25

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun) 22:55

スキップ・ビート!15巻

少女漫画

スキップ・ビート! 15巻
仲村佳樹(花とゆめコミックス)

(あらすじ)
ドラマのロケで軽井沢を訪れたキョーコは、宿敵・不破尚と尚の曲をパクったバンド“V・G(ビー・グール)”に遭遇。キョーコの言葉で尚は曲を盗られたショックから抜け出し新曲作りを宣言する。一方、V・Gのボーカル・レイノに恐怖を感じたキョーコは思わず沖縄の蓮に電話をするが…。

わかっちゃいるけど憎い、いつまでもくっつかない二人が!このじれったさが病みつきになっているのは事実だけれども!!だって…だって…うわーん。ちなみに間違っても尚とじゃないです。
「東京クレイジーパラダイス」の時もそうでしたね。そう思ってこの連休にクレパラ読み返してしまいました。スキップ・ビート!も全巻読み返し、蓮の初期の冷たい目線からあのラブ目線に変わる過程を読んでいたら堪らなくなったのでした。でもこの分じゃくっつくのは最終巻という悪寒。勘弁してください。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20070225 |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun) 22:31

しゃにむにGO 25巻

少女漫画

しゃにむにGO 25巻
羅川真里茂(花とゆめコミックス)

(あらすじ)
怪我をした延久と、池田先生に練習を禁止された留宇衣は、共に関東大会を欠場!IHまで1ヶ月と迫り、未だスランプから抜け出せない留宇衣を案じた池田先生は、留宇衣の父親に会いに出かけるが…!? 留宇衣の両親の出会いと別れを描いた必見の第25巻登場!!

留宇衣中心の内容です。今まで留宇衣に対して冷たいとしか思えなかった父親ですが、今巻の内容によって初めて、ああちゃんと愛してたんだなーと思いましたね。母マリーと父親の出会いから別れのエピソードは、父親が何故テニスに対してああいう感情を持つのかがようやく見えてきました。ようやく歩み寄り始めた親子に注目です。この漫画息付く暇もなく面白いなぁ。

それにしてもお子様留宇衣の可愛さが物凄い威力なんです…、キラキラしたおっきなおメメで天使のようです。凶悪だわ!147話の扉絵、無邪気に留宇衣が飛んでいる絵もかなりお気に入りです。25巻目にしてかつてないほど留宇衣にキュンとしています。やばいです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20070225 |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun) 22:15

北斗の拳 サントラ

梶浦由記さん関連

やああっと出た北斗の拳サウンドトラックです!
前に情報として載せた時には、初回限定盤を買う必要はまったくないとか言ってしまいましたがいざ発売してみてびっくり。特典DVDは梶浦さんのレコーディング風景が入っているという本当にお得なモノでした。よかった初回買って!

Amazon 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章/ユリア伝 ~

真救世主伝説 ORIGINAL SOUNDTRACK 1 ラオウ伝 殉愛の章/ユリア伝
梶浦由記
発売日:2007/2/21
品番:UMCK-9158
価格: 3200円(税込)
レーベル: ユニバーサル・シグマ

<収録曲>
01.opening
02.the oppressed ~main theme #2
03.RAOH
04.at the palace
05.dance of the assassin
06.Toki's village
07.warrior ~SHEW #2
08.undesirable ~SHEW #3
09.face to face
10.bonfire
11.justice to win
12.he is our king ~RAOH #2
13.reinforcements
14.his heart ~SHEW #4
15.undefeated ~THOUZER
16.to rescue him ~RAOH #3
17.for your sorrow ~main theme #3
18.where the lights are ~SHEW
19.I am the emperor ~THOUZER #2
20.lightseekers
21.THOUZER'S death
22.at last...
23."Hokuto no ken" main theme
24.fatality
25.YURIA
26.SHIN
27.beat'em all
28.decision ~SHIN #2
29.fatality #2
30.way to you
31.he left us courage
32.liberators
33.光の行方/FictionJunction WAKANA
34.love and fate ~YURIA #2
35."where the lights are"(Japanese Ver.)/FictionJunction WAKANA

<DVD>
・ラオウ伝 殉愛の章 予告編
・ユリア伝 予告編
・ラオウ伝 激闘の章 特報
・制作総指揮 堀江信彦 × 音楽プロデューサー 梶浦由記
・梶浦由記 RECORDING in NY

まずFictionJunction WAKANAについて。予想していた以上のボーカルで驚きました。なんて深みのある声!FictionJunctionとしてはなんだか今までとは違う存在感です。上手く説明出来ないけどなんていうのか、YUUKAもKAORIもKEIKOもまず曲ありきの音楽だったんです。私の印象として。でもFJ WAKANAのここに収録されている2曲は、FictionJunctionというプロジェクトの前に「北斗の拳」の世界が出来てるような。間違いなくこのサントラの一部なんですよ。「ツバサ」のサントラでは感じきれなかった感覚なのです。

「光の行方」は13行の歌詞とは思えぬ4分22秒です。序盤の静寂から1分33秒に入っての盛り上がり…。「Where the lights are(Japanese Ver.)」18曲目の日本語Ver.になります。聖歌のような美しい曲です。凄いのは同じボーカルなのに印象が違うということ。「光の行方」のほうは芯があって安定した低めの声なのに、「Where the ~」では透明感のある高音が響くんです。

その他の曲について。今回はオーケストラ曲までありますので聞き応えはかなりあるかと。お馴染みのメンバーに加え、Harp、二胡、琵琶、Quenaなどの音も重なって面白い楽曲になってます。

「fatality」はフルートがうたいまくっていて、切なくてたまらなくなるメロディです。赤木さんのフルートはやっぱりいいですね…。「fatality #2」もオススメ。それにしても「死者」ってタイトルを思って聴くと壮絶かも。
「way to you」は1分ほどの短い曲ながら弦が綺麗です。その後の「he left us courage」に続く感じも好きです。
「liberators」は音の洪水って感じで圧倒的な曲です。「解放者」って意味なのですね。打楽器でガツガツきてアッと言う間に曲が終わります。
「love and fate ~YURIA #2」は「光の行方」のメロディラインでアレンジがかかってます。(どちらがどちらのアレンジというべきかはわかりませんが)33、34曲目で並べて持ってきているのでYURIAの世界に入り込めるのでは…?

比較的前半に戦闘曲が多く、後半に落ち着いた曲が多いことから、劇場版ラオウ伝の曲→ユリア伝という形で収録したのかな?と推測してます。劇場版もOVAも見ていない北斗の拳の世界を知らない私は「これ北斗でどうやって流れているんだろう」と思ったのですが、そこでDVDの特典の出番なわけですね。絵と重なっている曲を聞いて、ああちゃんと北斗の拳の世界で流れているんだ、と実感しました。サントラ全体としてのクオリティも非常に高くて文句なしの一枚です。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20070225 |

Page up▲

19

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon) 01:00

JAM Project TOUR 東京追加公演

JAM Project関連

JAM Project LIVE JAPAN CIRCUIT 2007 Break Out
東京公演 東京厚生年金会館
2007/02/18(日)
会場 17:00頃
宴  18:05頃~21:00頃

セットリスト
Break Out
限界バトル
牙狼~SAVIOR IN THE DARK~
嘆きのロザリオ
The everlasting
The Gate of the Hell(漢JAM)
未来への咆哮(漢JAM)
Name~君の名は~
紅の牙
Little Wing(松本&奥井)

~アコースティック~
CRASH GEAR FIGHT!
 コール&レスポンス
 マジンゴー~ズババババーン~(ここ曲名分からず)
 ブイブイブイビクトリー~他
Cry for the Earth

RISING FORCE
Battle Communication!!
Fight to the end~聖戦~
STORM(水木さん入り)
鋼の救世主(水木さん入り)
FREEDOM
Olympia
VICTORY
GONG

~アンコール~
Peaceful One
SKILL

~アンコール2~
SOULTAKER(水木さん入り)

感想
アニキ格好よかったーー!3曲だけなんて淋しい…。でも本当に輝いてました!アニキが出てきたときの盛り上がりは異常!!いや最高!
 アニキ「この前の本公演の時に見にきて、服の色を考えた。女性陣二人が白だからシルバーにした。ちゃんと考えてるんだよ。」
アンコールで登場したときにはまた服が変わっていて、スターかと思いました!STORMは期待に期待を膨らませていたので聴こえて来たときは震えましたよ。
「ゲッター真!!」
なんて聴いた日には泣くかと。あの重低音に感動せずにはいられません。なんか今日は叫んだというよりも吠えた感じ。(アニキ登場のあたりから喉痛くなってきましたし)

にしても今日のセットリストはやばいです。。SKILLの後にもう一曲なんて!アニキと一緒にもう一回SKILLとかだったらどうしようかと一瞬よぎりました。そんなわけないのにね…。


もちろん6人も最高でした!べらぼうに歌詞忘れ多かったですが、愛嬌ってことで。でも遠ちゃん間違えるの珍しいなー。

で、重大ニュース発表
1.新番「鋼鉄神ジーグ」OP(WOWOW放送)
 「STORM BRINGER」
 JAM Project + 水木一郎

2.新番「セイントビースト ~光陰叙事詩天使譚~」OP
 「divine love」
 JAM Project feat.きただにひろし
 公式サイト

共に4月の25日?くらいで同日発売との事。
特にアニキ参加の方は「制作側から最後にシャウトを入れて欲しいとの要望があった」ようです。さらに「王道のアニソン」ということで期待に胸膨らんでいます。

とりあえずこの辺にしておきます。
興奮して眠れないけど明日仕事なんで。
それにしても本当に今日は幸せいっぱい。水木さんありがとう。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20070219 |

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2007(Sat) 01:33

FJY 『Premium Live 2007』東京セットリスト

梶浦由記さん関連

『Premium Live 2007』in TOKYO
FictionJunction YUUKA
2007/02/15 shibuya O-EAST
開場:18:30
開演:19:35頃
終演:21:15頃?





セットリスト
 aikoi
 Silly-Go-Round
 瞳の欠片
 nostalgia
 荒野流転
 romanesque
 誰もいない場所
 Destination
 I'm here
 nowhere
 暁の車

~アンコール~
 焔の扉
 聖夜
 ピアノ
----------------------------
感想などなど

だらだらとレポを綴っていたらもう二日前の出来事になってしまいました。

仕事を意地でやりとげ何とか18時ごろに開場に到着。すでにかなりの人数でした。整理番号の早い方から階段を上がっていきました。身分確認は3回ほど。

バンドメンバーと梶浦さんが登場し「aikoi」の音楽が流れ始めるとYUUKAが登場!私はたまげた、眩暈がしたよ…YUUKAの服に。何じゃありゃ~。金色の地に黒とラメが入り混じったトップに(これがホントに不思議だった)、葬儀会場の幕をパクってきたかのような黒と白のストライプ柄のスカート。それをまた合わせちゃうなんて。今まで見たYUUKAの服はいつも可愛かったのにどうして晴れの初ライブにあんな奇抜なセンスの服を…。髪型はめちゃめちゃ可愛くしてるのに。
梶浦さんは前髪がちょっと可愛くなってました。

と、まあ度肝を抜かれた服はさておき、ライブは最高でした。やっぱり生音っていいなぁと実感。
バンドメンバーは、
 ・ドラム 野崎真助
 ・ベース 高橋"Jr"知治
 ・ヴァイオリン:今野均
で、ギターの紹介だけ「あっちゃん」としか言ってなかったので分かりませんでした。誰?サントラとか引っ張り出してきてみても、「あ」がつくギタリストは一人しかいないんですけど…でもその人でもなさそう。
ベースの高橋さんは視界的に一番見え難いところにいたのでで中々演奏姿みれず。心残りであります。ドラムの野崎さんは…もう格好良すぎ。そして今野さんのヴァイオリン!!今まで何度となく今野さんの音に酔ってきましたが、やっぱり生は違う。もうこれが聴けただけでライブに来た甲斐があったってものです。「nowhere」にはヴァイオリンがなきまくってる箇所があるのですが、あれが堪らなかった…。あの箇所が「nowhere」の肝ですねぇ。フルネームのわからないあっちゃんもとても良かったです。結構野崎さんとアイコンタクトしてました。だからなんだって言われても困りますが。

今回コーラスは梶浦さんが積極参戦。合唱部部長だったそうな梶浦さんのコーラスは「blessing」でも聴けますが柔らかい高めの声でした。色んな曲でライブアレンジされていてドキドキしました。

今日のYUUKAは相変わらず生でも上手かったです。中でも「ピアノ」を歌っていたときの安定感、感情の入れ方は良かった。こういう歌が一番YUUKAの魅力が出るんじゃないかなーと個人的には思っています。あ、「ピアノ」は今度夏に発売予定のアルバムに入る"かも"しれない1曲です。まさかここで大阪と違う曲を入れてくるとは思わなかったのでびっくりしました。梶浦さんのキーボード一つで演奏された曲でした。「波音に誘われて~ ・・・青いピアノは~」というような歌詞だったかな。兎に角メロディの切なさとYUUKAの歌声と、海の中のような照明がとても合っていて思わずこみ上げるものがありました。逆に不安定だったのは「Silly-Go-Round」でした。やっぱりあの歌難しいですよ。CDで聴いてるといとも簡単に歌ってるように聞こえるけど、いざカラオケに行ってみるとわかる…サビの高低差と早さ。それでもあそこまで歌えるのですからやっぱり実力ありますね。

それにしても演奏時間、それから前後の時間含めて5時間立ちっぱなしだったので足が壊れそうになりました。(それも仕事帰りだし)前のお台場でも前に男性が来て見えなかったりしたので、それが嫌で10cmくらいのヒールを履いていったんですけどこれが痛い。ヒールは拷問道具ですよホント。私もある程度は覚悟してヒールを履いていったのですが、帰りの電車ではあまりの痛みに痺れと震えが。無理はイカンですね。それと、今度機会があったら梶浦さんの音楽は座って聴きたいです。今回は招待だったのでアレですが、スタンディングである必要ってあんまりないような。ファンによってFJYに求めているものが違うというか、スタンスが違うので意見が分かれるところかと思いますが。

なんかもっと色々ありましたが取り留めないのでひとまずこのへんで。
私の視点でのライブ感想でした。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20070217 |

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon) 16:02

1月購入した本のまとめ

月間本購入リスト

1月発売の購入した本リスト

★のところのリンクはブログ内の私の感想に飛びます。
カテゴリは大まかな分類ですから細かいことは気にしない方向で。

少年漫画
「GO AHEAD 4」樋口大輔 
「DEAR BOYS ACTII 24」八神ひろき
「ブリザードアクセル」鈴木央
「名探偵コナン 56」青山剛昌

少女漫画
「シノビライフ 2」こなみ詔子
「ハッピートラブルうえでぃんぐ 5」酒井美羽
「スプリングヒルの住人 2」高野宮子
「ハツカレ 10(完結)」桃森ミヨシ
「君に届け 3」椎名軽穂

BL小説
「ブロードキャストを突っ走れ 2」神奈木智
「薔薇色の罠」義月粧子
「いけにえの華族」バーバラ片桐
「秘書の条件、社長の特権」中原一也

BL漫画
「落ちぶれ紳士に愛の唄」ユキムラ
「酷くしないでね」ねこ田米蔵
「追憶のビーナス!」龍川和ト
「誰にも愛されない」山田ユギ
「春よ恋」楢崎ねねこ
「純情 1」富士山ひょうた
「蜜色パンケーキ」木下けい子 
「大人気。」鹿乃しうこ
「愛シイコトバ」梅太郎 

その他
活字倶楽部 マイベストブック2006


遅くなってしまいました。
2月は早いな…。もう半ばまできちゃってますよ。
1月は収穫が少ない予定だったのですが、意外と買ってました。

■「ハッピートラブルうえでぃんぐ 5」とうとう離婚しちゃって五代さんが冷たくなって…というドキドキ展開。この人の作品で不幸なラストがないのは分かりきっているのですが、話の盛り上げ方が分かりやすくて楽しみやすい。
■「ハツカレ 10」最後の最後までなんとも言えない今一感が拭えないまま終了しました。

■「ブロードキャストを突っ走れ 2」卯月と葉月の話を読ませてくれ!
■「薔薇色の罠」「琥珀色の誘惑」の続刊なので一応購入しました。「琥珀色の誘惑」で出てきたマスターの話なのですが、私の中で彼は完全にドSの攻だったのですよ。前の巻で確かオーナーが「彼はドSだから…」とか言ってて、もうそれで攻としか認識してなかったのですが、作者はドSの受という認識だったみたいで。まあそんなことはさておき、結果今回の話でマスターは攻は攻でも全然ドSじゃないんです。もうホントに期待感を返してほしい。(一体どんな期待してんだか)
■「いけにえの華族」絵買いです。調教エロモノです。エロしかありません。

■「落ちぶれ紳士に愛の唄」絵が好きで買いましたが、相変わらず話は冴えないです。こんなもんでしょう。
■「酷くしないでね」LUVで掲載されていたやつです。個人的には好きな話でした。短編収録には「つよがり」の弟カップルの話も。
■「追憶のビーナス!」は星陵シリーズの主役交代続編です。なのに!!エロがゼロ!!あの話からエロを取ったら何も残らないのにね…。と思わずにはいられませんでしたが、ひとまず続いているらしいので様子見。
■「誰にも愛されない」は期待がそんなにないだけに面白かったです。
■「純情 1」富士山ひょうた作品らしい距離感の作品だと思います。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 月間本購入リスト | 20070212 |

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon) 14:22

相棒 season2

ドラマ

「相棒 season2」DVDが届きました。
いままでのと並べてみると…統一感はないけれどちょっと嬉しい。

相棒 DVD2「ピルイーター」いいな。私がホモ好きだからとかじゃないですよ。言い訳っぽいですけど本当に。大河内の涙がせつないです。輿水さんの脚本は凄く好きだなぁ。ラムネという小ネタの使い方も秀逸。

「殺意あり」は本当にうまいこと作りこまれていますね。鶴見辰吾の演技もいいです。最後のほうに右京さんがいう一言「復讐する心は途方もないエネルギーに支えられているんですね…空しいエネルギーに」という言葉が印象的でした。そして「昔から僕は誤解されやすいんだ…」と鶴見さんが呟く…。上手い上手すぎる。

「命の値段」も記憶に残る一作でした。「父親になるのに遅すぎるということはないのかもしれません」というような言葉が良かったです。

今の所好きな話数からバラバラに見ていますのでまだ全部見てはいませんが、「神隠し」も楽しみです。やっぱり相棒はタイトルバックの時間が肝ですね。見直して実感。

Edit Comments(0) trackBack(0) | ドラマ | 20070212 |

Page up▲

11

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun) 20:52

FJY 『Premium Live2007』大阪セットリスト

梶浦由記さん関連

大阪ライブのセットリストはこんな感じだったみたいです。概ねこんなもんかとは思いますが、個人的には「blessing」と「inside your heart」がないのがショック。まあまあ…次のライブこそはあると願います。「誰もいない場所」はいつもいつもやってるから抜いて欲しかった、というのは我が儘な希望ですよね。

セットリスト
 aikoi
 Silly-Go-Round
 瞳の欠片
 nostalgia
 荒野流転
 romanesque
 誰もいない場所
 Destination
 I'm here
 nowhere
 暁の車

~アンコール~
 焔の扉
 聖夜
 6月は君の永遠

まあ私は東京のほうなのでまだ行ってないんですがね…。それにしても仕事のプロジェクトが設計側で押しまくりでここしばらく糞忙しいです。リーダーさんにも「来週からもっと忙しくなるけど…ほかにやれる人いなんだよね…。悪いけど定時退社日も残業してもらうかも…」とか言われちゃって!!(゚Д゚)・・・・
それでもこれだけは…と思い「すみませんが木曜日はどうしてもどうしても用事があるので6時には帰らせて頂きます」と言ってきました。早く仕事が出来れば出来るほど押し付けられる理不尽な話。でも…6時半開場だからそんな時間じゃ絶対間にあわないし…整理番号100番台なのに。私にどうしろと。飯は何時食えばいいんだ。服も着替える時間も化粧直す時間もない。設計め~~~!!(恨)

と恨み言はこれくらいにして。

「romanesque」(ロマネスク)
FictionJunction YUUKA
「エル・カザド」EDテーマ
発売日:2007/04/18
品番:VICL-36363
発売元:ビクターエンタテイメント

新曲の具体的な情報が出てきました。なんかアレですね。今回は発売早いですね。ちなみにOPのサビッジは梶浦さんアレンジとの事。まあイントロ聴けば分かりますね。
2ndアルバム発売も決まったったようで!すっごく嬉しい!反面、FJY以外の活動がなさそうなことが見えて切なかったり。ビクターとスペクラはまだ当分FJYに力をいれてくると思いますが、私はYUUKAだけではなく梶浦さんのソロも聴きたいわけで。それにSee-Sawも聴きたいわけで。ジレンマです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20070211 |

Page up▲

07

January February March April May June July August September October November December
2007(Wed) 21:05

BL 愛シイコトバ

BL漫画

愛シイコトバ
梅太郎(DEAR+コミックス)

いつもの梅太郎作品と同じく、繊細なお話。絵が苦手という方も読み始めると意外と平気なので読んでみて欲しいです。ある意味私の中では新田祐克と同列です。初めのとっかかりが難しいけれど、読み始めると癖になる点で。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL漫画 | 20070207 |

Page up▲

07

January February March April May June July August September October November December
2007(Wed) 21:02

「エル・カザド」EDはFJY新曲

梶浦由記さん関連

ようやく情報が公開されたので書けます。

■「エル・カザド」
オープニング曲:「光の行方」savage genius
エンディング曲:「romanesque」FictionJunction YUUKA
4月放送開始
監督:真下耕一
音楽:梶浦由記
制作:ビィートレイン
公式サイト

「romanesque」この曲が生音で聴けたら溶けだしそうです。
OPはsavage geniusかぁ。そういわれてみるとああの声でした。でもファンじゃないから分からんかったな。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20070207 |

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2007(Sat) 16:59

リカってば!

少女漫画

リカってば! 1巻
長谷川スズ(まんがタイムコミックス)

いつもネットで本を買ってますが、たまには本屋さんで物色しようと行って買ってきた本。買ってみた理由は
1.表紙が可愛いかった
2.男の子がメガネ且つスーツ
3.あらすじもちょっと興味あり
とこんな感じですかね。

(あらすじ)
「上から見下ろされるのは、もう我慢できない!!」
彼との身長差が原因でフリーになったリカの身長は180センチ!!一般男子よりややミニマム・サイズ、同僚・塚田も「自分より背の高い彼女なんて…」と思っていたが、いつの間にかリカが気になる存在に……。
しかしリカの視界に塚田は全く入らず、告白するのは至難のワザ!自分より圧倒的に背の高い彼女に、彼は想いを伝えられるのか…!?条件を言い出したらキリがないのが恋愛で、好きになってしまえば条件なんてどうでも良くなるのも恋愛の不思議。
誰もが出会う等身大のラブストーリーがここに登場!

まるまるこの表紙の絵柄かと思うと漫画のほうはちょっと違うのですが(ちょっと下手という意味で)、話がなかなか良かったのでOK!塚田っち仕事出来るし、私服はちょいかわいいし、懐広いし言う事ないじゃないですか。ちょっとミニマムなのも愛嬌。あえて言えば押しが弱いのと運がない…。リカに告白しようと決心した途端に仕事が忙しくてすれ違うなどなど、どうにも可哀想な彼です。リカの鈍感さもかなりのものですが…。

1話が10~16Pでちょこちょこ進んでいく話です。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20070203 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2007 灯ブログ, all rights reserved.
01 | 2007/02 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Page up▲