Special"
 2012/09/09(日) 開場16:15 / 開演17:00
  梶浦由記
 <Vocal>
   KAORI、KEIKO、WAKANA、YURIKO KAIDA
 <FRONT BAND MEMBERS>
   Guitar : 是永巧一
   Drums : 佐藤強一
   Bass : 高橋“Jr.”知治
   Violin : 藤堂昌彦
   Manipulator : 大平佳男
 <Guest>
   Vocal:戸丸華江
   Secret Guest Vocal:ASUKA


【セットリスト】
01.lotus [FICTION II]
02.let the stars fall down [Fate/Zero Original Soundtrack Vol.1]
03.my long forgotten cloistered sleep [FICTION II]
04.I swear [FICTION II]
05.everytime you kissed me [FICTION II / PandoraHearts O.S.T. 2]
06.I reach for the sun [FICTION II /エル・カザド O.S.T.2]
07.Distance [distance/eternal blue / ガンダムSEED HDリマスター]
08.eternal blue [distance/eternal blue / 戦律のストラタス]
09.さよならソリティア [原曲:クロノクルセイド 千葉紗子「Everything」]
10.風の街へ [Everlasting Songs / ツバサO.S.T II]
11.時の向こう 幻の空 [時の向こう 幻の空(シングル) / おおかみかくし]
12.paradise regained [エル・カザド O.S.T.2]
13.Credens justitiam [魔法少女まどか☆マギカ Vol. 2 O.S.T.I]
14.L.A. [FICTION II /エル・カザド O.S.T.2]
15.媛星 [舞-HiME O.S.T. Vol.1]
16.デュラン召還 [舞-HiME O.S.T. Vol.1]
17.目覚め [舞-HiME O.S.T. Vol.1]
18.stone cold [stone cold(シングル) / セイクリッドセブン]
19.Sweet Song
 [FICTION II / XenosagaII -善悪の彼岸- MOVIE SCENE O.S.T.]
20.光の行方 [真救世主伝説 北斗の拳 O.S.T.]
21.Parallel Hearts [Parallel Hearts(シングル) / PandoraHearts]
アンコール
22.everlasting song [Everlasting Songs / エレメンタルジェレイド]
23.zodiacal sign [FICTION / Aquarian Age O.S.T.]
24.maybe tomorrow
 [FICTION II / XenosagaIII ツァラトゥストラはかく語りき O.S.T.]



退屈という言葉は過激であると重々承知ではあるけれども、もうサントラデーを知らない身体には戻れないんです!!
一曲くらいいれてくれたってよいではないのっ!
よよよ…。
というか、3daysという濃厚なライブのあとにやるには、あまりにライトなのです。
前か後か、それを体感したか否か、それだけでも感想は違ってくると思います。
贅沢というのは敵なのだと痛感した次第。
でも戻りたくない~~!
⇒このような現象をYKライブ贅沢病とでも呼んでおきましょうか。
 発症条件は「梶浦さんのインスト曲ばかりを繰り返し聴くような重度のインスト好きが、サントラオンリーに参加してしまう」でしょうか…。






★01.lotus
セットの橋のところに3人(WAKANA以外)がいて、中央から戸丸さんがニュッと登場する演出は好きです。
「lotus」の不思議な雰囲気は最初にはもってこいだと思う。
ドラム~~~~ベース~~~~~となる曲。

★02.let the stars fall down
日本語封印デーに続いてまた聴けて嬉しい。
戸丸さんと貝田さんの二人だけで。
戸丸さんの芯の強い声と貝田さんの倍音の重なりが半端なくて鳥肌。


☆MC
千秋楽であると梶浦さん。
最初からアンコール終わりみたいな拍手が湧く。
皆の「好きだ」って気持ちが集約されていて、この拍手が好きだ~と思う。

最初に登場した戸丸さんとのトーク。
梶浦さんは「lotusは戸丸さんに歌ってもらうために書いた曲。(ライブで)あの曲が始まって戸丸さんの歌声が聞こえるとゾクゾクする」と。
今日のお題は「最近のスペシャルな出来事」

 ▼戸丸さん
お題の回答:「運転免許をとって4年、今年新車を購入した。この前犬二匹と山中湖に出かけた」
大きい車なんですか?と聞くと、小さい車だと答えたので、「歌い手さんは機材がいらないですしね」と梶浦さん。「喉だけ」と戸丸さん。


★03.my long forgotten cloistered sleep
フルートが音源というのが惜しまれてならない…!!
赤木さんはもう常勤にしていただかないと…ブルブル。
藤堂さんのヴァイオリンはまろやかだなぁ~と感じたり。

★04.I swear
KEIKOの歌いかたとしては、なんとなく、ほんの少しだけど3日目のほうが好きだったかなぁ。
ゴールドの照明が印象的。その照明がバンドのみなさんの機材に反射してさらにキラキラ光るのがいいな~って。
梶浦さんのピアノとKEIKOだけのところがとてもジワンときていいです。
そのあとの転換も好きです。
KAORIが最後のエコーみたいに繰り返すところを歌っているんですが、すごく上手いですよねあそこ。

★05.everytime you kissed me
KAORIもいい感じだったし、貝田さんとKEIKOがハモりあうところも素敵だったし、WAKANAもOK。
てか貝田さんの声半端なく綺麗だったなぁ…。

★06.I reach for the sun
あの中途半端なところから始まる手拍子が映像化されるのかと思うと…。
貝田さんも何故あの位置から煽ったのだろうか…不思議でならない。
もし映像化されたら、ライブ行って無い人は絶対えっって思う位置だわ。
行っててもえっってなるくらいだし。

手拍子はじまるまでは、KEIKOが最初の入りとかすごく丁寧に歌ってたし、じんわり聴けてよかったのだけどなぁ…。
手拍子が、丁度いい位置から自然発生するならまあいいかと思えるけど、煽られなかったら今日なんて誰もしなかったんじゃないかと思うんだよね。
そのくらい皆じっくり聴いてたんじゃないの?
毎回必ず手拍子しなければいけないわけではないし、しない日があってもいいと思うんだけど…。

☆MC

 ▼WAKANA
お題の回答:(テンション高いWAKANAちゃんで再生してください)
「今年の恐竜展に行きました!ラジオ(Kalafinaの)でも話したんですけど、恐竜には羽毛が生えてるんですよ!!!羽毛ですよ!」
⇒はあ…毛が生えてると弱そうだよね的な梶浦さん。
「小さいころからラプトル(恐竜の名前)が好きです。」
⇒大きなにわとり(笑)的な梶浦さん
「ジェラシックパークで見て好きになったんですけど、あれに毛が生えてるかと思うと~」とひとり大盛り上がりなWAKANAちゃん。
「化石に毛があったんですよ。これはみないと!!」とWAKANAが熱弁したあとの、「…行かないと思う」という梶浦さんのコメントが面白すぎました。
KEIKOと一緒に行ったようです。優しいですねKEIKO。

 ▼貝田さん
お題の回答:「日々淡々としててスペシャルなことってない~~~。しぼりだすと、先日凄く並ぶ店で30分並んでかき氷をたべた。全部乗せ。10種類乗ってたらしい。」
⇒昔、○ラえもんの形したかき氷器があって、兄弟がいたので早い者勝ちで食べてた。生存競争が激しかった、と梶浦さん。

 ▼KEIKO
お題の回答:「昨日姉が結婚した」
おおーと場内拍手。
「年子だったので大親友みたいだった。なのでさびしい。Kalafinaの曲を歌った」というKEIKOに、Kalafina曲を歌った発言でびっくりした梶浦さんが「どの曲を…?」と恐る恐る問うと、「胸の行方と、光の旋律」とKEIKOが答え、思いっきり安堵する梶浦さん。
「Kalafinaというグループをプロデュースしておりますが、不幸な曲が多いので…」と恐れた理由を説明する。
KEIKO曰く、そういう曲をリクエストされたが断って上記の選曲にしたらしい。
そしたら梶浦さんが開きなおって、「みんなローエングリンの結婚行進曲流してるけど、ローエングリンの結婚は悲惨なもの。あれを流してるんだからKalafinaくらいね!」みたいなことを言ってました。

 ▼KAORI
お題の回答:「今日の差し入れのために、昨日ガトーショコラをやいた」
テレ屋さんだけど、乙女なことをしてくれる、と梶浦さん。


★07.Distance
Aメロ~Bメロのベースがゾクゾクするのは私だけですかそうですか。
全体的にすごくよくてあまり感想がないなぁ。

★08.eternal blue
普通に良かった。

★09.さよならソリティア
WAKANA抜きの3人曲。
この前より良かった。

★10.風の街へ
WAKANA戻って4人。
基本KEIKOソロで最後にコーラス入るくらい。
やさしいヴァイオリンだなぁ。
歌も音楽もめちゃんこ良いわ~~~。

★11.時の向こう 幻の空
途中…KAORI?が主メロ歌ってないような気がするところあったけど気のせい?
いや、誰が抜かしたのか自信ないんだけど…。

☆MC
梶浦さんに先日メールが来て「黄色い声に参加したいけど、どうしても自分には黄色い声は出せない」という内容だったそう。なので「黄色い声でも黒い声でも、貴方の声で参加を」ということでバンドメンバーにコールを。大平さんだけなかったけど…。
以前Vol.8のときかな?、私も女子ばっかりで殿方ファンがかわいそうだ的なことを書いたので、今回から殿方ファンも参加出来て良かったな~~~と思います。勇気あるメール送り主に拍手!


 ▼Jr.さん
お題の回答:「娘が生まれました」
場内拍手!!Vol.8のすぐあとに生まれたそうで、本日は楽屋で人生初ライブを見ているそう。「プニプニしていてかわいかった。人生初ライブがYKライブなのだから、人生YK漬けになってもらおう。3歳くらいになったら歌ってもらいたい」と梶浦さん。

 ▼強様
お題の回答:「僕にはあまりスペシャルなことはないんだけど…3days目の打ち上げで美味しいお酒がのめたことかな」
強様はリハの初日から、全ての曲が固まっててすごいと梶浦さん。
いろんな意味で支えてもらってると。

 ▼藤堂さん
お題の回答:「4日に子供が生まれた」
場内拍手!今日はめでたい話題が多いな~。
2児の父になられたそうで、男なのだとか。
「5歳くらいでヴァイオリンを初めてもらって、いつか親子共演で!ハチロクに強い子になってほしいです(笑)」と梶浦さん。
せんせ~欲望がまるだしです~~~~。

 ▼是永さん
お題の回答:「こうして皆さんの前で演奏していることが全てスペシャルな事です」
かっちょいい。

 ▼大平さん
お題の回答:「江戸川に面した友人宅(だったか?)で花火を見ながらビールを飲んだ」


ライブをやるのは、大好きなプレイヤーさんたちを自慢したいからでもある、と梶浦さん。
「譜面はそれだけでは机上の空論でしかない。プレイヤーさんが演奏してくれて初めて音楽になる。だから私はここにいるプレイヤーさんたちのファン」


★12.paradise regained
WAKANAにちょっとハラハラしたけど、結果は良かった!
今日やってくれて嬉しい曲の一つ。
ヴァイオリンも良かった~。

★13.Credens justitiam
あまりにもいつも経済羅針盤に似てるって言ってたら、どっちだかわかんなくなってきて困る現象発生中。
しかしこの曲も完成度上がってる~。

★14.L.A.
貝田さんとKAORIの二人。
なんか毎回この曲をやるのはバンド映えする曲だからかなあ?と思い始めた。
FBMがめちゃかっこいいのよね。

★15.媛星
さーてここから戸丸さん!
まずはいつものように戸丸さんとKEIKOの二人で。
二人のコーラスが最初のころより良く混じり合うようになったなと思います。

★16.デュラン召還
続いて戸丸さんとKEIKOが歌い始め、途中から貝田さんが後ろから現れて参加する曲。
ドラムがすごいすごい。

★17.目覚め
戸丸さん+4人

★18.stone cold
盛り上がった。

☆MC
次曲紹介。
「歌詞のある曲はそれぞれに作ったときの思い出があるが、「Sweet Song」は自分が一生の中でかける曲のうち、この曲は一生好きだろうなと思える曲。
"The Best"ではないけれども汎用的なもの。10代のころ好きだと思った曲も、今聴くと恥ずかしかったりする。20代のときに好きだと思っても、今は普通だと思ったり。だけどこの曲は書いたときからとび抜けたところはないけれどもいい曲がかけたと思った。書いたときも好きだったし、今も好きだし、10年経っても好きだと思う。おじいちゃんになっても・・・あっ」
"おじいちゃん!?"と場内爆笑。良い話なのだけど!!
そのあと笑い声ではっきり聞えなかったけど、おばあちゃんの声色を真似て、昔作った自分の曲をいい曲と思い返すようなセリフを梶浦さん自身で言って、長い付き合いがしたい曲、と紹介していました。
★19.Sweet Song
この曲は、今までアンコールラスト以外の位置では演奏されたことが無い曲だったのでちょっとびっくり!
でもとてもクオリティ高くて聴きごたえありました。

★20.光の行方
WAKANAむちゃくちゃ調子いいし、1曲まるごと息をのんで聴いてました。
ドラムがまた壮大さを引き出すのよね~しみじみ。
今日やってくれて嬉しかった曲のうちの一つ。
1日目来れなかった人にも、是非ライブでのあの迫力を感じてほしかったから。


☆MC

★21.Parallel Hearts

アンコール

★22.everlasting song
いつものように(とはいえ、日本語オンリーの日には省略されていたが)、貝田さんのソロから始まるライブ版、貝田さんが一人だけ出て来て歌って、途中でKEIKOが出て来て歌って、そのあとWAKANAとKAORIが出てきて~と思ったら、ステージ奥にまさかのASUKA!!
この透き通った歌声はまさにASUKA!!と感動が止まらず。
ASUKAの声は明るいけど突き抜けてはおらず、地に足がついていて、人に不快感を与えない絶妙さが、無二であると思います。
元々自分で曲書いたり出来ちゃう多才な人だったし、梶浦さんの曲に1曲しか参加してなかったし、途中から結城アイラになっちゃったし、ないかな~って思ってたんですが。
だからこそゲストで来てくれてとても嬉しかったです。
本人歌唱とか涙出ちゃうわホント。
現れたときに思わず発生した場内拍手がファンの喜びを物語っていましたね。
私はこの曲が終わったあともしばらく動悸がとまらず。



★23.zodiacal sign
zodiの間中動悸を抑えるのに精一杯…

☆MC
今日の最後の話は・・・
「会場入りして、リハのときに客入り前の席に座ったりする。
思い出す原体験は、小学生のとき、ドイツで暮らしていたころに見に行ったオペラ。日本よりとても安く見られるものだった。最初は親が聞いているオペラを見に行っていただけだったのが、自分も好きになっていった。
オペラを見ることは特別なことだった。一番良い服を着ようとか、今日は魔笛だからこのワンピースがいいなとか考えた。
オペラが始まるとき、最初にオーケストラが音合わせをする瞬間がとても好きで興奮したもの。忘れられない。
ライブ用のovertureというものを、ライブのたびに1曲くらいは作るのでもう9曲かもうちょっと作ったかと思うが、それを作るときその時のことを思い出す。
幼少のみぎりに自分が音合わせで感じたドキドキワクワク感を味わって、待ってくださっていたら嬉しいなと思っている。
次はまた別の曲で始まるかも。
9回目になるライブだが、ライブに行くということは1大イベントだと思う。
貴重な一日にきてくれてありがとう。
子供のころ、あの暗闇の中でのドキドキワクワクする体験がなかったら、全然違う人生だったと思う。"アレ"がやりたいと思った。体ごともっていかれるような…。
それをなんとか出来ないかと思ってやってきたように思う。欠片でも、あのとき私の中で華ひらいた感動を少しでも作れていれば嬉しい」
端折りながら書きましたがこんな感じでした。

★24.maybe tomorrow
他の曲が何度も登場するとケチを付けずにはいられない私だけど、この曲だけはあと100回やっても文句を言う気にはならないと思います。
は~~~泣ける。泣けるわ~~~。


【総感】
最初に不満な点から始めますとですね…やっぱり3日間の総まとめ的な位置づけの今日、何もインストやらないのは酷いのではないか、ということです。
泣いちゃうよ?
考えてみれば確かに…、アコーディオンもフルートもなしに2日目のセトリからもってくるのは難しいかもしれないが。
が!!
「guess how much I love you」か「Numquam vincar」くらいは、今日のメンバーでやれたはずなんだよ~~~~。
欲をいえば、2日目に当選しなかった人に「when the fairy tale ends」と「the mercy of nature」と「hit it and run!」だけでも聴いてほしいという気持ちがとてもあるのだけど……それが無理なことは判ってるんです。
でも…うう~~~ん。本当に聴いてほしいんだけど…なぁ…。

あとですね、やっぱりこのセットリストは映像化に多大な影響を受けていると思うんですよね。
映像化の話は一言も出てないんですけど、あれだけカメラがあって商品にならないなんてことはさすがに無いと思います。がつがつ取ってたし。
(1列目とか前のほうの人なんて、あんなにレーンのカメラに邪魔された挙句商品にもならないんじゃ文句の一つ二つ三つ言っていいレベル)
だから宣伝っぽくすごく選曲が偏ってるし、「FICTION II」からと、FJの曲が滅茶苦茶多い…。

私、映像化してほしいとは思ってたけど、映像化するためのライブをしてほしいとは思ってない。
その目的が逆転化しちゃってるように感じるセットリストを組むぐらいならば映像化しなくてもいい。
面白いライブがいい。面白いセットリストがいい。いつもの濃厚なYKライブがいい。
映像化しないと見られない人がいるのもわかってる。
だけど100回映像で見たって、1000回映像で見たって、1度の生ライブ体験には叶わない。
そうでなければライブに行く意味なんてないし、私はそう思ってライブに参加してる。
そういう意味では、今日のセットリストはその意図が透けすぎていて、(言葉は悪いし、読んでいる人にも申し訳ないけど)、がっかりした。
もう少し隠せなかったのか。
商業的に仕方がないんだ、という言葉を何度も自分にのみこませたけど…がっかりした…。
ていうか今日は3daysに参加出来なかった人の救済が中心だと思ってたから余計がっくりしたのかも…そうかも。

そういう心境だったからこそ、「everlasting song」でASUKAがサプライズで出てくれて、この曇った心にひと吹きさわやかな風を起こしてくれたことに、本当に動悸がおこるほど感動しました。
来てよかったと。
ASUKAさんありがとう。

また、不満とは別次元の話として、今日の音楽の一つ一つは非常に素晴らしく、歌いなれた分クオリティも高まっている曲も多く、心地良い音楽を聴かせて頂いたと思っています。
(不満を後に書くより先に書いたほうがいいと思ったので書きましたが、それが全てではありませんということがいいたいのです)

なんか今日は特に貝田さんが調子いいな~って思いました。
いつも調子良くなくても分からないくらいには歌えちゃう人ですけど、本当に調子いいと飛びぬけてるなと。
WAKANAも結構調子良かったし、嬉しいです。
戸丸さんの、ソプラノなのに深淵を感じさせるという摩訶不思議な声も、何度聴いても素晴らしく。
「lotus」>「let the~」の流れは良かったですし、デュラン含みの舞シリーズコーナーも良かったですよね!!
KEIKOも1曲1曲へのアプローチが丁寧で良かったですし。
KAORIも「paradise regained」とか「I swear」での細かいコーラスがゾクゾクしました。

「maybe tomorrow」…一体いつになったら泣かずに聴けるようになるんだろうか。
梶浦さんは一体何を思ってあの歌詞を書いたのだろうか…とか思うし…。
勿論ゼノの世界観を表現するために書いたというのは明白だけども、誰が書いてもこうはならない。
最近読んだ本で、暗所恐怖症のような症状だけど本当は暗闇のあとにくる光が怖いんだ、というのがあって、この歌詞はそれと似たような感じかなぁと思ったりしました。

「光の行方」も歌詞が好き。
「今全てを賭けて 描いた明日には 静かな光が満ちて…」というところが。
北斗の世界を思うと…。

…そんなこと書いてたら時間かかりすぎてましたね。
えっと…えっと…うまくまとまらないな。
後味が良かったので一定の満足感を持ち帰ってこられたものの、爆発的な喜びは感じられない公演となりました。
何がいやって、性格的に不満毎のほうがあとでついつい何度も反芻しちゃうしつこい性格なのがね…。
もう自分のことは分かっているので、今日の公演は意識的に反芻しないように努力し、そして2日目のサントラデーのセトリ曲でプレイリストを作り、記憶の上書きに努めようと思います。
そして次の公演を楽しみに待つ!これだな!

(まあこんなことを帰り途につらつら考えた結果が、やっぱ贅沢病にかかってるわ…という最初に書いた結論でした。)

Edit Comments(18) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120909 |

Page up▲

08

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 00:55

FJC 会員限定LIVE開催決定

梶浦由記さん関連

ゲストの曲を整理する、なんて言っていまだに出来てなくてごめんなさい。
なんか火曜日に一通り更新したら満足感が出来てしまってですね…。
土曜日のライブで元気をもらったので、日曜はなんとか頑張れましたが、そもそも日曜に大理石の超冷たいところに座って冷房きいた場所で6時間待ったので体が芯から冷えて体力を奪われたんですね。
全然後悔はないんですが~。
そのあと月曜もまだ更新しなきゃっきゃっとテンションが高いままで、火曜もキャッキャしてたんでいけたんですが、さすがに体力の限界で水曜あたりからガクンと疲れが(笑)

ようやく今日は作ろう!と思ってたんですが、作り始めたら段々Vol.9だけではなくて、今までの全部整理したくなってきて、1日では整理出来ない感じになってしまいました。
上手く整理できるかわかりませんが一覧に出来たらいいなと思っているので、期待せずにいて頂けると…。
というか自分の振り返りのためにも欲しいんですよね~。
うん、やっぱりがんばります!


で。

FicitonJunction CLUB 会員限定LIVE
 2013/01/05(土) なんばHatch
 2013/01/06(日) Zepp Tokyo

 <出演者>
 梶浦由記
 YUUKA・KAORI・WAKANA・KEIKO・YURIKO KAIDA・HIKARU
 FBM


もしかしてまたリクエストライブとか?
2年に一度くらいやれたらって言ってましたよね?
ま、詳細が来たらわかるでしょうか。

わ~~~またなんばHatchにいけるかもーーー!?行けたらうれしーー!

東京はZepp Tokyoと、梶浦さん絡みでは初の場所ですね。
AJF行ってる人間にはお馴染みの場所です。

追記
そういえば、大阪でのライブもないのにFCイベント大阪でやるなんて、初じゃないですか?
おおぅ。本当にこの後もその周辺でのライブが発表されなければ、FCイベントが東京大阪どちらでも開催になる良い傾向ということになりますね!

Edit Comments(2) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120908 |

Page up▲

04

January February March April May June July August September October November December
2012(Tue) 22:30

レポの追記お知らせ

梶浦由記さん関連

更新のお知らせping打ち用の記事です。

【9/3済み】
・2日目のMC
・3日目のMC
・2日目少し間違ってた部分こっそり修正

今日はMCで精いっぱいだったので、明日以降やる予定のことも一応書いておきます。

【9/4済み】
・HPのほうの更新
・3日分、もう少し読みやすいよう色づけして成型する
・セットリストにCDの記載を追加する


【これからやる予定】
・ゲストの曲を整理する


Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120904 |

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2012(Sun) 20:23

Yuki Kajiura LIVE Vol.#9 "3 days special" 3日目

梶浦由記さん関連

笠原さんだけでもスペシャル感モリモリなのに、シークレットで今日戸丸さんまでいらっしゃるとか!!
それにしても、笠原さんの歌声をきっちり受け止められてた会場はYKライブでは新国立劇場が初めてですね。
やはりそのために作られた会場は違うわ…。
三日間、音響は完全にストレスフリー。
本当にキャパさえマッチングするなら最高なんですけど。

しかしラストのメンバー紹介で梶浦さんが大平さん忘れちゃってたのは可哀そうだったな~。
大平さん次に呼ばれると思って手上げてたんだけどスルーで…キュウンとしちゃった。
近くの人が忘れてるって声かけてくれたらと思ったんだけど…。

Yuki Kajiura LIVE Vol.#9 "3 days special"
 場所:新国立劇場 中劇場

「DAY-3 日本語封印Special」
 2012/09/02(日) 開場15:15 / 開演16:00

  梶浦由記
 <Vocal>
   KAORI、KEIKO、WAKANA、YURIKO KAIDA
 <FRONT BAND MEMBERS>
   Guitar : 是永巧一
   Drums : 佐藤強一
   Bass : 高橋“Jr.”知治
   Violin : 今野均
   Manipulator : 大平佳男
 <Guest>
   Vocal:笠原由里
   Flute:赤木りえ
   Secret Guest Vocal:戸丸華江

【セットリスト】
01.point zero [Fate/Zero Original Soundtrack Vol.1]
02.let the stars fall down [Fate/Zero Original Soundtrack Vol.1]
03.lotus [FICTION II]
04.I swear [FICTION II]
05.my long forgotten cloistered sleep [FICTION II]
06.forest [FICTION II /エル・カザド O.S.T.1]
07.Credens justitiam [魔法少女まどか☆マギカ Vol. 2 O.S.T.I]
08.E.G.O. [FICTION II / Aquarian Age O.S.T.]
09.everytime you kissed me [FICTION II / PandoraHearts O.S.T. 2]
10.I reach for the sun [FICTION II /エル・カザド O.S.T.2]
11.SAO M33 [ソートアートオンライン劇判 未発売]
12.Historia:opening theme [歴史秘話ヒストリア O.S.T. 1]
13.tears~op theme #2 [歴史秘話ヒストリア O.S.T. 1]
14.liminality [.hack//Liminality O.S.T.]
15.L.A. [FICTION II /エル・カザド O.S.T.2]
16.媛星 [舞-HiME O.S.T. Vol.1]
17.目覚め [舞-HiME O.S.T. Vol.1]
18.MATERIALISE [舞-乙HiME O.S.T. Vol.1]
19.聖乙女の祈り [舞-乙HiME O.S.T. Vol.2]
20.paradise regained [エル・カザド O.S.T.2]
アンコール
21.salva nos [FICTION /NOIR O.S.T I]
22.Sweet Song
 [FICTION II / XenosagaII -善悪の彼岸- MOVIE SCENE O.S.T.]




どうかな?今日は抜けてる曲がないといいんですけど。


今日は本来ライブ参加できる予定では無かったので、明日仕事行かないと行けないんです。
チケ取れたら休むつもりで周囲には最後まで待ってくれって行ってたんですけどね…三回目のFC抽選駄目だったので諦めてヤケクソで私中心のミーティングぶっこんじゃったんです…嗚呼私の馬鹿…!!
今日も寝不足なので今日は寝ないと不味い!
ということで今日は途中までになるかもですがご容赦下さい。
明日も5時には起きないとなので(^^;

・・・ゲストボーカルで整理すると・・・
01.point zero (笠原さん)
02.let the stars fall down (戸丸さん)
03.lotus (戸丸さん)
04.I swear
05.my long forgotten cloistered sleep
06.forest
07.Credens justitiam
08.E.G.O.
09.everytime you kissed me
10.I reach for the sun
11.SAO M33
12.Historia:opening theme
13.tears~op theme #2 (笠原さん)
14.liminality (笠原さん)
15.L.A.
16.媛星 (戸丸さん)
17.目覚め (戸丸さん)
18.MATERIALISE (笠原さん)
19.聖乙女の祈り
20.paradise regained
アンコール
21.salva nos (笠原さん)
22.Sweet Song



★01.point zero
セット奥にある橋に4人が立っていて、ライトがついたら中央に笠原さんがいたのでびっくり!!
演出がとても良かったし、何より笠原さんの迫力がもう笑っちゃうくらいすごいの。
どどどどおおおしよーーーって感じ!
ドラムもめっちゃくちゃ格好良いし最初から痺れた~。

★02.let the stars fall down
「満天」の原曲。そこでもうシークレットゲストの戸丸さんが登場。
戸丸さんと貝田さんの二人で!
この曲嬉しかったな~。

★03.lotus
戸丸さんと、貝田さん、KEIKO、KAORIのコーラスで。(WAKANA抜け)
ヴァイオリンも荒ぶるしドラムも格好いいし。
見てると戸丸さんって体でリズム取らずに歌えるんだなぁ。
みんな無意識についついやっちゃうと思うんだけど。自制が効いてるなぁって思った。

☆MC
「YKライブのVol.1は日本語封印だったので、本日は由緒正しい日。YKライブの代表選手」と梶浦さん(笑)

戸丸さんを紹介。今日はブルーのシンプルなロングドレスで美しや。
lotusで神秘的な声を聴かせてくれた、と梶浦さん。
お題は、3daysにちなんで「あなたの三日坊主は何?」


 ▼戸丸さん
お題の回答「モノの角を揃えられない」
がさつなんです、という戸丸さんに対して、梶浦さんは「本当にがさつな人は、そろえようとも思わない」(自分のことを言っている様子)

このあとの歌姫紹介で、KEIKOを呼ぶところ「KAORIーーー!」と紹介する梶浦さん。


★04.I swear
格段にKEIKOの歌い方がうまくなってた!
WAKANAの高音が少し弱いなぁとは思ったかな?
結構途中から高音も目立たないといけない曲だし。

★05.my long forgotten cloistered sleep
まだ乗りきれてないWAKANAって感じかなぁ。もっとできる子!
ドラムが格好いいのよねぇこの曲は。
そしてフルート!!(赤木さん)
最後の貝田さんイイヨー!!

★06.forest
Aメロ微妙だったけどBメロからWAKANAの調子が急に良くなった気がしました。
これまた赤木さんのフルートがめたんこ素敵。
ていうかforestの最後のフルートはいつもすごい。
ラストがメインディッシュと言っても過言ではないかも。

☆MC
赤木さんのカリビアンな衣装が素敵と褒める梶浦さん。(現地調達品の様子)

 ▼赤木さん
お題の回答「自転車」
乗れないそうで、乗りたくて三輪車を買いに行ったら、皆が想像しているような三輪車を要求したら「早く走らないよ」と言われて却下されて前が2輪のものを買うはめになったそう。(別に早く走りたいわけじゃないって言ってました(笑))でも結局前に2輪あっても3輪車のように自立するわけじゃないので、倒れてしまってのれないんだそう。
今どうしようかと思ってるところだとか。
梶浦さんがお年寄りがのってるような荷台がついているやつは?と聴くとさすがにそれは…という感じみたいでした。
梶浦さんは最後に「私は乗れるよ♪」って言ってました。カワイイ・・・


★07.Credens justitiam
爽快感のあるフルートだなぁ。
そしてWAKANAも調子いいいい!
KEIKOはこの曲のリズムの取り方を迷ってる風だった。
間奏以降は貝田さんのターン!最後壮絶高音。

★08.E.G.O.
キーボードが二つあるときはE.G.O.があると見て良いかと(笑)
は~~大好きな曲。演奏を楽しめる曲です。
ギターの見せ場もかっちょいい。

★09.everytime you kissed me
KAORIはもちろんのこと、KEIKOの寄り添ったコーラスが絶妙。

★10.I reach for the sun
演奏率高いなぁ。
ベースがわりと忙しい曲ですよね。Jr.さんの手元見てると地味に頑張ってます。

☆MC

 ▼WAKANA
お題の回答「スカート」
普段はロングスカートか、ショートパンツで、スカートは履かないそう。
スースーするからって(笑)まあそうだけどさ(笑)
梶浦さんは「スカート一枚も持ってない。2年に一度くらい買ってみたりするけど結局一度も履かない」そう。
WAKANAにはお嬢様系の衣装が似合うと梶浦さんは昔から言っているそうですが、WAKANAちゃんにはスルーされているらしい。

 ▼貝田さん
三日坊主なんだろうって考えながら歌ってたと衝撃告白をする貝田さん(笑)
お題の回答「アイス」
やめられないんだそうで、マルチパック買っちゃう、うまか棒にはまってる、今10本のところ11本入っててお得、と言ってました。
梶浦さんはセブンのシャーベットが好きらしい。
これで呪縛から解き放たれて考えずに歌えるねと(笑)
あんなこと言えるのは貝田さんだけだと思った!

 ▼KEIKO
お題の回答「おやつのじかん」
やめようと思うが一時間後にはたべてる。リハのときとかの差し入れは素通りできないよね~と梶浦さん。スフレ食べちゃった♪とKEIKO。
最近は三日連続で料理しているとKEIKO。1日目は桃を剥いて(え?)、2日目はパンケーキを焼いて(まあ…)、3日目は白菜のクリーム煮を作った(まとも)そう。
他の三人からは料理の話を聞くけど、KEIKOちゃんだけは聴かないと梶浦さん。


 ▼KAORI
お題の回答「つづかないと分かってるからしないけど 筋トレとピアノとサックス」
筋トレはやろうと思うと続かないのでやりたいときだけやることにしている。
ピアノはエレクトーンから変えてみたけど全然弾かない。
サックスは人から借りたので教室に通おうと思って、それから5年。
だそう。

梶浦さんも「クラリネット、二胡、アコーディオン、ハンマーダルシマー、イーリアンパイプ・・・・などなど楽隊をひらけるくらい楽器はある」と。

 ▼Jr.さん
お題の回答「トンカツダイエット」
「食べるのをやめる」ことができない三日坊主が多いと梶浦さん。

 ▼強様
お題の回答「ん~…ぼくね、三日坊主って言葉嫌いなんだ。・・・・・・・・・・・・・・・・・(強様は良く考えてから発言する。間違った言葉は使いたくないため。沈黙も再現)・・・・・・・・・ぼくは1回良く考えてから、向いていないと判断してやめる。剣道算盤は判断してやめた」
強様らしい、含蓄のあるお言葉と梶浦さん。

 ▼今野さん
お題の回答「ホットヨガ」
回数券を買って1回しか行ってないそう。
梶浦さんはホットがつかないヨガの回数券を買ったけど同じだったらしい。

 ▼是永さん
お題の回答「洗車」
自分で洗車しようと思ったけど2カ月でやめたそう。
是永さんは車カスタムしているそうで、だけどその話がさっぱりわからなかったと梶浦さん。

 ▼大平さん
お題の回答「ジョギング」
ジョギング一時期はやりましたよね、と梶浦さんが言ったんだけど、私的にはいつ???って感じでした(笑)
で、「ジョギング挫折した人」(だったかな?)って聞いたら、10人くらい手を上げなくて、少ない…といいつつ「ジョギングなんてしようとも思ったこと無い人」って聞いたら殆どの人が手を挙げて笑い。
同じ…ということで類は友を呼ぶんですねと梶浦さん。

次曲紹介。
サウンドトラックは、通常CDが出る段階で初めてタイトルが決まるので、発売される前までは「Mxx」という番号が振られている、今回SAOのために作った曲をやるにあたって、タイトルがないので付けようかとも思ったが、今回は敢えて「Mxx」のまま披露する。もしCDになったらどの曲か当てて、と梶浦さん。


★11.SAO M33
最初から4人で歌い始める激しめの曲。
ヴァイオリンもかき鳴らすし。
最後はギターとヴァイオリンのセッション!って感じ。

★12.Historia:opening theme
WAKANAいいね~~~~~。
全体的に調和のとれた音楽だった!!

★13.tears~op theme #2
ピアノと笠原さんで。
お着替えしてピンクのドレスで輝きながら切なく歌いあげる笠原さん…キュンキュン。
今日はこの曲聴けて嬉しかったです。

☆MC
笠原さん紹介。
夜の女王のような黒い衣装から、ピンクのお衣装に着替えられて、と梶浦さん。
笠原さんの地声久しぶりに聴いたけど、めちゃくちゃ可愛いわ~~~~。
いつも「運命の女神のような」とか「復讐の女神のように」とかお願いしているなかで、「tears」は珍しい歌と梶浦さん。

 ▼笠原さん
お題の回答「寝る前にストレッチ」
やってる間に寝てしまうと。
健康食品買うのが好きだそうで、「たまに期限が切れて不健康食品になるんですけど(笑)」と笠原さんが言うと、「貴方は私ですか!」と嬉しそうな梶浦さん。
「家に籠っているときに何か食べ物がないかと探して期限切れのものを見つけたりする。けど美味しく食べちゃう。もう経験でこれはピンチとか戦闘本能でわかる」と語る梶浦さん。
笠原さんは世俗のことは知りませんって感じなのに、寒天パパの話でも盛り上がったと。
(私は「寒天パパ」という名前、Vol.6の笠原さんゲストの時以来数年ぶりに聴きました(笑))

リハとかで、「笠原さん!」って呼ばれたときの「はい~~~~」って答え方がすごく素敵らしくて、やはり天上の方的なことも言ってました。
次の曲のためにKAORIとKEIKOがステージに入ってきましたが、ステージ高台にいる笠原さんにお辞儀してて笑った~。


★14.liminality
待った待った!!ちょっと待ったああああああ!
笠原さんのliminality実は初じゃねえええええええ!?!?!?!
と気がついて倒れそうに。プライスレス…!!

中央高台に笠原さん、一番手前のフロアにKAORIとKEIKOがコーラスで。
圧巻圧巻圧巻!!!!!

★15.L.A.
貝田さんとKAORIで。

★16.媛星
戸丸さんとKEIKOで。
二人でのハモりが前より綺麗だ~。
やっぱり回を重ねると違うのね。

★17.目覚め
戸丸さん+4人で。

★18.MATERIALISE
笠原さん+4人で。

★19.聖乙女の祈り
4人のみに戻って。
クオリティ高いっ。

☆MC

★20.paradise regained
フルート入りで。
照明綺麗だったなぁ。黄金…というには少し弱いけどキラキラした黄色?ブワッと。(そんな説明があるか)
全体としても良かった~。というかこの曲聴けるとは!という感動も。
北斗以降ようやくまたWAKANAの声が聴けたよ!という喜びに沸いた曲なので思い出深いですね。
今やこんなにいろんな曲でWAKANAの声聴けますけど、当時は違いましたし。

そういえば今日改めて思ったのですけど、最近のWAKANAは声楽的な声の出し方してるときは声量も安定感も結構出てると思うけど、ポップな歌い方になると一気に声量が落ちる印象。
この曲では声楽的な歌い方で貫いてほしいのだけど、途中でポップな歌い方に行きそうになったりしてちょっとハラハラはしました…。
気にしなければ気にならないレベルかもですが。
あの声が綺麗に響くとたまらない気持ち良さなので余計そこに執着してしまうのでしょうね…。
ラストのところでKAORIが凄い高いロングトーン出してたの気のせいじゃないですよね…?

 アンコール
★21.salva nos
バンドメンバーとかが入ってくるときのSEがなんか変わってました…。
なんだろうアレ。

それはさておき笠原さん!!
ビリビリしますね!
何度か聴いてますが何度聴いてもスゴイとしか。。。

☆MC
「今日はドSな選曲だった、リハに入って後悔したけど、メンバーのみんながまるでなんてことないような顔で、大変だったと思うけど、FBMはMEも含めて80曲やってくれた。感慨深い。
1回やっちゃうと次もって思う。やればできるもんだな~と。」
(ここでFBMのメンバーがいやいやと手を振ってた(笑))

「今日が終わるのが勿体ない。ライブをやるたびに、また新しい曲を聴いていただけるのが嬉しい。ライブはすでに一つの季節になっていて、サントラが終わればライブ>サントラが終わればライブと、四季が季節ではなくなってる。
こうやって喋ってるのは、終わらせたくないから・・・
自分の曲を尊敬するプレイヤーさんに弾いてもらえて、聴いている皆さんのお顔が良く見えて、本当に幸福。そんな幸福を来てくださった皆さんにも少しでも味わってもらえたら。
今日、何しようかなといういろんな選択肢があるなか、ライブに来てくださってありがとう。音楽はひとりでやっても楽しいけれど、二人でやれば2倍になるし、1000倍にもなる。」
そんな感じで、惜しみながら挨拶してました。


★22.Sweet Song
赤木さんも入れて。
KAORIこの曲上手くなったなぁ~って思った。
なんか何が今までと違うのかうまく言葉で言えないってか良く分かってないのだけど、この曲との親和性が増していたというか…。
良かったなぁ…。
WAKANAと貝田さんのソプラノ部隊のコーラスも良かった!



【総感】
セトリとしては、FICTION IIからどんだけもってくんだ!?ってほど沢山持ってきていてびっくりしました。
セットリストだけ見たら新鮮味足りないと思うんです。
いや、「paradise regained」だけで白米5杯はいける説もありますが。
でも、多分ですけど…もうこれ以上FBMの負担的に新曲は難しかったんじゃないかと思いますね。
覚えなおしの負担が少ない最近演奏した曲というのを中心にやってる気がしました。
まあでも6曲あったら十分かな?(笑)
笠原さんが歌われるだけで別物になりますしね!

「let the stars fall down」もとっても嬉しかったし、
「liminality」を笠原さんで聴けて感激!だし、
「tears~op theme #2」で涙・・・だし、
「paradise regained」でうひょーーーーー、
と私の琴線を一際ふるふるしてくれた曲群をあげてみました。
しかし感想が短いものも、完成度が高すぎてただただ聴いてただけの時間が多くて感想書けない、な~んて理由だったりもします。

今日は梶浦さんすごく疲れてるように見えました。
MCも短かったし、すごく水飲む回数が多くて…いつもあまり水飲まれてる印象ないので、かなり負担かかってるっぽいなと思って見てました。
4日ぶっ続けで80曲やっていらっしゃったFBMの皆さんが大変なのはもちろんですが、普段人前で仕事するのが基本じゃない梶浦さんが、3日間連続でライブをするというのは私が想像している以上に梶浦さん自身への負担が大きかったのかもしれません。
(見られるというのはそれだけで消耗しますよねきっと)
なんか初日から徹夜で曲作ってたっぽいですし…。

3日間幸運にも参加出来て、とても楽しかったのはもう間違いありません。
行けない人も多かった中、楽しませてもらっちゃったことにちょっとごめんなさいって気持ちもあるんですが、いける限りはと楽しんだつもりです。

本当にいろんな意味で二度とはない3daysのライブになりました。
次は無理せず、1コンセプトずつでいいので梶浦さんに負担が少ない形でまた楽しませてもらえたらなと思いました。



なんか他にも感想があったかもですが、朝の6時に家出たレベルなのでもう頭が回ってなくて考えられないのでここで一度UPします。
MCが二日目も含めて全然かけてないので、これは明日以降に絶対書きますね。
⇒書き終わりました!

Edit Comments(4) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120902 |

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2012(Sun) 15:42

三日目の当日券ゲット出来ました!!

梶浦由記さん関連

今日は気合い入れて行動しました。
それが報われて嬉しいです。
三時間くらいしか寝てないのでちょっと疲れていますがライブで元気になれると思います。

応援のコメント頂いていたので、取り急ぎ報告でした!
ありがとうございました!

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120902 |

Page up▲

01

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 20:52

Yuki Kajiura LIVE Vol.#9 "3 days special" 2日目

梶浦由記さん関連

すごいすごいすごい!!!
もうとんでもないよこのセトリ!!
本編ラストの曲にはもう
キタコレさkfjぁdjfかsjだkhさdjbfjぁfkljjbjklfl;sd
と壊れそうなほど興奮して、熱いのなんのって。
体が熱い。壊れそうです!!!!



Yuki Kajiura LIVE Vol.#9 "3 days special"
 場所:新国立劇場 中劇場

「DAY-2 Sound Track Special」
 2012/09/01(土) 開場16:15 / 開演17:00

  梶浦由記
 <Vocal>
   なし
 <FRONT BAND MEMBERS>
   Guitar : 是永巧一
   Drums : 佐藤強一
   Bass : 高橋“Jr.”知治
   Violin : 今野均
   Manipulator : 大平佳男
 <Guest>
   Flute:赤木りえ
   Accordion:かとうかなこ
   Secret Guest Vocal:伊東恵里


【セットリスト】
01.ordinary sunset [エル・カザド O.S.T. 2]
02.canta per me [NOIR O.S.T. II]
03.romance [NOIR O.S.T. I]
04.Crush [PandoraHearts O.S.T. 1]
05.blue clouds [ツバサ・クロニクル O.S.T. II]
06.the mercy of nature [The Works for Soundtrack Disc3 世界里山紀行]
07.when the fairy tale ends
 [the Garden of sinners -劇場版「空の境界」音楽集-]
08.homecoming [歴史秘話ヒストリア O.S.T. 1]
09.希望の都、ヴィントブルーム [舞-乙HiME O.S.T. Vol.1]
10.first love [The Works for Soundtrack Disc1 東京兄妹]
11.sweet memories [.hack//Liminality O.S.T.]
12.carnaval in blue [エル・カザド O.S.T. 2]
13.we're gonna groove [MADLAX O.S.T. 2]
14.moonflower [Le Portrait De Petit Cossette O.S.T.]
15.I talk to the rain [ツバサ・クロニクル O.S.T. I]
16.hepatica [XenosagaⅢ ツァラトゥストラはかく語りき O.S.T.]
17.guess how much I love you [ツバサ・クロニクル O.S.T. I]
18.Numquam vincar [魔法少女まどか☆マギカ Vol. 6 O.S.T. III]
19.hit it and run! [エル・カザド O.S.T. 1]
 アンコール
20.voices silently sing [ツバサ・クロニクル O.S.T. II]
21.a farewell song [NOIR O.S.T. II]


一応セトリは作りましたが、曲の抜けがないといいんですけど…。
あとでもう一回チェックしますね。(メモがぐちゃぐちゃなので…)
日本語曲が少なすぎてPC以外では打つ気が起こりませんでした^^;

⇒すみません!!やっぱり1曲抜けてました。「we're gonna groove」が。
しかも一瞬だけ入れる場所も間違えてました。コゼットの前ね…。うん…正しいはず。今度こそ


★01.ordinary sunset(エルカザド)
最初にかとうさんと是永さんだけがステージ上に出て来て、まずはかとうさんのソロでこの曲を。
アコーディオンの生演奏って初めて聴いたかも。
凄かった…。タメとか、演奏全体が聴きいっちゃう感じ!

★02.canta per me(NOIR)
これもかとうさんのソロで。
アコーディオンソロでの「canta per me」は音源としても無いので貴重。
会場全体が耳をそばだてて聴くこの空間が好き!!

★03.romance(NOIR)
ここから是永さんがアコギで参加。是永さんとかとうさんの二人だけで。
この曲はファン多いと思うの!!私も大好きだから嬉しかったなぁ~~~。
これがライブで聴ける日が来るなんて!!

★04.Crush(PandoraHearts)
この曲で梶浦さん、強さま、Jr.さん、今野さん、赤木さんが登場し、かとうさん退場。
つまりFBM+赤木さん。
インスト曲としてはお馴染みですね。
フルートの映える部分があるし、インスト曲としてははじまり曲として使いやすいんでしょう。
ドラムもかっちょいいし。

☆MC
初っぱな、「オンドラムス!!これながこうい…きゃーーーーー」というUKATSUから開始。
今日はアコーディオン、フルート、ヴァイオリンとメロディ楽器が多いです、と。

★05.blue clouds(ツバサ)
もちろん赤木さん入りで。
久しぶりに聴けました♪
これでもうライブでも3回目?だけどなんど聴いても泣きのメロですね…。
泣けちゃう。

★06.the mercy of nature(世界里山紀行)
マジ?この曲来ちゃう?来ちゃうの!?!?!と思いますよね!!思いました!
ポーランドの映像受信しました。ハイ。(ポーランド編で使われてた曲です)
強様はドラムじゃなくてコンガ(かな?ボンゴかな?その他?分からなかった…)で。
完成度むちゃくちゃ高いのよホント…。
フルートは吹きわたるわ、ヴァイオリンは切ないわ。

☆MC
今日は楽隊と呼びたいと思う、と梶浦さん。

本日のお題は「音楽の道でやっていけると思ったとき、もしくはやっていこうとおもったきっかけ」
聞いてみると、難しい質問だったそう。

 ▼赤木さん
お題の回答
”母方が大正時代からのオペラ一家で、祖母も母もオペラ歌手だった。叔父さんは聖飢魔IIのエース清水。ということは私は悪魔なんですけど。(ってチョーさらっと言うので場内笑)子守唄は歌曲だった。物心ついたころは歌手になると思ってた。
まだ29才だけど、テレビでザ・ピーナッツが歌っていて(おいおいっ)・・・なりたかった。
音楽の高校に行ってフルートを本格的に初めてこれしかないと思った。”
「私フルートがふけないとただの人なんです。困っちゃうんですけど(笑)」
⇒赤木さんぶっこみすぎて面白い~。

道に迷ったことは?という質問に対しては、「ずっとオーケストラをやるんだと思っていた大学時代に、アドリブとか個性をどうやったらだせるのかで。。。」
梶浦さんがここでインタビューをメモったらしきマル秘ノートを取り出して、一人で「ふむ…」とか言って沈黙・・・、「ノートには“生まれたときからフルート道は決まっていたようだ”だって書いてあります」と。


★07.when the fairy tale ends(空の境界6章)
うぉおおおおおこれも来ちゃう?来ちゃった!!!!
もう言われなくても6章とわかるね!5章のときに「YOKOKU」として入ってたときから好きな曲だよぅぅううう。
これ、ライブでやるとは思わなかったな~。
好きだけどライブ映えする姿が思い浮かばなかったから。

でも、でもでもでもでも!!!!!!
会場で聴いたらとんでもない化け方してたんですよ!!!!
すごいの!
遊園地にいるのかと思うような、音の飛び跳ね方!
なんていうの?もう説明出来ないよ…この興奮…。
どの音もスキップしてまわりを踊ってるような、メリーゴーランドっていうか。
実際の映像見てないけど、メリーゴーランドでも乗ってたの?
脱線したけど曲聴いているだけでまるで遊園地にいるかのような世界になったわけ。
凄かった。
マジヴァイオリンすげええええ>と思ったら>マジフルートすげええええ>ってなるわけですよ。
ドラムのグルーヴもすごいし。これはもう毎回やるべき。そういうレベルの仕上がり方でした。
照明も良かったなぁ。

★08.homecoming(歴史秘話ヒストリア)
ピアノからヴァイオリンへ。
フルート入って…。
これ…泣けるわ…泣けるわ…。

★09.希望の都、ヴィントブルーム(舞-乙HiME)
(赤木さん抜け)
ヴァイオリンから。ベースの深みを増して、ドラムが優しく奏でて…。


☆MC
ここで曲紹介のときに「まいおつひめ」と言ってしまう梶浦さん。
(そのため後でTwitterで謝ってました)
https://twitter.com/Fion0806/statuses/241889878894321664
https://twitter.com/Fion0806/statuses/241891108681027584
https://twitter.com/Fion0806/statuses/241892078609633281

「今日のライブの選曲は非常に新鮮だった。いろんな曲を書いてきたなと思って。
今まではライブに絶対あうなと思う曲をやっていたが、このメンバーでライブをやるようになって長くなり、少しライブっぽくない音楽も…と思ってやってみると、新しいがあって、そうしてYKライブは進化してきたと思う。
サントラだとパーカッションと弦で…というような曲が盛り上がるが、ライブでは違うと思っていた。だけど実際にやってみると盛り上がっちゃう。
長い付き合いだからいろんなアイデアが出しやすいと、思ってくれてるだろうし、…このメンバーでますます…『YKライブのためにがんばってくれたまえ!』(照れドヤ)」
盛り上げるFBMのみなさま!

次曲紹介。
「生まれて初めて作ったインスト曲3曲のうちの一つ。
昔はインストに興味はなく、音楽といえば歌モノだった。ずっとビートルズを聞いていて、ビートルズのコーラス全部耳コピしてどれでも歌えた。そのころは楽器は伴奏だと思っていた。同じようにビートルズ好きな男の子たちは、誰誰のなんとかが格好いい(バンドの音のほうを褒めてる的な話)って言ってたけど分からなかった。
そのあとワールドモノも聴くようになって、そのあと生まれてはじめてコンピレーションアルバムに曲を書いてみないかと言われてインストを作った。案外歌モノ以外も好きなことが分かった。コンピのために3曲インストを作って、1曲は収録された、残りの2曲を亡くなられた市川監督に気に入っていただけて、映画のサントラやってみないかと誘われた。生まれてまだ3曲しか作ってないのに。自分がサントラをやるなんて可能性について考えたことはなかったが、やってみたら映像に音楽をつけるのが楽しかった。この曲を気に入って頂けて、この曲を使いたいからとサントラを依頼してもらえた。扉を開いてくれた曲。」


★10.first love (東京兄妹)
もちろん赤木さん入って。
この曲が始まりかと思うと感慨深いわ…とか思いながら聴いてました。

★11.sweet memories(.hack)
キター!「sweet memories」!!!!!
名曲名曲名曲!!
Vol.6の大阪からの久しぶりの演奏でしたね。
フルートアリの曲なのでこれも赤木さん入り。

☆MC
かとうさんに出て来ていただいて紹介。
今日は初っ端がかとうさんのソロだったので、それを袖で見ていて感動したというお話。
そもそもの始まりは「March」を演奏してもらうためにレコーディングに来てもらったのだとか。そのときに思いつきで、「ちょっとこんな曲もあるんですけど弾いてみてもらえませんか?」とお願いして、好きに2~3回弾いてもらった結果が「in this winter」なんだそう。
すごい秘話だわ!!と感動。
梶浦さんはレコのときに「きゃ~~フーフー!!」とミーハーに喜んでいたそう。

 ▼かとうかなこさん
お題の回答
”音楽一家ではないけど、父親がアコーディオンが好きで、子供3人全員にアコを習わせていた。高校出てから何するか考えたときに「アコーディオンしかないわ~」と思って。それで勉強しようと思ったけど日本にアコーディオンの学校がなかったので「ほなヨーロッパいくしかないわ~」と思ってフランスに。そのときは好きだからやりたいというだけだった。だけど20歳のころにアコーディオンがしゃべったような気がして。(頭痛い子みたいですけど、と苦笑いしつつ)そのときにおばあちゃんになってもアコーディオンを弾いていたいと思った。”

リハでアコーディオンがブレスのある楽器ということに改めて気がついた。人の声に近いですね、と梶浦さん。
かとうさんは、空気がないと音が鳴らない楽器と説明。
アコーディオンは、マリア・カラニエミさん(北欧のアコーディオン奏者)のCDを聞いてから憧れていて、こんないい曲作りたいっと思って作ったところ「寅さんみたい」と言われて北欧フォークが作りたかったのにと凹んだことがあると梶浦さん。(笑)
「ついつい拍子にしばられがちになるが、アイリッシュとかはメロディから作っていて、拍子で作ってないから、聴くだけだと自然だけど分析しようと思ったらダメ。
そういう人の本を(?)読んでみると、『譜面なんてないわ』と書いてある。
サントラはサントラで、ある程度共通の感覚が必要で4拍子、3拍子とかになる。
変拍子だけを真似るというだけではなく、そういう音楽を聞くと刺激をもらえる」



★12.carnaval in blue(エルカザド)
アコーディオン、フルート入って。

これもやってくれちゃうのーーーーー!!!><
悶えるわ悶える。
しかもこれまた超絶クオリティ!!
なんていうかもうこれ笑っちゃうくらい凄いんで、ほんとにまたやって欲しい。
で、今日聴けなかった人に聴いてほしい。
勿体なさすぎるこれは…。すごいから。マジ。すごい。
馬鹿の一つ覚えみたいにすごいとしか言ってないけど…。
本当にすごいんです。
かとうさんにはもう一度来てもらうっきゃないっす。

★13.we're gonna groove(MADLAX)
(ヴァイオリン、フルートなし)
激しくかき鳴らすアコーディオン!!
かっけーまじかっけー。
全体の音も盛り上がる盛り上がる。
最後まで駆け抜けた!
本当にこの曲も最高だったのでまたやって欲しい!!

★14.moonflower(コゼットの肖像)
伊東さん登場!!
この曲を伊東さんに歌ってもらっちゃうとは、梶浦さん…おみそれしましたm(_ _)m
いや、伊東さんに頭下げるべきか?(笑)
フルートもいるし、アコーディオンも入って、ドラムはドラマティックに!

☆MC
「今日はサントラスペシャルと言っただけで、インストしかやらないなんていってない!」と梶浦さん。
そこで伊東さんが「楽器と思ってくれていい」と言うと、梶浦さんは「楽器と一緒にはならないです。声は人間に呼び掛けるためのものだから、人間の耳にはどんなに他の音があっても優先的に聞える」的なことを言ってました。
前にも何かのインタビューでそう答えてましたね。
でも伊東さんは「楽器として使われるのは嬉しいです」って言っていました。


 ▼伊東恵里さん
お題の回答
”これといってないけど、褒められて頭に乗った。親戚に褒められた程度では乗らないけど>好き楽しいというところが最初にあるけど、歌ってる人が集まるような場で褒められるのはとても嬉しい。”

⇒梶浦さんは「案外こどものころに習ったいくつかのうち、残っていくものは褒められたものかも」と。「本当はどれでもよかったのかも。」なんてことも。
「他人にたいして褒め上手でありたいと思う。梶浦さんは褒め上手でレコのときは木に登っちゃう」と伊東さん。

次曲紹介のときの話のなかでは、伊東さんとの出会いの話になり「造語の曲を歌ったのは初めてではなかったが、梶浦さんの曲は曲が素敵で衝撃だった」と伊東さんが言っていました。

★15.I talk to the rain(ツバサ)
とうとう…とうとう聴けたよ本人歌唱での「I talk to the rain」!
待ち焦がれたよね!!
はふぅーーーーー。嬉しい…。
美しいよ伊東さんの声…。
ギターの見せ場も。

★16.hepatica(ゼノサーガIII)
これもまた聴けて嬉しい。息をするのも惜しいほど、ピアノと伊東さんの音だけで続き、最後にバンド音も入って盛り上がって完。

☆MC
またマル秘ノートを見つつ。
昨日のお題「好きな日本語」についてFBMにインタビューしたとき、「酒池肉林」とか回答してきたので「USTで全世界に配信されるよ」と言ったらまじめな回答になったらしい(笑)

 ▼佐藤強一さん
お題の回答
”高校のころから九州では神童と呼ばれていて、是永さんと一緒にバンドをやっていた。ドラムの天才とか呼ばれてプロになろうと思った。東京に来たら『ちょっとうまい小僧』だった。これで食べていけると思ったことはない”

 ▼Jr.さん
お題の回答
”やりたいことはこれしかなかったからね~~。気がついたらつぶしきかなくなってたし~~”
 と梶浦さんがJr.さん風に言ってました。

 ▼今野さん
お題の回答
”5歳からやってるし、音楽高校に進んだ時点で覚悟した。だけどこの道でやっていけると思ったのは、仕事を初めて断れたとき”

 ▼是永さん
お題の回答
”高校からプロ活動していた。スタジオとかにも入ってた。”
物心付いたときからプロとして。。。という梶浦さんの発言には笑いました。


 ▼大平さん
お題の回答
”就職したとき”


みなさん難しいお題だったようで、「まだ不安だよね」っていうのが共通の気持ちだそうです。

「難しい質問だったかも。結局皆本気でやめようと思ったことがないと思う。
私は作曲家になるのは遅かったけど、子供のころからピアノの弾き語りで自分で作曲はしていて、それは特別なことではなかった。だけど自分の曲を譜面渡して他人に歌ってもらったりするのは特別だった。
家は10親等くらいいってもサラリーマンしかいないような環境で、サラリーマンになるのが当たり前だと思ってたし、大学のときも福利厚生のいいところじゃないとね~とかいいながら就職したりした。でも音楽は一生やっていくとは思っていた。
だけど好きが高じると、結局最後には時間が足りなくなって仕事にするしかなくなる」
かなり端折るとこんな感じのことも言ってました。
元々ここのコーナーはマイクをFBM各自のところに置いて、みんなで喋ろうかとも思ったけど、飲み会みたいになるということでやめたそう。



★17.guess how much I love you(ツバサ)
これもやってくれちゃうんだ…。これがライブで聴ける日が来るなんて!!(またか)
ヴァイオリンが美しすぎて…ピアノと絡んで。
は~~~切ないよぅ。泣けるよう~って気分になりました。
大好きな曲だったんで嬉しいです。

★18.Numquam vincar(まどか☆マギカ)
梶浦さん演奏では初かも??
ドラムのラスがクッソ格好いい。
出だしのところで、上部のスポットライトが一気にいっぱい点灯してゆらゆらしている演出よかった~~~。

☆MC

★19.hit it and run!(エルカザド)
うぉおおおおおおおおきたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああfdkfじゃljflさjkふぁ

↑タイトルコールされたときの気持ち!
マジこの曲やってもらえるなんて生きてて良かった!!!
演奏激熱!!!
私も胸熱!!!!!!!!
熱い熱い!!
やーーーーーばーーーーーいーーーーーーーーーーーーー!!!!!
フルート荒ぶりすぎ!!!
聴いている間もハァハァしちゃってやばいよ!!
座って聴いてるだけで汗かいた…。
今思い出してもハァハァしちゃうわ…。


 アンコール

★20.voices silently sing(ツバサ)
伊東さん赤木さん入って。
ギターに脳が痺れるようでした。

☆MC
「飽きっぽいので、大体30~40曲くらい作ると一度音楽が嫌いになる。だけどそういうタイミングでスタジオ録音が入って、入ると音楽が大好きになる。
生演奏の音は『宝』。飽きっぽいのでイーアンパイプとか、アコーディオン2つ、二胡、三味線とかいろいろ楽器を買ってしまうが続かない。プロのミュージシャンの音は、自分の楽器を定めて鍛錬した結果。
それを聴かせてもらえることはこれ以上なく幸福。
自分の作った曲を弾いてもらえるなんて、悪いけど私が世界一幸せ」と梶浦さん。

今日は最後にまたひとりひとりを紹介。
早かったのでメモれた分だけ。

・伊東さん「表現力豊かで、ブルガリアンヴォイス的なところまでやってもらえる方」
・赤木さん「フルートのイメージを根底から覆してくれた人。先生。赤木さんを知ってから曲にフルートが増えた。」
・かとうさん「こんなふうに弾けたらな、という理想」
・強様「クセになる」
・Jr.さん「求めるベースがここにある」
・今野さん「いつもエロいというが、色気がある。色気は大事。綺麗な音楽より、色気があるほうがいい。引力がある」
・是永さん「引き出しが広い。これどう?あれどう?って。ギターの音も本当にいい音で、是永さんのギターがあると他の音が減る。何より音楽を愛している。いつあっても音楽の話をしている。遊んでいる子供みたい。音楽に対していいことしか言わない」
 (照れまくる是永さんがいっぱいみられました。)
・大平さん「長い付き合いで、レコーディングエンジニアさん。CDで使っている音源を全部ライブで流せばいいわけではないので、どの音が必要か、ライブで聴きやすいように抜いてくれている」

ここまで来て、伊東さんが「そのミュージシャンを操っている黒幕がいますよね(笑)」と水を向ける。場内もFBMも煽る。照れる梶浦さん。いつも甘えてると。

最後に、今日のサントラデーについて「君たち、梶浦素人じゃないねm9っ`Д´) 」と梶浦さん。
コアな日とか言われる。
でも最後に「皆さんの笑顔でこれから300曲くらい作れるエネルギーをもらった」と言ってもらえて嬉しかった~。


★21.a farewell song(NOIR)
かとうさんのアコーディオンも、赤木さんのフルートも、伊東さんも入って全員での「a farewell song」がラストでした。
最初のところ、アコーディオンで演奏してもらえるとこの曲らしさが良く出ますね。
魅力的な楽器だなぁ…。
ヴァイオリンの控えめさ加減も絶妙でした。
素敵な余韻を味わえました。


【総感】
本当に素晴らしいライブでした。
私的には、これが私の好きな梶浦音楽!という感じです。
私は最初に好きになったのもサウンドトラックからだったし、本当に今日は夢叶ったようなライブでした。
言い始めれば他にも好きな曲は沢山ありますから、あれもやって欲しかったな、これもやって欲しかったなって曲はありますが、まずはサントラだけでライブやってもこれだけ盛り上がって熱いライブになるんだよ!ってことが、一番乗り気でなかったらしい梶浦さんにもちゃんと伝わったんではないかと!!
これが布石になって、2回目3回目と続いて欲しいですね。
それはもう心からそう思います。

初ゲストのかとうかなこさんは、とても可愛らしい関西弁の女性で、冒頭2曲を座りながら演奏しているときも、途中からバンドと一緒に立って演奏しているときも、とても全身で演奏してらして素敵でした。
アコーディオンにはブレスがあるっていう話には、なるほどな~~~~って思いました。
なんかちょっとハマってしまいそうな音色でした。
また是非ゲストに来ていただきたいです!

アコーディオンといえばNOIR!というくらい、私にはNOIRはアコーディオンのイメージが強かったので、NOIR曲嬉しかったです。
あと、私Vol.8のときアンケートのやって欲しい曲のところに、曲名じゃなくて「エルカザドにも名曲沢山あるんでやってください」って書いたんです。だから今日、エルカザドの曲がこんなに入ってきたことに涙ちょちょ切れるくらい感動しています。
本当にいい劇判なんですよエルカザドは!!

そしてそして、伊東さんゲスト。
Fionさんという予想は昨日パンフを見て違ったなって分かりました(笑)
しかも私パンフを奥付側から見てたので、一番最初に気がついてしまって、ええっ!!?!?ってなって、改めて公開されてる情報確認して、やっぱり告知されてないよなぁ…と思い、じゃあやっぱり2日目の意味深な感じはこれだったのか…と。
もしかしたら3日目?とも思いましたけどやっぱり2日目でしたね。
やっぱり伊東さんは強力なボーカリストだなと思いました。
揺るぎない安心感で聴いていられます。舞台度胸も実力も経験も兼ね備えていらして、余裕さえ感じられて身を任せてしまえるんですよね~~~。

そういえば昨日は1階席でしたが今日は2階席でした。
2階席いいですね。音も良かったし、視界も良好。
絶対数として2階席がとても少ないので、うろちょろする人も少なくてすっきりしてました。
照明演出も色々見られて楽しかったです。

梶浦さんが喋っている時間がいつもより長かったので、曲数の割に演奏時間はあまり長くなかったし終演時間も時計ちゃんと見てないけど19:30前と短めでした。(2時間半は普通だと思うけど、梶浦ライブ的には短いと思う)
でも密度が濃くてハァハァしたまま帰宅しました。
なんか冷静でないレポートですがお許しください。

願わくば、次こそは聴きたいと願っている人たちが聴けるように、隙のないプランで実施してくれますように。

Edit Comments(6) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20120901 |

Page up▲

01

January February March April May June July August September October November December
2012(Sat) 11:39

台風並みの豪雨が…

日記 と呼んでいいものか

そもそも今日雨なんて聞いてないんですけどー!!

さっき5分前くらいに見たときはまあ雨だなレベルだったのが、
今や外歩けないくらいの横殴りの豪雨です。
落雷音多数。

これゲリラだよね?おさまってくれるよね?
さすがにこの状態で出かけるのは…

Edit Comments(0) trackBack(0) | 日記 と呼んでいいものか | 20120901 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 灯ブログ, all rights reserved.
08 | 2012/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲