--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

09

January February March April May June July August September October November December
2017(Sun) 19:06

谷本貴義 弾き語りライブ「Heartfield 2017」

アニソン…中心に音楽話

去年から2年続けてバースデーライブが弾き語り♪
ん~去年はちゃんとブログかけてないんだなー。やっぱりこうなるともったいないなぁ。
去年は谷本さんが高橋さんとツーマンする約束で会場抑えたけど高橋さんがソロでバースデーライブすることになったので昼間の時間があいちゃって、それでファンミがプラスされたんだった。
夜がライブで柿島さんがゲスト。
あれも楽しかったー。
今年も楽しかった!
高田馬場の街の雰囲気がとっても嫌いなんだけど、ライブ会場の中だけは雰囲気良かったです。
(なんだろう、高田馬場の学生街って財布すられそうな雰囲気感じてとても苦手)


■谷本貴義 弾き語りライブ「Heartfield 2017」
2017年 4月7日(金)
高田馬場 四谷天窓.comfort
18:30  開演: 19:00

なぜ金曜日に開催したのか。
「この前飲み会を金曜日に開催したら、土曜も日曜も休めたから、金曜日にライブしたら土日休めると思って」
という理由だった(客がザワザワした/笑)
私も午後休でもよかったけど、なんかたまには休みたくて休んじゃった。
その分前の日までに必死で仕事することになったけど、でも谷本さんのおかげで休めたなっていうのもあり。
お姉ちゃんも谷本さんのライブなら休む~って感じだったので私たち姉妹はプレミアム谷本デーみたいな感じで。

セトリは全部覚えてないからなんとなく。
順番も適当。
・OverDrive
・君にこの声が届きますように
・見えない翼
・Heart
・高みの空へ
・この街のどこかに
・ミステイク
・登りかけの坂道
・アリの思い
・To Be With You (with JOE)
・獣拳戦隊ゲキレンジャー (with JOE)
・愛戦士バビュー (with JOE)
・ビュンビュン! トッキュウジャー (with JOE)
・One Vision
・軌跡
アンコール
・message (with JOE)


最初はガッシュベル特集。盛り上がるしメロディも綺麗だから弾き語り映えしますね。
最初の1曲目から、右手の人差し指のケガ(?)が気になる。
ピアノ練習のし過ぎかな?少し心配に。
ピアノって力がいるから大変。キーボードとは全然違うもんね。
腕につけてた飾りがピアノ弾くのに邪魔だって気づいて1曲目で外す。
特等席で見られた~~。相変わらず谷本さんは尋常じゃないほど細い。
ピアノだと横向きの状態をずっと見ることになるからしみじみ細いなって思ってました。

「この街のどこかに」去年久しぶりに演奏するって言ってやってくれた曲。
また聞けてうれしい。なんとか今度のアルバムに入ったら嬉しいな!!

「登りかけの坂道」魂込めた熱唱で私本当に胸震えました。
谷本さんいい歌手だ…。
今思い出しても泣いてしまうほどいい演奏、いい歌でした。

「One Vision」一番ピアノで弾くのが難しい曲、といって演奏した曲。
最近あまりライブで歌わなくなってきたなって印象が強かったので、久しぶりに聞いたような気持ちでした。
嬉しい。



JOE登場
しばらく見ないうちにすごい顔が焼けてた(?)色が黒くなっててびっくり。
でもいつみても可愛い。


もっとトークする?ってなったときに谷本さんが「誰が嫌いなの?」みたいなぶっこみをして、そしたらJOEが「ほんとに俺嫌いな人いないんですよ」って。
谷「この業界あまり合わない人でも毎日顔を合わせるってことがないからね」
JOE「そうそう。それに、相手のことをいやだとか思うのって自分に似たところがあるからだっていいますよね。YOFFYにたまにイラッとするときに、自分に似たところがあるんだなって思います(笑)いや仲悪くないですよ。仲悪かったら17~18年もやれてないです。でもYOFFYですら3か月くらい合わないことありますからね。」
って言ってて面白かった。
ここでね、YOFFY以外の名前だしたら角が立つじゃないですか。
だからJOEはちゃんと考えているし、いい受け答えしたなと。
面白いのは谷本さんってJOEよりもたぶんYOFFYと会う機会のほうが多いんじゃないかなってことで、きっとよりお話しする機会もYOFFYのほうが多い。
YOFFYと谷本さんは業界の裏話してるみたいなこと、前どっかで言ってたような気がするんですよね。
だからJOEにも黒い話振ったのかな~~って(笑)
でもJOEって見た目とか雰囲気と違ってすごいまじめなんだよね。ファンから見ると滅茶苦茶真面目。
だってサイラバのライブでもMCはまず敬語(ですます)だし、ファンのことよく見てて、YOFFYのお世話もしてるし(YOFFY曰くなんでも持ち歩いててドラえもんみたい)、弁当の準備もしてるしライブハウスのおさえもして、グッズの考案もし、ファンからもらったお菓子は全部食べると公言してるし…、はぁ…天使かな。
いやなんか独り言混じったけど、そんなこんなでJOEの人の好さが改めて感じられるトークでしたね。

あ、今回のライブに合わせて予習用の音源や楽譜が谷本さんから送れられたらしいですが。
JOE「俺ずっとやってきてフォルダ名に『MrIMAJO』って書かれてたのはじめてですよ!谷本さん紳士だなあって」
谷「えっそんなに変?みんなやってるのかと」
JOE「英語圏では普通かも。でも初めて」
谷「いや、一応理由があるんだよ。MacとWinだと文字化けするじゃない、だから様って使えなくて」
JOE「みんな『sama』とかローマ字で…」
谷「そんな方法が!?今度からそうしよう」
JOE「いや、今のままMrを貫いてほしいです」
このやりとりキュンキュンきました。

・軌跡
最後にとても感動しました。

・message
去年広島でツーマンしたときに共演したにかもとりかさんに「これこれこんな感じの曲を作って、とお願いしたら、全然違う曲が出来上がったんだけど」と言ったらJOEが「え、批判ですか?w」と突っ込み。笑った。
いやいや、すごく素敵な歌だったということが言いたかった谷本さん。
お客さんにサビを一緒に歌ってもらいたい、と「ラララ~~歌を歌おう」を1回練習し、結構雑な投げなまま本番突入。
(この1回目でなんだかすでに感動してウルウルモードな谷本さん)
いざサビがきたらね、そのファンが歌うところサビ1回に4回も入っててね!(笑)
私たち全然知らないからさ、え、また?みたいな笑いが起こったんだよね。
でも谷本さんはファンがなぜ笑っているのかたぶんわからなかったと思う。
谷本さん4回も繰り返されるって説明してないからだよ~~~!!
でも個人的には、だけど、私もちょっと面白かったんだけど、ああいうときはすごくいい雰囲気だったし、意図的に笑い声出さないほうが良かったかなぁって思った。
まあ好みだし、谷本さんは比較的ファンの声もらいながらふんわりやるのが好きなタイプの人なのは確かなのでいいのかな~~。
でもむかしからそういうおばさん衆がいるんだよね~~。
でも谷本さんが感動モードだったのでちょっと惜しいと思ってしまった。
曲全体としてはすごく良かった。
激しい曲でファンが一緒に歌うところがあるっていうのは今までもあったけど、こんな風に優しい曲でみんなで歌っていく曲って谷本さんにはなかったから。
すごくいい!って思いました。


その他
「プリキュア つながるぱずるん」というアプリゲームの主題歌の作曲編曲を担当したよ、というお話。
https://twitter.com/tanimoto_tak/status/842559396601184256
あんど、BGMもSEも担当してとのこと。
普段、特にSEなんかは完全に別の人であることがほとんどで、まずやらせてもらえる機会はないんだとか。でも今回BGMと共に任せてもらえて、そうすると、BGMがこうなっているときに鳴るSE、っていうのをちゃんと自分でコントロールできるからすごく気持ちのいい音がならせた、って熱弁してました。
真剣なお仕事だったんだなとうかがえてほっこり。
私も谷本さんのお仕事だからとアプリを始めたわりには、いつもサイレントで全然音を聞けてなかったので、安心して家にいるような時間に音だそうと思いました。
(音を消すのが怖いから年中サイレントなんだけどね!)

15周年ということで、8/2だったかな、にオリジナルアルバムの発売決定!
それに合わせたライブもありそう。
曲はまだ全然作ってないけどオリジナルで!とのこと。
福山さんと年末に始まるはずのJAMにどうかかぶりませんように!!



(谷本さんとJOEのツイートのめも)
https://twitter.com/tanimoto_tak/status/850279721027780608/photo/1
https://twitter.com/tanimoto_tak/status/850392833592655872
https://twitter.com/tanimoto_tak/status/850394344561401856
https://twitter.com/IMAJO_Guitar/status/850441080155721728/photo/1
スポンサーサイト

Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20170409 |

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2017(Sun) 13:33

W福山 ポンコツ旅烏 新横浜

福山さん関連

仕事が忙しいことを言い訳に何か月も書いていませんでしたが、やっぱり書かないといろんなことを忘れていってしまうなぁって思ったのでリハビリしながら再開しようと思います。


■W-FUKUYAMA Live Tour 2017~ポンコツ旅烏・横浜編~
2017/04/01(土)
新横浜Bell’s

第一部
01.W~ポンコツ旅烏~
02.Home Again
03.夏の終わりに
04.未来の地球儀

第二部 (福山竜一ソロ)
01.優しい未来
02.さくら
03.see your moon(??)
04.if the world had a song
05.ひまわり

第三部 (福山芳樹ソロ)
01.マグノリア
02.Mr.アップルヘッド
03.赤い花びら
04.GERARA
05.雪解け

第四部
01.ラッキー
02.夜の空を渡る君よ
03.毎日が誕生日
04.しあわせの涙
05.未来の地球儀
06.W~ポンコツ旅烏~

アンコール
01.夏の終わりに
02.Home Again

すごくすごく楽しかった。
楽しいだろうと期待して行ったけど期待より何倍も楽しかった、という感じなのでとても充実感のある一日でした。

前説:寒河江さん
寒「この規模で開演まで1時間いらないだろう。」(私:そうだそうだ!/笑)
寒「カーペンターズが1時間ずっと流れてて暗い気持ちになった。」
うしろのW福「それは違うぞ!」(ほぼ野次)

ティッシュボックスを持って福山さんが入ってくる。
「鼻水よしき」って箱に書かれてたみたいで「寒河江か!」と福山さん。
特に序盤は花粉で辛そうでした。

デビューライブだとお二人。
1曲目歌う前からしゃべるしゃべる。
曲作りを二人でやった話。
「このサビいらないわ、とか言われたり。最近こんなにズケズケ人の心に入ってくる人いなかったから新鮮だった」と福山さん。
途中から「これはやだなとか言ってた」と竜一さん。(ズケズケ言ったあと、ちゃんと反論するようになったという感じ。)

「W~ポンコツ旅烏~」
某だぶる~なお茶から作られた曲。
シャララ~っていうところがすごく好き。
特に福山さんがおっかけるのが好き!

一緒にユニット組んでやることになるとは思ってなかったと竜一さん。
20年前くらい前、91~91年、横須賀の(なにかの)委員長だったよねと竜一さんが福山さんに言ったら、「何もしなかったけどね(笑)この前名刺出てきたよ」と。

「Home Again」
去年の8月に田島にいくことが決まって作ったんだよね~みたいことを竜一さんが言ったら、「ウンウン」って少年かよ~~~~(昇天)なキラキラな瞳で答えたんだよ福山さんがあああ。
冷静さを取り戻しながら続きに戻るけど、福山さんは田島を想像しながら「こんな感じであんなかんじで」と竜一さんいわくむちゃくちゃな要求をしてきたらしく、でもこういうことを望んでるのかなって受け取って歌詞を書いた、というような話。
晴れている田島を想像していたら、行く途中の土砂降り!!!って福山さん(笑)
歌詞すごくいいと思う~~。
「あの頃の僕らにちょっと似てないか」のメロも好きだな。

同い年だからね、といいながら52歳と突然サバを読む福山さんに53歳だよ!って竜一さん。
曲の間のMCごとに話が長いしポンコツすぎるのでもう一人いたほうが良かったよねって話になったけど、「麻生が嫌がったんだよ」と福山さん(笑)
なんか昨日は麻生さんいないのにめっちゃいじられてた!
笑い過ぎて「次はちゃんとやりましょう!」て福山さんが言うのに対し「いつもやってるよ!」と竜一さん。

「夏の終わりに」
田島にいく道すがら練習できる曲をと思って作った曲だそう。
わたしすごい好きでした。
CDで聞くより、断然ライブのギター2つの音がこの曲にあってるかも。
特にAメロが好きです。


「未来の地球儀」
この曲だったかな?もともとピアノで福山さんが弾いてたのをギターのほうがいいって変えたの。
これまで作った曲とは違う骨のある曲も欲しいということで作ったと。
アカペラもあって聞きごたえある曲だったな。

2回目に歌うとき「まだ慣れてないから歌詞カードにいっぱい注意書きが書いてあるよ」
芳「Ohって言えなかった」>竜「Ohってなんだっけ」
(これはもはや私のメモ)

---

第三部

考えてみたら福山さんのソロのアコギを聞くの、去年の6月以来だったんです。
やだ~~久しぶり~~~って思ってて、なんだかすごく嬉しかったな~。
「赤い花びら」やっぱり好きだ…とても好きだ。
「GERARA」は全然愛着なかったというか、福神自体があのころ全然愛着を持てなかったので聞いてなかったんだけど、昨日聞いたらとても楽しかった。
この曲でコール&レスポンス始まるとは思ってなかった。
手拍子途中で促したけどうるさくないかなって思ってたら、指ぱっちんに切り替えさせられたのでやっぱりうるさかったのかなってちょっと思った。

MCでは、二人組が多いって話になって、「トルバドール」「福PON」「わいるどぼっくす」…あと一つ…みたいな感じで「アッ福神やるんですね」と気づかせるテクニック(笑)
どうやら福山さんは歌詞カードをユニットごとに分類している?みたいだけど、「福」が付くユニットが多いから歌詞カードの入れ間違えが発生しているとか。
「麻生とはユニットないですね。でも一緒にユニット組んでる人はみんな弾いてますから。弾くのと叩くのでは身分が違いますからね」ってブラック芳樹だった(笑)(注:冗談です)

---

第四部

また寒河江さんの話。
今年はソロアルバムを作るということで、でも何もできてないというので刺激がてらイギリス旅行行って曲作ってください、と経費での旅行をプレゼントしたら、当日の朝から「飛行機が遅れてて飛ばないよ。みんな仕事してるのに俺だけ遊んでてごめんね」ってLINE(?)きて「遊びじゃねーーーーよ!仕事だよ!」って思ったという話してました。
そのあともTwitterでいっぱい呟いてたけど全部遊んでた!って言ってて笑いました。
このあと4月も海外2回もあるしSRSもあるし5月は8個もライブあるし6月はトルバドールだし大丈夫なのかなって大きなお世話な心配もしつつ、でもいいものが出来上がるの楽しみです。
ライブは大好きなんだけど、まだやっぱり新しい曲が生まれるって素晴らしいことだよね!って思う!
私の大好きなバラードな曲も、入ってたらいいな~~~~~~~~~~~~(心から)
という私の希望はおいといて。

竜一さんと福山さんが入ってきて。
竜一さんが寒河江さんに「はげとるやないか!」って突っ込みたいと欲望をいい、「はげてねーよ!」と客席後方から寒河江さんの突っ込みが飛ぶという(笑)

竜一さんの家で練習してたけど、モコちゃん(竜一さんのうちの犬)が最初は福山さんに吠えてたけど最近慣れてきたみたいで、「この前遊んでたらうちの電話線壊した」って。
福山さんが帰ったあと「あのひと何かしら壊してくよね」って言ってたっての笑いました。
でもあんまり言うと本当にへこんじゃうからってちゃんと気遣いもあって、優しいな~って思いました。

「ラッキー」
この曲は竜一さんの曲なのでメイン歌唱は竜一さん。
福山さんはピアノを弾きながらものすごく竜一さんを見て、息を合わせて伴奏していて、こういうのまた新鮮だなぁって思いました。目がうるうるだった。

「夜の空を渡る君よ」
トルバの曲をてつろうさんがいる前でカバーするというなかなかのしろもの(笑)
てつろうさんも来ているとのことで、みんながてつろうさんを探して後ろを向くと、てつろうさんも一緒に後ろを向く…っていうのを4回くらい繰り返してて、可愛かったです。(てつろうさんが)
二人組多いけど、コーラスでは「自分が合わせてる」という福山さんに、竜一さんも「俺が合わせてる」と言っていてめっちゃ面白かったですそこ!

マミーのファーストアルバムの発売ライブをやった日のこと、福山さんも手伝ってたんだけど、終わったあとに突然マミーのメンバーが「今日稼いだ金は今日のうちに使う」って言いだして伊豆までいくことになったときクレイジーだなと思ったと。
竜一さんもあのとき福山さんのことをクレイジーだなと思ったというのでドキドキしながら聞いてたら「一晩中ビートルズ歌ってた」っていうので、安心安全の福山芳樹でした!

厚木にある竜一さんの家で練習したあと、必ずラーメンを食べているという話になって。
「竜ちゃんがつれてってくれるから!」と福山さん。竜一さんは「大腸がんをやったのでラーメンは悪いんだけど、でも好きだから食べたい。その言い訳によっちゃんを使ってるところある(笑)」って言ってて。
「この前連れてってもらったら次郎系じゃん!ってところで」「行ったことなかったんだよ。」「食べ方わからないのに野菜多めって頼んじゃって!麺少な目だろ!食べ方わからないっていうから混ぜた」「だけど混ぜるときにぼろぼろこぼすからよっちゃん俺のもやし~~」
な、なんだこのかわいいの…。


「ポンコツなわりには俺たち神経質だから」って福山さんかな、言ってて笑いました。


田島に行けなかったの、仕事の都合だったけどあれは相当落ち込みました。
私はずいぶん行ってるほうだし、贅沢なんだけど、絶対いいってわかってるライブに行けないで、やっぱり良かったというのは落ち込みますね。
初めてみたW福山とっても楽しかったです。
このあとのツアーがますます楽しみになりました。
CDに入ってない新曲も欲しい!!

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20170402 |

Page up▲

19

January February March April May June July August September October November December
2016(Sun) 21:34

2016 福山王国FCツアー

福山さん関連

久しぶりのFCツアー行ってきました。
MOJOSTになってから初めてのFCツアーでもあり、JAM沖縄で悲しみを植えつけられたツアー会社ということもあって、楽しみと不安が交差してたんですが、終わってみたらすごくすごく楽しくて、参加出来たこと本当に良かったなって思いました。
何より福山さんのファンを大切に思ってくれている気持ちが伝わってくる2日間だったので、それがいっちばん嬉しかったです♪
あーすきだー!!


■つま恋サスペンス劇場 福山おじさんの事件簿
 ~焼け焦げた頭髪の謎、キャンプファイヤーとともに燃える憎しみの炎の正体~

 2016/06/18~19(土日)

バスに乗った人だけが見られる特典映像があるというので、バスが超苦手な私ですが(かなりかなりかなり)無理してバス組になりました。
9時に集合ということで、10分前行動をと書かれていたのでかなり早く行ったんですけど、時間になっても添乗員現れず。
近くにいた他の参加者の方が電話で問い合わせてくれてました。
(これ…北海道のときも同じだったな…って思いつつ)
乗り込んだらすぐに映像が始まりまして。
ツアーのメインの部分の映像がかなり作りこまれてて、かなこさん頑張ってくれたんだなぁって感謝しつつ。
福山さんの古畑のモノマネが、古畑かなり好きで良く見てた私からしても結構クオリティ高くてうまいな!!って思いました。(あとで古畑見たことないって聞いてびっくり)
最後の「福山おじさんでした。」とかホント笑った。
細めになるとたれ目感が増してかわいい☆ミ
第二の被害者の名前が出たときのバス内の「えーー!?」とかも楽しかったです。
そのあとが多分バス乗車した人の特典映像で、1時間20分くらいありました。
マグノリアのアルバム制作時の映像とか、台湾にいったときの映像とか。
(ただのメモなのでバスに乗ってない人は気にしないで)
せいふぇいろー。
エリーゼのために>動画!?ふざけんなよ

予定より30分以上早くつま恋に到着。
早速ロビーで説明をきく。
Tシャツとリストバンドをもらう。
リストバンド!!嬉しい!ライブグッズの中でも、個人的にはタオルと並んで2大好きアイテムです。
ホームズ感もいい!
Tシャツはかっこいい感じでこれまたいい!今回は決めてきた服着てしまったので、また今度どこかで着たいな。

そのあと取り調べへ。
待ってる時間にしゃちょーが色々と中の様子を教えてくれたりして、1分をどうするか考えながら待ってました。
1分短かったな~~~~。
でも、その1分で福山さんが一生懸命要望に応えてくれて本当にうれしかったです。
1分だったので満足にお礼も言えなかった気がする…。
焦らせてごめんなさいっ。
福山さんありがとうございました。
梅村くんも写真かわりに撮ってくれてありがとうございます。

そのあとディナーパーティーまで少し休憩。
東京組のほうが空き時間があったので、友達と外に散歩に行ったりしてまったりしてました。

ディナーパーティーは
・福山さんが各卓をまわってきてくれるコーナー(3分程度)
・ファンからの質問に回答するコーナー
・プレゼント争奪戦(福山さんが座席番号を引く)
・食事はバイキング形式

質問コーナーのメモも交えつつ。
せっかく揃えた衣装一式を家に忘れて来て慌ててユニクロで買ったエピ。
すごくいい質問だなって思ったのは「初めて読んだ推理小説は?」というもの。
「青銅の魔人」からって言ってましたね。江戸川乱歩はいっぱい読んだそう。
「楽な仕事などない」っていうのはいいこと言う!と。
「ボーカリストは間奏をどうやってすごしているのか疑問だった」っていうのには笑った。
散歩の話題は犬の可愛さについて。そしてずっと歌ってて怒られる。
小学校低学年のころは画家か建築家が夢。
父は日曜大工が得意。床を張り替えていたこともあった。
高学年では映画音楽の作曲家になりたかった。
ギャグの実演は、ちょっとやっぱり居たたまれないというか、私はその逆をそもそも知らなかったんだけど、、事務所NGでいいと思います~~。
各卓巡回のときにはあまりうまくおしゃべりが盛り上がらなかったので少し後悔!

キャンプファイヤー
・着火式
・もえろよもえろ
・ジェンガ
・手遊び
・曲
 (素晴らしい世界>一番星と君と>月のささやき>しあわせの涙)

晴れた夜空の下で、福山さんが歌うのを聴きたい。
これがずっと夢の一つでした。
沖縄のころは飛行機が怖くて行けなくて。
とうとう夢が叶った夜だったんです。
元々案内の手紙が来た時にキャンプファイヤーのあとのミニライブが屋内に戻ってしまうようなことが書いてあったのでまさか夜空の下で聴けない!?ってすごくショックを受けてたので、外で歌いますって聞いたときまず本当にうれしかったです。
1曲目2曲目は声がかなり辛そうで、考えてみれば朝からファン100人近くと1分勝負の取り調べを行って、2時間くらいディナーパーティーでしゃべりっぱなし。
声が枯れてしまうのも無理なかったんですよね。
でも外の環境でとっても近くにいって皆で囲んで福山さんの歌をじっと聴くってこの環境がなによりのエッセンスですごく良かったです。
素晴らしい世界も良かったし、一番星みながらの一番星と君とも良かった。
そして、「月のささやき」。
夜空の下で「月のささやき」が聴きたい、これが最大の願いだったので、今回のリクエストも渾身の心でこの1曲だけをリクエスト。
質問も送ってませんでした。
何度か書いているけど、私にとってはあまりにも特別な1曲で、これを夜空で月と共に聴けたこと、福山さんがわざわざ月が見える方に移動してくれたこと、あの優しい時間私ずっと覚えていたいです。
今書きながら思い出しても涙が止まらない。
福山さん本当にありがとうございます。
その上「月の下で歌う月のささやきなんて、自分で泣きそうでした。」なんて
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744173811617017856
もう言葉にならない…。
キャンプファイヤー後のミニライブでも、「月のささやき」歌えて良かったみたいなことを言ってくれてて、私はそれでまた泣いてました。
手は必死でシャッター押してたけど…泣いてた…。
(思い出して泣きながらこの文章書いてるところにお姉ちゃんが部屋に入ってきたので空気読め感が半端なかった)
最後はしあわせの涙を歩き回りながら歌ってくれて、それも信頼関係の間に成り立ってるいい時間でした。

ミニライブ

きまぐれもぐら
LOVESONG
イマジン
ビリー・ジョエルの曲
僕の友達
昨日見た未来
Butter-Fly
愛を止めないで
勝手にしやがれ
1192作ろう福山王国

きまぐれもぐらが本当にアレだったとは!というのが一番の驚きだった。
楽しい楽しい時間だった!


今日は朝から福山さんのデモ音源発言に惑わされつつ(笑)
押し花を作り(何故??/笑)
ウルトラクイズ(プレゼント争奪戦)
犯人逮捕。
写真撮影
最後に福山さんからプレゼントを貰って握手してさようならでした。

思い返してみると、18日の夜はかなりみっちり福山さんを近くに感じられる時間を過ごせました。
今日も押し花やってるファンの机を歩き回ってくれて、何度思い返しても心があったまります。
最後の挨拶もグッときた。
福山さんのファンで良かった~~。

初めてのFCツアーで大変だったと思うけどMOJOSTの皆さんも頑張ってくれてて有り難かったです。
おかげで本当に楽しく過ごせました。
寒河江さんが言ってたように、まさに専門の事務の人がいないからこそ、ファンの私からしたらモドカシイことっていうのがいっぱいあるんです。正直に。
でもより良くしようという気持ちは伝わるし、愛情も感じてます。
またツアーお願いします!お疲れさまでした。


自分用メモ
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/743818804107444224
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744173811617017856
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744294395667582978
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744297594092818432
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744399723281342464
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744486511446372352
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/744489267972366336
https://twitter.com/mojost_official/status/744131975728889856
https://twitter.com/MOJOST_official/status/744374416327380993
https://twitter.com/kanakoo_0718/status/744388982788624384/photo/1


Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20160619 |

Page up▲

13

January February March April May June July August September October November December
2016(Mon) 00:00

TROUBADOUR GUITARS DELUXE

福山さん関連

記録用に。

■TROUBADOUR GUITARS DELUXE
2016/05/06(金)
渋谷 TSUTAYA O-WEST

 --with 麻生祥一郎--
01.TROUBADOUR
02.君を迎えに
03.そろそろ帰ろう
04.晩鐘
 --TROUBADOUR GUITARSオンリー--
05.どうってことないのさ
06.きみにおやすみ
07.僕の道
08.悲しみと偽りのパスタ
09.HEAVEN
10.Nightingale
11.好きにはかなわない
12.愛ならば
13.夜の空を渡る君よ
 --with 麻生祥一郎、山本直哉--
14.心の鏡
15.Midnight Show
16.残光
17.Carnival
 アンコール
18.現責め
19.tender song


「TROUBADOUR」1曲目からとんでもねぇアレンジぶっこみでずきゅーん。(頭がわるすぎるコメント)

「晩鐘」はもうちょっと気持ちが乗った終盤に聴きたいというところあるんですよね。
でもこの曲を聴くたびに泣けて泣けて胸が締め付けられてたけど、少し穏やかな気持ちで聴けるようになったことが、あれからもう4年も経ったってことなんだなぁって。

「どうってことないのさ」で笑って欲しいという気持ちが伝わって、なんだかとってもほっこりした。

「心の鏡」山本さんのウッドベースすごかったぁ。
弾いている姿が自分のところからは全然見えなかったのが心残り。
もう少しステージ配置が前だったら…とも思ったけど、撮影とかもしてたし色んなこと考慮した上だったんだろう。

ウッドベースが鳴るたびに福山さんが嬉しそうな顔していたのが印象的だった。

「tender song」泣いた。

--
総感

トルバドールで2人きりじゃなくて他の人も入れるっていうのはすごく実験的で面白かったです。
で、その上で最終的に思ったことは、トルバドールの曲は究極的に2人なんだなってこと。
今までのライブを通して、私の中でのトルバライブに求めてることが、完全に二人だけの音と歌声だったんだなっていうこと。
麻生さんが入って、山本さんが入って、すごくいい音楽になってたのは間違いないんだけど、それはそれでとっても楽しんだけど、2人に集中出来なくなることが少し物足りなくなったというのかな?
自分でも上手く表現出来なくてもやもやするけど、不満とかじゃないんだってことは言いたくて。
また4人でやってくれても楽しめると思うの。
でもベストは2人なんだよ。
そこにどれだけ音を足す必要性もなくて、2人だけで完璧にトルバの音が出るし、私はそれを求めてるんだなって思った。
逆にそれほど2人がベストなんだって、私自身も自覚していなかったから、このライブはその自覚を持てただけでも有意義だったなぁ。




--
JAM以外の山本さんのサポートする姿を見られたのは良かった。
細やかなサポートだなぁって思った。
そしておしゃれさん。

--

照明はどうやら持ち込みだったらしいけど、ぶっちゃけ滅茶苦茶見にくかった。
何が見にくいって中央の照明機材もサイドの照明機材も客の方むけすぎだよ…。
目が痛くて…福山さんもてつろうさんも逆光になるし見づらくて仕方なかった。
途中目を開けていられなかった。勿体ない。

--

梅村さんのローディーが気がきいていて素晴らしかった。
福山ファンとしてはびっくりするほど気がきかないローディーもみてきたから、その配慮ありがたし。
特にトルバは誰にも物音たててくれるなって気持ちで聴いているところあるんだけど、そういうのもぜんぶ分かってる感じがして私は素晴らしいと思った。

--



Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20160613 |

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2016(Sun) 23:34

アコギバイエル#1

福山さん関連

最近怠ってたけど楽しんで読んでるって言ってくれたお友達の言葉をきいて少しでも書いていきたいって思ったので頑張ってかいてく!

50人の狭き門。番号はかなり後ろだったけど当選して行けて良かったです。


■アコギバイエル#1

01.最強の愛
02.サクラサクララ
03.小さなラジオ局
04.moonlilght starlight
05.7th July

01.I LOVE YOU
02.花はどこへいった
03.風と木と光の街で
04.黒い瞳のネロリー
05.白い森

01.僕の道
02.きみにおやすみ
03.midnight show
04.悲しみと偽りのパスタ
05.心の鏡
06.Carnival
ーアンコールー
07.HEAVEN
08.そろそろ帰ろう

■てつろうさんソロ
前説で福山さん登場。
温めたところでてつろうさん登場。
福山さんは会場の後ろの方にきて見始める。
てつろうさんの挨拶がテミヤンさんとの関係をちゃんと説明したものだったので、「前説あの人にやってもらえばよかったなぁ」って福山さんが後ろで言ってた(笑)

「小さなラジオ局」無性に綺麗な歌声で思わず涙出た。

てつろうさんソロコーナーの四曲目と五曲目は福山さんゲスト。
後ろからまたステージへ。
早速もったギターが間違ってて「これ?」「違います」
テミヤンさんとの思い出話。
てつろうさんと初めて出逢ったのは22年前で、もう(二人でも)指が足りないねって話してたんだよね、と。
ウエストサイドでHUMMINGBIRDとテミヤンさんと、あと誰かの三チームで毎月ライブを主催してて、主催が参加者を選ぶんだけど、そのライブでテミヤンさんが呼んだのがてつろうさんだった。
てつろうさんと龍麿さんがユニットだと思って呼んだらしいけど、始まってみたらそれぞれソロだったらしく倍時間とったよね、なんて話をしててテミヤンさんも笑ってた。
あのとき20だったのにもう50代ですよ!、と福山さんがテミヤンさんにいったところ、テミヤンさんは「今もかわいい!」。先輩に愛されてる姿がみられて良かったです。
テミヤンさんは浜辺のフォークシンガーと呼ばれていた。ので、っぽい曲を歌おうと思う。と「moonlilght~」。福山さんの上ハモ頂きました。ベリー美味しい!
「7th~」だいすきな曲が!!!嬉しい!!福山さんはベース。昨日てつろうさんにこれをやりたいと言われたらしく、コード譜かいたはいいけど、どういう曲だっけ?と福山さん。(考える人のポーズ)
ポリスの見つめていたいみたいな曲です、とてつろうさん。
「不安を両手にかかえてやりたいと思う」とカウントとって開始。
間奏のベースとてもいい!!っておもう良さで。
終わったあとに「間奏きた瞬間に間奏ベースだったこと思い出した!焦った」みたいなことを福山さんがいうので、瞬時に思い出してあれかよすげーなと軽率に王様の才能に感心しちゃったり。

■福山さんソロ
後ろでみてたけど余りに匂いがしたので後ろのお客さんの餃子をもらったと自己申告。いつもライブ前はご飯たべないんだけど(開けておきたい。横隔膜をいっぱいにつかいたい)我慢出来なかった。
「北村さん!餃子食いました!(マイク)あとで拭いといて下さい!」
中途半端にたべちゃったので結果的に生殺しといいつつ。
まさか今日「I LOVE~」くるとは思わなくてびつくり。
歌い終わって「フォークシンガーぽい」と喜ぶ福山さん。昔は苦手だった弾き方がうまくいって練習の成果がでてると。
ぴーたーぽーるまりー?がここ数日流行ってるらしいからそれをやろうと思うっていったときの会場のシーン具合今も鮮明に思い出せる…!
どこで流行ってると判断したのかは知らない…。
でも静かになりすぎて皆知ってるでしょ的にワンフレーズ歌った曲が本当に知ってたのでびつくり。その人たちが歌ってたんだ!カバーしか知らなかった。

三曲目以降は今度はてつろうさんがゲストに。
テミヤンさんは昔からアロハと海が似合う人で、ライブのときに毎回歌っていた「ZAZAZA」という曲があって、これがとてもいい曲で。といって弾いて歌い始める福山さん。歌詞は殆ど思い出せずにラララになるもギターは完全に覚えてた。
すごくいい曲で、こういう曲を作りたいなと思って作った曲だということで「風と木~」。
途中でてつろうさんがコーラス入ってきた瞬間にあまりのあまりさに魂が飛んでいくかと思った…美しすぎた…。

てつろうさん「海の曲少ないですね」って言ってたけど確かに多くはないなぁ。

「ネロリー」作り始めたのは中学生のころで、これもやっぱり同じリズム。
バイオリンベースをてつろうさんが弾いていて、とっっっっっても良かった!

「白い森」はてつろうさんがベース、福山さんが12弦ギター。
12弦のチューニングに時間がかかっている間にてつろうさんがMCをフォロー。
「好きな曲です。空間を支配する曲。バンド時代もソロのときも、福山さんの曲には空間を彩る曲がポツポツあるんですよね」
って、そんな感じのこと言っていてムネアツ。
そうなんだよね、「白い森」って聞く機会多いけど何度聞いても一気に別世界に行けるような曲ですごいなぁって思う。
同じような気持ちを隣で弾いてるてつろうさんも持ってるんだなって思ったらほんとに素敵なことだと思って…。
それがさらにチューニングの時間フォローだってんだからてつろうさんの完璧さ加減が半端ない。
ああ、だから好きだよてつろうさんと福山さん二人だけの空間。

■トルバ
「きみににおやすみ」
「僕はいつも昼間にライブをやることが多いから、こうやって夜景をみながらっていうのは…云々」とてつろうさんが言ったんだったかな。
夜景っていってもライブハウス(レストラン)から見える外の景色が完全に立体駐車場しかなかったらしくて福山さんは結構ツボってた(笑)
最初にやった夜も台風で、雨だったからいいだろうっていってホテルで練習してたよねって懐かし話。
てつろうさんと一緒だと全部雨と福山さん。
全部雨仕様にしないと、ギターケースも…パテでうめないと…あかないよ!とかそんな話して笑ってた。
歌い終わったあと「いい曲だなぁ」って多分福山さんが言っていた。

「midnight show」
2つのギターの音が完全に一つになってるのを聴いた。
今までで一番綺麗に音が混ざり合って聞こえたんじゃないかっていうくらい。
小さな会場だったからかな。少し後ろにいたからそれもあったのかな。
本当に音が素敵だった。
その分、後ろでテミヤンさんが1曲まるまる電話してたのが本当に気になって気になって気にしないようにすごい頑張ったけど気になって…それだけがこの日の唯一にして最大の心残り。
ちゃんと聴きたかった。

「Carnival」のMC。
ビチートコルドベスで弾いたってところから、元々はてつろうさんがチャランゴみたいな音が欲しいって言ってきたって言ってたのかな。それでこの楽器の音がぴったりだってことになったと。
チャランゴどこいったっけって福山さん。「赤い花びら」の音にも使ってるよと。
福山さんのお宅アップルヘッドスタジオはギターで埋め尽くされているとてつろうさん。
昔ファンの人が「ギター落ちてました」って言ってもってきてくれたりしてたんだよ、ESPじゃんって言って再生させたりして、麻生にあげたよ、なんて話も。
「Carnival」の仮タイがスパニッシュだったけど全然違う名前になっちゃったねと。

アンコール

野毛山公園にいきました?って福山さんだったかてつろうさんだったかがいいはじめて。
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/741140319463473153
幼少のころから行ってるらしい野毛山公園。
みんな昼間からそんないけるわけないって言う話になって、「昼間に暇そうにうろうろしてるのミュージシャンくらいだよ。犬でも連れてないと怪しくて」って福山さんが言ってた(笑)
偶に思うけど、私たちからしたら福山さんは完全にミュージシャンにしか見えないけど、客観的にみて知らない人から見たらどう見えるんだろうねー。

全体的に音がとても聴きやすくて楽しい時間だったなー。
料理も美味しかった!
友達とめっちゃ食べてしまったー。

Twitterってリアルタイムでは楽しいけど後追い性がなさすぎるのでメモ。
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/741193888455499776
https://twitter.com/yoshikifukuyama/status/741265771725094912
https://twitter.com/MOJOST_official/status/741158646894170112
https://twitter.com/MOJOST_official/status/741189010597384193
https://twitter.com/MOJOST_official/status/741261679221084160
https://twitter.com/MOJOST_official/status/741459949566332928

Edit Comments(0) trackBack(0) | 福山さん関連 | 20160612 |

Page up▲

06

January February March April May June July August September October November December
2016(Sun) 22:05

結果的に谷本貴義ワンマンライブだった2/18

アニソン…中心に音楽話

当初ツーマンの予定で、私は行こうかずっと迷ってたけど、仕事も忙しいし、何より2/13、14が楽しすぎたので行く気を失ってました。
でも前日に突然、対バン相手の「Gacharic Spin」さん側にインフルの人が出て出演キャンセルになって、そしてワンマンライブになってしまいました。
https://twitter.com/TENTENCOMPANY/status/699914514490195968
突然のワンマンで、Gacharic Spinのファンの人もこず、谷本さんのファンも来ないんじゃカワイソすぎる!!と思って意地で参加しましたが、行ってみたら谷本さんのファンもいたし、Gacharic Spinさんのファンの方も出演キャンセルにもかかわらず来てくれていて、且つ、ここが素晴らしいところだけれど、一緒に盛りあげてくれて。
いいライブになりました。
とにかく谷本さんは喜んでました。それが伝わってくるライブでした。



■新宿RUIDO K4 10th Anniversary K4『R』presents「Gacharic Spin&谷本貴義 SPECIAL NIGHT」
 2016/02/18(木)
 新宿RUIDO K4
 開演:18:30

急きょ、谷本貴義ワンマンライブに。

18:30~19:00くらいはDJタイム。時間を埋めるためだと思われる。

ベジータとフリーザと…あ、ヤムチャの三人が最初に登場。
昨日の夜に急遽頼まれたのかも?と当日は思ったけど事前に話だけはあったのかもしれないと後になって思う。
三人がいてくれたことで谷本さんもまた楽しそうでね~。良かった。

そのあと谷本さんのライブへ。
曲目は…あんまり覚えてないな…。
この辺かな。

獣拳戦隊ゲキレンジャー
君にこの声が届きますように
見えない翼
Dragon Soul ×2
Yeah! Break! Care! Break!
空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go
Change Your BEAT
豪快全開ダッシュ!!
ビーストサーガ
登りかけの坂道
愛戦士バビュー
世界が終わるまでは



御殿場高原時之栖(ときのすみか)
バンド皆で一泊しにいったらしい。で、陶芸やってきたらしい。
谷本さん、事前に30分刻みのスケジュールくんで説明しておいたのに、23時にはお酒は終えて寝て、次の日は朝から陶芸でココに集合ねっていってあったのに、谷本さん以外の三人は朝の5時まで飲んでたらしく、集合時間30分すぎても誰も来なくて、Akiさんに電話したらどこでしたっけっていわれたって叫んでた。NATCHINさんが正直陶芸とかめんどくさいと思ってたって。で、作った後すっかり忘れてたけど今日渡されたら愛着湧いてきたって(笑)
今日はゲキレンが終わって?9周年目?とか。NATCHINさんはゲキレンが好きで打ち上げにこっそり行ってまぎれこんでたら谷本さん「あー!しゃむしぇいどのひとだー!」NATCHINさんは「あー!ほんものの歌歌ってるひとだー」で意気投合。
谷本さん「今日は影山さんのバースデーライブをやってますが…飽きたら行ってください!(笑)」そんな!

谷本さんが楽しそうだったので私は行ってよかったなーって思いました。


https://twitter.com/tanimoto_tak/status/700370207827578880
https://twitter.com/shinjukuRUIDOK4/status/700301531124359168
https://twitter.com/NATCHIN1015/status/700298999610257410
https://twitter.com/Lc5_Aki/status/700210461904470016


Edit Comments(0) trackBack(0) | アニソン…中心に音楽話 | 20160306 |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 灯ブログ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。