Selected category

All entries of this category were displayed below.

--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

30

January February March April May June July August September October November December
2015(Mon) 00:24

JAM THE STRONGER'S PARTY 横浜

JAM Project関連

横浜アリーナ終わりました。

次のツアーは夏から大規模ツアー。
オリジナルアルバムも作るとのこと。
地方公演が楽しみです。



■JAM Project 15th Anniversary Premium LIVE
 THE STRONGER'S PARTY
 2015/11/29(日)
 横浜アリーナ



神戸での経験を胸に抱き、期待は全然しないように気をつけて、お姉ちゃんに全然見えないからね、期待をしないで、今してる気持ちを極限まで縮小してからいくようにって注意してたのに、いざ始まってみたら神戸なんて比じゃないほど見えなくて、注意してた側の私がすごい気持ちが冷えていって。
それで逆に、自分がそれでもまだ期待して来てしまったんだと知ってすごく悲しくなった。
ここまで期待を萎ませないと楽しむことが出来ないライブって何なんだろう。
そう思ったらもう全然楽しくなくなっちゃって。

無理して手とか振ってたけど、リベリオン大好きなのに、もうリベリオンあたりでは楽しく無さ過ぎて腕もあげられなくなってたし、リズムを身体でとることも出来なくなってた。
見るものもないから上の方の照明みながらさ、綺麗だなって…でもこの演出するためにこうやって見えない私とか犠牲になってんだなって思ったら悲しくてさ。
前に全員が並んでるいつものステージだったらここまで誰も見えないなんてことないのに、なんでこんなに見えないんだろ…もちろん見えてる人は楽しいんだろうけど、見えて無さすぎて考えることしか無くなってきて。
前の人が背高くて見えないとかはどのライブに行ってもあることだから仕方ないって割り切れるけど、クソ演出のために見られないっていうこの状況があまりにも納得する場所がなさすぎて。
ほとんどディスプレイ見てたけど、ディスプレイ見てるだけなら家でDVD見てたっていいわけよ。
2005年からJAMのライブ行くようになって、随分JAMのライブ行ってきたけどこの横浜アリーナのライブ最悪最低だな、ワースト1だなって。
ワースト1のライブだなってのを6曲目くらいまでに100回じゃ足りないくらい頭の中でリフレインしてたし、もう今日は捨ててアニソンAAAに気持ち切り替えようと…そこまでいってた。


だけどGeneration!で福山さんの笑顔が見えてすごく楽しくなって、そこでようやく気持ちが浮上してきて、泣きそうになってしまった。Generation!これから聞く度に泣きそう。今思い出しても、救われた気持ちが大きくて泣いちゃうわ。。。それくらいつらかったし、そこから最後まで楽しめたのこの曲のおかげだった。


No Border、歌詞見ながら、テロあったばっかりだったから凄く迫った歌詞だと改めて。
「戦争の代償は いつでもそう 一番弱い者が Payしてる」って本当によくこの事実を書いたよ影山さん。
ほんとうにそう…。


メンバーが360度のステージっていうたびに、こっちはそのせいで見えないですけどね、って内心イラってするのもそのしてしまう自分自身が辛かったけど、最後笑顔の真ん中に居られて幸せだって福山さんが言ったからなんとか救われた。


ヒカルドが入って歌ったSempre Sonhando、すごく良かった。
影山さんが言ってたけど、この曲をヒカルドなしで歌ったこともあるけどヒカルドなしだとさまにならない、『パパとママの前で』ここはヒカルドでないとっていうその言葉、自分も人の親で、子供が親の心配を押しても自分のやりたいことを頑張ってやってる姿を見てきてすごく共感するって。
あのMCは泣いた。
ブラジルで育ったヒカルドが書いた詩だから胸にくる。
前にヒカルドがパンフレットに書いていたことを思い出した。
ヒカルドのようにブラジルで、今までに無かったことをやることは、日本にいる私たち以上に途方もなく困難で、それはご両親は心配しただろうなと。それでもご両親はヒカルドを信じたのだろうし、ヒカルドもいっぱい頑張ってここまでやってきたんだろう、そう思ったらほんとにいいなぁって。


部長の最後の世界中の『ありがとう』を言っていくのすごく良かった…。
ダニー凄く良かったよ…素敵だった。ありがとう。


悲しい思いもいっぱいしたから今日のライブいくら映像が綺麗でもDVD買いたくないと今は思ってる。イベントとかないなら買わないかも。なんか本当に虚しくて一人で泣きそう。。あとで盛り返したけど、だけどこの10年間でワースト1だった事実は変わらない。
ディスプレイに映る全景がホントに綺麗だったんだよ。ステージから見たらこりゃ綺麗だろうなぁって思った。でも綺麗であればあるほど悲しかった。それを思い出すのは苦行だわ。

トークは楽しかった。救いのうちの一つ。
皆かわいくてカッコ良くて魅力的だなぁ。何年たっても魅力的だ。
Generation!以降は曲も楽しめた。
自転車、影山さんそんなに好きなんだね…でも強要はよくないよ(笑)
福山さんは横浜でラーメンを食べるようにとうるさかった(笑)いい仕事した!横浜のガチめんの商店会の人たち招待してたんじゃないかなって思った。

メンバーがすごく頑張って歌詞覚えて体力つけて挑んだんだから、その分だけ私も全力で楽しみたかった。
一秒も無駄にせず、楽しいと感じたかった。
それが本当に悔しいし心残り。
やっぱりJAMのライブは、ステージの演出じゃなくて、JAMのメンバーの歌とかで十分魅せられるんだからそこで踏ん張って欲しい。
いい音楽と、いい歌、そしていい音響。それが大事だしそれだけで十分だ。
スポンサーサイト

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20151130 |

Page up▲

06

January February March April May June July August September October November December
2015(Fri) 00:35

JAM THE STRONGER'S PARTY 神戸

JAM Project関連

神戸行ってきました!
楽しかったのとステージ演出が糞だったのとで複雑なライブ後の気持ちでございます。

ネタばれしまくりながら感想書く気なので気を付けてください。

JAM Project 15th Anniversary Premium LIVE
 THE STRONGER'S PARTY

 2015/11/3(祝)
 兵庫・神戸ワールド記念ホール


「レスキューファイアー」からのはじまりで、おおーストローング!と思いつつ、炎がめっちゃ熱かった!
ステージの5人はあれどんくらい熱いんだろうって思うよ。
そしてZ's!振り付け福山さんがんばってた!
Rebellion、Breakthrough、Maverick…このあたりまで福山さんの顔肉眼ではほぼ全然見えなかったから好きな曲だとしてもドンドンテンション下がってった。

「Generation!」はアルバムで聞いてたときはなんとも思って無かったけど、ライブで聞いたら晴れやかでいい曲だったなぁ。
009は映画館での先行販売に何度か足を運んだけど買えなかったのでお友達に買って貰ったんだけど、それもあって予習不足;;
一応公開されてるyoutubeの映像見てたけど、あんまりのりきれなかった。
横浜ではもっと楽しく聴けると思う!

牙狼メドレーは何故B.B.が無かったのか…
そしてWildflowersを何故無視するのか…
一触即発は前回散々やったしカットでいいと思う…
しかし牙狼は曲数が本当に増えたので、牙狼曲だけで1公演出来るんじゃないかっていうレベルですね。
「我が名は牙狼」のAメロ入りの福山さんのパートすごい好きなんだけど、イマイチちゃんと聞こえなくて残念だったな。
全体的にわちゃわちゃした音響だった感じ。
でもバラードはすごく綺麗に聞えたかな。
それさえちゃんと聞こえてたら結構満足だったりします。
もんすたーずぱーてーのときの音響はかなり酷かったからね…。

「ハリケーンLOVE」大好きな曲だしすごく嬉しかったけど、円形のせいで全然最後の「愛し合うだけ」を順番に言っていくところ決まってなかった。興奮ゼロ。
呆れるくらい円形ステージが曲の楽しさを凋ませていった。

鋼の救世主は影山さんと遠ちゃんの初期メンバーで。
遥か遠くで二人で歌い始めたときは、まさか最後まで二人で歌うとは思わなかった!
最後のフュージョンが可愛かった。
そのあと逆ステージにダニーと福山さんが登場。嘆きのロザリオを二人で。
そのあと中央ステージで奥井さんが一人で「Little Wing」を。このあたりでなんとなく選曲意図に気付く。
「The Gate of the Hell」は男4人で。
そうやってそれぞれがJAMに入って初めて歌ったり、最初に自己紹介ソングみたいになった曲を歌っていくっていうすごくいい演出だった。
私「Little Wing」好きだったんだよ…。本当に好きでさ。
昔は結構ライブでやることも多かったから忘れてたけど、久しぶりに聞いたら本当に良くって泣けてきたよ…。

「No Border」久しぶりに聴けて嬉しかった。
この歌がリリースされたときに初めて聴いた時の喜びを結構覚えてて、こういうメッセージをずっと伝えていってくれる存在であり続けて欲しいなって思ったんだ。
だからこうやって節目のときに選曲してくれて本当に嬉しい。
「Portal」も本当に最高だった。
福山さん超絶美声ありがとう。

「Always be with you」ぺたん、と座りこんで歌いだした福山さん、あとで本当に疲れちゃってたって言ってたけど、歌ってる間の笑顔がすごく良くてもうめちゃくちゃ泣いてしまった。
奥井さんは肉眼では見えないところにいたけど、ディスプレイに映し出されたときにすごく楽しそうに歌ってて、これもまた感動してしまった。
神戸のライブでどの曲が一番良かったかって聞かれたら私はもう迷わずこの曲。
雰囲気もふくめて全てが完璧に愛おしい時間だった。

聖戦、マジで久しぶりにもほどがあるぜって感じ!!!
最高嬉しい!
やっぱりアレンジは河野陽吾だよ。全部河野陽吾がやればいいと思うよ。
それくらい河野アレンジは完璧に私の好みドストライクなんだよおおおおおおおおおおお。

THE HERO!!は…みんなすごい好きっていうんだけど…正直私は好みじゃないんだよなぁ…。
もっと聴いたらかわるんかなぁ。。。
初めて聴いた時から一度もいいと思えてないんだけど…。

今回は中盤あたり本当にいい選曲で良かったです。
5人みなさんもあの広い会場内を走り回ってくれて…。
でも本当に、その体力はもう歌に回してほしいと思いますね。
最後の最後まで、私は一度も5人全員の顔を一度に見ることが叶わなかった。
それがどんなに悲しいことなのか、本当に制作側の人にはわからないんでしょうか?
私は福山さんのファンだけど、福山さんだけ見にいったわけじゃないし、5人が和気あいあいと歌って、アイコンタクトして、…どんな表情で歌ってるとか、そういうものをすごく見たくて行ってるのに、5人のうち誰も見えないみたいな時間まであったり、中央で5人が歌ってるときも、3人の顔は見えない…。
360度のステージといいつつ、本当は東が正面で、東のほうを5人全員が向いちゃってる曲もあって、それなのに西に客いれてるんだよ…。
私は西じゃなかったけど、なんか本当に悲しかった…。
せっかくの15周年のライブで、どうしてこんなにファンに優しくないステージ演出を考え付いたのか。
なんで誰も止めなかったのか。
ファンを馬鹿にしてるよなぁ…。
中央ステージの床がディスプレイになっていたみたいで、色々な映像が表示されてたみたいだけど、アリーナからは全く見えてないし、その虚しい演出はなんなんですか…。
今回のライブはスタンドから見た方が楽しかったと思う。


でも今回改めて、影山さんが素敵なミュージシャンだなぁって思えて、それですごく気持ちがあったかくなりました。


今年のJAMの曲、本当に私は好きになりきれない曲が多くて、リリースは多いけどクオリティは低いなと思ってます。
B.B.と、今季の紅蓮以外ははまらなかったなぁ…。
量産よりも1曲1曲が良い曲であることのほうが嬉しい。
私はそれでもまだJAMに愛があるけど、この1年お姉ちゃんのJAMへの愛情がすごい勢いで冷めて来ててやばい。
本当に危険水域。曲が酷いと文句ばかり聞いている…。
横浜につれていくけど、隣で文句ばかりでないことを祈るしかない…。
今のうちにセトリをみて予習せいと迫ったが、予習するほどの熱意もないと言われてしまった。
マジでいい曲出してくれ…ほんとうに…頼む…。


Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20151106 |

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2015(Sun) 23:14

JAMのアルバムレコ発イベントまとめて

JAM Project関連

JAMの新譜イベントは大阪の日本橋で行われた握手会以外は全部行ってました。
感想全然かけてないけど記録だけでも。



■JAM Project 『BEST COLLECTION XI X less force 』 Releasing Party
 TOWER RECORDS × CLUB CITTA’ presents ビッグ インストア Vol. 10
2015/07/08(水)
クラブチッタ川崎
集合時間:17:30
開場時間:18:00
開演時間:19:00

すべてJAM5人でのアコースティック演奏
01.Breakthrough
02.夢スケッチ
03.牙狼 ~SAVIOR IN THE DARK~ RED REQUIEM ver.
04.Always be with you
05.SKILL

JAMでのアコースティック久しぶり!JAMのイベント自体が久しぶりだけど!!
凄く良かった!!
お題は心理テスト。福山さんの絵ごころに感服です(贔屓目なのでしょうか)
「Breakthrough」をアコギでやるのにはびっくり。

タワレコでもらった整理券は700番とかでクソだったけど思ったより客は500~600人くらいだったんじゃないかな?
クラブチッタは横も広いしステージも高いので少し遠くても見やすかった。


■JAM Party 2015 EAST
2015/07/17(金)
山野ホール
開場時間:18:00
開演時間:19:00

1.Unlimited Force
2.Breakthrough
3.Rebellion ~反逆の戦士達~
4.TRANSFORMERS EVO.
5.SKILL

仕事が定時18;00だからくじ引き開始には間に合わず。
45分ごろについて引いたくじは超後ろで、正直殆ど見えない、席的には超クソ席だった。
なんせ客席に段差がないのにその平面に500人くらい入ってるんだから後方から見えるはずもなくお察しください的な。
でもトーク的には最高に面白かった。トークだけならこの日が最高。


■JAM Party 2015 WEST
2015/07/18(土)
あましんアルカイックホール・オクト
開場時間:14:00
開演時間:14:30

1.Unlimited Force
2.Breakthrough
3.Rebellion ~反逆の戦士達~
4.TRANSFORMERS EVO.
5.SKILL

曲目変わらず。
尼崎でもクソ席を引いてしまって(後ろから2列目)最初はかなり落ち込んでいたものの、音響的にはよく聴こえたので楽しめた。
お題の裁判はまあまあ楽しかったけど最後に遠ちゃんがスタッフの女の子土下座させたのでドン引き。後味は悪い。
素人の女の子を引っ張り出して来て謝らせるっていう内輪ネタ、誰も幸せにならないどころかただただ不快で初めてかなり遠ちゃんに失望した。
スタッフの人が遅刻しようがそれは内輪で処理してください。


Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20150802 |

Page up▲

24

January February March April May June July August September October November December
2015(Tue) 23:18

JAMのPV撮影

JAM Project関連

細かいことは何もかけないので、楽しかった!という記録だけ。それだけであります。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20150224 |

Page up▲

10

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 21:30

ゆかいな仲間たち 2014

JAM Project関連

いくら雨男さんたちとはいえ、ここまで仕事きっちりにしなくてもと思うほど絶妙な入場タイミングでの雨ェ。

ヤメテ。


影山ヒロノブ・遠藤正明・きただにひろしの 「ゆかいな仲間たち 2014」
 2014/08/09(土 深夜)
 開場:23:30
 開演:24:30

<ホスト> 影山ヒロノブ/遠藤正明/きただにひろし
<仲間たち> 石田燿子/いとうかなこ/奥井雅美/OTAKU NOT DEAD/
 喜多修平/栗林みな実/佐咲紗花/Z旗/福山芳樹/松澤由美/
 美郷あき/米倉千尋/鷲崎健/和田光司 ※五十音順

セットリスト、暇つぶしにメモってたけどおこすのがメンドイ。

肝心なところだけ押さえよう。
夜明けに登場した福山さんは「クララ」でした。
とてもいかつ可愛いクララで動悸息切れ救心救心でした。

遠ちゃんと福山さんのハイジ小ネタトークが楽しそうで、この人たちホント好きなんだなって思って笑ってました。

去年も良かったけど今年のコスもすんごい良かったですよ!!!
一時期の仮装とは全然違ってて、お顔も拝見できるし本当に素晴らしい…!

そして「おしえて」ですよ…。
福山さんがピアノ弾くとは思って無かったし、綺麗なコーラスにべっくらこいた。
大好きな名作劇場ということもあり、私はホックホクです。
嬉しかったです。

ソロで
・Remember16
・夜明けのねここしゃん

JAMで
・おしえて (福山さんキーボード)
・Little Wing (福山さんアコギ)

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140810 |

Page up▲

10

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 19:45

JAM BD/DVD発売記念イベント 大阪日本橋

JAM Project関連

JAMの武道館の映像、安中でサインがつくというので注文したら、1カ月前になって大阪でイベントありますだって。
でも京都で福山さんがライブやる次の日だったから行ってきました。
このイベントが先に決まってたから京都のライブをやろうと思ったのかなってちょっと思いました。
大阪のお友達のおかげで参加できたので本当にありがたいです。


とはいえ結局BDもDVDもどっちも買うことになってお金が…。
さすがに渋谷のタワレコイベントはいくの諦めました。
そしてその映像自体はまだ見ていません。

JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN LIVE BD/DVD発売記念イベント
 2014/08/03(日)
 アニメイト大阪日本橋 5Fイベントホール
 開場:15:30
 開演:16:00

 出演者:きただにひろし、福山芳樹


二人のトークはほんとに仲良しさんで可愛かったです。
同じことを2回かくのがもうめんどくさいので気が向いたらこっちにも書きますけど…まあいいか。

とにかくこの二人を一緒にするととても良いです。



Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140810 |

Page up▲

01

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 22:13

JAM Project TRAツアー 安中

JAM Project関連

2/15に大雪の影響で中止になった安中公演、JAMのTRAツアー最終公演でした。
2/15の公演は、当日まで中止になるかどうか分からず、14日のうちに仕事終わりにそのまま前乗りすべきか…?とかちょっと思ったくらいで(仕事にTシャツとか持ってたレベルで本気だった)、でも私が行けないほどならメンバーも行けないだろう…と前乗りをやめて…。
当日起きたら自分のマンション周りは大雪だし、駅まで行くバスは運休してるし…Twitterで安中市検索したら70cm積もってるとか出て来て、あ…無理だなこれ…と思ったら予定の9時より前に延期の告知が。
前乗りしようとか無理しなくてほんと良かった…。

そんな安中市文化センターは、駅からこの文化センターがかなり離れてて、そこまで行く手段が本当に無くて、自家用車持ってる人はいいけど、ない人はタクシー…みたいな。
しかも開演が17:30と遅かったんだけど、最低でも2時間半でしょ、それ終わって駅まで行くことを考えると20:30、安中駅は20:11発の後が22:01までない…。
(実際昨日は20:30くらいまではやってた)
で、行きは安中駅にいたタクシーを普通に拾えたんだけど、帰りですよ。
21時ごろ、文化センターを出てタクシーを呼ぼうと思ったら1時間待ちって言われて…ええええ!!みたいな。
私もうかつだった…都会ほどタクシー自体がないんだね…。
もうそんなら徒歩で40分くらいで行けるって聞いてたし歩こうと思って歩き出したところ、お友達に道で見つけてもらって高崎駅まで送ってもらい無事帰って来れました。
(涙無しには語れないありがたい話でした)

安中市教育委員会主催ということで、主催してくれて本当にありがたいのですが、正直あまりにも安中市文化センターは不便でした。
不便といえば、JAMで不便の名をほしいままにしていた那須塩原の黒磯文化会館は、不便なりに臨時バスを出してくれていました。(それにそこまでは新幹線だしね)
終演時間に合わせてバスも待たせてくれていたし…さすがにこの不便度だったら臨時バスは出すべきなんじゃないかなぁ。
地元の人と自家用車の人以外は、殆どタクシーだったと思うし。
出すかどうか決めるのはバス会社なのかな…。
あと、開演時間もっと早くしたほうがいいと思いました。
周辺に殆ど食べるところがないという意味でも、安中は結構なレベルでした。
(グーグルマップであまりにも何もないので怯えてて、結局お友達のアドバイスもあり高崎駅で食べた)
そうはいっても自分の地元よりは栄えてるけど…などというオチ。


と、交通の便的には思うところありでしたが、安中公演は本当に最高でした!!
そして終わってしまって本当に淋しいです。


JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN
 2014/05/31(土)
 群馬県 : 安中市文化センター


01.Groundbreakers
02.THUMB RISE AGAIN
03.Fight on!
04.鋼のレジスタンス
05.一触即発 ~Trigger of Crisis~
06.Rage against the intrigue
07.風 ~旅立ちの詩~
08.Live True
09.Wings of the legend
10.Rebellion~反逆の戦士達~
11.PRAY FOR YOU
12.Breakthrough
13.Amor ~とある男の物語~
14.R.I.P ~友よ静かに眠れ~
15.Maverick~覚醒されし獣~
16.侍パーリー
17.Rocks
18.GONG
19.VICTORY
20.レスキューファイアー
 ─アンコール─
21.Viva My Life
 ─アンコール─
22.SKILL
23.Long way to go



セットリストとしては、いわきで「Rebellion」>「Break~」>「Maverick」とやった部分で、なんと「PRAY FOR YOU」が!!
EDもやるって聞いたときはびっくり!
来年のツアーにならないと聞けないと思ってたのでびっくりしたし嬉しかったです。
すごく良かったの…バラード…しっとりしてて。
最初の奥井さんのウォウォウォーってところも鳥肌立つくらい綺麗で…福山さんのAメロ入りもたっぷり心が入った歌いだしでそりゃあもううっとりしました。
で、Maverickは抜けちゃったんだな~って思ってたら守護神のところで出て来てまたびっくり。

最初の曲とかはいつもように楽しんでたんだけど、「Live True」の前のMCでダニーが
「この曲もう2度とライブでは歌われないだろうから」
ってそんな感じのことを言ったんです。
そのときにあー本当に最後なんだな、この曲聞くのも最後だしTRAツアー本当に最後なんだって思って。
大好きだった「Live True」最後は本当に今までで一番のハーモニーに聞こえたし、メンバー皆本当に楽しそうで、福山さんは浮かれて「フー!」のところかで指で遊んでたりしてね、皆あまりにも幸せな姿でめっちゃ泣いてしまった。

「風 ~旅立ちの詩~」も過去最高クオリティだったと個人的には思います。

「Amor」も最後なんだな~~とか思いながら。
いつも福山さんが客席に向かってバンッって銃を撃つ演出があるんですけど、安中公演では最後ということで隣に出てきたダニーが撃たれて、ダニーが倒れるという。
場内爆笑でした。

「Breakthrough」は色々ありすぎて曲の印象が全然残ってないんだ!!
まず、福山さんがAメロを歌いあげて後ろを向いたらそこには「そこ私の立ち位置やで」感全開の奥井さん(笑)
「スイマセン」って感じでドゾドゾと譲ったあと、自分の立ち位置が分からず下に貼ってある指示書きをのぞいて隣だったとわかりそこに立つ。
Bメロ終わりに「まちがえた」(>▽<)みたいな感じで口パクしたのが可愛すぎてぎゃーっと思ってたらサビが終わってた…。
「Breakthrough」の正しい立ち位置は 下手{奥福影遠北}上手 ね。
で、2番のサビあたりかなぁ、福山さんがチラチラ上手のほうを見ていてなんか明らかに歌詞忘れてどうしような雰囲気。
どうするんだろうってドキドキしながら見てたらダニーのところまで行って、福山さんからダニーに耳打ち>ダニーから福山さんに耳打ちを3回くらい繰り返して教えてもらったみたいで、戻ってきました。
その間「あいつら何やってんだ?」って苦笑いしてる影山さんが目に入りそれも含めて笑えました。
で、終盤の福山さんとダニーが二人で歌うところはちゃんと歌えました、というお話(笑)

「PRAY~」の前のMCで、奥井さんがまだザビエル服を着ている福山さんにもうそれを脱いだほうがいいって言いだして、そしたら福山さんが「今日はギリギリまで着てたいんだよ。最初は早く脱ぎたいって思ってたけど、今日はできるだけザビエルと一緒にいたい」って言っててウワーーンって思いました。
(語彙がない)
とはいえこの「今脱げ!いや脱がない!論争」の長いこと(笑)
影山さんと奥井さんが二人して今脱いだほうがいいって言うんだけど、福山さん的にはこのあとの「Breakthrough」前の暗転で脱ぐっていう計画があって、だから大丈夫だって思ってたみたいなんだけど、とにかくそのあとの「Amor」前の最後のMCだから今のうちに脱いだ方がいいっていうのを、ネタばれになるから言えない皆の「アレ」「ソレ」みたいな感じでの言い合いが面白かったです(笑)

「侍パーリー」では、安中は子供が多くて、上手最前にいた子供にダニーが扇子あげてたりして和みました。私は見れてないけど奥井さんもあげてたみたい。
小学生でJAMとか羨ましいですね。とても!

奥井さん、足指骨折してて、Amorのときの踊り大変そうだったけどそう感じさせないように頑張ってました。
また狭いホールで良かったですよね。
大きかったらもっと大変だっただろうし。
でも本編では踏ん張ってた奥井さんも、アンコールは目に見えて辛そうですごく心配でした。
Viva~の前のスーパー長老タイムのときに本当に辛そうに後ろの高台にもたれてて大丈夫かな~って思ったし、SKILLのときも前に出てくることすらちょっと無理っぽかったし。
本当に最後に皆でバンザイ!ってしたあとにメンバー全員が上手に行ってわ~~~って手振ってくれたりするんだけど、それも行けない感じ。
悪化してないといいんだけど…。

歌詞忘れとか、間違いとかは、めっちゃ多かったです(笑)
ダニーも普段間違えないようなところで間違えてすごい悔しそうな顔してたの。
それを隣で福山さんが嬉しそうに見てた(笑)R.I.Pの最後のほうのダニー一人で歌うキモのところなんだけど。

今日は延期した公演がようやく出来たってことで、皆そのことがとても嬉しそうでした。
福山さんは、ライブを中止するってこんな気持ちになるんだと、ポールのライブで痛感したと話していて、「笑えない話だけどくも膜下で倒れたときも4人でライブやってくれてたんだよね」とか言ってて、、、ダメもうその話題は…泣かずには聞けないのです。。。

で、今日一番のハプニングは福山さん…。
アンコールで登場した途端、本編の間中、社会の窓全開だったことが裏で判明したらしく、めっちゃくちゃ凹んでました。
私は残念ながら(オイ)全然気がつかなかったのですが…最前列の人とか気がついたのかなぁ。
本人が凹んでたのでとてもかわいそうだったのですが、それが発見出来なかった私もとても残念でした。
でもファンのお友達も皆全然気がついてなかったので福山さんには安心してほしいところです…。
あまりにも凹んでヤンキー座りしてる福山さんが見れました。


ダニーの部長コールは、すごい大成功だったと思うなぁ。
群馬県民はみんなアレ言えるん!?仕込みかと思うくらいに綺麗に揃ってて面白かった(笑)

ダルマがステージにずっと飾られてたんだけど、高崎名物(?)らしく、レイジーファンのお姉さん方からのプレゼントだった様子。
最後に目を入れるようにとスタッフがマジック持ってきて、それに対して影山さんが「今日もらったのに今日入れるんか!?違うやろ!!」と言ったら渡したと思われるお姉さんも「違う!」って言ってて、本当は年末に入れるらしい?んだけど、結局次のツアーの初日に入れようって話になって、結局そのマジックで福山さんがチョビヒゲを落書きしただけになりました。
(福山さんなんでヒゲ書き始めたの?(笑))

安中公演のバンザイのとき、最後だからということでバンドメンバーからの一言挨拶もありました。
横関さんがそれを聞いたとたん「ゲェ!まじでー」ってめっちゃ嫌な顔してて可愛かった~~♪それを嬉しそうにいじる影山さん(笑)
コメントがねすごく良かった…これが映像に残らないなんて残念です。
大体の記憶でてきとーにかくと、
志保さん:JAMに入ったのは7年くらい前で、、、そのころはこのジャンル自体も知らなくて戸惑っていたけど、わたし自身がすぐにJAMのファンになりました。JAMファンの皆さんの前で演奏できることも幸せです。
TAKEOさん:こういうの苦手で…ありがとうございました
横関さん:ありがとうございました
ヒデキ:色んなところにサポートで入っているんですけど、JAMは「帰ってくる場所」みたいな感じで、みんな優しくて、ここに戻ってくると安心するんです。これからもJAMのメンバーとしてがんばります。
山本さん:いつも応援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。(的なバンマス的まとめ)




・DVD/BDの映像はすでに作り終えていると最初のMCで報告が。そのため安中公演は、ビデオは撮ってるけれどもどこにも収録される予定がないとのことで、収録されないなら無礼講だー!と(笑)
 ⇒でも節度を持って無礼講な、と福山さん。
  (とはいえ、アレを考えると福山さん的には本当にお蔵入りで良かったんでは…)
・L.A.って知ってる?とか小学生に聞くメンバーのみなさん。
・ランティス祭り9/13追加出演決定は、13日のチケットがさばけてないから。みんな来てと言われた。
 私はフェス苦手だけど14日は福山さんの誕生日だからそこだけ行きます。



最後に。
7か月にわたる長期ツアー、本当に楽しかったです。
色んな土地でいっぱい思い出が作れて、体力的に特に12月はかなり厳しかったけど(笑)、でも本当に楽しかった!
こんなこと(全通)、きっとJAMではもう二度と出来ないんじゃないかと思う。
私もお金ないし…また頑張って働かないとだー(笑)
全通したのがこのTRAツアーで本当に良かったって思ってるんです。
本当にイイ曲いっぱいでしたし。
何回見ても楽しいライブをしてるって、本当にすごいなぁ…。
もう平均年齢が4x歳とは思えないほど皆元気!それだけでも特別なことだし感謝しなきゃだなぁって思いますね。
来年は15周年、また色んなところでJAMが見られたらいいなと思います。


Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140601 |

Page up▲

13

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 22:49

JAM Project TRAツアー 福島

JAM Project関連

昨日はJAMの福島公演でした。
沖縄公演のこと書かずにこんなに日が…いや途中まで書いたんですよ…ブレーカー落ちて全部おじゃんになっただけで…それで心が折れました。


さて、私にとっては初めての福島、いわきです。
まず行き方が分からなくて悩みました。
「スーパーひたち」に乗ればいけるってことは分かったけど、普段新幹線は良く使ってるけど新幹線でもないし、どうすればいいんだ??みたいな…。
ようやく常磐線上を通る特急列車なんだって理解出来たけど、で、チケットどうやって買えば??みたいな…。
えきねっとでなんとか購入しました。
しかし当日も上野駅とか殆ど10数年ぶりに利用したのでまったくわかりませんでした。
なんとか乗車。
スーパーひたちは椅子はすごく座りやすかったですが、何故か全然暖かくなくてかなり寒かったです。
冷え症にはツライ。。。
指定席取ってたけど全然混んでなくてあんまりメリット無かった気がします。
上野からいわき駅までは2時間30分くらいかかりました。
仙台より時間かかってる気がする。
新幹線は専用線路走れるし形も高速用だから早いけど、スーパーひたちは速度あまり出てないんだろうな…と思いました。

そんな感じで決して行きやすいとは言えないいわきでの公演でしたが、昨日の公演ではかなり人が入ってました。
本来であれば昨日が千秋楽だったので集まった人多かったです。
きっとそのために敢えていわきを最終公演にしたんだろうし、土曜日にして、さらに時間も早くして関東圏なら日帰り出来るようにして…そういう計画が功を奏したと思います。
4階席まである綺麗なホールで、でも2階席まで埋まっただけでも十分すごいと思います。
やっぱりJAMは地方公演でも人が入るなぁと感心しました。

この公演はラジオ福島の招聘によるものだったそうで、呼んでくれた人がいる公演で成功できるのはファンとしても嬉しいです。
すごくすごくいいライブだったし、本当に幸せな気持ちをもらって帰ってくることができました。


JAM Project LIVE TOUR 2013-2014 THUMB RISE AGAIN
 2014/04/12(土)
 いわき芸術文化交流館アリオス・大ホール



01.Groundbreakers
02.THUMB RISE AGAIN
03.Fight on!
04.鋼のレジスタンス
05.一触即発 ~Trigger of Crisis~
06.Rage against the intrigue
07.風 ~旅立ちの詩~
08.Live True
09.Wings of the legend
10.Rebellion~反逆の戦士達~
11.Breakthrough
12.Maverick~覚醒されし獣~
13.Amor ~とある男の物語~
14.R.I.P ~友よ静かに眠れ~
15.守護神 -The guardian
16.侍パーリー
17.Rocks
18.GONG
19.VICTORY
20.レスキューファイアー
 ─アンコール─
21.Viva My Life
 ─アンコール─
22.SKILL
23.Long way to go



やはり目玉は新曲のお披露目。
「Rebellion~反逆の戦士達~」が本当に本当にめっちゃくちゃライブ映えする曲で惚れました。
PV見てるときは「Breakthrough」のほうが好きだったんですよ!
でもあまりの格好よさにリベリオン押しに変わりました。
まず最初の「ラララッ~」っていうところが福山さんで、格好いい!!!!
なんだ!格好よすぎだろ~~~~!!
そのあとの福山さんと遠ちゃんと影山さん…かな?で「ラララ」を重ねるところの迫力もすごいし、Aメロの福山さんは「多次元の隙間から 襲い来る司会者」(本当は"支配者")って歌うし、1番と2番の間奏でもコーラスが効いてたし、2番終わりの「リベリオーン!」って言うところも格好よかったし、とにかくライブで聞いたら格好いいんだよおおおお!
「Breakthrough」は聴くほうももうちょっと慣れが必要だし、歌うほうはもっと慣れが必要な感じした。もちろん格好良かったけど。
でも横関さんのギターがめっちゃ格好いいから間奏では拳上げてもいいけど横関さん必見。
「Maverick~覚醒されし獣~」はドメタル。


「Rebellion~反逆の戦士達~」はスパロボの新曲ということで。
スパロボの曲を最初からやらせてもらっていて、チャレンジもしたし、王道に戻ったりもしたと影山さん。
「鋼のレジスタンス」は王道に戻ったときの曲と聴いて、やはり王道は素晴らしいと思いました。
王道大好き。王道には王道たる所以があるのですわ。
王道やる勇気!大事!

「Breakthrough」は福山さんと縁のある監督さんで…と影山さん。
河森監督ですが、JAMのなかでは未来への咆哮がお好きなのだとか。
いっぱいノブナガの資料もらって作ったけど、歌詞すごい詰め込んじゃって、レコーディングは大変だったそう。
あと、取材でみーんな「ノブナガ・ザ・フール」が言えなくて噛んじゃうらしい(笑)
昨日も「ノブザカ…」とか言ってた。
そしたら福山さんが「ノブサカナ」とかわけのわからないことを言って喜んでた。

ストリングスコーナーがなくなって、着替えをどうするんだろうって思ってましたが、マーべリックの後にそのままAmorの前のSEが流れて、マジでこのまま突入ですかとびっくり。
メンバーは今着ている服の上着だけ脱いでそのままジャケットを着て、襟ありシャツの人もそうでない人もそのまま蝶ネクタイして、ハットをかぶってました。
終わったあとに、福山さんは自分は襟ありのシャツだから遠ちゃんとかを「裸ネクタイ」とからかってました(笑)

Amor、あとは安中を残すのみとは…劇団JAM楽しかったなぁ…みんな可愛かったし格好良かったよ~~。




アンコールのときのMCが今日はMVP…かな。
まず遠ちゃんのMCのとき、今日はファンの姿勢が素晴らしいなと思いました。
いつもだったらいつまでもメンバーを呼ぶ声とかすることが多いけど、今日は黙るときには黙る、盛り上げるときには盛り上げる、が出来るファンが集まってた印象。
遠ちゃんって決して言葉数多くないじゃないですか。
言葉を選んでいて、震災に直接触れることはなかったけど、ほんの少し間を開けながら喋ってて、その間の沈黙をファンが大事にじっと待ってそうやってしっかり遠ちゃんの言葉を聞けたんです。
言葉にしてなくても、福島を思う遠ちゃんの気持ちがちゃんと伝わってきて泣けました。


福山さんのMCでは、先日の「はらからの歌声vol.3~福島の子ども達を救え!~」に触れて、福島の現状を知っているようで知らなかったと言っていました。
昔は良く来た福島も、最近はあまり来れてなかったのでまた毎年来れるようにがんばりたい、そう言ってました。

影山さんは、昔レイジー後のソロで福島に良くきたと。そのとき毎回必ず来てくれるファンが、二人だけいたって言ってました。
ヤマトの学校図書元気プロジェクトによる寄付のために福島に来た話もここでしたんだったかな?

私はもう遠ちゃんのMC~Viva My Lifeまで泣き通しで今までで一番泣いたと思います…。
なんだろう、具体的に何っていうわけじゃないけどいいライブだなぁ、参加できて良かったなぁって思ったのかな。
メンバーの気持ちが伝わってきたのが良かったのかな。


楽しそうに歌ってるメンバー見るのも本当に楽しかった。
MCも本当に楽しかった。
福山さんは笑いすぎて頬挟んであげてたし(笑)
やっぱりJAMのライブはいいなー15回行ってもこれだけ楽しいって思えるんだからスゴイ。

あと1回なんて淋しいな…でも安中でいいラストが迎えられますように。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140413 |

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 04:22

JAM Project沖縄Motto!Motto!!ツアー まとめ編

JAM Project関連

(3日目を後回しにします)

楽しいことはもちろんありました。
だけどこのツアーは、一人きりで参加してたら本当にツライ思い出だけ抱えて帰ってきてたかもしれません。
友達と行ったから観光出来て、そういうところで楽しい思い出が作れて、だから嫌なことばかりではなかったと言える旅になりました。
友達には本当に感謝しています。
同じグループだった子以外にも、声をかけてくれた皆さんに感謝しています。

ライブ入場時のこと。
私が入場STOPしたときに、出すつもりじゃなかった口を出したのは、あまりにも突入してきたツアー参加者の子たちが可哀想だったからというのが一つ。
自分が納得いかなかったからというのもありますけど、私の番号はまだ早かったから…。
もうひとつは、このまま前のほうの人間が言われるがままに入っていったら、後ろの、突入してった以外の、怒ってるけどこれ以上の混乱を避けるために我慢してる子たちはさらにどんどん後ろになるわけで、それで正しいって言えるんだろうかって思ったからです。

そもそも、問題の発端は国際急行観光の募集要項にあったわけで、何よりも責められるべきはこの会社です。
「当日の入場順は、当ツアー参加者⇒一般の方の順になります。」
この1行が問題だったのです。
この記事を読んだだけの人とか、今このタイミングで色んなことを知った上で読んだ人は、もしかしたら書いてないんだから問い合わせるべきだとか、そういうこと思うかもしれませんが、そもそもこれはFCのメールマガジンで届いた募集要項でした。
そこを忘れてもらっては困ります。
FC会員は元々ツアーがどうの以前にFC先行で一般よりも前に入れるということは分かっていたのです。
その上でFC会員宛てに届いた募集要項にこのように記載があれば、"一般の方"というのはツアー参加者以外をまとめて指していると受け止めます。
まるでツアーに参加するメリットのようにこのように記載したからには最優先なんだと思いますよ普通は。
FC先行と同時というのは絶対に書かれるべき内容でした。
(法的にもツアー会社の落ち度であると確認しました。)

色んな気持ちの人がいると思います。
沖縄のツアーだから、現地の人が前ならそれはそれでいいと思った人もいると思います。
それも間違ってないと思います。
私も募集要項を見たときに最初に気になりました。
しかしこれは契約です。
優先権があるということを持って、そのメリットのために9万払った人もいます。(現にいました)
FC先行組と混合ですと最初に書かれていたならそれを了解した上で応募しましたし、人によっては応募をやめたでしょう。

沖縄の人を優先したいなら最初からそういう前提でツアーを募集すべきでした。
実際のところFC先行組を同時に入れたところで、殆ど沖縄の人間ではなかったと思います。
そんなにFC会員に沖縄在住者が居るならもっと早く実現してましたよ、沖縄公演。
ツアー会社の女性スタッフは一般は600番台からだといいましたから、後半の数字に歯抜けがあるにしろ、400人程度はFC先行組がいたわけで、結局その人たちは9万払わずにライブだけ見に来た沖縄県外の人たちが殆どだったんじゃないでしょうか。
これでは沖縄の人優先にしたともいえません。
そもそも現地優先する気があるならば、最初からツアーの募集の中に「現地集合」があるはずですが、企画の段階では考慮したようですがFCからメールが来たときには消されていました。
http://www.kk-kanko.com/JAMproject2014/index.htmlのソースを見ると現地集合に関する記述がコメントアウトされているのが分かります。
これはメールが届いた日にソースを覗いたときからこのままです。

現地集合があれば皆現地集合にしてしまうと思い、利益のために沖縄の現地組をまず切り捨てたのは運営側です。
(のちにHPからのツアー募集の途中から、現地組が追加されたと記憶しています)

私はFC先行組と混合でも、最初から書かれてたらそれで納得したと思いますし、当日発覚した場合でも、きちんと誠意ある説明があれば受け入れたと思います。
私にとっての今回のツアーは、パーティーにも結構な比重がありましたし。
(そのパーティーは9万出した価値はありませんでしたが)
でもチケット優先権という価値に9万払ったって人には、お詫びのしようがないですよね。
何をしてもお詫びにならない。
なのにこの状況で、そういうファンに対してスタッフがした説明が「貴方達は今日の夜も明日の夜もパーティーがあるからいいだろ」だったそうです。
自分たちの過失なのだから、どんなに相手が怒っていようとも、最後まで謝って、理解してもらえるまで謝り続けるのが最低限やらなければならないことだと思うのに、さらに火に油を注いだのですよ。


私がこのツアーの間中感じたこと、そして同じ参加者から後々聞いた話を繋げていくと、とにかく国際急行観光の酷さが目に余るレベルだったことがわかります。

・ツアー参加者に対する敬意が一切ない。
・ツアー参加者を見下した発言の数々
・スタッフがツアー参加者にため口をきく
・自分たちが悪いことについてまず謝らない
・説明するといいながら説明しない
・「私たちは企画をやるだけ」などとツアー参加者に言い放つ
・問題解決に努めるどころか、報復行為のようなことをする

何よりも大事な「ツアー客に旅行を楽しんでもらおう」っていう気持ちが一切ない会社なのです。
そんな人間たちがサービス業に関わってはいけません。
私自身が旅行にも関わるサービス業だったからこそ、余計に国際急行観光のスタッフのレベルの低さには腹が立ちます。
(過去接してきたツアー会社の中でも最低です)
国際急行観光はFCツアーなどが多い会社のようで、そのせいで自分たちがサービスする側だということを完全に忘れており、ツアー客の上に立つものだと思いこんで仕事をしています。
お客様は神様…と言うつもりはありませんが、最低限敬意は持ってもらいたいし、お金を払ってるのにツアー会社に見下されて馬鹿にされるのは我慢できません。
トラブルを解決する能力がないのも大いに問題でした。
朝の8時から分かっていた問題を放置し、ツアー客を舐めて説明する努力を怠った結果があの入場時の混乱に繋がったのですから。

ここまで来ると、このツアー会社を利用したソリボの責任も非常に大きいように感じます。
話をきくと、過去のソリボのツアーもこの会社だったそうで、それもまた信じられないような内容でドン引きましたが…。
JAMの諸々は、結局殆どランティスとソリボの間で決まっていくようなものでから、ソリボが本当にファンを大切にする気持ちを持たなければいけないと思いました。


誰も嫌な思いをしたくて沖縄に行ったわけではなかったのに、それぞれが大なり小なり傷ついて帰ってきたことが重ね重ね残念です。
羽田空港の時点から怒っていた子たちだって、怒りたくて怒っていたわけではありません。
この半年あまり、きっと私と同じようにこの沖縄ツアーを本当に楽しみにしていただろうと想像します。
なのに当日の朝8時からツアー会社に騙されたと知り、抗議をしても見下され、放置され、その上報復行為のような同時入場。
彼女たちの行動に問題が無かったとは言えないかもしれませんけど、一番長く嫌な思いをしてツアー会社やその他のスタッフに傷つけられたのは彼女たちだと思います。
ツアー参加者で、後ろの番号になってしまっていたけれどもこれ以上の混乱を避けるために黙っていた人たちだっていると思います。
FC先行の人たちだって何一つ悪い事はしていません。なのに中途半端な立ち位置のまま、嫌な思いをしたと思います。
一般参加者においては遠いところで何が起こってるか分からないまま長時間待たされて不安だったのではないかと思います。
FC先行の人や一般参加者には、待たされたことについての説明やお詫びすらされていません。
ライブに参加しようと思って集まった誰もが、JAMが好きで、沖縄で初のJAMのライブを楽しみにしていたに違いないのに…どうしてこうなってしまったんだろうと思うと、ツアーが終わって帰ってきても、思いだす度に泣けてきます。


今回の事、ランティスには2度と国際急行観光を使わないで欲しいとメールを出しました。
でも本当は文書のほうが良かったみたい…。
各FCにも出すつもりなので、次は文書にします。
メンバーには今回のことどうやって伝わっているんだろうって、それが気がかりです。
だって彼らの周りにはツアー会社とスタッフしかいないわけで、1方からの様子しか伝わらないと思うからです。
それだと、ファンがただ暴動おこしたみたいですよね。。。
一方でこんなことにかかずらって欲しくはないので何も知らないでいてくれたらという気持ちがあります。
どうなんだろう…どこまでご存知なんだろう…。


でもランティス宛てのメールにも書きましたけど、JAMでのツアーまたやって欲しいです。
今度こそ楽しいツアーを。
最初だし、失敗もあります。だから次に生かして欲しいです。
私の不満が全部正しいわけじゃないのは分かってますし、それが全部直ることを期待しているわけじゃないです。
でも、ファンに楽しんで欲しいってそういう気持ちでツアーを作って欲しいです。
それが伝わったら自分の好みとは別として、ツアーが楽しかったってきっと言えたはずだから。






P.S.
この会社のツアーに行ったあとだと、本当に福山さんの北海道ツアーを主催したJTB、そしてツアコンだったK氏に改めて感謝の念を抱きます。
台風なんてJTBのせいじゃないのに、サプライズまで用意して喜んでもらおうって、、、そこまで考えてくださるK氏は本当にツアコンの鏡でした。
私北海道ツアーのあと手紙を差し上げたんですよ…それくらい幸せになれたツアーだったし、、、本当は今回だってツアーが終わったあとにお礼のお手紙書く気だったんです。。。本当に残念でなりません。

そしてこのツアー中、二日目には、「ファンの皆がくるって聞いて」と美ら海水族館に現れてくれた福山さん、もちろん水族館は福山さんも見たかったと思うけど(笑)、、、でもこうやって、福山さんのほうからファンに近づいてきてくれるこの優しい人柄に、本当にファンで良かったと思いましたし救われました。
(訂正:1日目の話は伝聞でしたが、本人に直接聞いたら来てなかったそうなので削除しました)
どちらも私はお会い出来なかったけど…それはとても残念だけど、でもこんなにファンを愛してくれている人のファンであるのは、私にとって誇りです。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140302 |

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun) 04:21

JAM Project沖縄Motto!Motto!!ツアー 2/23編

JAM Project関連

○2/23(日)

朝から結構早起きです。なぜならば美ら海水族館に行くから!
ホテルから美ら海水族館までかなり距離があって、2時間くらいかかるので。
8:20にはロビーにいかなければいけませんでした。
バス移動…本当に苦手です。それが得意なら高速バスとか使ってます。
この日は、昨日の移動から学んで、とにかく寝てようと思いました。
だからバスに乗り込んですぐに目瞑って寝ました。

8:30ホテル発~10:30美ら海水族館着
 ~3時間半を各自すごす~
14:00美ら海水族館発~16:00ホテル着

こんな日程。本当はもうちょっと美ら海水族館堪能したかったのですが、往復時間はこれ以上短く出来ないし(これでも専用バスだから早いほうです)、夜にパーティーがあるので仕方ないのですよね~。

わーいついたよぉ~~と浮かれてる。

空がすごい広いし綺麗!(はよ水族館いけ)


一つづつにコメントするつもりでいっぱいアップロードしたけど、もうメンドーになったのでアルバムにしてみたよ!
http://toublog.blog26.fc2.com/imgs/201403026u30Uc3x/
初めてなので全然これでいいのかわからないんだけど!
ジンベエザメめっちゃくちゃ大きかったぁ~~~~。
実はこのあたりで福山さんに会ったって同じツアーの人にあとで聞きました。
何故会えないのか…自分の運の無さに涙がちょちょぎれます。(T T)


ちなみにハイライトはここ!!!
もちろんそうですよね。
なんたって美ら海水族館に来た目的がこれですからね。
聖地巡礼なわけで(笑)
そう、もちろん、ジンベエザメの胸毛写真が撮りたかったんですよ!!!(笑)
http://www.fukuyama-yoshiki.net/diary.php?page=200&Y=2010&m=05&d=22&H=00&i=00&s=00
それはもうカメラの中が胸毛写真だらけになるほど撮って遊んでたんですが、これをやってる間基本的に全然この周りに人居なかったんですけど、2回ほど他の観光客も来たんですよ。
一組みは確か外国からの観光客で、写真とって欲しいって言われて撮ってあげて、また胸毛写真作りに励んでたんです。
で、丁度自分が胸毛になってるときに何か家族連れが来たなと思ったら、小さい男の子二人とご両親で。
もちろんどうぞどうぞと譲りました。
イイ大人なのにやってたことがアレだったんですごい恥ずかしかったんですが、何故か「ばっちりです!」とか家族に言われる(笑)
それで、男の子たちがパネルで写真撮るのを見てたんですけど、私たちがやってた胸毛ポーズがやけに気に入ったみたいで、男の子二人ともマネしだしちゃって(^^;;;
「違うよ!!顔だして!」ってお母さんが言うのにずっと胸毛状態なの。
「ホントごめんなさい!!!!」って私たちは謝り倒しながら爆笑してしまいました。
いやだって男の子めっちゃ可愛かったんだよ~~~。
でもお母さんはそんな写真が撮りたいんじゃないのがわかるから申し訳なかったなぁ(笑)
アホなことしててゴメンナサイ!(て言ってしまうと自動的に福山さんにアホっていうのと変わらないんだが(笑))

こんなことしてたら時間がなくなり、アイス買おうにも最初に行ったところはすごい列が遅くてもう間に合わない!って走ってたんですが、バスの駐車場直前にもう一個アイス屋さんがあって、そこで買うことができました。
この日はかなり天気が良かったのでアイス美味しかったです♪


これで美ら海終了。
帰ってきて急いでアフターパーティーの準備しました。
(つまりお着替え、化粧全部直したり~~)



○ディナーパーティー
18:00から。
始まるとまず5人が出て来てご挨拶。
福山さん「JAMでは1度クイズ大会みたいなのやったくらいで…それが15年前ですか…」
影山さん「オイオイ。15年前JAM結成してないから!」
早速の(笑)
あと福山さんはここで自分が今日美ら海水族館に行って来たとお話してました。
オキちゃん劇場って私も見てたイルカショーを福山さんも見てたようで!!
オキちゃんが芸歴39年目ということで、影山さんに芸歴をきき、37年目だかと答え(笑)
「オキちゃんは全然歌詞間違えませんでしたよ」とかテキトーなこと言ってました。
はーかわいい。
ダニーと遠ちゃんと影山さんはスキューバダイビングいってきたとか。
前日ライブ終了後の打ち上げがまたライブで、そこで福山さんが偉い事になってたとか。
DeepPurpleなどで叫んでたとか!!
何故ファンの前でやらない。。。グギギギ。。。
スタッフが結成したGAMA Projectの話など。
影山さん役はいつも何故か小太りとか、いつもオチは奥井さん役で男だとか。

まあそんな感じで10分ほどグダグダトークしたあと乾杯。

で、びっくりなことにさっそく6ショット撮影へ。
言いたいことがあるんだけど、昨日のお詫びのはずなのになんで予定されていた3時間のディナーパーティーの時間を使うんだろう…。
それにね…やっぱり思うけど、悪いのはメンバーの皆さんじゃないのになんで国際急行観光の失態をメンバーが100人分の6ショット撮影っていう大変な作業で尻拭いしなきゃいけなかったんだろう。
昨日のアフターパーティーで影山さんの口から言わせるのも卑怯だと思ったし(応援してるアーティストの口から出た言葉に否定なんて出来ないじゃない)、謝罪まで影山さんに言わせて…これが本当に嫌だった。
メンバー悪くないじゃん!!(T^T)

6ショットは別室に移動して撮影。ポーズのお願いとかおさわりとか一切できませんって言われて撮影開始。
それはいいけど、一言もしゃべれない。
まさにベルトコンベアーのように撮影されていく我々。
緊張しすぎてピースすら出来ない私。
でも5人の真ん中に入っていくとき、福山さんがニコッってしてくれたのが救いです、はい。
6ショット写真は貴重だけど自分が写真苦手なので…自分を見たくないわけで。
こういうの見て喜べるほど可愛かったら良かったよね。
悲しいね。
18:10~18:40まで撮影は続きました。
撮影終了後はもとのパーティー会場に戻って待機だったので、暇でした。
そのあとメンバーが戻ってくるかと思いきや、何故か19:10までメンバーは不在なので料理食べててくださいとか言われる。
ホント意味わからない…。
3時間のパーティなのになんでメンバー不在の時間が用意されてるの???
そんなこと募集要項に書いてなかったし。

19:10から、20:00より前だったと思う、30分ちょっとかな、質問コーナーへ。
ステージに登場するかと思いきや、会場後方のテーブルにメンバーが着席して質問に答えていく形。
ファンと同じ床にいて着席してるせいで、殆どのメンバーが見えない。なんだこれ…。
ただなんとか福山さんと影山さんだけはまともに見られました。
あんまり顔見えなかったという意味ではイマイチだったけど、質問コーナーはこのイベントの中で一番楽しかったです。
この質問は、数週間前に事前にアンケート用紙を配られていて、それにファンが記入した質問です。

Q:メンバーの第一印象は?それと比べて今の印象は?
ダニーから
 ⇒最初は恐縮してた…遠慮してた。今はうちとけた。

影山さんから
 ⇒遠ちゃん…前の事務所に遠ちゃんが入ってきたとき…印象的だった。夏で、ビーチサンダル履いた金髪の"輩(やから)"がこっちに来た(笑)それを思うとずいぶん更生した。遠ちゃんのお母さんに初めてあったときに「正明を人間にしてください」って言われた(笑)
 ⇒福山さん…マクロスの企画で歌って、川崎のチッタでTV番組の収録で一緒になった。そんときは感じ良かった。そのときに5mくらいギター投げてた。
 ⇒奥井さん…幻になったデュエットがあって、その収録で。すごい歌がうまかった。
 ⇒ダニー…樋口さんのFESがあって、楽屋で会った。印象はない(笑)

福山さん
 ⇒影山さんしか知らなかった
 ⇒ダニー…目つきが怖い奴がいるなと(笑)おそるおそる会ってみた。
 ⇒遠ちゃんと影山さんは、その頃のデブのマネージャーの腕をボスボス殴ってた(笑)
 ⇒今もやっぱり怖いです(笑)

遠ちゃん
 ⇒影山さん…ミッシェルだー
 ⇒ダニー…初めてあったときは下北のアニぱらで。
  横やりで、影山さん曰く「JAMに自分から入りたいって言ったのはきただにだけ」だそうで、それを聞いた遠ちゃんは「やめとけ」って言ったとか(笑)「言ってないよ」って遠ちゃんは言ってたけど、口ぶりから言ってたにいっぴょー(笑)
 ⇒福山さん…番組であった。好印象だった。けど何も考えてないだけだったのでは(笑)
 ⇒奥井さん…怖かった。Recで入るって聞いて…挨拶してもつーんて。
  横やりで、奥井さんからは「逆!!」と(笑)

奥井さん
 ⇒遠ちゃん…アニぱらに行ったとき、「おはようございます」って入ってたら、タバコ吐いて「ぷしゅー」って(笑) (だから奥井さんのほうが遠ちゃんの印象が怖い人だったということです)
 ⇒影山さん…前からミッシェルとして。入ることになって、さっきも言ってた幻のデュエットをやるということで、ファンなので恥ずかしくないように1カ月前から練習して行った。
  横やりで、影山さん曰く「奥井ちゃんがあまりにもうますぎて、俺が霞むから没にした(笑)」


 …時間足りない、、、ここはまた今度追記したいです。


クイズコーナー(プレゼント争奪戦)
これを1時間以上もやる意味がわかりませんでした。
結局1時間以上やって、上位のチームの一部の人だけがプレゼントをもらえて、後の人は何もなし。
プレゼントが一部の人しかもらえないのはいいにしても、そんなことのために1時間以上も使ったことが嫌でした。
そんなの最後の10分でじゃんけん大会すればいいだけ。
時間の無駄。面白くない。


結局3時間のうち1時間はメンバー不在。
1時間以上は、得るもののないクイズコーナー。
楽しかったのは最初の乾杯までの挨拶と30分程度の質問コーナーだけでした。
せめてお見送りみたいな形で握手くらいはさせてもらえると期待していたけどそれもなし。
沖縄でメンバーと触れあえたのは、つまるところ前日のハイタッチのみです。
CD買ったときの握手会ですらもうちょっと触れあえますのにね…。
なんだかこのパーティーの後は、一人にならないとどうにもならないくらい落ち込みました。
期待しすぎた私が悪かったのかなぁと、、、落ち込みました。

Edit Comments(0) trackBack(0) | JAM Project関連 | 20140302 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
05 | 2017/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。