--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

30

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 22:31

海に堕ちるツバメ

少女漫画

海に堕ちるツバメ
篠原千絵(フラワーコミックス)

(あらすじ)
脚本家の水無瀬まさ子が殺された。犯人は同業のライバル・森村四季。完全に証拠を隠滅したはずの四季だったが、真相を知る者が現れ、さらなる魔手を伸ばしていく!!彼女の心に潜むのは深き闇か、それとも暗き情欲か…!?
表題作ほか、「記憶の足音」「死刑台の72時間」収録。

なんか久しぶりに篠原千絵のホラーテイスト。最後の展開は想像してなかったのでちょっと「おっ」と思った。

「記憶の足音」のほうがある意味怖いかなー。天井からグアッっと霊が出てきた所とか肝が冷える。

「死刑台の72時間」
「4年前の殺人者はおまえだ。告発されたくなければオーチャードハウスに来られたし」という手紙を送りつけられた5人が、山奥の家に集められた。現れたオーナーの女性は、4年前自分の息子を殺した犯人が5人の中にいるという。「犯人が告白しなければ全員殺すまで」と一人、また一人殺されていき…。

読んだ事がある気が。でもプチコミックは買ってないからポシェットに再録されてたりしてたまたま読んだのかなー。初出が1997年の作品。これが一番面白かった。

どれもラストの展開がいいので結構好きでした。
スポンサーサイト

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20060630 |

Page up▲

29

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 23:03

シャ・ノワールのしっぽ

少女漫画

シャ・ノワールのしっぽ
さいとうちほ(フラワーコミックス)

(あらすじ)
亡くなった母の後を継ぎ、フランス料理店「シャ・ノワール」を経営する三姉妹。だが、母の死を含め、店には何も盗らない泥棒が侵入していたりと不審な事が続いていた。ある日、因縁をつけてきた客を追い返してくれた男を、家におくことになった。しかし彼は身元もわからず口もきけない不思議な男で1?
表題作の他、「三日月のブレス」「ジェミニ」収録。

黙って猫みたいにしているだけで色っぽい男~!三姉妹の姉と妹で同じ男を好きになった!?みたいなジリジリした熱気みたいなのが、私の好きなさいとうちほテイストでとても嬉しい。黙って手を出さず、まさにまぐろ状態の男がハイネックをまくり上げられつつ、それで顔を覆われているシーンがとてもハァハァ!ドキドキ感がたまらない。

「三日月のブレス」
兄弟で一人の女を好きになる話。美月が弟・翼と結婚することになった直前、住みこみ家政婦の葬儀をきっかけに家出同然だった兄・朔が帰ってきた。本当は朔の事が好きだった美月。でも過去にあったことが苦しめる。結婚直前でどうしたらいい?!

こちらもごちゃごちゃした人間関係がたまらない。絵が綺麗な分、話が濃くても耐えられるし、展開も信頼できるので読んでいて楽しめた。じれったい~!

「ジェミニ」
双子の姉妹の話。姉が切りたい男を、いつも姉のふりをして手酷くふって来る妹。今回もいつもと同じように行くはずだったのに、男が入れ替わりに気付いて…。

作者自身もコメントで言っているが、この本は全部兄弟姉妹モノ。(兄弟姉妹でくっついてるわけじゃない/一応)この本のなかではこの話が一番面白くなかった。ちょっと物足りないというか、この後もう一話分あったらまた違ったかも。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20060629 |

Page up▲

28

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 23:16

BL 雑誌Chara8月号

BL関連話

先日発売したChara8月号で、創刊11周年フェアをやっているので買ってきました。

Charaオンラインショップ公式
11周年記念フェア内容
1.2号連続ALL連載作品図書カード
8月号(6/22発売)で申し込めるラインナップ
 有那寿実「Midnight Sun」
 沖麻実也「デミアン症候群」
 禾田みちる(原作/吉原理恵子)「幻惑の鼓動」
 神崎貴至「VSご主人様」
 篠原烏童「Eyed Soul」
 TONO「カルバニア物語」
 藤たまき「フラッグ」
 円屋榎英(原作/ごとうしのぶ) 「密約」
→Chara8月号(6/22発売)だけで応募OK

10月号(8/22発売)で申し込めるラインナップ
 今市子/円陣闇丸/小田切ほたる/こいでみえこ     
 反島津小太郎/二宮悦巳/麻々原絵里依/峰倉かずや

2.特製豪華小冊子(人気作品番外編)
コミックスラインナップ
 今市子「幻月楼奇譚」
 円陣闇丸「Voice or Noise」
 禾田みちる(原作/吉原理恵子) 「幻惑の鼓動」
 二宮悦巳(原作/菅野彰) 「毎日晴天!」
 麻々原絵里依「初恋横丁」
 水名瀬雅良「ラヴァーズ・ポジション」
 広川和穂「LOVEブロッサム・ブルーミング A GO-GO」
 穂波ゆきね(原作/桜木知沙子)「てのひらの星座」

小説ラインナップ
 神奈木智「その指だけが知っている」
 遠野春日「眠らぬ夜のギムレット」
 菅野彰「毎日晴天!」
→Chara8月号(6/22発売)+6月の新刊コミックス(6/24発売)か文庫(6/27発売)1冊で応募OK

3.6月新刊のコミックス&文庫全タイトルのカバーイラスト図書カード
コミックスラインナップ
 水名瀬雅良「ラヴァーズ・ポジション」
 吉原理恵子/禾田みちる「幻惑の鼓動(14)」
 峰倉かずや「WILD ADAPTER(5)」

文庫ラインナップ
 愁堂れな/神葉理世「誘拐犯は華やかに」
 高岡ミズミ/桜城やや「この男からは取り立て禁止!」
 遠野春日/沖麻実也「ブルームーンで眠らせて 眠らぬ夜のギムレット2
 吉原理恵子/円陣闇丸「攣哀感情 二重螺旋3
→Chara8月号(6/22発売)+6月の新刊コミックス(6/24発売)か文庫(6/27発売)1冊で応募OK。(購入した本のカバーの図書カードになる)

******************

ということで3つのフェアやってます。
フェアの中でも小冊子が目的で、小冊子応募には雑誌と今月発売のCharaコミックスか小説を一冊買わなければいけないのですが、今月の新刊は買うつもりがなかった本ばかりで何を買おうか凄く迷ってます。どうせなら7月新刊も対象にしてくれればいいのに…。小冊子のために小説を買うってなんかおかしいよね。

この前の小冊子はちょっと肩透かしくらった感じだったので、今度こそちゃんと番外編が読めるといいなぁ。でも期待はほどほどに。お目当ては「毎日晴天!」「その指だけが知っている」「てのひらの星座」です。でも「Voice or Noise」 とか「幻月楼奇譚」 も読んでるし、話は分からないけど麻々原絵里依さんも好きだしラインナップお得なのでどうしてもほしいところ。

図書カードセットの販売っちゅうのもやってるんですが、図書カードには興味ないけど、二宮さんの絵がむちゃくちゃ可愛いです。毎日晴天!イラストブックみたいなの出さないかな。1、2を争うほど好きなレーターさんです。絵を眺めてるだけで幸せになれる。

雑誌の内容ですが、毎回買ってるわけではないので分からないのが多いんですよね。毎日晴天!シリーズの「花屋の二階で」が一番面白いのは自分が大好きだからに違いありません。シリーズの中でも私の最も好きなカップル。明ちゃんの優しさと、たまに覗かせる意地が可愛くて好きだー!何歳になってもダッフルコートが似合いそう!

こいでみえこの「恋のツメアト」はこれが結構面白くなりそうな感じ。神崎貴至の「VSご主人様」は明らかになにか違う。この人の絵で可愛い高校生を描こうなんて間違いすぎ。沖麻実也「デミアン症候群」はこんな途中から読んでも分からないので単行本待ち。円陣闇丸の「Voice or Noise」は懐かしいなぁ。ナルナルは変わらず色男~。目が好き。

ところでシャレード文庫の広告ページがあったのに驚いた。前からあるのかな?なんかすごい違和感でした。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL関連話 | 20060628 |

Page up▲

27

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 10:59

FJYイベント情報

梶浦由記さん関連

ビクターのm-serveトップに『FictionJunction YUUKA イベント情報更新!』などと書いてあるので、ライブキター!?と朝から期待してしまった。ライブはライブでもガンダムイベントのゲストライブであった。単独ライブが待ち遠しいー。

夏のガンダムイベント『Gフェスティバル』ライブコーナーにゲスト出演決定!
【開催日程】
8月26日(土)東京 日比谷公会堂 開場 12:30/開演 13:30
8月27日(日)大阪 御堂会館   開場 12:30/開演 13:30

【内容】
バンダイビジュアルより発売中の「ガンダム」各シリーズの最新プロモーション映像の上映、ゲストトーク、ライブコーナーなど。

【ライブコーナーゲスト】
<東京>
FictionJunction YUUKA (「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」)
lisa (「GUNDUM EVOLVE../」and more...)
根岸さとり (「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」)
Taja (「機動戦士ガンダムMS IGLOO」)
<大阪>
FictionJunction YUUKA (「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」)
CHINO (「GUNDUM EVOLVE../」)
根岸さとり (「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」)
Taja (「機動戦士ガンダムMS IGLOO」)

【参加方法】
6月26日発売「月刊ガンダムエース」の専用応募はがきにてご応募下さい。
抽選の上、当選者を無料ご招待します。
その他、ゲストなどの詳細も同誌でご確認下さい。

【主催】バンダイビジュアル/ガンダムエース編集部

FJY公式blogでも触れてます。YUUKA単独とかではなく、梶浦さんも出演するそう。久しぶりに梶浦さんからのコメントも有。そういえば梶浦さんの公式blogも久しぶりに更新!あいかわらずどちらも食べ物の話は欠かせないらしい。

▼発売予定
2006/07/05
ツバサ・クロニクル オリジナルサウンドトラック Future SoundscapeIII 限定盤
ツバサ・クロニクル オリジナルサウンドトラック Future SoundscapeIII 通常盤
2006/07/12
ゼノサーガ エピソードIII【ツァラトゥストラはかく語りき】ORIGINAL SOUND BEST TRACKS

CMで聞くかぎりゼノの曲すごい好きっぽい。ゲームだからスルーしようかなーと思っていた心が揺らいでいる。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 梶浦由記さん関連 | 20060627 |

Page up▲

26

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 20:45

どうでもいい話

日記 と呼んでいいものか

昨日母と電話をしていたら、母がなんだかアレレな発言をしていたので閉口してしまった。

いきなり

「昔から自分にはどうしてもはいりたくないと感じる場所ががあった。人と一緒に出かけても、ここにはいきたくないと急に思ったりしてた。特に何かが見えるとか、明確なものでないだけに他の人には伝えられなくて、ただの我が侭みたいに見える行動をしてきた。でも自分には霊感とかはないし、これが何だかずっとわからなかったけど、そう思うことには全て意味があるみたい。」

というような事から始まり、

「灯(私)は急に気持ちが悪くなったり良くしてるけど、そういうような体や心が拒否している場所には、近づかないで欲しい。無理をしないでいいから。それでね、あなたには水晶を持って欲しいの。アクセサリーか何かで常に身に付けていて欲しい。身を守ってくれるから。」

「これをあなたに言うか今凄く迷ってたけど、そういうタイミングであなたがメールしてきたってことは、やっぱり何かあるってことなんだと思う。」

なんてことまで言い出した。おいおい。

誰の入れ知恵かと思ったら母が通っているマッサージ師の人が、そういうようなことを言っていたらしくて、不安に思っていた母は初めて肯定してくれたことが相当うれしかったようである。ずっと体調も悪くて、急に倒れたりという事がが続いていた母にとっては、救われたような気持ちがしたのかなと言葉尻から感じた。

私は別に、「霊なんているわけがない」とかどうとか言うつもりはない。
だが。
それ以前に母が体調を悪くするのは「太りすぎだろう!!」という気持ちがとても強いため、どうにも座りの悪い話なのである。

と、同時にこれは変な宗教にでも入ったんじゃあ…という不安が頭をよぎったため堪らず「宗教とか入ってないよね…」と聞いてしまった。そんなものには入ってないそうである。ほっ。

宗教については母も某宗教団体の盲信者で嫌な思いをしているから大丈夫だとは思うけど。弱っているときにはつけこまれ易いし、母はマルチにははまり易い性格をしているので、そういう意味ではちょっと心配。アムウェイとかタッパーウェアとか、そういう連鎖的な商法には見事にはまってしまうのである。何百万使ったかと思うと遠い気持になったり。別に商品自体が悪いと思ってるわけじゃないけど、価格設定は結構まともじゃない。タッパーもキッチン周りだけだったら良かったのに…。

というわけで目下の不安は
「ド高い水晶買ってきたらどうしよう」
という事である。

私としては可愛いアクセサリーになっていれば水晶を身に付けてもいいと思っているのだ。でも数珠みたいに連なった水晶はゴメンだ!!;; どうにもそういうのを押し付けようとしている空気がプンプンする。怖い!怖いぜー!

Edit Comments(0) trackBack(0) | 日記 と呼んでいいものか | 20060626 |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 11:41

BL リブレ出版の出版予定

BL関連話

いつも本のお買い物はbk1なのですが、bk1から「リブレ出版のボーイズラブ・ノベルズ&コミックス近日発売!」とやる気満々のメールが来てました。
普通の本だとあまり早くないページ作成も、何故かBL系だけは早かったりするbk1。リブレ出版の8月までの刊行予定の漫画・小説など、すでにリマインダ登録可能です。

私としては7月はあんまり買う本ないかも。

7月刊行予定
■ノベルズ
「ダイヤモンドに口づけを 3」あさぎり夕/ 佐々成美
「YEBISUセレブリティーズ 4」岩本薫/ 不破慎理
「「仁義なし!」でよろしく」南原兼/ 明神翼
「学園ヘヴン 遠藤編」TAMAMI/ 氷栗優
「独占のエスキース」鬼塚ツヤコ/ みなみ遥
■コミックス
「ペット・お仕事中」大和名瀬
「from701号室」藤崎こう
「少年ビューティー」猫田リコ
「学園ヘヴン 丹羽編」氷栗優(原作:Spray)
「学園ヘヴン 中嶋編」氷栗優(原作:Spray)
「マニアックに愛して」東野裕
「HERO・HELL 2」立野真琴
「俺は恋の覇王様」千歳ぴよこ
「奪われたくて君を待つ」結城あみの
「東海道HISAME 2」松永空也
■アンソロジー
「b-BOY Phoenix 1 絶頂特集」
新田祐克/桜城やや/本庄りえ/かんべあきら/池玲文/千歳ぴよこ
環レン/七瀬かい/桜木あやん/しおべり由生

8月刊行予定
■コミックス
「化学室へどうぞ//未来版.」本庄りえ著
「ツインズ ラビリンス」亜樹良のりかず著
「愛人☆淫魔 2」神葉理世著
「満たされる唇」やまかみ梨由著
「YEBISUセレブリティーズ 3rd」不破慎理 著(原作:岩本薫)
「天使のための処方箋。」水樹カナ著
「不器用なサイレント」高永ひなこ著
「Nightmare Fortress」小笠原宇紀著
「YEBISUセレブリティーズ Characters Book」岩本薫 原作

8月刊行予定のノベルズについてはページまだのようです。
b-boy雑誌に載っていた情報では以下の予定。

2006/08/18「ごめんなさいと言ってみろ」榎田尤利/北上れん
2006/08/18「君臨せよ」水戸泉/蔵王大志
2006/08/18「淫靡な夜の捕食者」水上ルイ/桜城やや
2006/08/18「情熱の花は愛に濡れて」愁堂れな/かんべあきら

愁堂れなの新刊については、3月頃(倒産前)からページがあるのですが、変わる可能性があるので一応リンクやめておきます。

リブレ出版(旧ビブロス)

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL関連話 | 20060625 |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 11:40

PCの調子が・・・

日記 と呼んでいいものか

PCの調子というかマウスの調子というか、なんとなく全体的に調子が悪い感じです。
スクロールが上手くいかないし…。

ということであまりに調子悪いと更新滞るかも。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 日記 と呼んでいいものか | 20060625 |

Page up▲

22

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 00:12

BL不足

BL関連話

どうにも読む本がない(いや本当はあるのだけど)と思い、よくよく手帳を見たら、9日から今日まで…いや下手をすると今月が終わるまでBL小説を買う予定がないことに気付いてしまった。

暇なはずだーーー!
漫画は出ても時間かからないから小説なんだよぅちくしょー。
かといって3月に乱買いして後悔したので自粛中なだし。
来月までの辛抱だ。(中毒みたいだね)

この暇を回避すべく、現在「読んでない漫画などをちゃんと読もう祭り」開催中。「無限の住人」も途中以降読んでなかったので読んだりしてる。読んでいてもどこまで読んだかさえ分からない体たらくですが。

あと普通の小説のほうもたまってるので、いい加減読まねばいけない。

ホモは心の安らぎのためにも、もう何度も読んだやつを引っ張り出して読んでます。嗚呼特効薬。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL関連話 | 20060622 |

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 23:41

BL ナツコイ

BL漫画

ナツコイ
鹿乃しうこ(バンブーコミックス)

鹿乃さんのコミクス久しぶりー。
相変わらず爽快なほどのエロっぷりです。(描写は暑苦しいけど!)

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL漫画 | 20060621 |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 20:28

しゃにむにGO 23巻

少女漫画

しゃにむにGO 23巻
羅川真里茂(花とゆめコミックス)

(あらすじ)
伊出がついにひなこに告白しようとするその矢先、弟の耕一からひなこが駿との結婚を考えてると教えられショックを受けてしまう。急に元気がなくなり、テニスにまったく集中出来なくなった伊出を見かねて、コーチはひなこをマネージャーから強制的にやめさせてしまって…!?

今回はひなこがマネージャーをクビになって大泣きするところが読んでいてぎゅっときた。足を怪我してテニスが出来なくなってから頑張ってきたひなこが「もう頑張りたくない」と泣いてるんだもん。でも池やん先生もひなこのちゃんと思ってくれてるんだよね…。

この話に一区切りが付く頃には、伊出が男らしくなる…でしょう!と期待している私。花ゆめ系では今ダントツ面白いなぁ。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20060620 |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 18:38

宮城とおこ画集

待っていた画集がついに7月3日発売です。
表紙からして可愛い!
楽しみー!!

fantastic!~ファンタスティック!~
宮城とおこ(角川書店)
\1,890

Edit Comments(0) trackBack(0) | 本 | 20060620 |

Page up▲

19

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 20:23

7SEEDS

少女漫画

7SEEDS(セブンシーズ)
田村由美(フラワーコミックス)

現在8巻まで刊行。

これも1巻を読んで以降、読まずに買い続けていた漫画。
結構出揃ったしと思って一気に読了。

(あらすじ)
ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!
近い将来、地球に隕石が衝突し、地上の生物は破滅的なダメージを受ける。それを予測した政府は、人類の存亡をかけ「7SEEDS(セブンシーズ)」計画を発動した。5チーム各7名が選ばれ、冷蔵保存により地球環境の回復を待つ。チーム選抜のため集められた子供達の、未来をかけた教育と試練が始まった?!

おもしろぉぉぉいい!
1巻目発売当初に読んだときには、まだまだ序章の序章で話が見えなくて、面白いかどうかもわかんない状態だったのですけど、一気に読んだらむちゃくちゃ面白い。この人の作品はやっぱりまとめて読んだほうがいい!それにしてもこんなに興奮する話とは思わなかったなぁ。
これ8巻までで既に「BASARA」のような面白さを呈してきてます。
一人で興奮して、姉に「すごい面白かった!!」と言ったら「面白いって言ったじゃん!」と返されました。確かに…。

5チームは春・夏・秋・冬と四季にわかれ、更に夏のチームには優秀なチームと落ちこぼれチームが存在します。でもこの漫画はあんまり説明しない方が面白いんだけど…。読者も一緒に不安や恐怖を味わうのがベストな読み方だと思う。

とりあえず冬のチームの話と、7、8巻の話は展開が衝撃的すぎて読むのが辛い…。泣けるし…。思い出しただけで泣けそうです。田村由美作品の登場人物はいつも過酷な運命だ…。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20060619 |

Page up▲

18

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 21:02

トッキュー!! 11巻

少年漫画

トッキュー!! 11巻
漫画 久保ミツロウ / 原作小森 陽一(週刊少年マガジンコミックス)

今回収録話は何話にも渡る話がなく、比較的軽め。

11巻で一番輝いていたのは何と言っても小鉄さん!惚れるー!!
「北の海で一度も生存者を救助したことがない」といっていた小鉄さんが必死で助けようとする姿が良かったなぁ。

あとメグルの隊長へのイライラした気持ちがよく現れた雪だるまに爆笑。最後の大群とかすごい創作意欲だし。個人的にメグルには惹かれないものの今回は結構可愛かった…。

軍曹は相変わらずです。カッコイイし可愛いしたまんねぇー。もう少し軍曹の実力が垣間見れるお話を期待してます。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少年漫画 | 20060618 |

Page up▲

18

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 16:39

映画「DEATH NOTE 前編」

映画

今日観に行ってきました。
映画「DEATH NOTE 前編」

■結果からいえば…こんなもんか…といった感じ。
自分の中のデスノの世界があるから、ここやだなと思うことはやっぱりありました。

漫画が完璧すぎて、どう料理しても多かれ少なかれ不満な点は残るもんですね。
まあ後編も観に行きますが、前編ラストはもっと「どうなる!?」的な緊迫感が欲しかったです。
以下ネタバレも普通にあるかもな感想。各自注意してください。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | 映画 | 20060618 |

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 22:28

アニサマ重大発表って…

アニソン…中心に音楽話

どんなことかと思ったら!
…最っ低。
ホントに腹たってきたんですけど。

スペシャルゲストにハルヒの3人
「涼宮ハルヒの憂鬱」ED「ハレ晴レユカイ」
平野綾、茅原実里、後藤邑子からのコメント

ていうかもうね、これで他の誰かの曲数減ってるかと思ったら怒りさえ覚える。一体なんのためにこいつらをスペシャルゲストにしなければいけないのか?あんなネタ曲やるためのライブじゃないだろ??

お前ら観にいくわけじゃないんだから調子にのってんじゃねーよ。
萎えまくりな気持ちをどうやって盛り上げようか。
始まる直前にこんなことでダメージ食らうなんて想定外だ…。

Animelo Summer Live 2006-OUTRIDE-

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20060617 |

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 00:47

DEAR BOYS ACT II 22巻

少年漫画

DEAR BOYS ACT II 22巻
八神ひろき(月刊少年マガジンコミックス)

なんとようやくインターハイ3回戦の湘南大相模との試合が終了しました。とはいえ私は数日待っただけですが!(数日前の私

ピンナップはトーヤと布施です。この試合の二人はやばすぎる。どんな妄想もいけそうな勢いです。

トーヤはこの試合でかなり好感度UP(脳内の話)。いつも飄々としてたのに初めて感情がモロに出た感じで凄く良かった。布施はまさかこんないいキャラに育つなんて思いもよらず。なんだよ…試合後のロッキーとの会話…感動しちゃったじゃないかぁぁぁ!ロッキーもまさかこんな素敵キャラに(略)。青春だねみんな…。

試合の合間合間に顔を覗かせる沢登は、ホント美味しいトコどりっって感じ。こんな顔して強いなんてハァハァすぎる。性格も優しいしさ。いい男には普通に弱い。でも完璧なのってちょっとやーね。

まあ22巻はトーヤ布施祭りでした。最後の最後まで…。ぐふ。

いやーそれにしても興奮するなー!面白い!
試合の結果はわかっていても、夢中になってその過程を楽しめるのが嬉しい。
この後の試合はどうなるんだろうか。
明和大日立との対戦あたり楽しみです。(このままいくと数年後?)

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少年漫画 | 20060617 |

Page up▲

16

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 23:59

アニメロ チケット到着

アニソン…中心に音楽話

色んなところでチケットの到着報告があったので
待ちにまっていた所本日到着。

2階スタンド…。F…。

ああ…チケットがくるまでのほんの少しの間夢見た自分を殴りたい。
ま…まだいい方だよ…と自分に言い聞かせています。

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20060616 |

Page up▲

15

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 22:35

BL 野蛮な恋人

BL小説

野蛮な恋人
成宮ゆり/イラスト 紺野けい子(ルビー文庫)

紺野さんの挿絵だからチェックしてたけど、新人だったのでちょっと不安でした。
が、まあまあ評判良かったので購入。
私も結構好きな話でした。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060615 |

Page up▲

14

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 00:40

「風待ちジェット」坂本真綾 購入感想

アニソン…中心に音楽話

買ってきました。

風待ちジェット
坂本真綾
2006.6.14/VICL-36059/¥1,155(税込)
「ツバサ・クロニクル」セカンドシーズンED

収録曲
1.風待ちジェット
2.スピカ
3.風待ちジェット(without maaya)
4.スピカ(without maaya)

ビクター内「風待ちジェット」特設サイト 
上記サイトで視聴も可能。

■風待ちジェット
こちらはオンエアでも、まあそれ以外でも結構聞いていたので、目新しく何かここが違うとかはないです。程ほどにいいなーって感じだったので買いました。アニメのED映像とは雰囲気あってて好きです。一つの曲としては個人的には「ループ」の方が好きかな。中毒性がない音楽になったなーという印象。

■スピカ
とてもゆったりとした曲です。耳に馴染むまでちょっと時間がかかりましたが、実際馴染んだら結構好きになってきました。特別何が印象に残るでもない曲だけど、そのぼんやりとした雰囲気が私は嫌いではなかったです。というか馴染むとこっちの曲のほうが「風待ちジェット」より好きかもしれない。

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20060614 |

Page up▲

13

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 22:23

BL 昨日の敵は明日の恋人

BL小説

昨日の敵は明日の恋人
綺月陣/イラスト 紺野けい子(プラチナ文庫)

紺野さんの挿絵久しぶりー。
今月はいきなり2冊も出ましたけど。
なんか…やっぱりハァハァです。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060613 |

Page up▲

11

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 23:46

DEAR BOYS

少年漫画

新刊が出る度にちゃんと買ってはいたものの、実はここ3年くらい読まずにいた「DEAR BOYS」を久しぶりに最初から読み返してみました。久しぶりで面白すぎて現在興奮中。

DEAR BOYS 全12巻
八神ひろき(講談社漫画文庫)

「DEAR BOYS」の第1部。
文庫12巻で1部は完。通常のコミックスでは全23巻。

(内容)
バスケの名門校・天童寺から瑞穂に転校してきた哀川和彦。哀川は廃部寸前だった瑞穂バスケ部への入部を希望した。175cmの身長でダンクを決める哀川の実力と、バスケにかける情熱で活動を再開した男子バスケ部。5人だけのバスケ部が、いくつもの試合を経験し時に喧嘩もしながら沢山悩んで前へと進んで行く。対戦高との友情を築いたりしながら、瑞穂は神奈川の代表を争うチームへ成長していき…。

DEAR BOYS THE EARLY DAYS
八神ひろき(月刊少年マガジンコミックス)
(これだけbk1にないみたいなのでリンク先はアマゾンです)

(内容)
DEAR BOYS中学生編。
藤原拓弥と三浦蘭丸、石井努と土橋健二、それぞれの中学時代を描いた番外編。これを読むとDEAR BOYS本編内のキャラクターの心情がもっとよくわかるので必見。

DEAR BOYS ACT II 1~21巻(続刊)
八神ひろき(月刊少年マガジンコミックス)

(内容)
第2部
高校3年生になった瑞穂の5人。第1部の最後に入部してきたシックスマン高階トウヤを迎え、また念願の新入生が入部して、今までになかった部内でのレギュラーへの意識が芽生え始める。
そして今年で最後のチャンスであるインターハイにむけての挑戦が始まる…。

と現在コミックス総数でいえば45巻の長いシリーズになってしまった「DEAR BOYS」。私の中でバスケ漫画といえばこれしかないです。第1部の絵と今の絵ではもう全然違いますので文庫の表紙に騙されないようご注意を。どんどん綺麗になっていくのも面白いですけどね。とにかくこれは一気によむべし。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | 少年漫画 | 20060611 |

Page up▲

10

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 15:22

BL 夜に舞う薄紅の花

BL小説

夜に舞う薄紅の花
真崎ひかる /イラスト 高久尚子(リーフノベルズ)

高久さんだったので買ったのですが、これ続きモノだったのですね。
しばらく前までリーフはスルーしていたので(チェックもしてなかった)前があるなんてまったく気付きませんでした。迂闊。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060610 |

Page up▲

10

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 13:00

CLAMP IN WONDERLAND 2 1995~2006

アニメ

CLAMPのアニメーションクリップ2が出るらしいです。

これの1が出たころは私もまだCLAMPファンだったので持ってるんです。7分のビデオが¥3,200というお高いビデオでした。見どころはデュカリオンの変身シーン。格好よくてときめいた覚えがあります。

正直いってそれ以外はあーいつものマッドハウス作画ねって感じなんですけど、歌がとっても良かったんです。広谷順子さんのOPとEDで。この曲CD出てるのを知らなくてビデオを見てたんですが、出てた罠でした。「CLAMPAZAR」を買った一番の目的はこの曲をCD音源で欲しかったからなんです。(それ以外にも買うほどではないと思ってた曲も収録されていてお得な感じがしたのもあるけど)

さて、その1を踏まえて作ると考えると、今回のクリップは『action!』(坂本真綾)の曲にのせて1995~2006の間に出た作品のキャラクターが代わる代わる登場し、『Oh!Yeah!』(ROUND TABLE featuring Nino)の曲でスタッフロール、でしょうか。勝手な想像ですが。

別に嫌いになったわけではないですが、今のCLAMP作品に魅力を感じないのも確かなのでこのクリップはスルーします。ただ音楽のCDだけは買いそう。

アニメーションクリップ『CLAMP IN WONDERLAND 2 1995~2006』
公開時期:未定
スタッフ
演出:増原光幸
作画監督:加藤裕美
アニメーション制作:マッドハウス
オープニングテーマ曲『action!』
歌:坂本真綾
エンディングテーマ曲『Oh!Yeah!』
歌:ROUND TABLE featuring Nino

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニメ | 20060610 |

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 00:21

アニメロサマーライブ「OUTRIDE」購入

アニソン…中心に音楽話

アニサマ2006のテーマソングフラゲしてきました。
ラジオとか聴く機会がなかったので初めて聴いたけど結構いいですねー。

Animelo Summer Live 2006 -OUTRIDE- テーマ曲
「OUTRIDE」(DVD付)

JAM Project,水樹奈々,高橋直純,栗原みな実,米倉千尋,石田耀子
愛内里菜,ALI PROJECT,三枝夕夏IN db,石川智晶,savage genius
KENN with The NaB's,嘉陽愛子
2006/6/9 / GNCA-0031 / \1,890
1. OUTRIDE
2. OUTRIDE~Off Vocal Version~
3. OUTRIDE~Instrumental Version~

☆DVD付(DVDはレコーディング風景で作ったPV)


■以下感想。
曲は上にもかいている通りかなり気にいって聞いてます。バンドの面子はおおよそJAMのバンドの人たち。

レコ風景のPV結構楽しいです。歌ってるときは真剣だけど、間奏の間に流れる映像は、合間の風景で和やか~。

福山さんは相変わらず何か持ってないと歌い難いようで、あれはマイクスタンドかな?をたてて、Tの字にして掴んでました。間奏のあたりでは不思議な踊りを披露しててお茶目さんです。なんだか福山さんの笑顔を見るだけで幸せ。2番の遠ちゃんと歌ってる「痛みだけは忘れたくない」の所、福山さんの歌声が超超高くて綺麗!うわ~たまらんです。遠ちゃんの声とのハモリも抜群です。やっぱり二人の声は相性がいい。ここだけリピート20回くらいしてしまいました。映像とセットで見るとなおたのし。他にも福山さんの所ばっかり見る私。

JAMメンバーとしては、遠ちゃんはコーラスで結構出てきます。映像も多い。梨香さんは最後のほうの「漲るこの勇気を…」がかっこいい。いつもの梨香さん!っていうね。そしてダニーは何故か映像にあまり出てきません。歌ってる部分もすごくすくないような…?影山さんと奥井さんは主催側なのでかなり出てきます。充実してるって感じ。

アリカさんが歌ってる映像を私は初めてみました。歌ってるときの手がすごいんですけど。あとこの中ではいつものような曲調ではないので、いつもとちょっと違う雰囲気で、透明感のあるアリカさんの声が聞けます。すっごく綺麗。

水樹の声も良く通る声。実はあんまり聴いたことないんだけど、歌い方は嫌いじゃないです。でもソロのCDはなんか手が伸びないー。多分聴けば結構好きになるかも…とか思っているんですが、あんまり好きになりたくないので聴けなかったり。自分の中では堀江由衣と似た位置付け。声優としては好きじゃないけど、音楽の傾向が好きかもという意味で。好きになると追いかけるの大変だから不慮の事故でないかぎり遠慮したいんだよね…。(とかいってアニサマ終わったあとに好きになってたらどうしよ!←そういうのが不慮の事故)

石川さんには石川さんの伸びやかな声がうまく引き立つところを歌ってて良い。ただ…なんですかその髪型は!やばいですよ!田中真弓かと思った(笑/あの人はあれでいいんですけど!)早い改善を願います。ところで日増しに好きになる「house」をなんとしても生で聞きたくなってまいりました。どこかでいつか聴けるといいなぁ。

それにしてもファンクラブ先行で申し込んだけど、席がめっちゃ不安です…。チケット早く届いて欲しいー。

「Animelo Summer Live 2006 -OUTRIDE-」
「レコーディング風景」

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20060609 |

Page up▲

08

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 22:24

BL マガビー発売

BL関連話

そういえば「マガジンBE×BOY7月号」復刊一号買ってきましたー。
いつもは雑誌買わないけど記念にね。
お祝いというか。
なんだかいつもと変わらない感じが(普段買ってない私だけど)嬉しかったです。
ちょっと重いのだけ注意。

最後の方のページに倒産についてのお詫びのページがありました。
あと、今までの本についての質問には答えられない事、シリーズ物の復刊や新装版については来年度から発行する予定との事。

記念にこの7月号から3号続けて全プレサービスやるみたいです。
それぞれ1つだけの応募券で申し込めるようになってます。
(全プレは図書カード)

後復活記念で、漫画家さんからのお祝いメッセージの絵を、それぞれ1名にプレゼントという企画もあります。1名だから応募するつもりもないけど、メンバーの中では圧倒的に九州男児が欲しかった!(もう大好きじゃん)

新刊についてはリブレ出版(旧ビブロス)の来月の新刊ページに載ってますね。その他8月の新刊についても雑誌に載ってました。またそのへんも書き出すかもしれない。出さないかもしれない。

■追記
3号連続図書カード応募者全員サービス
A:こうじま奈月「僕らの関係」
B:山田ユギ「最後のドアを閉めろ&誰にも愛されない」
C:高永ひなこ「不器用なサイレント」
D:寿たらこ「SEX PISTOLS」
E:不破慎理×岩本薫「YEBISUセレブリティーズ」
・各号それぞれの応募券で応募可
・800円の定額小為替要

3号連続直筆色紙プレゼント第一弾(各1名)7月号
門地かおり/みなみ遥/高永ひなこ/あさぎり夕/カワイチハル
志水ゆき/浦コハク/不破慎理/ねこ田米蔵/猫田リコ/龍川和ト
草間さかえ/水上シン/松本テマリ/御影椿/山葵マグロ/池玲文
北上れん/九州男児

3号連続直筆色紙プレゼント第二弾(各1名)8月号予定
こうじま奈月/寿たらこ/山田ユギ/神葉理世/鹿乃しうこ
稲荷家房之介/河井英杞/やまかみ梨由/桑原祐子/小笠原宇紀
水野透子/わたなべあじあ/瀧ハジメ/楢崎壮太/鈴原ひろの
藤崎こう/みささぎ楓李/梅太郎/ユキムラ/阿部あかね/吉條ナツル

8月発行予定コミックス
2006/08/10「愛人☆淫魔 2」神葉理世
2006/08/10「化学室へどうぞ//未来版.」本庄りえ
2006/08/10「不器用なサイレント」高永ひなこ
2006/08/10「天使のための処方箋。」水樹カナ
2006/08/10「YEBISUセレブリティーズ3rd」不破慎理/岩本薫
2006/08/10「ツインズ・ラビリンス」亜樹良のりかず
2006/08/10「満たされる唇」やまかみ梨由
2006/08/18「Nightmare Fortress~魔神の城塞」小笠原宇紀

8月発行予定ノベルズ
2006/08/18「ごめんなさいと言ってみろ」榎田尤利/北上れん
2006/08/18「君臨せよ」水戸泉/蔵王大志
2006/08/18「淫靡な夜の捕食者」水上ルイ/桜城やや
2006/08/18「情熱の花は愛に濡れて」愁堂れな/かんべあきら

BE-BOY GOLD 8月号
2006/06/28発売予定
新田祐克/やまねあやの/鹿乃しうこ/みなみ遥/円陣闇丸
こだか和麻/直野儚羅/大和名瀬/内田かおる/東野裕
CJ Michalski/本仁戻/剣解/青色イリコ/四谷シモーヌ
みささぎ楓李/かゆまみむ/沖麻実也
ゴールド復刊記念図書カード全員サービス
(ゴールド1冊で2枚の図書カードがもらえる)
新田祐克/やまねあやの/鹿乃しうこ/みなみ遥/円陣闇丸

b-BOY Phoenix 1「絶頂特集」
2006/07/20
新田祐克/桜城やや/本庄りえ/かんべあきら/池玲文/千歳ぴよこ
環レン/七瀬かい/桜木あやん/しおべり由生
(「不細工特集」は9月20日予定)

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL関連話 | 20060608 |

Page up▲

07

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 23:35

BL 振り返ればかなたの海

BL小説

振り返ればかなたの海
崎谷はるひ /イラスト おおや和美(角川ルビー文庫)

湘南のカフェレストラン「ブルーサウンド」で働く人たちが次々とホモになっていくこのシリーズ。(身も蓋もないが間違っちゃいない)新刊は4作目、既刊は下の通り。

「目を閉じればいつかの海」
「手を伸ばせばはるかな海」
「耳をすませばかすかな海」

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060607 |

Page up▲

05

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 20:35

今話題の絵画盗作にちなんで

少女漫画

現在日本の画家が海外の画家の絵画を盗作したしないで話題になっていますね。このニュースはまあ置いておくとして、見て思い出した漫画があるので紹介してみたいです。

姫(あきひ)
佐伯かよの(秋田書店コミック文庫)

文庫では1巻~10巻で出ています。
題名は特殊な文字なので環境によっては文字化けしているかも…。
文庫の表紙はだいぶイメージが違うので、当初のコミックスの絵柄を参考に見ていただきたいです。

佐伯かよの公式サイト
サイト内姫(あきひ)コミックス表紙リスト

私は母親が元々普通に漫画を読む人で、その影響で漫画を読み始めたんですが、この漫画は母親が好きで買っていた作品でした。(関係ないですけど、母親は自分が私や姉に漫画を読ませたことを後悔しているような気がします。こんなオタクに育って…。姉なんかアニメ会社にまで入っちゃって…。)初めて読んだのは小学校低学年くらいだったでしょうか。わっ面白い!と思ったのでしょう。そんな昔の感情まで覚えてませんが、その後も何度となく読み返した作品です。実際面白いです。

(あらすじ)
高校生の姫(あきひ)は学校では冴えない地味な女の子。だが姫(あきひ)にはもう一つの顔があった。それこそが画廊を経営する美女という一面。小さいころに母に逃げられ、画家である父に死なれた姫(あきひ)は、祖父の財力で画廊を立ち上げる。父が描いた絵を集めるために…。画商としての姫(あきひ)は一流の目利きであり、厳しい判断力を持ちあわせる最高の女性である。しかし本当はまだ高校生の女の子。鋭い目線の中に、時にとてももろく寂しい女の子の心が映る。

世界中を股にかけて父の絵を探す途方もない道のりの中、芸術を通して色々な人生を背負ってきた人と出会い、また支えてくれる人との愛情を深めていく姫(あきひ)の物語。


呪われた絵画やいわくつきの絵画、そして贋作や盗作などの絵画など、オークションの世界や蒐集家・没落家の絵、贋作を描くことによって生きる青年や、挫折した画家など、芸術に関わる色々なシーンが登場します。二足の草鞋を履いている姫(あきひ)のゴージャスな女の一面と学校生活とのギャップという設定が、とても面白く活かされていて、ハラハラドキドキして読んでいける作品です。同時に婚約者の男の人との恋愛要素もあり、そういう面からも乙女心をくすぐられます。

かなり昔の作品なので、人によっては絵などに抵抗があるかもしれませんが、読み応え有りです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 少女漫画 | 20060605 |

Page up▲

05

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 00:41

BL 遊びじゃないんだ!

BL小説

遊びじゃないんだ!
佐々木禎子 /イラスト 鳴海ゆき(キャラ文庫)

佐々木さんの本は何度か読んでいるんですが、本当に私の好みの絵師さんと合わなくて、出してる冊数との割合でいくと凄く少ないほうだと思います。鳴海さんは挿絵ならいけるので購入。

今までで一番好きなのは「好きじゃなければやってられない」。絵とお話とのバランスも良くて好きな一冊です。

(.. Read more)


Edit Comments(0) trackBack(0) | BL小説 | 20060605 |

Page up▲

04

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 01:20

今日一日「YASHA-夜叉-」

日記 と呼んでいいものか

昨日自分で「YASHA-夜叉-」の話を持ち出したら、むしょうに見たくなってしまい、DVDを引っ張り出して本日10時間くらいまるまる見てしまいました。(とか書いてたらもう昨日になっちゃった)はぁ充実。

久しぶりにみたせいか、ドラマの方の内容は結構いい感じに頭から抜け落ちており新鮮な気持ちで見れて、鳥頭もこういう時には役にたつなと思いました。

やっぱりこの頃の伊藤英明が一番格好いいと思うわけです。(私の個人的な趣味ですよ)凛の髪ハネハネスタイルより、静のストレート、尚且つ眼鏡、且つ冷たい視線がとても好きです。ただ、やっぱり滑舌がちょっと悪いです。

私はもちろん原作(吉田秋生)が好きでドラマを見たクチですが、ドラマはドラマでとても面白く成立していると思っています。オリジナル設定が多くて、私はそういうの基本的に嫌いなんですが、そういう部分を上手く消化してくれた印象があります。監督の美意識の高さか、一つ一つのシーンがとても綺麗。アクションシーンとかスピード感はあんまりないです。それよりも角度とか、そういう事が細かい。

何よりも音楽の使い方がうまい。OPからしてSTINGの「Desert Rose」。話が進むにつれ、この曲の重みが切なさと緊迫感を煽っていきます。「Brand New Day」というアルバムに入っていて、他の収録曲も聴き応えのある曲ばかりなのでお気に入りの一枚です。私が聴く唯一の洋楽。

それと負けず劣らず素晴らしかったのがBGM。福岡ユタカさんという方が担当していたんですが、あまりにも「YASHA」の世界観を表現していて震えるばかりです。このドラマの演出はこのBGMなしにはここまで印象的にはならなかった。「YASHA 夜叉」というCDが出ていて、ドラマを見てた人ならたまらない一枚です。実は私は梶浦さんのサントラを例外として、サントラって聞いてられないタイプだったのですが、そんな私が何度も聞いているCDです。歌詞という歌詞がないのがこの人の特徴。「UR WORDS」(言葉の原子の意味で、感性のままに「心」の抑揚を声で表現する)というのが独自のスタイルらしいです。

ところでこのDVD私が買い集めたのは4年くらい前で、その頃すでに生産中止していて集めるのに苦労した覚えがあります。今でも新品流通してるみたいなのであの時だけだったのかなー。

Edit Comments(0) trackBack(0) | 日記 と呼んでいいものか | 20060604 |

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 22:46

BL キャラ小冊子到着

BL関連話

前にCharaで申し込んだ応募者全員サービス小冊子が届きましたー。

「ココだけCOMICフォーカス!!EXTRA」
chara

収録作品
「プライベート・レッスン」桜木知沙子/高星麻子
「白檀の甘い罠」春原いずみ/明森びびか
「赤色サイレン」剛しいら/神崎貴至
「ショコラティエは誘惑する」篁釉以子/円屋榎英
「午後の音楽室」榊花月/衣田沙江美
「虜-とりこ-」秀香穂里/山田ユギ
「ニュースにならないキス」佐々木禎子/水名瀬雅良
「遺産相続人の受難」鹿住槇/鳴海ゆき
「FLESH&BLOOD」松岡なつき/雪舟薫
「小説家は懺悔する」菱沢九月/高久尚子
「甘い夜に呼ばれて」神奈木智/不破慎理

「読者からのリクエストのあった小説の一部をちょこっと漫画化してしまおうという企画」らしい本。一つの作品に対するページが6~11ページほど?と超短く、ホントに"ちょこっと"だった罠でした。確かにタイトルに偽りなしなのですが…。

私は80%くらい「小説家は懺悔する」目当てで申し込んでいました。元々すごく気に入っている話で、尚且つ大好きな高久さんの絵なので短いながら楽しかった。しかも結構いいところがチョイスされてて、ハァハァ!このままホントに漫画化しないかなぁ、とちょっと願っております。

収録作品の中で読んでいた本は上のと「遺産相続人の受難」だけだったのですが、鳴海さんは挿絵では抵抗なく読めるけど、漫画はちょっと…ないです。

「プライベート・レッスン」は読んだ事ないんですけど、凄い中途半端な所で終わられてて妙に続きが読みたくなっています。これは見事に踊らされてる…!

明森さんの絵はこれ…鉛筆画?もしかしていつも挿絵こうなんでしょうか。とてもこれでは購買意欲が湧かない。絵が下手とかより、手抜きが目に見えるのが一番嫌だ。

一応覚悟はしていたものの、内容の薄い一冊で御座いました。
ところでキャラ編集部さん!
唯一カラーページの最初の目次ページ…「甘い夜に抱かれて」って…「呼ばれて」ですよね!
検索かけてもひっかからねぇと思ったら(笑)
タイトルはちゃんとしたほうが良いと思われます。

Edit Comments(0) trackBack(0) | BL関連話 | 20060603 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2006 灯ブログ, all rights reserved.
05 | 2006/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。